告白させるためにはどうすればいい?意中の相手がいる方は必見!

気になる異性がいる場合、せっかくならば自分から告白するよりも告白されたいと思うものです。相手から告白されるためにはいくつかのコツがあります。これから告白されたいと思っている人はこれを参考にうまくコツをつかんで意中の人から告白されることを目指しましょう。

相手に告白させるコツ


好きな人から告白してもらうためにはいくつかのコツがあります。相手によって効果的な方法も違ってきますし自分の取りやすい行動も違いますから、いくつかの方法の中で、最も適切な方法を考えましょう。

告白させるサインを送る

告白するのにはタイミングがあります。やはり相手も告白してうまくいくと思える方が告白しやすいですし、逆にうまくいかなそうな空気を感じると告白することを避けようと思うものです。そこで、告白させやすい雰囲気を作ることがポイントです。

相手が告白しやすいように告白できるような雰囲気を作ること、自分が好意を抱いていることをやんわりと伝えることで相手は告白をしやすくなります。相手に告白してほしいと思ったらそういったサインを送ることを心がけましょう。

さりげなく顔を寄せてみる

ボディタッチや顔を寄せるような異性との距離が近くなる瞬間があっても嫌な気持ちにならないということは好意を持っていることを伝えるサインになりますし、告白する勇気を持つことができるようになります。あまりにも過剰なボディタッチは効果が無くなってしまいます。そこで、さりげなく接近して近い距離で話すようにしたり、顔を寄せるようにしたりするとドキッとさせることができ効果的です。

デートのたびに距離を縮める

付き合う前から二人で出かけるということもあるものです。その際、少しずつ距離を近づけることを心がけてみましょう。距離を縮めるというのは物理的な距離だけではありません。ただ手をつなぐようになったりぴったりとくっついて話をするようになるだけではないのです。

たとえば、初めてのデートではお互いのことを名字で読んだり敬語で話したりということをしているのを少しずつ距離を縮めると名前で呼ぶようになったり敬語を取り除いたりといったことも距離を縮める行為の一つです。ただボディタッチや手をつなぐことで距離を縮めるのではなく、精神面での距離を縮めることが告白しやすい雰囲気を作ってくれます。

奥手の彼に告白させる秘訣


男性はプライドが高く失敗を恐れる動物です。さらに奥手な男性となれば両想いと感じてもすぐに告白できるとは限りません。それでも告白は自分からではなく彼からしてもらいたいものです。奥手の彼に告白してもらうためにはどうすればよいのでしょう。

ストレートに気持ちを聞く

告白をしてもらうために相手から告白しやすい空気を作ってしまうのも一つの方法です。告白してよ!とハッキリ言うのはムードもないですし彼のプライドもズタズタにしてしまいます。そこで、やんわりと自分のことをどう思っているのか、という聞き方をすれば自分は好意を持っていること、告白を待っていることをさりげなく彼に伝えることができます。そして、彼も自分が告白しても成功するという気持ちを持ったうえで告白をすることができます。

好意があることを伝える

相手のことを気になっていること、好きだと思っていることをさりげなく伝えておくと彼も勇気を出して告白しようと思えます。はっきりと好きだと伝えてしまったりアピールが強すぎると男性も引いてしまう可能性があります。そのためやんわりと伝えておくことが重要です。相手が両想いだろうと思える程度には好意があることを伝えつつ、それでも核心はつかないように程よく好意があることをにおわせる程度にしておきましょう。

手を繋ぎながら歩いてみる

手をつなぐのは緊張するものですが、好きな人と手をつなぐとそれだけで心が満たされることでもあります。好きの気持ちをより強くすることもできますし、もっと一緒にいたいと思わせることもできます。そこで、告白する前に彼と手をつないでみると彼の告白しようという勇気の後押しになることもあります。

突然手をつなぐのも変な空気になりますから、人ごみではぐれないように手をつないだり、寒くて手をつないだりとさりげないことから始めましょう。手をつなぐ勇気がない、タイミングが無いという場合には手をつなぐのではなく握手をするというのも有効です。

告白したくなるシチュエーションとは


告白するのにはムードも重要です。告白しやすい空気ができると彼も自信をもって告白しやすくなります。そこで、告白してほしい場合には告白しやすくなるシチュエーションを作ることを心がけてみましょう。

デートの最中

デートの最中に告白してもらうには、デートの場所や時間帯を告白しやすいタイミングを意識してみましょう。デートスポットのような場所や夕方以降の時間はデート中でも特に告白しやすいです。

イベントが終わったあと

クリスマスや誕生日といったイベントの日に会うことができた場合や二人で仲間でイベントに参加をした際など、イベントの終わりというのは気持ちが盛り上がって告白をしやすい雰囲気ができます。イベントの終わりに告白しやすいように二人の時間を作ると相手も告白しやすくなります。

別れ間際の数分

デートの最初で告白すると、万が一振られた場合その日のデートが台無しになります。そのため基本的に多くの人は告白する際別れ際を選ぶものです。デートの終わりには二人でゆっくりできるようにしたり、家まで送ってもらったりと告白しやすいシチュエーションを作ると彼も告白の決心がしやすいです。

こんな女性は告白されやすい!


告白されやすい女性というのはいます。そういった女性は意図的や無意識のうちに告白されやすい雰囲気を作っています。

笑顔が素敵で気持ちが分かりやすい

笑顔が素敵な女性は心もきれいですし魅力的です。また、笑顔が素敵な人は素直で気持ちがわかりやすい女性も多いです。そのような女性は一緒にいて楽しいですし惹かれる男性も多くいます。一緒にいてその人が考えていることが伝わってきやすいので自分に好意を持ってくれているかどうかも理解しやすいです。

そこで、男性も自分に好意を持ってくれているかどうか、脈があるかどうかを判断しやすいため気持ちがわかりやすい女性はモテやすいですし告白されることも多いです。クールな女性や表情がわかりにくい女性はとっつきにくい印象を持つ男性も多く、相手の意図が読み取れないためになかなか告白してもらえません。

プライベートな話もしやすい

一緒にいるときにプライベートの話をしやすい相手は告白をしやすいです。普段から一緒にいる中でいろいろな話ができている相手には心を開きやすいですし好意を持ちやすいです。そして、自然と恋愛関係に発展しやすいので告白もされやすいのです。

たまに頼ってくれる

男性は頼ってもらえることが嬉しいものです。だからといって常に甘えられたり頼られたりするとよいように使われているだけだと不信感も持ってしまいます。そこで、どうしても困ったときには男性に頼るようにしましょう。慣れるまでは頼ることにも勇気が必要です。しかし、頼った後に感謝の気持ちを伝えること、お礼をすることで二人の距離はぐっと縮まりますし良い関係を作ることができます。

告白させたあとの対応


勘違いする人も多いのですが、告白させることがゴールではありません。告白させた後のリアクションも重要です。どのような返答をするかで今後の関係が大きく変わってきます。

返事は明確に

告白された後、返事はきちんとハッキリ明確に伝えましょう。あいまいな返答をすると相手も告白を受けてもらえたのか断られたのかよくわからず中途半端な関係になってしまいます。場合によっては関係がぎくしゃくしてしまう危険もあります。相手も一生懸命勇気を出して告白してくれているのですから、きちんと気持ちに応えるようにしましょう。

もしも断る場合にもきちんとハッキリと断りの気持ちを伝えなければなりません。あいまいな返答をしてしまうと相手にまだチャンスがあると期待を持たせてしまったり、断ったと気付かれず了承してもらえたと勘違いされたりする可能性もあります。今の関係を壊したくない、ほかに好きな人がいるなどやんわりとした断り方でも付き合えないという意思は伝えるようにしましょう。

今まで以上の笑顔を見せる

男性は女性の笑顔が大好きです。笑顔を見られると幸せな気持ちになります。逆に付き合ってから笑顔が見られないと付き合いに不満があるのではないかと不安になるものです。付き合い始めたらそれ以前よりも笑顔を見せることを心がけましょう。

スキンシップを増やす

告白を受けて付き合い始めたら今までとの関係性の違いを出していくことが重要です。そのためにも今までよりもスキンシップの機会を増やすことを心がけましょう。スキンシップがあると付き合っていると実感することができます。

まとめ

告白してもらうためにはいくつかのコツがあります。自分でも日ごろからの取り組みでできるものもたくさんありますから告白されたい相手がいる場合には日々の行動に取り入れてみましょう。ただ、あからさまなアクションをとりすぎると相手が引いてしまうので程よいアピールにしておきましょう。