告白されたい!そんなときこそ、相手の気持ちを探ってみよう

告白されたい相手がいる場合、まずは相手が自分に好意を持ってくれているかどうかを知ることが重要です。そして告白してもらうためにはいくつかのコツがあります。これから二人の関係性を恋愛関係にしたいと思っている相手がいるならば、二人の関係を変えるためのアクションをとってみましょう。

告白されたいときに使うテク


好きな人から告白されたいならば告白してもらうためのテクニックがあります。二人の関係を進展させるためにこれらのテクを活用してみましょう。

さりげなく気持ちを聞きだす

告白してもらうためには相手が自分にどう思っているかを知ることから始めなければなりません。さりげなく自分に対してどのように思っているのか探ってみましょう。

探り方もダイレクトに気持ちがあるかどうかを聞いても答えてもらえません。相手も気持ちを伝えたことでどのようなリアクションをされるか不安になるためはっきりとは言ってくれないことがほとんどです。

そこで、ダイレクトに好きかどうかということを聞くのではなく自分に興味があるかどうかを確認するようなことを聞いてみましょう。自分のことを知ってくれていたりデートをしてみたいと思ってくれていたりといった情報があれば脈アリと判断できます。

はっきりとしたことを明言するのは勇気が必要です。しかし、相手も好意を伝えるためにはさりげなく気持ちを伝えて探りを入れたいと思っているはずですから、そういった行為を感じさせることができるような内容をやり取りすることを心がけてみましょう。

一緒にいることが楽しいと伝える

一緒にいることが楽しいのは好意を持っていることを伝えるのにとても有効です。一緒にいると楽しい、安らぐといったことを言われて嫌な気持ちになる男性はいません。そういったことを伝えることで意中の男性に自分に興味を持ってもらうきっかけにもなります。

一緒にいることが楽しければ、付き合い始めてからも二人でデートすることが楽しめると確信することができます。付き合ってからうまくいく保証があれば告白もしやすいですし、彼も告白して付き合いたいという気持ちが持てます。一緒にいると楽しいと伝えることは彼が自信をもって告白するためにとても効果のあることなのです。

目を見ながら話をする

好きな人を前にすると恥ずかしくてうまく話せないという人もいます。しかし目を見て話すと気持ちが伝わりやすいですし熱心に話を聞いていることが相手に伝わります。目が合うというのはドキドキしますし恋愛感情を盛り上げるのにも効果的です。相手に自分の真剣さを伝えることもできるので、告白しようと彼にも思ってもらえます。

自分の気持ちははぐらかさない

付き合うまでは自分が好意を持っているかどうかをハッキリ伝えることに不安を持つ人も少なくありません。なんとなく気持ちを伝えることに恥ずかしさを持っている人もいます。そのため、自分がどのように思っているかが伝わらないように適当にはぐらかしてしまう人も少なくありません。

しかし、一緒にいる中で気持ちをはぐらかすようなことをしていると相手に自分の気持ちが伝わらず両想いでも告白のタイミングを逃してしまう原因にもなります。また、相手も自分の気持ちを正直に見せてくれない人には本心がわからないということで告白をためらってしまう原因にもなりチャンスを逃してしまいます。

気持ちをはぐらかさずダイレクトに伝えるときにはもちろんポジティブな言葉を伝えることを心がけましょう。一緒にいて楽しい、相手のここが好き、などといったことを伝えられて嫌な気持ちになる男性はいません。伝える内容もダイレクトすぎるものは恥ずかしいと思った場合には、やんわり伝えるのでも構いません。

恋人がいないことを相手に伝える

告白する前に恋人がいるかどうかはとても重要な要素です。恋人がいないことを伝えれば相手も自分にチャンスがあるとわかりやすくなります。

やんわりと恋人がいないことを伝える際に気になっている人がいるということを伝え、なおかつその相手が自分であると感じることができれば告白しやすくなりますし、大幅にその可能性が高まります。

付き合ったら楽しい、と話す

一緒にデートをしていてお互いが楽しめていれば今後付き合っても仲良くやっていけそうと安心することができますが、それをはっきりと相手に伝えることでお互いに楽しめていると安心して告白しやすくなります。付き合ってからのことがお互いにシミュレーションができれば告白しよう、速くカップルになろうという気持ちが持てます。

告白されやすいシチュエーション作り


告白してもらうためにはシチュエーション作りも大事です。告白しやすいシチュエーションとはどのようなものがあるでしょう。

デートの感想を二人で話す

一緒にデートに出かけた際、帰りに二人でデートの感想を話すのがおすすめです。感想を言い合うことでお互いにデートが楽しかったことを確認することができ、告白しやすくなります。二人で話しているということも告白しやすいシチュエーションです。

ゆっくり話せるカフェや家まで送ってもらう道のりなどあまり騒がしくなく二人でのんびり話せる環境でデートの感想を言い合えばより告白しやいシチュエーションになります。

指を絡ませながら手を繋ぐ

付き合っていなくても、デートの頻度が高くなっている二人ならば手をつなぐこともあるものです。手をつなぐ間柄になっていても恋人つなぎという指を絡ませるつなぎ方はなかなかできないものです。

そこで、敢えて付き合う前に恋人つなぎをすることで進展したい意思表示をするというのもおすすめです。恋人つなぎをするだけで一気にカップルムードも出て相手も告白しやすくなります。

公園でベンチを見つける

二人の時間ができると告白しやすくなります。デート中も二人で会話をしていたとしても周囲が騒がしかったりにぎやかな場所にいたりするとなかなかゆっくりと二人で話せません。

そこで、公園のベンチのように静かに話せる環境でも公園のベンチであればのんびりはないができておすすめです。夜の公園は特別な場所でなくてもムーディーで告白しやすいです。

告白されやすくなる方法


告白されるためには告白しやすい空気感を作ることも重要です。二人で会う中で次のようなことを意識するとうまく告白される雰囲気を作ることができます。

二人で出かける際、少しずつ距離が縮まる

付き合う前からデートで二人で出かける時間を持つこともあります。その際、少しずつ二人の距離を縮めることを意識しましょう。

二人の距離を縮めるというのは手をつないだりぴったりとくっついて話したりという物理的な距離だけではありません。最初は名字で呼び合っていたのがあだ名で呼ぶようになったり、思っていることが伝えられるようになったりという心の距離も重要です。デートのたびに少しずつ距離を縮め進展させることを心がけましょう。

偽りのない笑顔を見せる

笑顔が可愛い人はモテます。これは相手が思っていることを素直に表現してくれるからこそのことであり、相手が思っていることを受け取りやすいです。クールな人は何を思っているかわからず近寄りがたいと思っている男性も多いです。そこで、素直に嬉しい気持ちを伝えられる偽りのない笑顔を見せることを心がけましょう。

じっと見つめる時間を作る

二人が一緒にいて無言の時間があっても嫌ではないという環境は付き合っていく中で重要なことです。そこで相手のことを見つめる時間を作ることを心がけてみましょう。見つめられるとドキッとするものであり好きの気持ちを高めるのにも効果的です。

告白されるための準備


相手に告白されるためには告白してもいいという雰囲気を作ることが重要です。告白されるための準備としてどういったことが必要でしょう。

二人きりの時間が作れる場所を考えておく

告白するのにたくさんの人の前や友人がいる前というのはあまり良い環境ではありません。そこで二人きりの時間を作ることを心がけることが望ましいです。二人きりになれることはもちろんですが、より告白しやすいようにムードのある場所で二人きりになることを心がけると効果的です。

相手の好みの女性になれるよう努力する

告白して付き合いたいと思える相手と言うのはやはり自分の好みの女性です。そこで、相手の好みの女性になる努力をすることを心がけてみましょう。

頑張りすぎると付き合い始めて疲れてしまったり付き合う前の印象と違いすぎたりしてうまくいかないこともあります。しかし、相手に好かれたいと努力している姿はいじらしく、なおかつ魅力的です。そこで無理のない程度に相手に好まれる女性になろうという努力をするようにしましょう。

しゃべりすぎない

好きな人が目の前にいると気持ちが昂って相手に喋らせる時間を作らず自分ばかり喋ってしまうこともあります。しかし、相手に喋らせるタイミングを作らないことは告白のタイミングを逃すことにもなります。そこで、相手が話すことができるよう、自分ばかりがしゃべることは避けましょう。

まとめ

告白されるためにはただ待っているだけではだめです。きちんと自分も告白されるように努力することが必要です。どれも無理をする必要があるものではなく自然と演出することができるものです。日々のデートの中や会話の中で取り入れていきましょう。