社内不倫につながるかも!上司好きな女性が好きになる理由

仕事をバリバリこなす上司に、憧れる人は少なくありません。そして、自分も努力して憧れている上司のようになりたいと一生懸命仕事をする人もたくさんいます。しかし、時に恋愛対象として好きになってしまうこともあります。

女性が上司を好きになるきっかけ


若い頃は、見た目の良し悪しに惹かれることが多かったかもしれませんが、ある程度年齢を重ね色々な人と接することが増えてくると、人を見る角度が変ってくるものです。見た目でカッコイイと思うことがあっても、そのまま「好き」に進まない場合もあるでしょう。また、見た目はあまり良いと言えないような上司に、すっかり惚れてしまうこともあるのかもしれません。

上司を好きになるきっかけは、様々あるようです。

悩みを相談した

誰でも、悩んでいたり困っていたりする時に、優しくしてくれたり相談に乗ってくれたりすると相手に良い感情を持つものです。特に仕事上の悩みを親身に聞いて、良いアドバイスやサポートをしてくれる上司は、とても頼もしい存在になります。口先だけで対応する上司だけでなく、行動することでサポートしてくれるような人もいて、その堂々とした姿や包容力に心惹かれてしまうのかもしれません。

しかしながら、部下からの相談を親身に聞いてくれる上司の多くは、もちろん、下心があってのことではありません。自分も、かつて通ってきた辛い道を歩いている部下を放っておけないとか、知恵を貸して何とか乗り越えて欲しいといった気持ちがゆえの行動です。ところが、辛い状態にある人は上司のそれを勘違いしてしまうこともあるようです。

2人で出張をした

一緒に出張した際に、上司のいつもとは違った顔に惹かれてしまう人もいます。いつも険しい顔で仕事をしている上司が、ちょっとだけ親切にしてくれた。想像していた厳しい人とまるで違い、優しかった。こういったことが理由で上司を好きになることも少なくないようです。長時間2人でいることで、色々なところが見えてくるのでしょう。

ちょっと話しがそれますが、10の内9つ良い人。つまり、ほぼ完ぺきな人がたった一つ悪いところを見せると、なぜかイメージが下がってしまいとても悪い人のように感じられることがあります。反対に、9つダメなところがある人に、たった一つ素敵なところを見つけると、何だかすごく良い人に見えてきます。これと似ていて、いつも厳しい上司の僅かな優しさを垣間見て、強力に惹かれてしまうといったケースがあるのです。

仕事のフォローをしてもらった

仕事で大失敗した時や、上手くこなせない時に上司が手を差し伸べてくれたことが、恋愛のきっかけになった人もいます。見て見ぬふりをする人が多い中、そうではなく目立たぬようにさりげなく大人のサポートをしてくれる上司。その気遣いも、胸に響いてきます。

▼関連記事

社内不倫は蜜の味・・・ダメだとわかっても惹かれる理由とは

上司好きである女性が見せる態度とは


上司のことを好きになる女性には、どんな傾向が見られるのでしょうか?恋をすると、どんなに隠していてもそれが雰囲気ににじみ出てくることが多いのですが、中にははっきりと行動に見えてくる人もいます。

上司ばかり見ている

興味があるものに注目してしまうのは、多くの人が同じではないかと思います。好きな人を見ていたい、気になるといった方も少なくありません。職場に好きな上司ができると、その人ばかり見てしまう女性。周りにバレバレであることもよくあります。

2人だけでランチに出かける

好きな人と一緒に、食事をすることはとても幸せなことです。職場に好きな人がいる人にとって、ランチタイムは大切な時間です。食事をすると気持ちがリラックスしますから、会話も更に弾むことでしょう。また、同じ時間を2人で共有できるのも良い所だと言えます。

一緒に通勤・退勤している

また、通勤退勤を一緒にする人もいます。仕事や会社はあまり好きではないけれど、そこに大好きな人がいるとなれば話しは違ってきます。会社に行けば好きな人に会えますので、ワクワク。更に出勤時も一緒であれば、もっと嬉しく思うことでしょう。退勤が一緒のメリットは、そのまま食事に行ったり飲みに行きやすいことなども挙げられます。お酒を飲むことに限らず、素敵なカフェで美味しいコーヒーを一緒に飲むだけでも、嬉しく思うことでしょう。

▼関連記事

社内恋愛のきっかけは意外なものだった!恋人が欲しい人必見

部下が上司を好きになる理由


部下によって、上司とは良くも悪くも大きな存在です。怖いと思うこともあるかもしれませんし、傍にいると緊張してしまうこともあるのかもしれません。しかし、そんな怖い存在だった上司が、いつの間にか特別な存在になっていることもあります。

挨拶をきちんとする

最近は、挨拶をしない、できない人も多くなってきました。上の立場の人が、下の立場の人に挨拶をしない場合もあるようです。挨拶とは、職場で言えば言わば一つのマナーでありするのが当たり前なのですが、あえてしないような人もいます。あなたも、挨拶した相手から無視された経験があるのではないでしょうか?

そんな中、いつも明るくにっこりと微笑んで挨拶を返してくれる上司の存在は、部下にとってとてもありがたく嬉しいものです。ピーンと張りつめた職場の中で、まるで救われたような気持ちになるのです。その気持が、好きに変わることもあります。

チームを組む機会が多い

人は、接することが多い相手を好きにになる傾向があります。たまにしか接しない人よりも、しょっちゅう顔を合わせたり一緒に何かを行うような相手に好意を持ちやすいのです。チームを組んで一緒に仕事をすることが多い場合も、そういったことがあります。特に、親切で話しやすい上司の場合はそうかもしれません。

一緒に残業を良くする

一緒に苦労をする相手にもまた、好意を持ちやすい傾向があります。一緒に残業することが多い場合も、それは当てはまりやすいと言えます。

▼関連記事

上司と不倫を社内にばれず継続するための秘策とは?

上司と社内不倫する女性の特徴


上司が独身であれば、社内恋愛は良い出会いでもありますし、運命の出会いとも言えるのかもしれません。仕事ができて思いやりがあり、みんなに親切で責任感もあるような上司と付き合えたら、それはとても嬉しいことだと思います。しかしながら、上司が既婚者だった場合はそうは言えなくなります。

特に、職場で不倫をするとバレやすく、最悪の場合職場を離れることになる可能性もあります。もちろん、どのようなケースの不倫も良くはないのですが、職場でのそれは色々な面から見てかなりリスクが高いことは覚えておかなければなりません。場合によっては、好きな上司にも多大なる迷惑をかけてしまうこともあります。

離れた年上男性が好き

同じ年齢の男性に、全く興味がないと話す女性も少なくないようです。どこか子供っぽくて、尊敬できないとか、話していてもつまらないといった声も聴きます。その点、年齢的にも大人である上司が素敵に見えるのでしょう。自分よりも10歳以上年上の上司に憧れたり好きになる人もいます。

また、若い女性の中には、仕事ができる男性や役職が付いているような男性と付き合うことで、自分も優れた特別な女性であると認識する人もいるようです。優秀な男性と付き合ったり選ばれることが、自分も承認されたように考えてしまうのでしょう。

しかしながら、これは正しい考え方とは言えません。不倫はあくまでも不倫。こういった理由で付き合っているのなら、もう一度考え直すことをオススメします。不倫していたことがバレると、今後あなたの婚活に影響してくることも考えられます。

他人の物が良く見える

人のものを欲しがる。自分が持っているものよりも、人が持っているもののほうがよく見える。こういったタイプの女性もいます。

既に恋人がいても、他の女性の彼氏が素敵に見えると、自分のものにしたくなる。女性から見れば、まさに「女の敵」と呼べそうなタイプです。しかし、こういったタイプの女性は、満たされることがありませんので、どんなに良いものを得ても幸せを味わうことができません。

恋人についても同じことが言えます。誰かの旦那さんを奪って、その時はその男性の奥さんに勝った気持ちになりますが、そもそもその男性のことを好きで奪ったわけではありませんので、すぐに飽きてしまうのです。もし、自分にこういった感情があるのでしら、もっと自分も他人も大切にできるような人を目指す方が良いと言えます。何か本気で取り組めるものがあり充実することができれば、人の持っているものにあまり興味がなくなります。是非検討してみてください。

これといった全く普通の女性

不倫する女性と言うと、何か特別な思考を持っていたりおかしな価値観を持っていたりするイメージがあるかもしれませんが、実はごく普通の女性であることも少なくありません。普通の容姿に普通の価値観。そして、仕事もちゃんとやるし、コミュ力も普通にあるような女性です。ですから、不倫事実を聞いても「え!あの子が?」のように思うこともよくあるのです。

どんなにしっかりしていても、またどんなに道徳観がある女性であっても、ある日許されない一線を越えてしまう可能性はあるということなのかもしれません。だからこそ、しっかりとして、いざという時はブレーキをかけられるようにしておきたいのです。

まとめ


職場は仕事をする為の場所。そこで素敵な出会いがあることは良いことですが、自分を追い詰めることがないようにしたいものです。不倫など色恋沙汰は、すぐに広まるもの。それによって、せっかくの仕事を失ったりしたら悲しすぎます。もし、どうしても好きで好きで仕方がなく不倫に至るのであれば、今後全てのものを失ったり、みんなから嫌われたりする可能性もあることを肝に銘じてから行ってください。