キスしたい男性の心理って?上手く誘える魅力的な女性の秘訣

男性が女性にキスを求めてくる瞬間にパターンや法則みたいなものは見られません。ムードも何もない状況でいきなりキスしてきたり、女性が心の準備をして待っているのに一向に仕掛けてこなかったり、など女性には理解できないことの方が多いことでしょう。

そもそも男性がキスをしたい心理と女性がキスをしたい心理には大きな違いがあり、女性が自分なりの考えで男性のキスを理解しようとしての無理があるのです。大好きで一番大切な男性とだけキスがしたいと考える女性とムードやシチュエーション次第では、流れに任せて特別な感情を抱いていなくてもキスができる男性。

また、男性はキスをセックスの序章だと考えていることもあります。キスをしたい男性の心理を分析しないと自分に対する本気度などもわからなくなってしまうかもしれません。男性の「キスしたい」に隠された心理について紹介します。

男女のキスの違い

キスはもちろん男女が揃って初めてできるもので、その瞬間を共有することから互いの気持ちは通じ合っているかのように考えられます。しかしながら、男と女のキスに求めるものは根本的に異なるので、特に女性からしたら、「なぜ今なの?」「今のキスはどういう意味?」などと混乱することもあるでしょう。

軽く唇を重ねるフレンチキスなら挨拶代わりとも考えられますが、お互いの口を開き舌と舌を絡ませて唾液の交換までしてしまうディープキスは、男性にとってはセックスへのプロローグ、そのままベッドへなだれこむというのが一般的な流れとなります。女性はキスはキス、セックスはセックスと分けてしまいがちですが、男性はホルモン分泌を背景として、女性とは全く異なる意味合いでキスをするのです。

男にとってキスは女性を抱くためのワンステップ

男性にとってのキスは、ずばり、女性を抱くため、セックスをするための準備のステップと言うことができます。男らしさや闘争心、生殖行動の促進のために男性に分泌されているホルモンの一種、テストステロン。

男性は、ディープキスをしながら唾液にテストステロンを含ませて女性に与えています。女性は、テストステロンを受け取ると、生殖行動が促進され愛を育もうという準備態勢に入ります。つまり、テストステロンを受けて抱かれたくなるということです。

女性が「頭がくらくらするようなキス」「とろけるようなキス」と表現するのは、このテストステロンの量や強さによるものかもしれません。動物としての野生の本能から、強い男に惹かれ、同時に強い子孫を残したいと感じることから、男性を受け入れ抱かれてしまうのだと言えるでしょう。

女にとってキスは精神的な愛を支えるもの

女性にとってのキスは、男性と違って抱かれること、セックスを求めるためにするものではありません。男性に比べて弱い存在という意識が強い女性は、寂しがり屋で常に不安感を覚えています。

そんな女性にとって、キスは、自分を愛しているという愛情表現を得られる安心感が得られるものなのです。「自分だけを愛してくれている」「何かあったときにもきっと自分を守ってくれる」という安心感が、キスによって与えられると考えています。

男性と同様に動物としての本能から言えば、キスで安心感を与えてくれる男性は、自分だけでなく生まれてくる子供も守ってくれると信じるのが女性です。子孫を残しそれを守るための本能であり、それをキスによって確かめているということにもなるでしょう。女性の方が男性よりもキスの相性を気にするのは、無意識のうちに自分や子どもを守る男性を、キスによって選別しているのかもしれません。

▼ 関連記事

キス上手い人のマル秘テクニック集。相手が夢中になるキスとは

キスをしたくなる時の男性心理

男性はエロいから、いつもエッチなことばかり考えているのでは?と考える女性も多いでしょう。確かに、性欲のピークを迎えた年頃の男性は勉強をしていても仕事をしていても常に頭の片隅には、エッチなことを考えていることがあります。

しかし、キスとなるとまた話は別です。常にキスをしたいと考えている男性はそれほど多くないでしょう。ふとした瞬間にキスがしたくなるということはありますが、付き合い始めの頃でもない限り、常にキスを狙っているということは少ないものです。

女性がふとした瞬間にみせる表情や仕草などにキュンとしてキスがしたくなったり、愛おしい、自分だけのものという気持ちからキスがしたくなったりすることもあります。もちろん、何とかものにしたい、セックスまで持ち込みたいという下心からキスをする場合もあります。

男性がキスをしたいと思う瞬間について

男性はキスをセックスへのプロローグと考えることが多いものですが、全てのキスがそうだとは限りません。女性がふと見せた可愛らしさや恥ずかしさ、はにかんだ笑顔など、「かわいい!」と思った瞬間にキスをしたいと思うことがあります。

また、キスをすることで自分だけの所有物であることを明らかにしたいと考えることもあります。「お前は俺だけのもの、誰にも渡さない」という独占欲の表れとしてキスをすることもあるでしょう。

ささいなことを原因として始めってしまったけんか、ちょっとした心のすれ違いから拗ねてしまった彼女、そんなときにことばでやりとりすることをやめて、唇を奪ってシャットアウトしたいと考えるときにもキスをすることがあります。男性にとってはごまかしとなるわけですが、女性は心では納得していなくてもキスによってどうでもよくなってしまうこともあるでしょう。

男性がキスをしたくなる女性とは

男性がキスをしたいと思っていても、チャレンジして拒否されることが想定できるような場合は自分もかくことになるので、無理にすることはあまりありません。相手の女性がキスを受け入れてくれる状態なのか、を見極めてキスをすることも多いのです。

キスしたい女性は、必ずといっていいほど上目遣いで男性の目をじっと見つめます。物欲しげにキスをおねだりしているように見えるため、男性はすぐにキスしたくなるでしょう。また、女性が男性を見つめるときに、目だけでなく唇を見つめることでも、その気にさせることができます。

性欲が旺盛な男性は、女性とは違って愛していない本命の彼女でなくてもセックスすることはできます。しかし、思いの入ったディープキスは誰にでもはできないものです。本当に大切に思っている女性、本気で惚れている女性にキスをする傾向があるため、キスで本気度を測ることもできるでしょう。

男性がキスをしたい時に出すサインとは

ムードづくりや何の前触れもなくいきなりキスをしてくる男性もいますが、ほとんどの場合は、キスがしたいオーラを何らかのサインで表すことが多いものです。会話をしていたのに、彼の方から話が途切れて沈黙、じっと目を見つめてくる、そんなときはキスしたいオーラ全開のときでしょう。やたらと目や唇を見つめていたり、顔を近づけてきたりするときもキスしたいと考えているはずです。

まだ付き合い始めてから間もない際には、食事のときにやたらとお酒をすすめてくることもあるでしょう。女性をリラックスさせて警戒心を解き、キスするチャンスを伺っているのかもしれません。

また、スキンシップやボディタッチが急に増えてくるのもキスしたい兆候の表れと言えるでしょう。男性は単純なので、キスしたい気持ちが表情や言動に表れやすいため、女性の方からそれを汲み取ってあげるのも大切です。

男性がキスをしたくなる時

男性がキスをしたくなる時というのは個人差もあり、確立されたセオリーがあるわけではありません。女性のふとしたかわいい瞬間にキュンとしたり、抱きたいと思ったり、さまざまなケースが考えられます。ただ、一般的には、ほとんどの男性がキスをしたくなるという定番のシチュエーションもあると言われています。

女性をかわいいと感じたとき、自分のものにしたいとき、激しく愛の営みをしたいとき、などさまざまな思いがきっかけとなってキスをするものですが、なかには男性がキスをしたくなる思いを募らせたり、サポートしたりする状況があります。さまざまなケースが考えられるなかから、アルコールを飲んだ時、二人きりになった時、女性の弱い一面を見た時について考えてみましょう。

アルコールを飲んだ時

アルコールが入ると誰でも気持ちがリラックスし、開放的な気分になるものです。いつもは理性で抑えているスケベ心がむっくりと起き上がってくることもあり、お酒にかまけて思うままに行動してしまうことも多いものです。つきあっている相手でもないのに、流れや勢いでキスしてしまったというのも、そのほとんどがお酒の席ではないでしょうか。

アルコールが入ると気分が開放され、日頃は抑制している行動が起こしやすくなるとともに、アルコールの効果で普段は特別な感情を持っていない女性が魅力的に見えるという心理効果も影響します。スキー場でゴーグルをしていると誰でもカッコよく見えるのと同じで、アルコールの影響から異性が魅力的に見えてしまうということがあるのです。

また、ほろ酔いで足元がおぼつかなくなった女性は自分が守らなければならないという男の本能から、スキンシップをしてキスに移行することもあります。

二人きりになった時

男性はいつまでも少年の心とロマンに満ちた生き物です。ロマンティックということばは女性だけにあるように思いがちですが、実は男性もロマンティックなムードには弱いものなのです。二人きりになり、なんとなくロマンティックな雰囲気になると、自然にキスがしたくなるという心理は男性、女性を問わずもっているものと言えるでしょう。

男性は照れ屋で人の目を過剰に気にする面もあります。人前でイチャイチャするのは苦手というタイプも多いため、どんなに相手に気持ちが動いていても人前だと我慢する傾向があります。

そんな状況で2人きりになると、抑圧されていたものが一気に爆発してキスのスイッチが入って求めるようになるでしょう。また、2人きりなら、その後のセックスにもちこめる可能性も高くなるため、より積極的なアプローチをするようになるとも考えられます。

女性の弱い一面を見た時

男性が女性にキスしたくなる時は、それまで知らなかった女性の可愛さを見せられてハッとしたとき、女性の弱さを自分だけに見せられて、そのことが嬉しくまた守ってあげたいと感じることが多いようです。男性は、弱い女性や子どもを守って生きる一家の主としての本能を持っています。この保護本能によって、女性の弱い一面を見せられたときに、無意識に守ってあげたいとキスしたくなるのです。

職場ではいつも強気でバリバリ働いている女性が、普段見せない弱い部分や涙を突然見せると男性はノックアウトされてしまうことでしょう。「彼女を守らなければ」「守ってあげられるのは自分だけだ」という一種の錯覚が男性をキスさせようとします。恋愛は勘違いとも言われているため、意中の男性に振り向いて欲しいときは、男性の保護本能をくすぐる作戦を仕掛けてみるのもいいでしょう。

▼ 関連記事

驚くべきキス効果!?ストレス解消にはもってこい!もはや麻薬でしょ

キスをしたくなる時の男性と女性の心理

男性、女性を問わず常にキスしたいと考えているわけではないでしょう。女性の心理としては、久しぶりに会た時、自分が落ち込んでいる時などにされるキスは大きな安心感と励ましを与えるものとなるでしょう。

常に自分に対する愛情を確認したがる女性は、ことばではなかなか表現できない男性の気持ちをキスで確認できると思い込んでいるものです。

男性は、かわいいと感じた瞬間や守ってあげたいと思ったとき、または、とにかく愛おしてキスせざるを得ない瞬間など、キスをしたい理由にはさまざまなものがあります。最も多いのは、濃厚なキスからセックスへつなぎたいと考えるときであり、ベッドインを最終目的としてキスをします。男性と女性とで異なるキスの心理、キスの仕方でわかる男性の本気度などについて考えて見ましょう。

男性と女性で心理は異なる

男性にとってのキスと女性にとってのキスは、していることは同じでもその心理に大きな違いがあります。女性は、愛情の確認という意味合いが最も強く、自分だけを愛してくれているからキスをしてくれると感じ、キスされることによって大きな安心感を得ることができます。一方、男性のなかにはキスはセックスの序章に過ぎず、なんとかものにするために必死で行っている性技の1つであることも考えられます。

キスで安心感と一体感を感じ、セックスしなくても幸福感に浸ることができる女性に対し、キスだけでは我慢できずに次の行動へ移ろうとする男性、また、自分の所有物であるという刻印代わりにキスをすることもあります。また、ロマンティックなキスを求める女性に対して、強い男性ホルモンを含む唾液で女性を落とそうとする男性という面からもキスに対する考え方や反応の仕方に違いがあると言えるでしょう。

キスの仕方について

海外では挨拶代わりにキスすることも多く、日本でも軽いフレンチキス程度であればそれほど人前でするのにもそれほど意識することはなくなりました。二人きりのときのキスにも、おでこやほっぺ、こめかみなどに優しく可愛くするキスもあり女性はキュンキュンしてしまうでしょう。キスのなかでも特別な感情がないとなかなかすることができないのがディープキスです。周りに人がいる場所や騒がしい場所ではなかなかできない本物のキスと言えるでしょう。

キスの仕方には、無意識のうちに男性の本気度が出てしまうものです。ディープキスは、お互いの口を開けて舌を絡ませ唾液を交換し合うものであるため、誰とでもできるものではありません。相手の緊張や気持ちがよく表れるものとなるため、単純で感情や心理が表れやすい男性は、キスの仕方によって女性に本気度を判断されることもあるでしょう。

キスをしたいと言われたら

外国では、男性が毎日のように「きれいだよ」「好きだよ」「愛してる」を繰り返すことが日常であっても、日本男児には、そのようなことは恥ずかしくてなかなかできるものではありません。どんなに女性のことを思っていても「好きだ」ということを伝えるのにも相当な時間がかかります。そんな男性からキスをしたいと言われたらどうするでしょうか。

女性にとっては何とムードのないがっかりなことばかとも思われるでしょうが、男性はおそらくよほどの決心と勇気をもってそのことばを口にしたはずです。その男性との関係性もあるでしょうが、男性の勇気ある言動に敬意を表してあげるのも大切なことではないでしょうか。もちろん、恋愛下手の彼であれば、このようなシチュエーションならOKと注文することも忘れないようにしましょう。

まとめ

女性はキスが重要な愛情表現のひとつであり、自分を落ち着かせ安心させてくれるおおきなものと考えています。キスをされるだけで愛されていることを確信し、キスだけで辛い1日を乗り越えていくことができるものです。

一方で男性は、性的欲求やその場のふとした感情でキスしたくなることが多く、女性ほど愛情表現として重視していません。それでも、本命の彼女に対するキスは特別だと考えています。キスしたい男性と女性の心理には根本的な違いがあることをきちんと理解して、キスしたいと思う女性になれるように努力しましょう。