嫌いな女性は男女共通?嫌われないためにも気をつけておきたいポイント

自分のまわりを見渡してみると、必ず存在するのがなぜか嫌われている女性という存在です。
実際に、嫌われる女性の多くが男女共通した意見で嫌われている傾向があるのはご存じでしょうか。「もしかしたら自分は嫌われているかも」「近くにいる人が嫌われている理由」などを知る事で、自分自身が嫌われないように対策を練る事もでもきます。
自分の行動が場をしらけさせていないか?実は嫌われているのでは?と不安に感じている人も、同性だけでなく男女から嫌われないために気をつけておきたいポイントを確認しておきましょう。

男性が嫌いな女性の特徴


男性から見て嫌いな女性のポイントとはどんなものなのでしょうか。実際に多くの意見として出ているものを集めてみました。

人の話を聞かない

まず、何といっても人の話を聞かなない女性です。確かに、一緒にいる時や大勢でいる時に、自分の話ばかりして人の話を聞かない女性は何となく絡みづらく感じるものです。しかも、話しの内容が自分の自慢話や元彼の悪口など、聞いていてなんとなく嫌な気分になるような話題を平然と話している女性は男性からも一歩引かれてしまう可能性が高くなります。

嫉妬しやすい

女性のここが嫌!とよく男性同士で話題に上がるのが、何といっても「嫉妬深さ」です。付き合い始めたばかりのころはなんとなくその束縛も「自分は愛されている」「こんなことで嫉妬するなんてかわいい」と感じていても、時間が経過するとともに、嫉妬深い女性は窮屈に感じてくるという男性がほとんどです。彼氏を嫉妬でがんじがらめにしないように注意しましょう。

下品

飲み会の席や合コンなど平気で下ネタを連発する女性がいます。その場は盛り上がったとしても、正直男性側からすると自分の彼女が下ネタを連発するのはとても不快に感じる人が多いため、彼女候補からは外れてしまう傾向があります。なんとなくノリでやっちゃたというケースもあると思いますが、これは一番注意が必要です。

しつこい

彼女や何となくいいなと思っている女性がいても、「昨日何してたの?」「なんで電話に出なかったの?」などしつこくプライベートを詮索されるとどんなに好きな相手でも嫌なになってきてしまうものです。しかも、それ以外にも過去のケンカを持ちだしたり、すでに忘れているような事を再度蒸し返したりされると、男性側も疲れてしまうのでしつこくするのはほどほどにするのが賢明です。

計算高い女性は嫌われる?


男女問わず嫌われる女性のタイプで良く上がる意見が何と言っても計算高い女性です。どんな感じの女性の事を計算高いと人は感じるのでしょうか。

常に自分中心

計算高い女性は、相手は次どのような手を出してくるのかなどを常に考えて行動している傾向があります。そのため、自分が不利にならないように、常に自分中心で物を考えて相手に押し付けてくるなど先手を打ってくる傾向があるので、「自己中だな」と男女問わず嫌われる傾向があります。

メリットがあるならば手のひらも返す

常に自分にとってメリットのある事を探しているのが計算高い女性の特徴です。そのため、一度は誘いを断っていても、美味ししいレストランに連れていってもらえそうや合コンのメンツがよさそうなど、自分にとってのメリットになる事があればすぐに手のひらを反して近寄ってくる行動が嫌われる要因となっています。

過去の恋人と比べている

女性との会話の中で良く耳に入ってくる事が多いのが、元彼の話です。これは男女問わず会話の中で出してくる傾向がある女性は、どこかで過去の恋人を自慢しているという感じもあるため、今の恋人と比べて過去の恋人はこんなことをしてくれたなど、自慢げに「私はモテル」という事をアピールしている人もいます。

同性が嫌いな女性のタイプ


男性目線から嫌われる女性もいますが、なぜが同性から嫌われている女性も多く存在します。自分は今こんな行動をとっていないかチェックしておきましょう。

態度がわかりやすい

嫌いな人とは全く話をしない、気分屋で急に機嫌が悪くなるなどわかりやすい態度をとる人も嫌われる傾向があります。「少しは我慢しろ」と思われている人が多いのが特徴です。

人との接し方がそれぞれ違う

同性がからみていてもこの人嫌だなと感じるタイプに、明らかに強いものには媚を売って、弱そうな人には態度がでかくなるなど、わかりやすく人との接し方が違う女性は嫌われる傾向があります。

メールの内容がそっけない

何かとコミュニケーションを取る事が好きな女性にとって、素っ気ない内容のメールの返信が届くとなんとなくいらっとする人も多いようです。

約束を破る

平気で約束を破る女性は同性から嫌われる傾向があります。特に、先に約束していたのに、彼氏との約束を優先させるなどの行動は嫌われる女性の一番の特徴でもあるため、どんな彼氏の事が好きでも、約束は先にしたほうを優先するのが鉄則です。

テレビで見るのがいや!嫌われやすい女性芸人の特徴


テレビに出ている女性を見ているとすごく人気のある人もいれば、なんとなく バッシングされてしまう人がいます。その編の傾向を見ていると反面教師にもなるので便利です。

「私が一番」ボス猿タイプ

とにかく自分の言っている事や行動が一番と思っているボス猿タイプは怖がられているだけでなく、見ていて嫌な気持ちになる事があります。まわりにこんな人いるなという気持ちで自分の近くにいる人と比べている人も多いのではなでいしょうか。

「私、清純派なんです」タイプ

芸能人全般もしくは芸人さんで、清純派を気取っている人は女性目線から見てもすごく嘘っぽいと感じてしまいます。いい年して清純派はまずいないとかんがえましょう。

「一番じゃなきゃダメなんです」タイプ

いわゆる女王様タイプの人は見ていても嫌な気分になります。周りの人とのコミュニケ―ションもうまくとれていなかったりするのを見ているのも少しやきもきしてテレビを変えたくなるという人も多数です。

「旦那は私の下僕」タイプ

最近多いのが旦那さんよりも年上だったり、売れていたりするカップルです。夫婦内格差が画面を通しても伝わってくるので、見ていてもこのカップル続かないだろうなと感じている人がほとんどです。

「うるさい姑」タイプ

うるさく、テレビのご意見番を気取っているタイプの芸能人は、見ていても何となく耳さわりな人がいます。ある程度年齢がいっている人も多いため見るからに姑という感じが浮き彫りになっています。

嫌われない女性になるためには


男性から嫌われる女性、同性から見て嫌われる女性、テレビに映し出される嫌われる女性たち、それらの人たちを見て参考にすると、次第に嫌われない女性になるためにどうすればいいのかがわかってきます。

人の話を聞く

男女問わず嫌われている女性の多くが、何と言っても「話を聞かない女性」です。確かにこれは女性だけに当てはまるのではなく、男性にも言える事で、話しを全くきかない人ほど、嫌われている傾向があります。自分が話をしたら、相手の話にも耳を傾けるという行動を意識するだけでも嫌われない女性になる事ができます。

ストレスを他人にぶつけない

日ごろのストレスを男女問わずぶつけてくる女性はやはり嫌われてしまいます。これは、女性のストレスのぶつけ方にあるのですが常にイライラしていて場をしらけさせたり、きつい言葉を投げかけてきて攻撃的になったりと、わかりやすくストレスを発散している人が多くなっています。ストレスを人にぶつけないようにするだけでも、良好な人間関係を保つ事ができるようになります。

言葉づかいは気をつける

女性で気をつけたいのが、とにかく乱暴な言葉を使わないという事です。男言葉やきつい言葉など、相手が傷つくような言葉を投げかけていると、どうしても人は離れて行ってしまいます。男女問わず良好な関係を築いていきたいと考えているなら、言葉使いに十分に注意して過ごす事が重要です。

恋人とは平等な関係

嫌われる女性の特徴として、「自分が常に上」「大切にしてほしい」など恋人同士でも男性よりも優位に立ちたいと思っていう女性が多くなっています。恋人よりも優位な立場を求めてしまうと、男性にとってはくつろげない居場所になってしまうためせっかくの恋もすぐに冷めてしまいます。また、恋人の悪口を言わない、過去の恋人と比べないなど最低限のルールを作って、相手をリスペクトする事も必要です。

まとめ


男女問わず嫌われる女性の特徴を総合的に見ると、やはり自己中心的でその場の空気を乱す人が多いのがわかります。みていて、「自分もこんな行動取っている」「あの人のここが嫌だったんだ」など納得している人も多いのではないでしょうか。

自分の周りを見渡してみても、こういう人いるよなーと実感している人がほとんどだと思いますが、そう考えても嫌われない女性になるためには、まず周りへの気配りをする事や、必要最低限の相手への尊敬の気持ちが大切という事がわかります。特に、自分の事ばかり主張してしまいがちな人は、自分の意見を相手にぶつける事も大切ですが、意見を伝えたあとに相手の話にもしっかりと耳を傾けるなど、意識して話を聞くなどの工夫をする事でだいぶ印象が変えていく事もできます。

さらに、今の自分が男女ともに嫌われている人なのかどうかわからないという場合も、今までの内容に少しでも当てはまる事があるならば、常にその嫌がられる要素を日常的に意識して改善して行く事で、しだに好かれる人というよりは「感じのいい人」になる事ができます。
男女問わずに嫌われる人は、どうしても人間関係をかき乱す人が多いのも特徴です。結局は、男女問わず嫌われているという事は周りから嫌われている人という事になるため、少しでも当てはまる項目があった場合は、自分自身の行動見つめなおして改善していく事が大切です。