重たい女性にならないために!セルフチェックや意識的な行動をしよう

男性からみて一緒にいて重たいと思われる女性はどんな女性なのでしょうか。実際に自分に当てはまる項目があると、自分の恋がうまくいかない答えを導き出す事ができるかもしれません。
また、自分のまわりの重たい女性を思い浮かべてみると当てはまる項目があり、反面教師にする事もできるので、まずはセルフチェックしてみましょう。

重たい女性と思われる特徴


重たい女性というと、色々なシュチュエーションを思い浮かべてしまいますが、一般的に見て聞いても重いなと感じるのは以下のような女性の事になります。自分に思い当たるふしがあると要注意です。

恋人を束縛する

「一緒にいたい」「大好き」という気持ちが強すぎて、恋人を束縛しすぎる傾向がある女性は一般的にみても重たい女性となります。
特に、長電話をする人やひっきりなしにメールを送ってくるなど、しつこく会っていない時間も相手を束縛する人は、要注意といえます。

自分に自信を持てない

また、恋人を束縛する女性の多くが自分に自信がない女性が多いのが特徴です。自分に自信がないため、恋人と会っていない時間が不安でたまらなくなってしまい、その結果会っていないときの行動がいちいち気になり、メールや電話をしてしまう女性が多くなっています。
そうなると、会っていない時も相手「支配されている」「見張られている」感じが男性はしてしまうので、だんだんと重たく感じるようになり、最終的には破局を迎えてしまうというケースになる事もあります。

メールや電話での連絡を常にとりたがる

重たい女性の代名詞ともいえるのが、電話やメールでの連絡攻撃です。会っていない時にも相手の事が気になって仕方がないため、ほぼ毎日日常的に時間や仕事中など気にせずに恋人に電話やメールを送ってくる傾向があります。
最近はラインなどを送ってくる事がほとんどですが、既読にならない事にイライラするなど、どんな時でも相手の事が気になってしまうため、重たい女性にとってはラインはかなりストレスな存在となっている傾向があります。

逆に軽い女性って?


重たい女性が男性を束縛したがるのに対して、反対に軽い女性とはどんな性格の女性をいうのでしょうか。

デートコースはなりゆき

男性との付き合い自体を楽しみたいと思っているので、事前にデートコースを突き詰めて決めたりせずに、会ったときに「どこいく?」というように、その時のなりゆきでデートコースを決める事ができる女性が多くなっています。

恋人との連絡は週に1~2回

自分の時間も大切にしたいと考えている女性が多いため、恋人との連絡も蜜に取る事はあまりないのが特徴です。
もちろん、自分の友達や仲間、同僚と出かけている時にメールや電話をしてくる事もないので、プライベートが充実している人ほど週の連絡回数は少ない人が多い傾向があります。

ボディタッチを好む

恋人にもそうですが、男友達やまだ付き合っていない男性にもボディタッチしてくる女性が多いのが特徴です。
男性に思わせぶりな態度で接してしまう人も多いため、恋人にとっては少し不安になってしまう事もあるため、恋人がいる人はそうでない男性に対してのボディタッチは少し控える事が大切です。

セルフチェックしてみよう


もしかしたら自分も知らない内に思い女性になっているかもしれないと感じている女性は、セルフチェックで自分の置かれている状況を確認してみましょう。

デート中に別れ話をされた事がある YES OR NO

デート中に恋人から別れ話をされた事がある女性は、あきらかに重い女性と感じられている事があります。
特に、会わずにそのまま別れ話を切り出すとその後ストーカーまがいになられる事を恐れて、あえてデート中にいう男性が多いのが特徴ですが、そうなった場合はしっかりと話合いをして改善点を見つけて行く事が大切です。

恋人のスマホを見たいと思う

恋人の携帯チェックは重い女性が良く陥るところでもあります。特に、寝ている間にこっそりメールやラインをチェックしたり、アルバムをみたりという行動は相手のプライバシーを侵害する事にもつながるため、見たいという衝動に駆られてもぐっとこらえる事が大切です。
我慢できずに見てしまう事で、最悪の場合フラれてしまうケースもあるのでこれは十分に注意をする必要があります。

何かと記念日をつくりたがる

これは一番男性にとって苦痛なイベントといえます。初めてのデートや始めてのキスなど、一緒にいる時間が増えるごとに記念日がどんどん増えて行ってしまいます。
男性は女性ほどこまめにチェックして覚えているわけではないので、忘れてしまった事で責められると一気にめんどくさい女性というレッテルが張られてしまう事にもなりかねないため、付き合った記念日くらいにとどめておくことが大切です。

無意識に重たい女になっている事も


自分の何気なくとっている行動が実は男性にとって重く感じている事もあります。もし無意識にとっているなら、意識して改善すると一気に二人のお付き合いにも変化が訪れる事でしょう。

恋人の家で家事をやりたがる

付き合いはじめのころなど、特に相手が一人暮らしなどをしているとどうしても女性らしさをアピールしたくて、相手の家におしかけては家事をしたくなってしまう女性がいます。
しかし、男性に頼まれていないのに勝手に家事をしてしまうのは、正直プライベート空間に土足で上がりこむようなものです。
やりたいという衝動に駆られても、そこはお互いの気持ちを尊重して話あってお願いされれば一緒に料理をするなど、おしつけにならないように気を配る事が大切です。

女友達との連絡を嫌う

彼女ができた瞬間に男友達から連絡がこなくなったという経験を持っている人も多いのではないでしょうか。
ずっと仲よくしてきた男友達からピタッと連絡がこなくなると、重たい女性と付き合い始めたなと直感的にわかる人もいます。
特に女性でも友達は友達と割り切って付き合っている事へ嫉妬してしまうと、彼氏の自由を奪う事にもなりかねないのでそこは割り切って接してあげる事も大切です。

メールの返信時間に文句を言う

会っていない時も不安だから、メールの返事がこないと連続で電話をかけてしまうなど、付き合っていても若干ストーカー気味になってしまうのが、重たい女性の特徴です。
恋人同士になったら、相手の事をある程度信じてあげる事も大切と心得てメールや電話の猛攻撃をしないように意識して我慢することも必要です。

どうしたら重たい女性にならない


重たい女性のほとんどが自分は重たいという事を自覚していません。このため、相手が中々メールの返事や連絡をくれない事でどんどんストレスが溜っていき、会うたびにケンカなど悪循環になってしまう事も多いのが特徴です。
そうなってしまうと、せっかくのお付き合いも自分から壊してしまっているのと同じことなので、少しの行動も相手を不快にさせていなか、自由を奪っていないかなど気にかけて行動する事が大切です。

彼の気持ちを最優先に

重たい女性にならないためにも、自分を全面に出しすぎないように意識して、彼の気持ちを最優先に考えてあげるようにしましょう。
草する事で信頼関係を築いていく事につながります。

一人の時間をこまめにつくる

恋人と常に一緒にいる事だけがすべてではないため、一人になる時間をお互いに作って、趣味を深めるなどお互い自由にできる時間を大切にすることが必要です。

恋人だけでなく友人と触れ合う

恋人ができるとすべてが恋人優先になってしまう傾向があるのが重たい女性の特徴です。男性にとって重たい女性にならないためにも、自分から進んで自分の友人とあう回数を増やすなど、彼にべったりにならないように心がけましょう。

まとめ


重たい女性の特徴は彼氏にべったりくっついて常に一緒にいたいと思っている人が多くなっています。
実際に、男性から見ると初めは可愛く映る行動でもありますが、長くお付き合いをしていく事を考えるとお互いの時間を大切にする事も必要なため、重たい女性にならないためにも、はじめからお互いの時間や趣味、友達を把握して束縛しすぎないように工夫をしておくことがおすすめです。