「いいな」を届けるWebメディア

話題

2018年02月02日 更新

「日本は、義理チョコをやめよう」ゴディバの思い切ったメッセージに共感多数

ゴディバの新聞広告メッセージ「日本は、義理チョコをやめよう」というメッセージにチョコ禁止にしたいという共感のメッセージが寄せられています。

チョコレートメーカーの思い切ったメッセージ

この広告はチョコレートメーカーゴディバが日本経済新聞に2月1日に出した広告です。義理チョコという文化で悩んだり苦しんだりする女性がいるということについて触れ、「「義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい」と好きでもない男性に義務感や習慣でチョコを贈る「義理チョコ」 という文化はなくても良いのではないか、と伝えています。メーカーとしては割と思いきったメッセージですね。

また、ゴディバのホームページでは、感謝の気持ちを伝えるのは大切だけれど、バレンタインという行事を楽しんで過ごして欲しい、というメッセージが書かれています。

ネットでは賛否両方の声が

ネットでは「よく言ってくれました」という声もあれば「口を出されたくない」というものや、「言ってることは正しいけど、本命チョコのゴディバさんが言っても説得力がイマイチ…」という声まで賛否両論。ただ、義務的に贈る習慣は準備する時間や費用も馬鹿にならないせいか、やめたいという方も多いと感じました。

こんなところからも義理チョコ反対の声が

また、最近ではバレンタインの文化もどんどん低年齢化。小学校は言うまでもなく、幼稚園・保育園の世代でも
そうした文化が定着しつつある様です。

小学校の中にはバレンタイン禁止をする学校もでているなど、保護者達もかなり
義理チョコ、友チョコに苦労している様ですね。

義務にならないようにしたいですね

ゴディバさんの広告への賛否は色々あると思いますが、手間やお金がかかるのは事実。職場によっては半ば強制的に女子チームで贈る習慣ができていたりすることもあります。また、ホワイトデーは3倍返しなど、いつのまにできたの?というルールで、男性の方にも一カ月後に大きな苦労が待ち構えています。

本命でないけれど、日頃お世話になっている方には手紙やメールで簡単に感謝の声を伝える…なんてシンプルな方法が流行するともっと簡単に気持ちを伝えられますよね。本命にはこっそりとどこかで渡してもらって…。バレンタインがそういう、ありがとうを伝える日になればいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです