【腕に巻くメモ”WEMO”】→もう、腕に書かなくていいんです。

腕に巻きつける書いて消せるメモ「WEMO」が発売されています。とっさのメモに便利ですよ~。

腕に巻きつけるだけ

新しく入った職場や接客の現場など仕事で急にメモを取ることが必要になる場面は少なくありません。手のひらサイズのメモ帳やスマホのメモ機能など、さまざまなアイテムがありますが、とっさには用意できないことも多く、接客の場面などスマホの操作が失礼ととられてしまう場合もあります。

そんな場面で違和感なくすぐにメモをとれるように作られたのが腕に巻きつける書いて消せるメモ「WEMO」です。棒状のシリコンを手首に軽く当てることで丸めて腕に装着させ、油性ペン・ボールペンでメモを取ることができます。耐水性もあるので、水や汗も平気。書いても消しゴムで消せるので、繰り返しの使用が可能です。

作ったのはフィルムメーカー

この「WEMO」を作ったのはフィルムメーカー 株式会社コスモテック。
デザイナーが病院で手にメモをしている看護師の様子を頻繁に目にしたことから着想して作られています。

医療現場だけでなく、災害現場、農水産現場、製造・建設現場など、さまざまな仕事の現場で使うことを想定しています。

さまざまな場面で活用したいですね。

ペンで書く…というアナログな記録方法は、スマホが浸透した世の中でも大切な様で、看護師さんなどが腕にメモをしているのを目にするだけでなく、テレビ局やクリエイティブな現場など、時間に追われる仕事の場面で行う人が多く見られます。

「WEMO」は今では、仕事現場だけではなく、受験生や病気で物忘れが激しい方にも活用できるように腕に直接透明フィルムを貼り、人目につくことなく使用できる「隠せるタイプ」なども発売されています。

色も各種揃っていて、リストバンド感覚で着けられるのでメモをとる機会が多い方は使ってみることをおすすめします。

WEMO公式サイト

(画僧はプレスリリースより)