【暑い季節が楽しみ】ふたを開けると瞬時に凍るサイダー?

(画僧は公式ニュースリリースより)

ふたを開けると瞬時に凍り、シャーベット状のサイダーを楽しめる自販機が全国で設置になると話題になっています。

サイダーも凍るマイナス5度の温度

今回、アサヒ飲料が開発したのは、マイナス5度の温度でサイダーの温度管理を行い、いつでも三ツ矢サイダーPET430mlの「凍るサイダー」が購入できる自動販売機です。

器械の中ではサイダーは凍っているわけではなく、ふたを開けると炭酸ガスの作用でサイダーが凍るしくみです。ジャーベット状になった冷え冷えのサイダーが飲めるようですね。

今までもコンビニなどでマイナス5度の凍るサイダーが販売されて話題になったことがありますが、今回は設置された自販機でだれでも購入できるのが特徴です。また、この自販機ではマイナス5度のサイダーだけでなく、通常の温度に冷やしたドリンクの購入も可能です。

設置予定は4月からを予定しており、観光地や商業施設などを中心に設置を強化していくとのことです。

コーラをイメージする人も

と昨年セブンイレブンに設置されて話題になった「-4℃のアイスコールド コカ・コーラ」を思い出す人も多かったようで、サイダーも好きだから、飲んで見たい…という意見が多数寄せられています。中には「ビールでも同じことやってほしい」という希望をあげる人もいました。なるほど、同じ炭酸飲料ですから、なんとなく、実現可能な気がしますね。

夏に向けて注目

アサヒ飲料のニュースリリースを見ても、具体的な設置店舗はまだ、発表になっていませんが、夏に向けてどんどん設置が進んで行くでしょうね。おでかけ前に公式ページなどで情報をチェックしておくと外出先での楽しみが増えるかもしれせんよ。

アサヒ飲料ニュースリリース