【知っておきたい】睡眠についての、知らないと凄く損する事実

日頃寝不足でも週末に寝だめをすれば大丈夫…と思っていませんか?睡眠不足は「睡眠負荷」として
健康や美容に大きな影響を与えてしまいます。

睡眠負荷の影響

睡眠負荷については NHK の番組などでも特集がされているのでご覧になった方もいるかもしれませんね。厚労省の発表によると日本人の平均睡眠時間は先進国の中で最低という結果がでているそうです。

睡眠不足による影響は仕事の能率だけでなく、大人であれば美容や健康、子供であれば体や情緒面など心の発達にも影響してくるのです。生活習慣病とも関わりが深く、肥満以外にも高血圧や糖尿病、心筋梗塞のリスクも高くなるとされています。

お仕事で遅くまで働く人はもちろんのこと、子育て中のお母さんも慢性的な寝不足になりやすいですよね。

睡眠を整えるには

睡眠は週末にまとめてとる「寝だめ」をすることはできません。睡眠負荷への対策としては、基本的には生活リズムを整えることが大切です。

具体的には、朝は太陽の光を浴びて体内時計をリセットして、昼間はしっかり活動をし、夜は光を浴びず、スマホやゲーム、パソコンなどメディアのコントロールをして早く寝る、という生活が体のサイクルを正してくれるのです。

遮光カーテンや枕の調節など睡眠の環境を整えることは生活サイクルを作るためにも大切なことですね。仕事や育児でどうしても時間が取れない…という場合には、日中短時間でも睡眠をとり、脳を休めることで負担を軽減できると言われています。

もし、昼間に眠くなるようであれば

昼間に眠くなるようであれば、睡眠負荷がたまっている可能性が高いかもしれません。また、7時間や8時間しっかり寝ていても昼間眠くなるという場合には、睡眠時無呼吸症候群などで脳の酸素が不足して知らず知らずのうちに脳に負担がかかっている可能性もあります。

睡眠について詳しく調べてもらうのであれば、 近くの内科で診てもらうのも一つの方法ですが、睡眠外来など専門的な科目を標榜している病院を受診するのが一番良いのではないでしょうか。

仕事や余暇を気持ちよく行うためにも、たかが睡眠不足…と軽く見ないで一日7~8時間の睡眠を確保して行きたいですね。

厚労省の睡眠に関する資料「健康づくりのための睡眠指針」も参考にして下さい。

関連記事

関連記事

関連記事