銀座・泰明小学校で「アルマーニ」の制服採用→総額9万円に賛否両論!

東京都・銀座の中央区立泰明小学校が今年四月からの新入生を対象に、高級ブランド「アルマーニ」社デザインの標準服(制服)を導入することがわかりました。
誰もが知る一流ブランドだけに、その値段は夏冬のアイテムをそろえると9万円近く……。このことが明るみに出るや否や、方々から「公立小学校の制服としては高価すぎる」「子供にわざわざブランドを身に着けさせる意味がわからない」と批判の声が上がっています。

泰明小学校では今回の件を保護者に説明するため、以下のような文章を出しましたが、長文の割には一体何を主張したいのか、いまいちはっきりしません。

つまり…きれいな装いをすることで学べることがある、と?

要点だけあげると、

・きちんとした身なりからマナーを学ばせたい
・学校への帰属意識を持ってもらいたい

ということになります。

泰明小学校はあくまで公立学校

日頃からきれいに装うことで泰明小学校の生徒としてプライドと愛校心を持ち、健全な学校生活を送ってほしい――。確かに学校側の主張もわかります。しかし、これが私学であれば、です泰明小学校は公立学校であり、果たしてこの説明で保護者の理解を得られるかといえば、それは厳しいものがあるのではないでしょうか。

ツイッター上でも今回の泰明小学校の決定に対して疑問を呈する声が相次いでいます。

「公立の小学校でしょ?」

子供は日々成長していきます。その度に買い替える必要が出ることを考えれば、保護者にとっては大きな経済的負担です。

ただ、一方でこのような意見もありました。

泰明小学校は特別だから

泰明小学校はその場所柄もあり、昔から比較的富裕層に属する家庭の子供たちが通っていました。そのことを考えれば、高額なブランドの制服も無理な話ではない、となるのでしょう。

この点、最終的には一年生の保護者たちがどう判断するかにかかってきますが、教育目標の達成方法が独特なのは、公立小学校としてどうなのでしょうか。

とにかく、子供たちがアルマーニで「正装」しているのですから、他の子供たちや教師たちもそれ相応の態度や服装が求められそうです。担任の教師が常に汚れたジャージ姿なんてことがないようにしていただきたいものですが……。