中華料理店のメニュー「〇スブタ」にざわつく。ま・み・む……?

突然ですが、日常にありふれた言葉が突如、変な意味に思えてしまう瞬間はないでしょうか?
何の変哲もない言葉なのに、見ただけで変なことを想像してしまい、「何を考えているんだ!!」と一人で頭に浮かんだ思いを叩き潰す……。

ツイッターユーザーのJ・本(未完治)さん(@smsm3po)もきっとそんな一人。J・本(未完治)さんは先日、訪れた中華料理店のメニューの中にこんな言葉を見つけてしまったのです

酢豚→〇スブタ?

メニューはスブタ(酢豚)、メジャーな料理ですね。ですが、「ス」の前についた「〇」のせいで変な想像をしてしまうのです。
これ、まさか〇が伏字だったら、あの言葉しかないよな……?」と。
漫画かハードコア系官能作品ではよく見かける言葉…と言ったらいいのでしょうか。

このJ・本(未完治)さんの投稿には以下のようなコメントが寄せられました。

「心が汚れている…」ってこと?

そしてさらにはどストレートにその言葉を出してしまうユーザーも…。

みんなちょっと疲れているんだ!きっと!

皆さん、どうだったでしょうか?やはりこの言葉しか浮かばなかったでしょうか?
そうだったとしても恥ずかしがる必要はありません。ストレスフルな現代社会に生きる私たちは常に疲れているのです。思考がおかしな方法へ飛んでしまうこともあるでしょう。

大丈夫、心が汚れているなんてことはありませんよ!

関連記事

関連記事

関連記事