【ユーリon ICE in 平昌五輪】須崎・木原ペアは自己ベスト

(画像は民放テレビ局オリンピック公式競技動画配信サイトより)

2月9日から開幕した平昌オリンピックでは団体SPが行われ、アニメ『ユーリ!!! on ICE』の曲にのせて演技を行った日本の須崎・木原ペアは自己ベストを更新しました。

ファンの間では一足先に話題に

平昌オリンピックでは、開会式に先立って行われたのがフィギュアスケート団体戦SP(ショートプログラム)。この競技は、オリンピックが開幕する以前から一部の人の間で話題になっていました。その理由は使われていた曲「Yuri on ICE」という曲です。

この曲はアニメ『ユーリ!!! on ICE』で主人公の勝生勇利がフリープログラムで使用していた曲で、須崎・木原ペアがこの曲を使うことで、アニメと現実の世界がコラボレーションしたとファンの間では話題になっていたのでした。

ファンからは絶賛の声が

ユーリ!!! on ICE』はフィギャアスケートを描いたアニメ。は日本だけでなく、アメリカの元フィギュア選手のジョニー・ウィアーやロシアのエフゲニア・メドベージェワなどスケート選手の中にもファンがいて、世界中で愛されている作品です。

須崎・木原ペアの演技に際しては、作品のファンだけでなく『ユーリ!!! on ICE』に出演した声優の諏訪部順一さんや原案、キャラクターデザインを担当した久保ミツロウさんなど著名人から、感謝と感動の声が寄せられています。

ユーリ効果で狙え、金メダル

須崎・木原ペアの演技は曲の流れるようなイメージととても合っているいい演技でした。
自己ベストを更新するなど、会心の滑りだったのではないでしょうか。このの演技で団体日本は総合3位。できるだけ上を狙って欲しいものです。
開幕した平昌オリンピックでは他にもジャンプのレジェンド葛西選手や高梨選手を始め、活躍が期待できる選手が数多く参加しています。彼らの演技を楽しんで応援したいですね。

ノーカット、実況なしの滑りはNHK公式サイトでご覧になれます。

関連記事

関連記事

関連記事

関連記事

関連記事