「バレンタインの本気度が分かる」パン屋さんのたどり着いた結論がすごく分かりやすい

バレンタインのチョコレート、誰にどんなチョコを渡すか悩みますよね。バレンタインチョコにパン屋さんの出した結論が見た目にもすごく分かりやすいです。これイイナ…と思った方、迷わず実践してみましょう。

義理チョコから本命、そして…

チョコの新基準を見せてくれたのは翠玉堂さん。どうやらパン屋さんらしいです。
用意したのがこれ

大量の板チョコです。そして、自前のパン。

義理ならこれぐらい。ビジュアルとしてはちょっとさみしいですね。

本命ならこれぐらい。まずまずの量ですね。

プロポーズだと、人生がかかっていることもあるので、それなりの重量感がありますね。

そして、プロポーズをも超えた何かがこれ。こちらはかなり、ストーカー寄りの場合でしょうか。プロポーズに比べても予算がかかってますが、ここまでくるとドン引きするか笑うかっていう感じになりますね。

これだけの量をパンにはさむのは倒れないようにバランスをとるだけでも一苦労。好意を大幅に超えているかもしれませんが。見方によっては、少しアートの領域に入っています。

このビジュアルに以外と魅力的との声も

この最終形態のビジュアルには、怖い、重いな…といった恐怖やプレッシャーを感じるという声の他にも

…と送る方、もらう方のどちらからも以外と前向きな意見も見られました。もらったチョコを溶かしてパンをチョコフォンデュにして食べるなんて方法もあるかもしれない…。

義理チョコ配りの分かりやすい方法かも

チョコを贈るバレンタインという習慣。本命相手であれば楽しい時間ですが、職場や友だちの義理チョコでは、選ぶ種類にも一苦労です。今回の翠玉堂さんの物量で決める方法はとても分かりやすいですね。

小さいチョコをたくさん買って、袋に入れる。日頃のお世話度でこっそり中身の量を調節する…なんていうのもいいかもしれませんね。バレンタインは、今ではあげた分の3倍返しが相場とも言われますので、本命でなくても相手を見て、あげた後のリターンも考えて贈るのも一つの方法です。

でも、量の3倍返しはちょっと遠慮したいですね。

関連記事

関連記事