【育児ママに注意喚起】充電後は電源プラグを抜いて!感電事故も・・

最近の各通信デバイス(スマートフォンやタブレット)は高性能のせいか、とにかくバッテリーの消耗が激しいもの。なので中にはいつでも充電できるよう、充電器をコンセントに差し込んだままにしいている方もいるかもしれませんが……これが惨事につながることがあるようです

ツイッターユーザーのしえるさん(@ciel_ik)さんは先日、知り合いの口腔外科医から以下のような話を聞いたそう。

充電ケーブルの先端を口に入れ、感電

充電コードで感電事故。コンセントに差し込んだままだと当然電気が通ります。結果、幼い子がコードのコネクタ部分を口に入れてしまえばこのような惨事が発生してしまうのです。
しえるさんのこのツイートには「家の中の何気ない光景に潜む危険」について改めて考えさせられた他のユーザーたちのコメントが数多く寄せられました。

「そんなに電力強いんだ…」

また、充電コードをうっかり口の中に入れてしまうのは幼い子だけではありません

犬や猫などのペットにもその可能性はあります。

使用後はコンセントから電源プラグを抜きましょう!

充電後にそのままコンセントにつなげたまま……なんてことはどこでも見かけるものですが、これを機に、使用後はきちんとコンセントから抜いておきましょう
特に何でも口に入れてしまいがちな乳児・幼児がいるご家庭では注意が必要です。