ゲームは禁止! 親からされたひどすぎる仕打ちとは?

近年は多くのゲーム機器が世の中に出ており、子供達にとって天国のような状況となっています。子供からしたらいつまでも好きなだけやっていたいもの。しかしそれをよく思わない人も…

そう、保護者さんです。ご両親からしたら、どうにかゲームのしすぎをやめさせたい。そんな執念から生まれた、きつすぎるゲーム禁止法とは?

その手があったか

いおりさんのお母様はゲームをしすぎてしまう子供をどうにかするためについにプラグインの部分を南京錠に通すという策に出ました!

買い物などで何かと家の外にいたり家事をしたりでなかなか子供のゲームのやりすぎに気付かなかったり、分かっててもどうしようもない、言っても聞かないみたいな状況ありませんか?

それを残酷にも簡単に解決してしまうこの策にはゲーム好きな子供も手のつくし用がありません….

果たして世間からはどのような声が上がっているのでしょうか?

いいこと知った

親からしたらこれ以上の策はありません。ぜひ真似ようという声がある一方で

ゲームは全くの無駄ではなく、ゲームからも得られるものはあるという意見も上がっております。

 

中には一生懸命対策を考える人も…

何が正解?

一見やりすぎだと思えるこの禁止法。しかし、ひと昔前の教育はわからないならたとえ手をあげてでも修正するべきだという考えがありました。言葉でダメなら規則を設けたりして制限することも必要なのかもしれません。一方でもっと自由にやらせて子供が自分で気付くのを待つという教育法もあり、現在は手をあげるのはやめてできるだけ子供に任せていることが多いように思えます。

皆さんはどのように正してあげるべきだと思いますか?

関連記事

関連記事