鼻の毛穴のトラブル対策!原因・対処法を教えます

毛穴のところがぼつぼつしている、黒ずんでいて悩んでいる方はいませんか?小鼻は立体的で目につくので、その毛穴に問題を抱えていると見た目の印象が悪くなります。

今回は、

  • 鼻の毛穴トラブルの種類
  • 不適切なスキンケアが毛穴トラブルに繋がる
  • 生活習慣による毛穴トラブル
  • 正しいスキンケア方法をおさらい
  • 自宅でできる鼻のスペシャルケア方法
  • 生活習慣を改善してケアする方法

についてまとめてみました。目立つ部分にある鼻だからこそ、余計に気になってしまう毛穴。しっかりとケアをして美肌を目指しましょう。

鼻の毛穴トラブルの種類

スキンケア

鼻の毛穴トラブルにはブツブツしている、黒ずんで変色している、ボコボコしているなどいくつか種類があります。種類が異なれば、なぜ起きるのかその原因も違ってきます。ここでは、鼻の毛穴トラブルの主だった種類についてまとめてみました。

ブツブツがある:角栓が詰まっている

小鼻がブツブツしているのであれば、角栓が原因の可能性が高いでしょう。角栓とは皮脂と古くなった角質が混ざったものです。

本来は老廃物のため、排出されるべきものですが毛穴から何らかの理由で出られない状態になっています。その結果、毛穴の中で固まってしまってブツブツした状態になるわけです。

黒ずみがある:角栓が酸化している

美肌 スキンケア

 

毛穴が黒ずんでいるのであれば、角栓が酸化している状態であると推測されます。角栓が長期間毛穴のところでとどまっているため、空気に触れやすくなり、その結果酸化して黒く変色してしまうのです。よって小鼻のところが黒いポツポツができ、汚らしい感じになってしまいます。

ボコボコしている:鼻の毛穴が開いている

 

小鼻にボコボコ凹凸感があるのは、毛穴が開いていることが考えられます。皮脂が過剰分泌されて、毛穴が開いてしまっているためです。

もともと額から小鼻にかけてのいわゆるTゾーンは、皮脂腺の割合が多いです。他と比較して、7倍もの毛穴があるので開くと目立ちやすくなります。

鼻の毛穴トラブルを招く要因は不適切なスキンケア!

 

毛穴トラブルを招く要因を見てみるとメイクのやりすぎや毛穴をいじる、過度なケアを行っているなどスキンケアに問題のあるケースが多々見られます。そこでここでは毛穴トラブルを助長する不適切なスキンケアについてまとめてみました。

化粧の落とし残し

女性にとってメイクは欠かせませんが、この化粧をしっかり落としていないとケアなトラブルを招きます。化粧品の汚れが毛穴に詰まりを起こしてしまって、トラブルが引き起こされるためです。

普段から濃いめのメイクをする人も注意してください。濃いメイクは化粧が落ちにくくなってしまいます。メイクをしっかり落とすか、落としやすい化粧品を使うなど工夫をしてみましょう。

UV対策の不徹底

UV対策をきちんと行っていないと、肌がダメージを受けやすくなります。肌が紫外線によるダメージを受けると、ターンオーバーがうまくいかなくなって角質が厚くなり、毛穴つまりが起こりやすくなるわけです。

特に鼻はほかの箇所と比較すると一段高くなっているため、紫外線を浴びやすくなるため注意が必要です。日焼け止めクリームを塗っていても、夏場は汗などで落ちてしまうのでこまめに塗り直してください。

保湿ケアが不十分で肌が乾燥している

保湿ケアをしっかり行っていないと乾燥肌になりがちで、毛穴トラブルが起こりやすくなります。乾燥肌の方はバリア機能が不十分で、ターンオーバーが弱くなっているため、角質がたまりやすいです。角質が長くとどまっていると、酸化して黒ずんでいわゆるイチゴ鼻になってしまいます。

毛穴を誤魔化すために化粧が厚くなっている

毛穴トラブルを隠そうとして、化粧を厚めに行っていませんか?気持ちはわかりますが、メイクが厚くなれば化粧品の汚れが詰まりやすくなります。

また小鼻は皮脂量の分泌が多いため、メイクが取れやすいです。その結果、何度もメイク直しをするので化粧品が毛穴に詰まりやすい環境になります。

無理に取ろうとして毛穴をいじり過ぎている

毛穴が黒ずんでいると、小鼻をつまんで角栓を出そうとしていますがこれはトラブルを助長します。指にはいろいろな雑菌が付着しているので鼻をいじるとその細菌が付着してしまうからです。

せっかくきちんとしたスキンケアを行っていても水の泡です。スキンケアやメイクをするとき以外は、なるべく鼻をいじらないようにしてください。

過度にピーリングやスクラブをしている

こまめにピーリングやスクラブをしている人は、それが毛穴トラブルの原因かもしれません。ピーリングやスクラブは洗浄力が強いため、肌にとって必要な皮脂を洗い流してしまいます。

その結果、外部の刺激から肌が無防備になってしまい、ダメージを受けやすくなります。ピーリングやスクラブをやること自体は問題ないですが、週に1~2回くらいにとどめておきましょう。

毛穴パック・角質シートを使い過ぎている

毛穴パックや角質シートは角質や角栓が取れてすっきりしますが、頻繁に使用するのはおすすめできません。毛穴パックや角質シートは強引の毛穴の角栓を引っこ抜くもので、毛穴に多少のダメージを与えてしまうからです。

逆に私たちの体は刺激から守ろうとして角質を厚くしてしまい、逆に毛穴詰まりを起こしやすくしています。

鼻の毛穴トラブルは生活習慣にも原因がある

乱れた食生活や喫煙習慣がある、過度にストレスをためているなど、生活習慣が毛穴トラブルの原因となっている可能性も高いです。せっかくスキンケアをしても乱れた生活習慣を続けていれば、その意味も半減してしまいます。どのような生活習慣が毛穴トラブルを引き起こすかについてみていきましょう。

脂肪分・糖分の多い食事

脂肪分や糖分の多い偏った食生活を続けていると毛穴トラブルが起こりやすくなります。油分の多い食事を続けていると、それだけ皮脂の分泌量も活発になるためです。揚げ物や炒め物、脂身ガッツリの肉料理、スイーツなどをたくさん摂取している人は食生活の見直しをしましょう。

慢性的な寝不足

睡眠不足の状態が慢性化すると、毛穴トラブルが起こりやすくなります。自律神経が乱れてしまって、肌のバリア機能が低下してしまうからです。

その結果、毛穴が詰まりやすくなってトラブルの起こるリスクが高まります。また肌のターンオーバーが機能しなくなることで角質が厚くなって、毛穴詰まりが起こりやすくなります。

ストレスを抱えている

慢性的に強いストレスを抱えていると、毛穴トラブルが起こりやすいです。ストレスを抱えると、男性ホルモン優位になってしまいます。

男性ホルモンの分泌が多くなると、皮脂の分泌が活発になってしまい、毛穴詰まりが起こりやすくなるのです。「毛穴トラブルを何とか…」という気持ちが強過ぎるとかえってそれがストレスになって、症状を悪化させることも考えられます。

喫煙習慣がある

喫煙は体にいろいろな体の問題を招きますが、毛穴トラブルもその中の1つです。タバコを吸うと毛穴が広がってしまうといわれています。

その広がったところにタールが付着してしまって、黒ずみを誘発してしまいます。またタバコの煙が皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌過多の状態に陥って毛穴の開きを助長してしまうのも問題です。

これで大丈夫!正しい毛穴のスキンケアやメイクのポイント

洗顔やクレンジングのやり方が間違っている、保湿ケアが不十分など常日頃のスキンケアが正しくないと毛穴トラブルを誘発します。そこで毛穴を適切にケアするためのスキンケアやメイクの方法について以下でまとめてみました。

洗顔やクレンジングは手を洗って清潔にしてから

洗顔をする際には、まず手洗いをしっかり行いましょう。手にはいろいろな汚れ・細菌が付着しているからです。汚れたままの状態で洗顔すると、この汚れをわざわざ顔につけているようなものです。きれいに手洗いをしてから、洗顔やクレンジングに取りかかりましょう。

クレンジングはしっかり時間をかけて優しくマッサージする

クレンジングをする際は、ゴシゴシこするのではなくマッサージをするような感覚で優しく行いましょう。肌は皆さんが思っている以上にもろく、強くこすると肌が傷ついてしまいます。ダメージを受けた肌はターンオーバーがうまくいかなくなって、毛穴トラブルを引き起こしかねません。

よく泡立てて優しく洗顔する

洗顔料を使用する際には、しっかり泡立ててください。先ほども紹介したように手と肌が直接触れる環境だと、摩擦によってダメージを受けてしまうからです。泡立てると、この泡がクッションのような役割になって肌の摩擦の負担を軽減できます。

たっぷりの化粧水でしっかり保湿する

 

 

洗顔した後で化粧水をしっかり使って保湿ケアをすることも有効でしょう。先ほども紹介したように、毛穴トラブルの原因として乾燥があるからです。

洗顔してそのままにしていると、水分が肌からどんどん蒸発してしまいます。化粧水を使って、不足する水分を補給しましょう。

角栓を無理やり押し出すケアはやめる

毛穴パックや角質シートなどを使って無理やり角栓を引っ張り出すのは控えましょう。無理やりに角栓を引っこ抜こうとすると、その分どうしても毛穴にダメージを与えてしまうからです。もし毛穴パックや角質シートを使用するのであれば、化粧水や保湿クリームなどでしっかりスキンケアしてください。

ピーリング・毛穴パックは週に1回程度が目安

ピーリングや毛穴パックをする場合は、週に1回程度のペースで行うと良いでしょう。いずれも肌に大きな負担を与えるからです。

あまりに頻繁にピーリングや毛穴パックを使用すると、肌に必要な皮脂も除去してしまいます。その結果、ダメージを余計に深めてしまいかねません。

厚塗りは厳禁!気になってもナチュラルメイクを意識して

毛穴の開きが気になると、どうしてもそれを隠そうとして厚塗りになりがちですがこのようなメイクはおすすめできません。化粧の厚塗りは毛穴のつまりを引き起こして、かえって状況を悪化してしまいます。コンシーラーなどは使わずに、メイク下地だけでカバーするくらいのナチュラルメイクを心がけましょう。

週末ケア!自宅で簡単にできる鼻のスペシャル毛穴ケア4ステップ

蒸しタオルを使用する、オリーブオイルやベビーオイルを使用するなど、いつもとは違ったケアをすることでより高い効果を期待できます。自宅で実践できるスペシャルな毛穴ケアの方法について、まとめてみました。

洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開く

洗顔をする前に蒸しタオルを顔のうえにしばらく乗せておくといいでしょう。肌を温めることで毛穴がしっかり開き、奥に詰まっている汚れや皮脂などをしっかりかき出せるからです。蒸しタオルは水分を含ませ、電子レンジでチンすれば自宅でも簡単に作れます。

オリーブオイルでマッサージする

オリーブオイルを使ったマッサージが毛穴トラブルに効果的と注目されています。オリーブオイルの主成分のオレイン酸は皮脂と似た構造になっていて、角栓を溶かす効果が期待できるのです。皮脂に近いので肌のバリア機能にも寄与して、保湿対策でも効果があるといわれています。

綿棒とベビーオイルでくるくるする

綿棒

ベビーオイルを綿棒に含ませて、小鼻をケアする方法もおすすめです。ベビーオイルに角栓が反応して溶け出し、除去しやすくなります。綿棒を使用する際、押し出してしまう人もいるようですが無理やりは肌に負担を与えてしまうので優しく行うように意識しましょう。

洗顔後は冷水で毛穴を引き締める

洗顔ですすぐ際には冷水を使用するのがおすすめです。冷たい水によって肌が引き締まり、毛穴も閉じてくれます。冷水で洗うことに抵抗がある人は、ぬる目のお湯でしっかりとオイルや泡をゆすいでから、数回だけ冷水でお肌を引き締めるようにしてみてください。また、氷水を使用する方法もあるようですが、こちらも毛穴を引き締める効果が期待出来ますので、おすすめです。

毛穴を改善する生活習慣のポイント

栄養バランスの取れた食生活をする、適度に運動する、喫煙や飲酒はなるべく控えるなど生活習慣を見直すことも毛穴ケアには有効です。そこでここでは、生活習慣の中でも見直すポイントについて紹介していきます。

ビタミンB群・ビタミンAを意識した食生活にする

ビタミンB 食

ビタミンAやビタミンB群を多く含む食材を意識して摂取してみてください。ビタミンAには新陳代謝を促進する、ビタミンB群には皮脂の分泌量を調整する効果が期待できるからです。

睡眠時間をしっかりとって肌のターンオーバーを正常にする

睡眠時間をしっかりとることで、肌のターンオーバーが活発になります。古くなった角質もしっかり落とせるため、毛穴のつまりが起こりにくくなるでしょう。やることが特別なければ、夜更かしをなるべくしないで、睡眠をとるようにしましょう。

趣味などで適度にストレスを発散する

ストレス発散の方法を自分なりに編み出すこともおすすめです。ストレスを過剰にためた状態が続くと皮脂の分泌が活発になってしまいます。現代社会ではストレスフリーの生活を送ることは難しいですから、趣味の時間を作るなど発散する機会を設けましょう。

飲酒や喫煙はなるべく控える

飲酒や喫煙はなるべく控えることも肌のコンディション向上のために必要です。アルコールを摂取すると分解するために水分を大量に使って、乾燥肌になりがちになります。喫煙も毛穴の開きを引き起こしてしまうため、なるべく控えた方が良いです。

適度な運動と十分な水分で老廃物を出す

適度な運動を取り入れると、毛穴トラブルが起こりにくくなります。運動することで汗を大量に描き、老廃物を順調に排出できるからです。

ただしそのままにしていると水分不足に陥り、乾燥肌になりかねません。運動する際にはこまめに水分補給を心がけましょう。

まとめ

誤ったスキンケアや乱れた生活習慣を続けていると、毛穴トラブルが起こりやすくなります。まずは自分が普段行っていることで毛穴トラブルを誘発しているものがないか確認してください。そのうえで、正しいスキンケアの方法をマスターして、毛穴トラブルを解消してみましょう。