気になる鼻の毛穴ケアのいろいろな方法をご紹介!お手軽ケアで完璧に!

男女問わず気になってしまうのは鼻の毛穴の黒ずみだと思います。鼻は目につきやすく、また毛穴に黒ずみが発生することが多いのでケアが必要になります。そこでここでは自宅でできる毛穴ケア、自作で毛穴をケアするパックについてや、サロンで受けることができる毛穴ケアについて述べていきたいと思います。

男性の鼻の毛穴ケアのポイント

男性は女性に比べると皮脂の分泌量が多く、女性のように年齢とともに分泌量が少なくなるといったことが少ないので、長きにわたって鼻の黒ずみに悩まされる可能性があるのです。そこでここではそうならないために鼻の毛穴の黒ずみを改善させる方法を紹介します。

スクラブ入り洗顔料を使う

スクラブの入った洗顔を使って洗顔を行うことで通常の洗顔を使って洗顔を行うよりも汚れや皮脂をしっかり落とすことができます。スクラブが入った洗顔料を使うことで肌が明るくなったと感じることができることもあります。スクラブでしっかり汚れを落としたあとは化粧水や乳液などが肌に浸透しやすい状態になるのできちんと洗顔後にケアを行うのが効果的です。

逆にスクラブで洗顔した後にきちんとしたケアを行わないと汚れが落ち切ってしまった肌は皮脂による保護機能が少なくなっているので、乾燥がひどくなり、結果毛穴の黒ずみを悪化させる可能性があるので気を付けてください。

また、スクラブは天然成分でできているものもあり、肌に優しい成分でできているものがあるのですが、強くこすってしまうとどうしても肌への強い刺激になってしまい。肌を傷つけることになるので、スクラブ洗顔をするときは特に泡をしっかり立てて、泡で優しく洗うようにしてください。

スクラブ洗顔の正しい使い方&NG行為

剥がすタイプのシートパックを使いすぎない

はがすタイプのシートパックで毛穴に詰まった角栓を取り除くと、目に見える状態でたくさんの角栓をとることができます。また、洗顔では落とすことができない毛穴の奥の角栓まで落とすことができます。しかしシートパックで角栓をとる時には注意したいことがいくつかあります。それはまず、あまり頻繁に使わないようにすることです。シートパックは高い吸着力があるために角栓だけでなく、周りの必要な皮脂まで取り除いてしまうのです。

なのでシートパック後はしっかりと保湿ケアを行ったのち、次にシートパックを使うまでに期間を設けてください。シートパックの使用頻度として適しているとされているのは肌のターンオーバーのサイクルである一か月から二か月に一回です。この頻度で行うことで正常な肌状態を保つために重要な肌のターンオーバーを崩すことなく、角栓のケアをすることができます。

手軽にできるオススメ鼻の毛穴ケア

鼻の毛穴の黒ずみを改善させようとすると長期間かかる可能性があります。そんな中、日々必要なケアに手間がかかると続きにくくなってしまいます。そこでここでは手軽に行える鼻の毛穴ケアを紹介します。

朝も洗顔料を使う

朝の洗顔方法として、洗顔料を使って洗顔をすると洗いすぎで逆に乾燥を引き起こすとして水洗いを推奨する意見もありますが、毛穴の黒ずみを防ぐためには朝も洗顔料を使って洗顔するのが効果的です。毛穴の原因物質の中には皮脂があります。その皮脂が多いことで毛穴の黒ずみがひどくなることになります。毛穴の黒ずみがひどい人は皮脂の分泌量が多い可能性が高いので水だけでは皮脂が取り除けず、残った皮脂が毛穴の黒ずみの大きな原因になることになります。

正しいスキンケアの順番を覚えよう!朝・夜で何使う?

あぶらとり紙を使う

毛穴の黒ずみの原因になる皮脂を取り除く方法としてあぶらとり紙を使う方法があります。てかりが気になるところに使うことで皮脂を吸着し、結果、毛穴の黒ずみを防ぐ効果が期待できます。ですが、手軽に皮脂をとることができるあぶらとり紙ですが、使うたびに多くの皮脂がとれるので皮脂がとり切れていないと感じて何度も皮脂をとってしまう人がいるかもしれませんが、あとからどんどん皮脂が出てくるのはあぶらとり紙で皮脂をとりすぎている可能性があるのできをつけてください。

あぶらとり紙の正しい使い方や人気商品のまとめ

ビタミンC誘導体配合化粧水を使う

ビタミンc誘導体とはそのままでは肌に浸透しにくいビタミンcを安定した成分にし、肌に浸透させ、機能を高める成分です。毛穴に関しては毛穴を引き締めたり、皮脂が酸化するのを防いだりとうれしい効果を持っています。また、皮脂の分泌を抑制する効果もあるので、黒ずみの原因を減らすことができます。角栓が詰まっていること以外に、毛穴が炎症を起こしているために毛穴が黒ずんで見える人にもビタミンc誘導体には美白効果があるので効果があります。

鼻のパック手作り方法

鼻の毛穴をケアするときに、市販のものを使わずに自作することで肌に優しく、かつ、お財布にも優しい鼻のパックを作ることができます。ここでは材料別で紹介していきます。

小麦粉・オリーブオイル

まず一つ目としては小麦粉をオリーブオイルで伸ばしたものを鼻に塗るパックです。これのつくり方はいたって簡単で小麦粉にオリーブオイルを滑らかになるまで混ぜます。肌に塗るので硬さは伸ばしやすく、また、少し時間をおいてから流すのであまりにも水っぽくはなりすぎない程度の硬さで作ってください。

ヨーグルト・緑茶

次に紹介するのはヨーグルトと緑茶を使った手作りパックです。緑茶にはビタミンcや殺菌成分が含まれているので肌に良いとされています。ヨーグルトに緑茶を混ぜてパックを作るときは緑茶は茶葉の状態ではなく、粉末状のものを使うとヨーグルトと混ざりやすくなるのでお勧めです。ヨーグルトには上澄み液が出ることがありますが、この上澄みはヨーグルトの部分より栄養価が高いとされ、肌に良い成分も多く含まれているので、捨てるこのなくパックに使ってください。

サロンでできる鼻の毛穴ケア

ここまでは家でできる手軽な鼻の毛穴のケアの方法を紹介してきましたが、ここではサロンで一気に毛穴の黒ずみを改善させる方法を紹介します。

ピーリング

一口にピーリングといってもサロンで受けられるピーリングには様々なものがあります。ここでは代表例として三つのピーリングを紹介します。まず一つ目として挙げるのはケミカルピーリングです。これはフルーツ酸を使い、肌の表面を溶かし、それと共に角質を取り除く方法です。角質をしっかり落とすことができるので毛穴の黒ずみだけでなく肌のくすみが気になる人には適した方法です。

二つめとしてはレーザーピーリングです。これはその名の通りレーザーを肌に照射することで角質を取り除きます。敏感肌の方や、乾燥肌の方にも適したピーリング方法です。レーザーは肌の奥まで届かせることができるので、コラーゲンの生成機能も上げることができます。

最後に上げるのはスキンスクライバーという方法です。これは金属から超音波を発生させられる器具を肌に滑らせることで皮脂を取り除きます。金属を肌に滑らせることで角質を物理的に削りとっていく方法です。

ピーリングはニキビに効果的?意外と知らないピーリングの基礎

角栓除去

即効性を求めたいのであれば適しているのが角栓除去をサロンで行うことです。サロンで行ってもらうことができる角栓除去方法は多くがバキューム管で毛穴から汚れを吸い出す方法です。

吸い出す前に肌を十分に温めることで毛穴を開き、開いた毛穴から汚れを取り除きます。吸い出すというと肌に負担をかけるように思うかもしれませんが、自宅でシートパックなどで毛穴のケアをするより負担は小さくケアをすることができます。また、頑固な毛穴の汚れは一回の施術ではとり切れないことがありますが、繰り返し定期的にサロンに通うことで改善していくことができます。

鼻の角栓除去の裏技とは?できる原因とパックの種類をチェック!

まとめ

鼻の毛穴のケア方法として様々なものを紹介してきました。様々なものがある中で、その人それぞれに適した方法があります。また、紹介した自作のパックなどに関してはアレルギーのある人には適さなかったりということもあるので様々な方法から自分に適した方法を探し出して毛穴のケアを行ってください。