話題の毛穴ブラシとはどんなアイテム?上手な使い方と注意点を伝授!

美容に関心の高い女性の中で、昨年頃から注目を集めているのが毛穴ブラシです。ブラシを使って肌を洗浄すると聞くと、何だか痛そう、肌が傷ついてしまうのではないかと心配になる人もいるようですが、使用方法を守って使うことで、ブラシだからこそよりきれいに肌をケアできるメリットもたくさんあります。

毛穴ブラシとはどのような商品なのか、その驚くべきメリットや、使う時の注意点などについて紹介します。

毛穴ブラシの種類

毛穴ブラシは洗顔ブラシとも呼ばれており、大きく分けて2つの種類のものがあります。1000円以下の商品からあり、お試しで手頃に購入できる手動タイプのものと、1万円台の商品が多く見られる電動タイプのものです。

電動タイプ

電動タイプの毛穴ブラシは1万円台の価格帯の商品がよく出回っています。毛穴ブラシを使った洗顔は手を使った洗顔よりも洗浄力が高いと言われますが、手動タイプのものと比べても電動タイプは洗いあがりがさっぱりしており、より高い洗浄力が期待できます。メーカーや商品によって様々な特徴があり、用途によってブラシを何種類か交換できるものもあります。

また、音波を使ったマッサージ効果を得られる商品もあります。やわらかなブラシが毛穴に溜まった頑固な古い角質や汚れまですっきりと洗い落としてくれるので、毛穴の悩みを抱えている人にお勧めです。

手動タイプ

電動タイプの毛穴ブラシは少し高額なので、ちょっと手を出しにくい、まずは毛穴ブラシがどんなものか試してみたいという人は、手動タイプのものから始めることをお勧めします。手動タイプの毛穴ブラシの形状は、そのままブラシの形状をしたものもあれば、ファンデーションやチークを肌に乗せるときに使う大きな筆のような形状をしたものもあります。

非常に細くやわらかい毛が密集しており、肌にすべらせるようにして撫でることで毛穴の汚れをやさしく取り除きます。1000円以下で購入できるものもありますが、筆がやわらかく肌へのダメージが少なそうなものを選ぶようにしましょう。

毛穴ブラシを使うメリット

バラエティショップや家電量販店の美容コーナーでも販売されている毛穴ブラシですが、手を使った洗顔よりも10倍はきれいに汚れを落とせるなどの宣伝によって美容に関心のある女性を中心に高い注目を集めています。毛穴ブラシを使うことで得られるメリットにはどのようなものがあるのか紹介します。

すすぎ残しを防げる

きれいにすすいだつもりでも、洗顔料が肌に残ってしまっていると肌トラブルの原因になります。毛穴ブラシを使った洗顔では、たっぷりの泡をブラシで伸ばすようにして広げていきます。

洗顔ネットなどを使って泡をたっぷり立てた状態で洗う為、手で泡立てて洗顔する時よりも少しの洗顔料で済むだけでなく、ゴシゴシと擦るように洗っていた人は肌に溶け切らなかった洗顔料が残ってしまう恐れもありましたが、その心配も少なくなります。毛穴ブラシの使い方をきちんと守れば、洗いすぎやすすぎ残しといった問題も解消されるので結果として肌にやさしい洗い方になると言えるでしょう。

手の届かないところも洗える

普段の洗顔ではなかなか行き届かない髪の生え際や小鼻の横なども、毛穴ブラシを使うと簡単にケアすることができます。また、毛先が非常に細いので落としにくい毛穴の奥まで行き届き、溜まっていた汚れもきれいに落とすことが可能です。毛穴ブラシを使うと毛穴の奥の汚れだけでなく、古い角質もやさしく除去することができます。そのため、肌のくすみが消えてワントーン明るくなるだけでなく肌のターンオーバーも促すためきめの整ったスベスベ肌に近づけることが可能です。

毛穴の奥の古い角質や汚れが落ちることによって得られるメリットは他にもあります。毛穴がきれいになることで、化粧水や美容液の成分がより浸透しやすくなることです。肌に汚れが残っていると、美容成分が表面に留まってしまい奥まで届きません。毛穴ブラシを使うことで今まで使っていた化粧品の効果をより感じられるようになるかもしれません。

適度なマッサージ効果がある

毛穴ブラシは肌を撫でるように洗っていくため、適度なマッサージ効果を得ることができます。手動タイプのものでも効果はありますが、マッサージに期待したいという場合には電動タイプの毛穴ブラシをおすすめします。電動の毛穴ブラシの中には超音波を使ってマッサージ効果を高める機能がついているものもあります。セルフマッサージをしながら気持ちよく洗顔を行いたいという人は少し高額にはなりますが、電動タイプのものを選んでみると良いでしょう。

毛穴ブラシの上手な使い方

毛穴ブラシを使った洗顔の方法を説明します。基本的に手動のタイプも電動のタイプも使い方に大きな差はありません。また、洗う際に気をつけて起きたいポイントについても紹介します。ブラシで洗顔する前にまずはハンドソープなどで手を洗い、手の雑菌を落としてからクレンジング料を使ってメイクを落とします。顔とブラシを先によく濡らしてから洗顔料をしっかりと泡立て、額、頬、あご、鼻の上に乗せます。

顔の上の泡を内側から外側に向かって広げるようにブラシをすべらせ、1ヶ所につき15秒程度を目安に洗います。この時にブラシを顔に斜めに当てず、垂直に保つことがポイントです。洗い終わったらぬるま湯でしっかりと泡を落とし、その後冷水ですすぎなおすと肌の火照りを取り、引き締め効果も得られます。水気を拭き取る際にはタオルで軽く押さえるようにします。

長い時間使わない

気持ちいいからといって長く洗いすぎるのは肌に負担がかかるため禁物です。額や頬など1ヶ所につき15秒程度、顔全体では1分までを目安に洗います。洗いすぎると肌の乾燥を招いてしまう原因になります。

力を入れない

毛穴ブラシを初めて使う時には、肌に当てるとき痛いのではないかと不安になるかもしれません。しかし、コツを掴むときれいに洗うことが可能です。肌を傷めずに使うために、正しいやり方をマスターしましょう。まず、洗顔の際にはしっかりと泡を立てること、ブラシと顔の両方を水で濡らしておくことが重要です。泡を顔の上に乗せたら力を入れず、ブラシを顔に対して垂直に乗せて内から外へ泡を広げます。

この時に力を入れてしまうとブラシが潰れるだけでなく、肌を傷つけてしまいます。ブラシの先端を潰さないようにやさしい力で泡を撫でるようにするのがポイントです。

毛穴ブラシを使う際の注意ポイント

手を使った洗顔よりもきれいに洗えると評判の毛穴ブラシですが、使い方を間違ってしまうとその効果が現れないだけでなく、肌を傷つけてしまったりトラブルを起こしてしまいます。毛穴ブラシを使う時に注意しておきたいポイントを紹介します。

洗顔の前には手洗いとクレンジングを

毛穴ブラシを使って洗顔する前にはメイクを落とす必要があります。しかし、普段どおりクレンジング剤でメイクを落とす前にハンドソープなどで事前に手についている雑菌を洗い落としておくことをお勧めします。汚れや雑菌がついた手で泡を立てると顔やブラシに汚れた泡がついてしまうため、手間になってしまいますが清潔な手で洗った方が良いでしょう。

まずは週1からお試しで

毛穴ブラシを使った洗顔がいいとは言ってもやりすぎは禁物です。自分の肌の調子を見ながら使う頻度を加減していきましょう。初めて使う場合には、まず週に1度のペースで様子をみることをお勧めします。顔の部分によって毛穴の黒ずみが気になったり乾燥が気になる部分が異なるという人もいるでしょう。毛穴ブラシでの洗顔を頻繁に行うと肌の乾燥を招くことがありますが、小鼻の周りやTゾーンなど黒ずみが気になる部分だけブラシで洗うという方法もあります。

週1ペースで使ってみて調子が良ければ少しずつ使用する回数を増やしていってもよいでしょう。しかし、洗顔後は化粧水や美容液で保湿をしっかり行うなどアフターケアも重要になります。

ブラシを清潔に保つ

使用した毛穴ブラシをそのままお風呂場に放置すると雑菌が繁殖し、肌トラブルに繋がる危険があるので絶対に避けましょう。洗顔後のブラシは洗顔料が残らないようきれいにすすいでから清潔なタオルで水分を拭き取ります。そして風通しの良い場所で陰干しをして完全に乾かします。直射日光に当てたり、ドライヤーの熱で乾かすのはブラシが劣化してしまう為避けましょう。電動タイプのブラシを購入する時には手入れが簡単にできるものを選ぶというのもポイントです。

まとめ

手動タイプも電動タイプも様々な商品が販売されている毛穴ブラシは正しく使うことで黒ずみ毛穴やブツブツ毛穴を改善してくれるアイテムとして使えそうです。今までは手で洗顔をしていたけれどもちょっと興味が出てきたという人は、まずは週に1度から、正しい使い方を守って試してみてはいかがでしょうか?