子供の乾燥肌対策でまず気をつけるべきこと、具体的な対策法とは?

子供も肌は大人よりもデリケートです。大人ならなんてことはない刺激でも、子供にとっては強い刺激となることがあります。空気が乾燥する冬は大人でも肌が乾燥しますので、子供は大人よりも念入りな乾燥対策やスキンケアが必要です。子供の乾燥肌を防ぐためにすべきことと、子供のためのスキンケアなどを紹介します。

どうして子供の肌はトラブルが多いのか


子供はまだ成長している途中なので、大人に比べると体の機能も未発達ですし、肌なども大人が思う以上にデリケートです。人の体には生まれ持った機能というものがあります。外部刺激から身を守るために、肌にはバリア機能が備わっています。これは子供にもある機能ですが、大人に比べて弱いので、空気が乾燥する冬は肌が乾燥しやすくなりバリア機能も低下します。

皮膚が薄くバリア機能もまだ未完全

バリア機能は皮脂や水分を蓄えて外部刺激から守ろうとする力です。しかし子供は肌のバリア機能が低いため、水分を蓄える力や皮脂をうまく分泌する機能が未熟なので肌トラブルが多くなってしまうのです。肌のバリア機能は成長とともに高まっていきますが、肌が乾燥しやすい冬は大人でもバリア機能が低下しがちです。大人でさえ乾燥が目立つようになるので、子供にとってはかなりの刺激や負担となってしまいます。

「乳児湿疹」に注意


乳児は皮膚が薄くまだ体の機能も十分に備わっていません。肌の乾燥が進むと乳児湿疹のリスクが高まります。ただし乳児湿疹というのは、乳幼児に起こりやすい皮膚疾患の総称ですから、原因はいろいろあります。赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、汗をかきやすいです。汗をたくさんかくことにより毛穴に汗や皮脂が詰まってしまい乳児湿疹になるのは珍しくないことです。

肌に刺激を与えるのも乳児湿疹の原因です。この場合の刺激はおむつかぶれや汗、アレルギーなどいくつかの原因がありますが、肌のバリア機能が弱いので乾燥肌になると乳児湿疹をお越しやすくなります。

赤ちゃんに肌荒れを起こす4つの意外な原因とその対処法とは?

赤ちゃんの肌といえばすべすべのイメージがあります。しかし、実は赤ちゃんであっても肌荒れが起きてしまう可能性があるのです。そんな…

子供の乾燥肌対策の基本

子供の肌は大人が思うよりもずっとデリケートです。でも念入りなスキンケアをすれば、乾燥肌を防ぐことができます。ただしここで注意したいのが、スキンケア用品は子供用を選ぶことです。大人用のスキンケア用品は、子どもが使うことを想定して作っていません。メーカーにもよりますが、添加物や配合している成分によっては子供の肌には刺激や負担が大きくなってしまいます。これではスキンケアをするどころか、肌に負担をかけ肌荒れを起こしてしまいます。

子供のスキンケアは必ず子供用を選びましょう。子供用のスキンケア用品も年齢に合わせて選べるようになっています。乳幼児には乳幼児用など、必ず年齢に合ったものを使うようにしてください。

ボディソープや石鹸が合っていない?


お風呂に入って体を洗い清潔に保つのは大切なことですが、空気が乾燥しやすい冬は毎日石鹸やボイディーソープで体を洗っていると、洗いすぎにより肌が乾燥しやすくなってしまいます。大人でも顔を洗いすぎると、顔が乾燥して肌荒れを起こします。子供の場合もこれと同じで、大人よりも肌が弱くデリケートなので、毎日石鹸やボディソープで洗っていると、肌の潤いを守る皮脂まで洗い流してしまいます。

この場合は石鹸やボディソープを使うのをしばらくやめてみましょう。大人と同じ石鹸やボディソープを使っているなら、赤ちゃん用の刺激の少ないものをおすすめします。またお風呂のお湯の温度が高すぎるのも、必要な皮脂を洗い流す原因となります。お湯はあまり熱くしすぎないよう注意しましょう。

乾燥肌の人必見!保湿効果のあるボディーソープ7選&選び方

あなたはボディソープを選ぶとき何を基準に選びますか?潤い、香り、無添加、オーガニック、価格、…など様々な要素があると思います…

湯温は38~39度でごしごし洗いは厳禁

子供をお風呂に入れる時のお湯の温度目安は、38度~39度が理想です。ただし地域や各家庭のお風呂によっては、追い焚きすると設定温度より低くなることもあるので、ここは調整可能です。お湯に手をつけた時に、熱い!と感じない程度が理想です。ほどよく温かくちょっとぬるいくらいなら肌に負担をかけません。ゆっくり温まるのは体にもいい入浴法ですが、長風呂にならないよう注意しましょう。

体を洗う時、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのはあまりおすすめできません。コットンのタオルや柔らかい布でゴシゴシこすらず撫でるようにするだけでも汚れは落とせます。ちょっとした工夫でもかなり肌への負担を軽減できます。

保湿剤を使う


お風呂の温度や体の洗い方に気をつけていても、お風呂上がりは肌が乾燥します。お風呂から上がったらボディローションやクリームなどで、肌に潤いを与えましょう。肌荒れがひどくローションやクリームが使えない時は、ワセリンや皮膚科で処方してもらう軟膏でもOKです。お風呂上がりに顔のケアをするのと同じように、子供の肌も毎日のケアが大切です。保湿剤を使うだけでも肌の状態はかなり変わってきます。

保湿剤って何?効果と成分まとめ!

美肌づくりのためには、保湿剤を上手に活用して、肌の水分量を維持することが大切です。保湿剤は肌の上に一枚の薄いベールで包むような…

子供の乾燥肌対策のその他のポイント

子供のためにできるその他のポイントを紹介します。乾燥肌対策というと保湿や潤いを与えるケアをイメージしますが、赤ちゃんや乳幼児は冬でも汗をかきます。寒い時は重ね着をさせますが、大人が思う以上に暑い思いをさせていることも少なくありません。汗をかいてそのままにしてしまうと乾燥は別の肌トラブルを起こします。

寒いからと何枚も着せるのではなく、赤ちゃんの体を触ったり汗をかいていないか確認したりしてあげましょう。汗をかいたらすぐに着替えて、肌を清潔にしてあげることも大切です。

刺激の少ないソープを使う

体を洗う時は石鹸やボディソープを使ってもいいのですが、必ず子供の年齢に合ったもの、刺激の少ない安全性の高い物を選びましょう。赤ちゃんは汗をたくさんかきますが、皮脂をうまく調節できないので乾燥しやすいのです。体を洗い清潔を保つのも大切ですが、洗った後はすぐに保湿をしてあげましょう。スキンケア用品は、子供用を使います。

頭はシャンプーのみ


子供も頭皮が汚れやすいのでシャンプーで頭皮の清潔を保つことが大切です。子供の場合はシャンプーでしっかりと洗っておけば、コンディショナーやトリートメントは必要ありません。子供の髪は大人のようにパーマやカラーのダメージがないので、シャンプーだけでも十分なのです。

風呂上がりにすぐ保湿剤を使う

お風呂から上がった時、肌は想像以上に乾燥しています。お風呂から上がり体を拭いたら、すぐに保湿剤を塗って肌に潤いを与えてください。時間が経つほど乾燥が進むので、手早く体を拭いて5分以上時間を空けないようにして、全身に優しく保湿剤を塗ってあげます。保湿剤は子供用で低刺激のものがおすすめです。

ボディオイルはお風呂で使う!効果的な使い方&注意点

スキンケア、ヘアケアと来て思いつくのは、ボディケアです。クリームやローション、ミルクなどのアイテムも充実しています。ここで忘れ…

まとめ


子供の肌はプルプルで健康そうに思えますが、まだ十分な機能が備わっていないのでとてもデリケートです。乾燥しやすく乾燥による肌トラブルを起こしやすい状態です。スキンケアを念入りにするのは大切ですが、子供の肌に合う刺激の少ないものを選びましょう。家族全員で同じスキンケア用品を使う場合、子供には刺激が強すぎるので注意してください。使うなら子供も使える安全なものを見つけてください。