混合肌のファンデーション選びで抑えるべき基本、おすすめファンデは?

混合肌は部分的に乾燥しているのに、部分的にオイリーという正反対の状態が混合しています。スキンケアをしていても、乾燥とオイリーな部分があると、メイクをする時に様々な問題が生じます。一番の問題はメイクが崩れやすいこと。どんなに時間をかけて丁寧にメイクしても、お昼頃にはメイクが崩れてきます。混合肌の人はどうやってファンデーションを選べばいいのでしょうか?

混合肌のファンデーション選びとは


ファンデーションを選ぶ時も、スキンケア用品を選ぶ時と同じように肌質に合わせて選べます。乾燥肌の人はしっとりタイプ、オイリー肌の人はさっぱりタイプなど自分の肌に合ったものをつかえば、メイク崩れもしにくくなります。

しかし混合肌は乾燥肌とオイリー肌の両方の性質を持っているので、どちらを選んでもどこかに問題が生じます。混合肌はTゾーンはオイリーなのに、Uゾーンがカサカサしてしまいます。Tゾーンにサッパリタイプを使い、Uゾーンにはしっとりタイプを使うというのも難しいので、ファンデーション選びにもコツが必要です。

肌質には3つのタイプがある


肌質は大きく分けると、皮脂の多いタイプ、乾燥しているタイプ、敏感なタイプの3つに分かれます。ファンデーション選びも肌質に合わせるのがセオリーですが、混合肌の場合はセオリーが通用しません。普段から乾燥する部分とオイリーな部分がありますが、コンディションによっても変わってきます。この場合は肌質に合わせるというよりも、混合肌の状態に合わせて選ぶのがポイントです。

肌タイプが分かる「肌質診断」!肌質の悩みをケアする方法とは

スキンケアを毎日欠かさずにやっているのに、なかなか肌の状態が改善できない、肌トラブルが生じやすいという方は、実は間違ったスキン…

混合肌の特徴

混合肌の人は、場所によって皮脂が多かったり少なかったり、生理前などに油脂が多くなったり乾燥したりというちょっとめんどくさい状態です。異なる性質の肌の状態となるため、スキンケアやファンデーション選びも迷走してしまいがちです。

混合肌の原因とは?スキンケアの基本、おすすめ化粧品や下地大紹介!

乾燥肌、普通肌、オイリー肌など肌質は人によって違いがあります。スキンケア用品は肌質に合わせて選べるようになっていますが、それそ…

どっち寄りの混合肌?

一言で混合肌といっても、実は人によって違いがあります。人によっては乾燥肌よりということもあれば、オイリー肌よりという人もいます。混合肌でもそれぞれタイプが異なるので、自分はどっちよりなのかを把握しておくことも大切です。

混合肌におすすめなファンデーション


ファンデーションの好みは人それぞれですが、混合肌の人はパウダーよりもリキッドがおすすめです。メーカーによりテクスチャーの違いはあるものの、リキッドファンデーションは液体です。水分を含んでいるので、肌なじみが良くなります。カバー力の高いものも多いので薄づきでもOKだから、メイクが崩れても簡単に直せます。

パウダーファンデーションを使うと、皮脂が多い部分はテカリ、乾燥している部分はヨレるのでシワや毛穴が際立ってしまいます。リキッドファンデーションでも部分的にメイク崩れがおきますが、起きても修正しやすいのがメリットです。

カネボウ フルラディアンスファンデーション

肌にフィットするので、とても使いやすいファンデーションです。一塗りで光のベールに覆われたようなツヤが出るのも嬉しいところです。メイク崩れを起こしにくく付けたての状態が持続します。もしメイクが崩れてもサっと一塗りで直せるからとても便利です。

クレ・ド・ポー ボーテ タンプードルエクラ

資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ ケース (タンプードルエクラ) 

ちょっとオイリーよりな人はパウダーファンデーションでもOKです。ファンデーションに肌荒れ防止成分や、スキンケア成分を配合しているのでパウダーでも意外に乾燥しにくいのがポイントです。粉っぽさがなくふわっと優しく、且つ肌にフィットします。メイクしている時もスキンケア成分が肌を健やかに導いてくれます。ある程度まで肌の変化に反応するので、綺麗が持続します。

セザンヌUVリキッドファンデーションR

セザンヌUVリキッドファンデーションR20

リキッドファンデーションは肌になじませやすいのがメリットです。汗や皮脂が気になる人は、ウォータープルーフのリキッドファンデーションがおすすめです。汗や皮脂に強いからメイクが崩れにくいのがいいところです。

くずれにくい秘密は、皮脂吸収パウダー(耐汗成分)と、エモリエントオイル(耐水成分)を配合しているからです。ファンデーション自体が汗や皮脂に強いので、メイクが崩れにくいのです。混合肌の人は乾燥していることが多いので、肌の負担をかける成分は控えた方がいいでしょう。その点も香料や鉱物油、アルコールを使用していないから安心です。

ハマメリス葉エキスが肌を引き締め、ヒアルロン酸やグレープフルーツ酸が潤いを与えてくれます。紫外線対策も考えて、SPF26・PA++と日常使いにちょうどいい数値です。紫外線吸着剤は使用していないので安心です。ファンデーションにも紫外線対策を取り入れられるから大変便利です。

その他の混合肌で気にしたい対策

混合肌は乾燥とオイリーの両方の特徴を持った状態です。生まれつきなら仕方ないと諦めがちですが、生まれつきではなく必ずそうなった理由があるはずです。原因に合わせた対処法もあるので、何もしないで悩むよりもまずはできることから始めてみましょう。行動を起こすことで案外あっさり解消できることもあります。

UVケア


スキンケアを念入りにしていても、顔は1日むき出しの状態です。外を歩く時は紫外線をモロに浴びています。帽子や日傘で紫外線を避けることができても、室内にいても窓から入りこむ紫外線を知らない間に浴びてしまうことがあります。紫外線は季節によって強さは変わりますが、年間を通して降り注いでいます。

晴れている日は紫外線対策をするのに、曇りや雨の日は紫外線対策を忘れることがあります。紫外線は年間を通して毎日降り注いでいますので、年間対策が必要です。日焼け止めを塗ってもいいですし、メイクをするならファンデーションにUVカット効果のあるものを選ぶと一石二鳥です。

肌に優しくUVカット効果のあるファンデーションを使っていても、肌には負担をかけてしまいますし、ファンデーションにUVカット効果があっても、永久にカットしてくれるわけではありません。こまめに塗り直すことでUVカット効果が高まります。

UVカットスプレーで簡単お手軽UV対策!

UVカットを行う方法と言えば、日焼け止めが最もポピュラーな方法です。日焼け止めをする事によって、肌の負担を減らす事が出来るから…

ミネラルファンデーションを検討

パウダーだと乾燥が目立ちやすいというイメージをもたれがちですが、ミネラルファンデーションなら混合肌の人も安心して使えます。ミネラルファンデーションは、その名の通りファンデーションなのにミネラルをたっぷりと含んでいます。天然成分で作っているから安心ですし、パウダーでもフィット感に優れていて、カバー力が高いので厚塗りになることはありません。とてもサラッとしているので、メイク崩れを起こしにくいのがメリットです。

自分に合ったミネラルファンデーションの選び方とおすすめ10選

ミネラルファンデーションが流行しています。肌への負担が少なく仕上がりもきれいということでとても人気です。ただ、ミネラルファンデ…

まとめ


混合肌だからメイク崩れが起きるのは仕方ない、と諦めていませんか?確かに異なる肌質を持つのでスキンケアやメイクに頭を悩ませることは多いでしょう。しかしちょっとしたコツさえ覚えておけば、混合肌でもメイク崩れを起きにくくして、メイク直しの煩わしさを解消することができるのです。ファンデーションの選び方を覚えておくだけでも、メイクの仕上がりや持ちの違いを実感できるようになりますので、是非試してみてください。