背中ニキビの原因と対策~おすすめの背中ニキビ特化商品とは?〜

ニキビは顔だけにできるとは限りません。デコルテや背中にもできやすいのですが、鏡で見えない背中ニキビは厄介ですし、ケアするにも手が届きにくいので難しくなります。どうして背中にニキビができてしまうのか?できてしまったらどうやってケアすればいいのか?背中ニキビの原因や対処方法を紹介します。

どうして背中ニキビができる


背中ニキビもできる原因は顔にできるニキビと同じです。毛穴があるところなら、場所に限らずニキビができる可能性があります。背中は思っている以上に汗をかきやすく、皮脂の分泌も多い場所です。自分では見えないのでつい見過ごしてしまいがちですが、顔と違っていつも洋服で隠れていますし、寝ている時は寝汗をかいて蒸れるので、実はニキビができやすい場所なのです。

皮脂や古い角質、汗や雑菌などが毛穴に詰まれば背中ニキビとなってしまいます。洋服で擦れるので刺激を受けやすく、気づきにくいので悪化させてしまうと炎症を起こした赤ニキビになりますし、膿を持ち痛みを感じることもあります。

ホルモンバランス

男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂腺を刺激するので皮脂の過剰分泌が起きやすくなります。男性ホルモンは男性だけでなく、女性の体にも存在しています。ストレスや生活習慣で交感神経を刺激することが多いと、男性ホルモンの分泌を増やします。これは顔だけでなく全身に影響を与えるので、背中にも皮脂の過剰が起こり背中ニキビができやすい状態になってしまいます。

交感神経が優位になっている時は、興奮した状態です。昼間活動している時は交感神経が優位になっている方が動きやすいのですが、夜寝る時も交感神経が優位の状態だと眠りの質を妨げ体にストレスを与えます。これには副交感神経を優位にするために、リラックスできる状態を作るのがおすすめです。

あわせて読みたい

どうしようもないイライラやニキビの原因はホルモンバランスの乱れかも!ホルモンバランスを絶対に改善する10の方法

続きを読む

食生活


背中ニキビは食生活にも原因が潜んでいます。脂っこいものを多く食べていると皮脂の分泌量も増えます。糖質を多く摂ると、糖質を分解するためにインスリンをたくさん分泌させます。インスリンは男性ホルモンと関わりがあるため、糖質を取りすぎると男性ホルモンが増え、それが皮脂を過剰に分泌させてします。

糖質の多い食事や、脂っこいものものはできるだけ減らして、ビタミンやミネラルを多めに摂りましょう。食事は栄養バランスが大切です。糖質は体の健康を維持するために必要なものですから完全に断つのはNG!適量なら問題ありません。毎食栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

細菌感染やカビの影響

細菌やカビも背中ニキビの原因となります。寝ている間は寝汗をかくので、シーツや布団、マットレスなどをそのままにしておくと雑菌が繁殖し、寝具にカビが生えることもあります。カビや雑菌も背中ニキビの原因です。寝具は毎日使うものですから、洗えるものはこまめに洗濯をして、洗えないものは日に干すか風通しのいいところで日陰干ししたり、布用の除菌・抗菌スプレーを吹きかけるといいでしょう。

顔同様にきちんと洗えていれば、皮脂が過剰に分泌されても毛穴詰まりを解消できます。しかし背中は自分では見えないので洗いにくく、普通に使われているゴシゴシタオルでは背中を均一に洗うのが難しく、どうしても洗い残しが出来てしまいます。シャンプーやコンディショナー、ボディソープが残っているのも毛穴詰まりを起こす原因です。洗い残しは雑菌を繁殖させる原因となるので、丁寧に洗い流しましょう。

背中ニキビができたら~対処法

自分では見えないので、背中ニキビができていても気づかないことも多いです。ニキビが炎症を起こしたり、化膿したりすると痛みが出るので痛みで初めて背中ニキビに気づく人も少なくありません。背中ニキビができてしまったら、どうしたらいいか対処法を紹介します。

生活習慣や食生活を見直す


ニキビの原因は体の中にもありますし、その原因の多くは食事や生活習慣と関係しています。生活習慣と食事を見直すことで、背中ニキビの原因を解消できれば自然とできにくくなっていきます。背中ニキビができやすい人は、顔にもニキビができやすい状態ですので、食事や生活習慣の見直しはとても重要です。

あわせて読みたい

肌を綺麗にする方法は生活習慣やちょっとした心がけにあった?!

続きを読む

スキンケアを行う

背中ニキビもスキンケアで改善できます。とは言っても顔のように簡単にはいきません。背中を洗う時は背中洗い用のブラシを使うといいでしょう。ただし硬いブラシは肌に刺激を与えるので、背中ニキビを増やしてしまう可能性があります。ブラシは刺激を与えない肌に優しい素材を選びましょう。

背中にも保湿ケアは必要です。手ではケアしにくいので、この場合は背中用のパッティングスティックを使うとケアしやすくなります。背中のスキンケアには、背中用のスキンケア用品があるのでそれを使います。

背中ニキビに注目した製品を使う

背中ニキビにもスキンケアがかかせません。顔のニキビをケアする時に使うニキビ用の化粧品でもいいのですが、顔と背中では肌質が違うのでできれば、背中専用の製品を使うようにしてください。

背中ニキビに注目したおすすめ商品

背中ニキビのケアには、専用のグッズを使う方が効果を実感しやすくなります。背中ニキビ用のスキンケア用品も増えているので、肌質に合わせて選べます。おすすめの背中ニキビ用のスキンケア用品を紹介します。

オルビス クリアボディローション

オルビス(ORBIS) クリアボディ スムースローション 215mL ◎ボディ用ニキビケア薬用ローション◎ [医薬部外品]

スプレー式になっているので、手の届きにくい背中にも使いやすいのがいいところです。背中はもちろんボディ用なので、デコルテニキビにも使えます。ニキビケアに高い効果が期待できる、グリチルリチン酸ジカリウムや、肌のバリア機能をサポートする和漢植物エキスを配合しているので、ニキビや肌荒れを防ぐことができます。逆さまでもスプレーできるから、とても使いやすいです。

小林製薬 セナキュア

【第2類医薬品】セナキュア 100mL

こちらも背中ニキビに特化した商品です。1人でもケアできるようスプレー式になっていて、15cm離してスプレーすると、135mmの範囲にスプレーできます。殺菌作用とがあるサリチル酸が毛穴詰まりを改善し、エタノールとの相乗効果でさらに殺菌力を高めます。他にも皮膚を修復する作用のある成分や、炎症を抑える成分を配合しているので、背中ニキビの改善に役立ちます。夜寝る前と、朝起きてから使うとより効果的です。

シアクル ゲルクリーム / クリアスリーミスト背中にきびスプレー

背中ニキビ 2点セット 背中美人/ シアクル ゲルクリーム / クリアスリーミスト背中にきびスプレー 化粧水 医薬部外品

背中ニキビ用のゲルクリームと、ミストをセットで使います。クリームには保湿成分と美白成分が配合されているので、美白ケアもできます。ミストにはニキビに効果的とされる成分が3種類配合されているので、セットで使うことにより高い効果が期待できます。

まとめ

背中ニキビは出来ていてもなかなか気づかないものです。知らない間に治っていることもありますが、悪化させてしまうこともあります。対処するには原因を確かめそれを解消することが大切ですが、背中ニキビ専用のスキンケアも取り入れていきましょう。改善ができれば予防もできます。