背中ニキビを治したい!皮膚科や美容皮膚科の違いや自分にあった選び方など!

ニキビは顔だけでなく、背中にもできやすいと言われています。そのため背中ニキビに悩んでいる人も多くいるはず。

そんなときにはあきらめず皮膚科に行って相談をしましょう。もし背中ニキビ跡で悩んでいるなら美容皮膚科もおすすめです。保険治療のできる皮膚科で早めにしっかり治療をすれば、跡に残らずに改善することもできます。

なぜ背中にニキビはできやすいのか

皮脂が多く出るから

背中にニキビが出来やすい理由として、背中には毛穴の1つである脂腺性毛包が多く存在しているということが言えます。この脂腺性毛包という毛穴は、皮脂を作り出すという働きがあります。そして皮脂から皮脂膜が形成され、それによって肌細胞内の水分蒸発を防止しているのです。

特に保湿が重要とされている背中には、中央を中心に多く存在しているのです。そのためどうしてもオイリーになり、毛穴が詰まりやすくニキビも出来やすいのです。

洗いにくい

背中にニキビが出来やすい理由には他にも洗いにくいということもあるようです。もともとオイリータイプの皮脂を多い背中。だからこそしっかりきれいに洗浄することが重要となります。しかし残念ながら背中は体の中でも一番洗いにくい部分であり、どうしても毛穴に皮脂が溜まりやすいのです。

そしてもう一つ、体を洗ったときの石けん分が残ったり、シャンプー後に髪からシャンプー剤やリンス、トリートメント剤がぽたぽたと背中に垂れて、刺激を与えることも。特に背中は刺激に弱い部分でもあり、それがニキビにつながることになるのです。またボディーシャンプーや、シャンプー剤などの石けん分は毛穴に詰まりやすく、ニキビの引き金に。

お布団が原因の場合も

他にお布団が原因の場合もあります。寝ている間には、汗をたくさんかくと言われています。多い人は一晩にコップ1杯の汗をかくほどです。つまり布団の中はそんな汗が充満し、湿気の多い不潔な状態になっています。このようなことが毎日行われているわけで、布団は不潔になりやすく菌の増殖を促進させてしまいます。

また背中はどうしても敷き布団にピッタリ付いている時間も長く、布団の通気性が悪いと、より背中に菌が増殖しやすくなります。そのため通気性の良い布団を使用し、出来るだけこまめに干したり、熱風機器などによって清潔にするようにしたいものです。

背中ニキビの皮膚科の選び方

皮膚科の選び方の基本

ニキビと言えばまず皮膚科が頭に浮かびます。もちろんどこの皮膚科でもニキビ治療は行っていますが、皮膚科に来る患者はニキビだけでなく、他のさまざまな疾患治療の方がずっと多いのが現実です。そこで、ニキビを主に行っている皮膚科を選ぶこともおすすめです。それだけニキビ治療の経験が多い医師による治療が期待できるからです。

病院のホームページなどでも、どのような疾患を中心に行っているかチェックし、また口コミなどもチェックしておきたいものです。他にも治療はある程度続くことが考えられるので、通いやすいということも重要です。自宅や勤め先、学校などから近いということも病院選びのポイントの1つと考えておきましょう。

重度の場合は一般的なニキビ治療もできる皮膚科へ

背中ニキビも重度の場合はなかなか治りづらく、跡も残りやすいので、一般的なニキビ治療をしっかり行っている皮膚科で治療をおすすめします。皮膚科によっては、ニキビ治療をあまり数多く行っていないところもあるので、皮膚科に行く前にしっかり調べて、ニキビ治療に力を入れている皮膚科を選びましょう。

美容を考えるなら美容皮膚科へ

特に女性の場合、背中ニキビはニキビ跡もとても気になるのではないでしょうか。やはり背中の開いている服などを着たときにも、色素沈着や凸凹などが残ってしまっては大変です。そのため美容を考えるなら美容皮膚科での治療がおすすめ。レーザーや注射など、その人のニーズにあった治療が組みあわせた治療ができます。

ニキビ跡の予防や治療に適しており、特に美容に特化しているのでニキビ跡に対して悩んでいる人におすすめです。ただし保険が利かないので、治療費予算に余裕がないと難しいとも言えそうです。

背中ニキビの治療費の目安

皮膚科は保険適用

皮膚科での治療は保険適用されるため、治療費の出費を抑えることができます。保険適応の治療は医療報酬点数によって全国同様料金となります。そのため薬なども、もちろん保険適用のものが処方されるので安心して治療を続けることができます。ただし最近は保険適用外の治療や薬を行うことができる皮膚科もあります。

保険診療では初診料が2820円、処方箋料が680円、処置料はそれぞれ内容によって違いますが、3割自己負担の場合は大体1000~2000円程度となります。他に薬代はその種類や量によっても違いますが、3割自己負担の場合で大体1000円~3000円程度のことがほとんどとなります。つまり保険診療であれば合計でも1回2000円から5000円程度となります。

美容皮膚科は保険適用外が多い

ニキビ跡などきれいにしたいという場合におすすめの美容皮膚かの場合は保険適用外がほとんどとなります。保険適用治療を一部取り入れているクリニックもありますが、ほとんどのクリニックでは保険適用外と考えておきましょう。例えば背中ニキビの治療で人気の治療としてケミカルピーリングなら5000円~50000円程度となります。

光治療(IPL)の場合なら10000円~40000円程度。光線力学療法は30000円~60000円程度。どれも1回の料金となります。クリニックによっても価格に違いがあるところも自由診療の特徴と言えそうです。もしできるだけ安くという希望であれば、ある程度価格をチェックしてクリニックを選ぶといいでしょう。

皮膚科と美容皮膚科の違い

皮膚科と美容皮膚科の違いを一言でいうと、皮膚科は保険診療、美容皮膚科は自由診療であるということ。そして美容皮膚科は保険に縛られず、いろいろな治療が行ってもらえるということではないでしょうか。例えば治療時間から考えても、皮膚科の場合大体1時間に6人以上の患者を診るといわれており、10分以下の場合がほとんど。

その点、美容皮膚科の場合は1人の患者に対して、大体予約制で1時間程度割り当てられることが多いのです。このように治療内容自体がまったく違います。そしてそもそも皮膚科と美容皮膚科では目的が違うとも言えるのです。皮膚科の目的は疾患を治癒させるための治療を行います。

それに対し美容皮膚科の目的は、美肌にするための治療です。もちろんその中には疾患の治療も入りますが、目的が美肌にすることなので、どうしても治療内容は違うことになります。そこで今の自分の状態や、自分の目的によって皮膚科と美容皮膚科を上手に選択するようにしなければなりません。

また最近は皮膚科でもニキビ治療に力を入れるクリニックも増えており、皮膚科でも保険外治療を行っていることも多くなり境界線が見えにくくなっているのが現状です。いろいろクリニックのホームページなどで、どのような治療ができるかチェックしてみてもいいですね。

あわせて読みたい

ニキビはエステでケアできる!内容や皮膚科との違いをご紹介

続きを読む

皮膚科で行われる背中ニキビの治療法

ケミカルピーリング

ニキビ治療ではとても人気のある方法です。保険外治療となりますが、ニキビ治療に力を入れている皮膚科でも治療を実施しています。弱酸性のフルーツ酸を皮膚に塗布することで、表面の古くなった角質を分解して解かします。それによって毛穴の中に溜まった汚れを取り出したり、ニキビ炎症を抑制する効果があるのです。

また肌のターンオーバーを正常化し、角質が硬くなるのを防ぎ、ニキビ予防にも期待できます。薬剤には幾つかありますが、一番ポピュラーなものはグリコール酸やクエン酸などです。治療中は少しピリピリした感覚があったり、カサカサすることもありますが、それも数日で治まります。

施術した後は、バリアが低下しているので保湿をすることと、紫外線からも守るようにしなければなりません。背中の場合は特に普通の生活をしていれば、保湿クリームを塗る程度でok。価格的には1回が約1万円程度となり、大体1コース5回程度が多くなります。

あわせて読みたい

ケミカルピーリングの効果はどんなものがある?どこでできるの?

続きを読む

イオン導入

イオン導入はケミカルピーリングと一緒に治療すると、より効果が出ることから、ケミカルピーリングを行っている皮膚科であれば、ほとんどイオン導入も行っています。もちろん保険外治療となりますが、ニキビ治療にはおすすめです。なかなか皮膚の奥まで浸透しにくい美容成分をしっかり浸透させることができます。

美肌効果も高く、ニキビ治療にも効果的とされているビタミンC誘導体が使われることがほとんどです。ビタミンCはニキビの炎症を抑える効果もあり、肌の潤いを高めるためニキビ予防にも効果が期待できます。また肌のターンオーバーを改善する働きからニキビ跡の改善にも効果が期待できます。

まとめ

ご紹介したように、昔はニキビというなかなか治らないというイメージがありましたが、今では本当にきれいに治すことができる技術や医学が進んでいます。そのためあきらめずに背中ニキビもしっかり治療するようにしましょう。顔と同じように早めの治療が早期改善につながります。