小顔矯正の効果は?一般家庭でも出来る道具などまとめてみた!

顔が小さくなりたいと思っている女性は非常に多いものです。顔が小さいだけで、スタイルが良く見えたり、かわいく見せるなどのメリットがたくさんあります。しかし、顔の大きさは、生まれ持った骨格に関係するところもあります。

小顔になるためには、顔のむくみや脂肪を取り除くことだけでなく、骨格を矯正することで、劇的な小顔効果が得られるでしょう。矯正やマッサージなどで骨格を変えていく方法や、一般家庭でできる方法もあります。道具を使用しなくても、簡単にできる方法もあるので、空いた時間に続けてみると良いでしょう。しっかりと続けることが、小顔効果を高めることができるポイントです。

小顔矯正して得られる効果

骨格から小顔になれる

劇的に小顔になるためには、骨格の矯正が有効です。骨格によってフェイスラインがごつごつとして見えたり、大きく見えてしまいます。とくに骨格が歪んでいると、フェイスラインが左右差が出てしまったり、脂肪のつきかたが歪んでしまうというリスクがあります。骨格から小顔矯正をすることによって、しっかりと効果が出ることや、左右差が少ないきれいなフェイスラインにすることができます。

持続性のある小顔を手に入れることができる

小顔矯正をすることによって、持続性のある小顔効果を手に入れることができます。メイクやマッサージによって小顔効果を得た場合には、メイクを落としたり、時間が経つと効果が薄れてしまったり、元に戻ってしまいます。しかし、小顔矯正をすることで、持続性のある小顔効果が得られます。

小顔矯正では、歪んでしまった骨格を戻したり、開いてしまった後のラインなどをしっかりと元の状態に戻したり、かみ合わせなどの矯正を行うことで、アゴのラインをシャープにしたり、顔全体をコンパクトにすることができます。骨格を正しい位置に戻していくので、持続性も長く、劇的な変化を期待することができます。

マッサージ効果も得られて顔の肌環境が良くなる

小顔矯正は、骨格を正しくするだけでなく、お手入れによってマッサージ効果が得られるので、お肌の環境を整えることもできます。顔にはたくさんの筋肉がありますが、意識をしないと使われていないものが多く、そこから血行が悪くなってしまったり、顔の筋肉が劣化して、しわやたるみの原因になってしまいます。

顔のマッサージをすることで、普段使っていない筋肉を刺激することができるので、筋肉を活性化することができるので、お肌の内側から改善することができます。また、血行を良くすることによって、老廃物を排出する機能が活性化するので、ターンオーバーもしっかりとして、美肌効果が期待できます。血行が良くなることで、血色も良くなり、お肌の環境が良くなるので、メイクのノリや、発色も良くなるでしょう。

【完全版】小顔になる体操!毎日の小顔エクササイズから即効性のある体操まで

小顔矯正を一般家庭でする方法

リンパマッサージをして顔周りをスッキリする

小顔矯正はマッサージ店などのプロによるお手入れもありますが、自宅で簡単に行える方法もあります。自宅で行う方法を覚えると、お店に行く手間が省けるので、時間が有効に使えるだけでなく、プロによるお手入れはお金がかかるものですが、自分で行うことで節約にもなります。

自宅で簡単にできる方法の一つが、リンパマッサージです。リンパの流れをしっかりと正しくすることで、老廃物を正しく輩出することができるので、むくみを解消することができます。むくみを解消することによって、血行を良くすることができるので、お肌の活性化をすることができるだけでなく、血色の良い健康的なお肌にすることができます。

リンパマッサージの方法は、とても簡単です。滑りやすくするために、クリームをしっかりと塗ってから行います。クリームをしっかりと塗ったら、人差し指、中指、薬指の3本を使って、顔の内側から外側に向けて指を滑らせていきます。首筋から鎖骨の方へ向かっても、しっかりとコリをほぐしていくことで、リンパの流れをより良くすることができます。

小顔にはリンパマッサージが効果的!?リンパマッサージのコツやポイントを知って憧れの小顔を目指そう!

ツボを押してツボ効果で小顔矯正

小顔には、ツボ押しも効果があります。ツボは足などの身体にあるイメージがありますが、顔にもたくさんのツボがあります。ツボの中には、小顔効果があるツボもあるので、正しい知識を持ってツボを押すことが大切です。

小顔効果があるといわれているツボの一つが、「頬車(きょうしゃ)」です。フェイスラインのたるみや脂肪を解消したり二重あごやむくみの解消に効果があるといわれています。頬車の場所は、下あごの角の斜め上辺りの、耳よりも少し下の部分です。歯を食いしばったときに、ポッコリと筋肉が盛り上がってくる場所が頬車です。ここを人差し指と中指の腹を使って、ぐっと強く押してから5秒かけてゆっくりと緩めていきます。これを5~10回繰り返し行いましょう。

他にも、顔のむくみを解消したり、二重まぶたをはっきりとさせるツボがあります。「太陽(たいよう)」とよばれるツボで、眉毛とこめかみの間にあります。両手の親指の腹を使って、左右それぞれのツボにあて、残りの4本の指は後頭部などに置いて手を固定します。親指を使って、痛気持ち良いと感じるぐらいまで押します。30回程度が目安です。

小顔に効くツボを総まとめ!あなたが悩んでいたのはココで解決!

舌を出したり口の中で動かしたりして小顔矯正

手を使わなくても、簡単にできる小顔矯正の方法が、舌を出したり動かしたりするものです。舌出し運動をする前には、口を大きく開けたり閉めたりして、口の周りの筋肉を緩めておきましょう。口の周りの筋肉がほぐれたら、舌出し運動のスタートです。

まずは、舌を思いっきり出して、舌の先が見えるぐらいまで伸ばしたら、5秒間キープします。その後は、アゴにつけるイメージで、舌を下に伸ばして5秒間キープします。次に反対に上に伸ばします。鼻に舌先を付けるイメージで上に伸ばして同じく5秒間キープします。次に右頬につけるイメージで右側に伸ばして5秒、反対側の左側につけるイメージで5秒間キープします。最後は、舌を右回りに大きな円を描くように回します。左回りも同様に行ったら、終了です。

これを1セットとして、時間があるときや、思いついたときに実践してみましょう。口周りの筋肉を鍛えることができるので、アゴやフェイスラインをシャープにすることができるだけでなく、ほうれい線などのたるみの予防にも効果的です。

小顔矯正で道具を使用した方法

 

顔に蒸しタオルを当てて顔のむくみを取り除いて小顔矯正

ハンドマッサージや舌回しの運動でも、小顔矯正に効果が期待できますが、道具を使用すると、よりはっきりとした効果が期待することができます。自宅にある身近なアイテムを、上手に工夫して使うことで、小顔矯正の効果がアップします。

顔のむくみを取り除いて小顔効果を出すためには、蒸しタオルが効果的です。朝の顔のむくみや、顔をすっきりとさせたいと思った時には、蒸しタオルでパックをすることで、むくみを取り除くことができます。

方法は非常に簡単で、蒸しタオルを顔に乗せて、タオルが冷めるまでそのままリラックスして過ごします。蒸しタオルも簡単に作ることができます。まずはタオルを水に濡らして絞ります。水分がたくさん残っていると、熱くなりすぎてしまうので注意しましょう。濡れたタオルをレンジ対応の袋に入れて、電子レンジで1分程度温めます。自宅の電子レンジのパワーにあわせて、温める時間は調節しましょう。簡単に蒸しタオルができるので、疲れているときや、すっきりとしたいときにすぐに使うことができます。

鎖骨枕で睡眠をとりながら顔マッサージで小顔矯正

寝ているだけで、顔のむくみが取れたり、血流を良くすることができるのが、鎖骨枕です。鎖骨枕とは、鎖骨回りをリラックスさせるために、枕の代わりにバスタオルを丸めたものを首から背中に置いた上に寝るだけです。

鎖骨枕の作り方は、簡単です。バスタオルを2枚用意して、二枚重ねて四つ折りにします。それをきつめにぐるぐると巻いて、ほどけないように両端をゴムなどで留めて固定するだけで完成です。作った鎖骨枕を縦において、首から背中が乗るようにして寝ます。これだけで鎖骨回りの血流やリンパの流れを良くしてくれます。

さらに手を上下に動かしたり、鎖骨回りをマッサージすることで、さらにリンパの流れがスムーズになるので、顔のむくみをとり、すっきりとしたフェイスラインを作ることができます。寝るだけで良いので、忙しい人でも鎖骨枕を作っておけば、いつでも実践できる小顔矯正法です。

冷やしスプーンを顔の気になる部分にあてて小顔矯正

人気のエステティシャンが紹介してから注目されている冷やしスプーンでのマッサージは、即効性があるやり方としても人気です。準備するものも、スプーン1本で良いので、特別な道具を買う必要もなく、手軽に行えるのが魅力です。

冷やしスプーンマッサージは、まずスプーンを冷蔵庫でしっかりと冷やします。マッサージに使うスプーンは、カレースプーンのような大きめの金属のものが適しています。しっかりと冷えたら、スプーンの裏側を使って、耳の後ろから鎖骨へ、鎖骨か耳の後ろへ滑らせて、リンパの流れを促します。顔は頬やあご、おでこなどのパーツからこめかみに流すように動かすと良いでしょう。

まとめ

 

憧れの小顔になるためには、プロのお手入れ以外にも、自分で身近なアイテムを使ってマッサージを行うことができます。継続をしていくことで、効果が持続しやすくなります。空いた時間を上手に使って、小顔矯正のエクササイズを取り入れてみてはいかがでしょうか。