ダイヤモンドピーリングとは?今施術をするとどんな効果がある?

数あるピーリングの中で、ダイヤモンドピーリングという施術があるのをご存知でしょうか。あるいは、気になっているけれどあまり良く知らないという方も少なくないでしょう。ダイヤモンドピーリングとは、美容皮膚科やクリニック、エステで受けることができる、今注目のピーリング方法の1つであり、認知度がどんどん高まっています。

ダイヤモンドピーリングとは、どのようなピーリング方法なのか、その特徴や効果について、注意点も併せてご紹介したいと思います。ケミカルピーリングにはないメリットとは、様々な角度から検証してみましょう。興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ダイヤモンドピーリングとは

ダイヤモンドピーリングについて、フルーツ酸などの薬剤を塗って行う施術とは異なり、微粒子状のダイヤモンドが付いた金属のバーをお肌にあててピーリングをする方法です。つまり、溶かすか削るかの違いとなるのですが、その特徴について見てみましょう。

ダイヤモンド粒子で皮膚を削る

ダイヤモンドピーリングとは、微粒子状のダイヤモンドが付いたハンドルピースを、カンナをかけるように、お肌にあてて削り取る、いわゆる物理的に古い角質を取り除くピーリングです。古い角質や毛穴の汚れを除去し、皮膚の再生を促しますので、お肌の活性化にも繋がります。

削り取ると聞くと痛みがあるようなイメージですが、実際にはほとんど痛みを感じることはありません。古い角質を剥がす深さは調節可能で、肌のコンディションに合わせて施術できますので、その悩みの症状によって適切な角質除去が行われます。

化学溶剤などを使わない

ダイヤモンドピーリングは、ケミカルピーリングとは違い、化学溶剤などを使用しませんので、お肌の弱い人でも施術することができます。お肌にかかる負担が少ないため、多くの人が利用できる、お肌にやさしいピーリングをすることが可能です。

ダイヤモンドピーリングの効果

ケミカルピーリングの場合、ニキビなどの肌トラブルに高い効果がありますが、ダイヤモンドピーリングでは、肌の凹凸を改善して滑らかにしたり、ニキビ痕を薄くするといった、お肌を綺麗にするケアに効果を発揮します。

肌質が良くなる

ダイヤモンドピーリングは、硬くなった皮膚の表面を削り、古い角質や汚れを取り除く施術です。健康で新しい、綺麗な肌が表面に現れることになり、結果、肌質が良くなり、柔らかい、凹凸の少ない平らな皮膚に整えることができます。

ダイヤモンドピーリング後のお肌は、手触りやツヤなど、感覚的な変化を実感できますので、満足度の高いピーリング施術として大変高い人気があります。

肌の新陳代謝が活発になる

ダイヤモンドピーリングは、皮膚のターンオーバーを邪魔する、表面の硬くなった古い角質層を削り、除去しますので、皮膚の再生を促進します。表面にあった古い角質を取り除くことで、肌の新陳代謝が活発になり、新しい健康的な皮膚の再生が行われるようになります。これにより、お肌のハリが回復しますので、施術後からすぐにツヤのある美肌を実感することができます。

毛穴のつまりが改善される

お肌のターンオーバーが正常に行われず、古い角質が残ったまま、毛穴に汚れなどが溜まって酸化し、黒ずみになっている場合、毛穴の周囲が硬い状態となっています。ダイヤモンドピーリングを行うことで、毛穴の周囲の古い角質を取り除くことができますので、肌の新陳代謝の機能をアップし、新しい皮膚の生成を助けてくれます。

新しい皮膚が表に出ることで、皮膚が柔らかくなり、毛穴もしなやかになります。結果、毛穴のつまりが取れやすくなりますので、毛穴のつまり改善に繋がり、黒ずみも解消され、美しく健康なお肌へと導きます。

ダイヤモンドピーリングのメリット

ダイヤモンドピーリングの大きな特徴は、ケミカルピーリングと違って「薬剤を使わない」ことです。ケミカルピーリングに向いていない人におすすめのピーリングとなります。メリットについて見てみましょう。

化学薬品にアレルギーがある方でも利用できる

ケミカルピーリングの場合、薬剤を使用したピーリングとなるため、乾燥肌、敏感肌のような肌の弱い人や、アレルギーがある人は利用することができません。対して、ダイヤモンドピーリングの場合には、カンナの要領で、物理的に肌表面を削り取る方法ですので、アレルギー体質の人でも問題なく利用することが可能になります。ケミカルピーリングを諦めた人にとっては、画期的な施術方法と言えるでしょう。

痛みが少ない

ダイヤモンド微粒子の付いた金属のバーで、硬くなった皮膚の表面を削り取ると聞くと、痛みを伴うイメージがあり、怖いと感じる人もおられるかもしれません。強い刺激があるのではと不安に思われがちですが、実際には、微粒子サイズのダイヤモンドを使用しますので、ほとんどお肌に負担を与えることなく角質を剥がすことができ、痛みの少ない施術となりますので、安心して利用することができます。

施術後すぐメイクしてもOK

ダイヤモンドピーリングを受けた後、施術直後から滑らかなお肌を実感できますが、施術後にすぐメイクができるほど、お肌へのダメージが少ないというメリットがあります。

ダイヤモンドピーリングの施術は、何度かに分けて行われるため、肌へのダメージがほとんどなく治療することができます。そのために、施術後にメイクをして帰ることができますので、普段と変わらない生活を送りながら利用できますので、女性に大変嬉しい施術となります。

ダイヤモンドピーリングを受ける際の注意点

ダイヤモンドピーリングはお肌の悩み解消に大変有効ですが、施術を受ける際の注意点をきちんと守ることが大切です。施術後の肌トラブルを防ぐためにも、カウンセリングでしっかりと理解して、指示に従うようにしてください。

施術後は日焼けを避ける

ダイヤモンドピーリングの施術をした肌は、表面を削り取っていますので、肌が薄くなっている状態です。紫外線の影響を非常に受けやすくなっているため、日焼け対策を万全に行う必要があります。

施術後の肌は、バリア機能が低下していますので、シミ・そばかすができやすく、UV対策が必須です。また、日焼け止めでさえもお肌の負担になる可能性がありますので、お肌に負担かかからない、低刺激タイプの日焼け止めを使用するようにしましょう。日焼け防止と共に、お肌の保湿ケアもいつも以上にしっかりと行ってください。

ゴシゴシ洗顔をしない

ダイヤモンドピーリングの後のお肌は、角質を剥がして薄くなっていますので、刺激は厳禁となります。刺激を与える行為はできるだけ控えるようにしましょう。洗顔をする際にも、ゴシゴシ洗顔は避け、優しく洗うようにしてください。

まとめ

ダイヤモンドピーリングは、ケミカルピーリングができない人にも施術が可能なお肌に負担の少ないピーリング方法です。痛みもほとんどなく、施術後すぐにお肌が綺麗になるのを感じることができますので、満足度の高いピーリングとして人気があります。