肌のくすみを引き起こす本当の原因と効果的なくすみを改善する方法

肌のくすみを引き起こす本当の原因と効果的なくすみを改善する方法

白っぽい服を着ると何となく肌がくすんで見えてしまう、若いころは気にならなかったのになんとなく肌に透明感がなくなっている・・そんな悩みを抱えている人はいないでしょうか。それは、加齢などの原因により肌がくすんでいるのかもしれません。

ここでは、

についてまとめてみました。

 

肌のくすみの原因

肌のくすみの原因
肌が普段よりも暗く見えたり、顔が疲れて見える状態、それは肌のくすみが原因なのかもしれません。せっかくメイクをしてもなんとなく決まらない、白い服が着られないといった肌のくすみには、いろいろと複合的な原因があります。肌のくすみの原因について知っておきましょう。

乾燥

まず一つ目の原因は、乾燥です。肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下し、それを補うために皮膚の角質が厚くなってしまいます。古い角質がうまく排出されず皮膚の表面に溜まって黒ずんで見えたり、角質細胞そのものが溜まって、灰色が買って見えることがあります。

角質はもともと黒みがかっているので、肌の色が悪く、少しくすんで見えることになります。

メラニン色素

シミやそばかすの原因となっているメラニン色素もまた、肌のくすみを発生させる原因の一つです。肌の表皮のなかにあるメラノサイトといわれる場所では、紫外線などのダメージを受けると、肌を守るために黒っぽいメラニンを作り出します

本来であればターンオーバーの過程で排出されますが、それが過剰に作られるとそのまま色素沈着し、黒っぽく見えてくすみになることがあります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れ
肌に不要な角質やメラニンがたまるとシミやくすみになります。本来、そういった不要な角質やメラニンはターンオーバーという肌の再生過程で排出されるものです。

しかし、加齢によりターンオーバーのサイクルが長くなっていてなかなか古い角質などが排出されない、ホルモンバランスの乱れなどによりターンオーバーが乱れてしまうとくすみを作り出すことがあります。

血行不良

血行不良は顔の肌色を悪く見せます。血行不良、すなわち血液の流れが滞ると肌の毛細血管までうまく栄養がいきわたらず、本来の健康蹄な肌の赤みを消してしまいます

結果、顔全体が何か暗いトーンになってしまいます。これを青クスミと呼ぶこともあり、目の下もクマも同じような現象で発生します。血行不良は顔色をくすませるだけではなく、老廃物の排出ができなかったりターンオーバーの乱れへつながります。

毛穴の汚れ

毛穴が汚れているので、肌本来の透明感が失われて黒っぽく、くすんでいるように見えることがあります。毛穴の汚れは、落としきれなかった化粧品や、余分な皮脂のつまりなどがあり、特にオイリー肌の人は注意が必要です。

特に毛穴が開きがちでケアの難しい小鼻やTゾーンにくすみがみられます。ほこりや皮脂、古い角質や落としきれないメイクが原因となるので、毎日の洗顔、クレンジングと肌ケアをきちんとすることが必要です。

お肌の老化

お肌の老化
アンチエイジングという言葉が叫ばれて久しいですが、お肌の老化もクスミを発生させることがあります。加齢とともにターンオーバーのサイクルが長くなり、またみずみずしい肌を保つための水分と油分のバランスが崩れると、肌がカサカサになりくすみが目立ってしまいます。くすみだけでなくほうれい線、しわやたるみの原因にもなります。

喫煙習慣

喫煙は、毛細血管を収縮させてお肌に栄養や酵素がいきわたらないため、肌の血色が失われてくすんで見えることがあります

しかも、喫煙は体内のビタミンCを大量消費させ、肌の酸化を招いてしまいます。肌の酸化とは、活性酸素によるダメージが原因で皮膚細胞が弱ってしまうことです。そのため、喫煙習慣のある人は肌が弱ってしまい、カサカサになりクスミが発生しやすいです。

肌のくすみを改善するスキンケア方法

肌のくすみを改善するスキンケア方法
肌はどうしてもダメージを避けられません。しかし、肌のくすみは日頃のスキンケアを変えることなどで改善できます。肌のくすみを予防し、改善するようなスキンケアを身につけましょう。

ぬるま湯での優しい洗顔

過剰な刺激は、肌の栄養維持に必要な皮脂や水分までも洗い流してしまい、くすみを発生させやすいです。そのため、洗顔は冷水や熱いお湯を使うといった刺激のあることは避けましょう。25度から30度程度のぬるま湯で優しく洗顔します。シャワーを当てるのも刺激になるので避けましょう。

洗顔料は手で泡立てて貌にのせるようにしてから優しくすすぐ、といったようにゴシゴシ洗顔は避けましょう。メイクをしない朝は、洗顔料すら刺激になるのでぬるま湯洗顔のみでよいです。

ピーリング

ピーリングも、不要な角質を除去してみずみずしい肌に保つためには必要なことです。皮脂の過剰分泌や毛穴の汚れが気になる人は、ぜひ取り入れてみましょう。ピーリングによるケアは刺激になることもあるので週1回程度にとどめ、ピーリングをした後はしっかりと保湿をすることが肌を守るためにも大切です。

くすみに効果のある基礎化粧品を使う

肌のくすみ改善に効果的な基礎化粧品
肌のくすみをケアしたいのなら、専用の成分が配合された基礎化粧品でケアしましょう。血行促進するはたらきのあるビタミンE融合体や、活性酸素のダメージから肌を守るビタミンC誘導体、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分の配合されているものを使いましょう。

しかし基礎化粧品の使いすぎや強すぎるパッティングはかえって肌を刺激して痛めてしまうので控えましょう。

肌のくすみを改善するマッサージ

肌のくすみは、血行を促進するだけで改善するケースもあります。血行促進といえばやはりマッサージが有効です。肌のくすみをとるようなマッサージを覚えておきましょう。

老廃物を流すくすみとりマッサージ


まずは化粧水を使って首から肌までを両手でしっかりとマッサージします。両手を使ってしっかりとマッサージをしたら、両掌で乳液をたっぷり塗り込みます。溜まった老廃物を排出するように手で流しだすようなマッサージをすると、くすみの改善につながります。

血行を促進してくすみを解消するマッサージ


血行を促進するためには両掌を額の中央に当てて、息を吐きながら円を描くようにマッサージします。少し強いかなというくらいの力で3回程度く返すとよいでしょう。

くすみがちな目元を明るくするマッサージ


マッサージクリームを使用し、マッサージをします。老廃物がたまりがちな耳の下のツボを押します。口角から上に向かってリフトアップするようにぐりぐりと押していきます。こめかみあたりもぐるぐる通すことで、リンパの流れを作っていきます。

肌のくすみを改善する生活習慣

肌のくすみを改善する生活習慣
肌のくすみを改善するには、食生活や睡眠など、生活習慣を変えることも必要です。肌のくすみを改善するための生活習慣を抑えておきましょう。

質の高い睡眠

肌のターンオーバーを促進して良質な肌を保つには、質の良い睡眠が必要不可欠です。特に肌のターンオーバーが促進される成長ホルモンは、22時から2時までのごーうでんタイムに分泌され鵜と言われています。その時間に質の高い睡眠をとれるようにしましょう。

食生活の改善

食生活が偏っていると、肌の色がくすんで見えることがあります。ビタミンやミネラル不足による血行不良や肌の栄養不足はもちろんのこと、最近注目されているのは過剰摂取した糖質により、糖化がすすむことです。

過剰摂取した糖が、本来肌のハリを作るべきタンパク質と一緒になり糖化すると、肌がくすんでみえたり、新陳代謝がすすみません。

適度に体を動かしてストレス発散


肌の血行不良は、くすみにつながります。そのため、適度に体を動かしてストレスを発散するようにしましょう。

加湿器を使って乾燥を防ぐ

肌の乾燥はくすみへとつながります。そのため、寝る前などは特に部屋を加湿して乾燥から肌を守りましょう。加湿器を使うとよいでしょう。

肌のくすみ改善に効果的な基礎化粧品

肌のくすみ改善に効果的な基礎化粧品
肌のくすみ改善には、基礎化粧品によるケアも大切です。肌のくすみを改善するような効果的な基礎化粧品を見ておきましょう。

明色化粧品 DETクリア ブライト&ピール ピーリングジェリー

老廃物を落とし、卵のようなツルスベ肌に導くフルーツ酸パックです。詰まった老廃物を一掃し、老廃物や角質が原因で発生するくすみ肌を改善へつなげてくれます。週1、2回程度使うのがよいでしょう。

純米 角質柔軟水

低価格ながらも、保湿成分を配合しており、純粋なお米の成分と六甲の美しい水で作られたふきとり化粧水です。ポンプ式でふきとりやすく、毛穴も目立たなくしてくれます。

薬用 フィス ホワイト 美白 化粧水 & 美容液 & 乳液 セット

プラセンタエキスなどの効果的な美容成分が、メラニンの生成を抑えてシミそばかすを防ぎます。また、うるおいをしっかり維持して乾燥から守る乳液もセットになっています。刺激は少なく徹底的に美白を追究しています。

まとめ

お肌へのダメージや加齢によるターンオーバーの乱れ、紫外線などさまざまな原因により肌のくすみが発生します。しかし、毎日のケアで改善へつなげることができます。

肌のくすみは、肌の栄養不足ともいえるので、食事や睡眠、運動といった生活習慣の改善もよいでしょう。くすみのない美しい肌を目指すために、今日から取り組んでみましょう。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。