目の下のクマの原因とクマの種類に合わせた対処法

せっかく肌のきめが整っていても、目の下にクマがあるため実年齢より老けて見られたり、疲れて見られる、ことはないでしょうか。

ここでは、

  • 目の下にできるクマの種類
  • 種類別のクマができる原因
  • 種類別のクマを解消する方法

についてまとめてみました。

目の下にできるクマの種類

目の下にできるクマの種類
実は、目の下にできるクマと言っても、種類がいくつかあります。それは、主にクマの色が何色に見えるかによって決められます。それぞれに原因と対処法があるので、まずは自分が悩まされているクマがどの種類のものかを知ることから始めましょう。

青クマ

目の下がちょっと青っぽく見える、これが「青クマ」です。これは、目の周りに通っているたくさんの毛細血管の中の血液が滞り、目の周りの薄い皮膚から毛細血管が透けて青っぽく見えるものです。

しかし、これは血流が滞っているだけであり、引っ張ったりマッサージしたりすると比較的元に戻りやすいです。

黒クマ

目の下に影が入っているような黒っぽいクマのことを、黒クマといいます。黒クマは目の下の脂肪が加齢などにより萎縮したり、皮膚のたるみなどによって皮膚がへこみ、影ができるタイプのクマです。

加齢により眼窩脂肪を支えている筋肉が緩むことによってたるみが生じ、その下にへこみができるというタイプが多いです。上を向くと目立たなくなることがあります。

茶クマ

茶クマとは、色素沈着により目の下が茶色っぽく見えることをそういいます。表皮の部分が色素沈着している場合と、もっと奥の方の真皮の部分が色素沈着している場合があります。

青クマができる原因

青クマができる原因
血行不良により目のまわりの毛細血管が浮き出て見えるようになることにより起こるのが、青クマです。血行不良だといろいろなところに影響が出ますが、特に目の周りは皮膚が薄いのでクマが目立ちます。青クマができる原因について抑えておきましょう。

寝不足

睡眠不足は血流の滞り、血行不良を起こします。血行が悪くなって酸素不足になり、その結果黒ずんだ血管が目の下の薄い皮膚から透けてしまいます。

寝不足が重なると、ホルモンバランスが崩れて血行不良を起こします。それが目の下のクマとなって現れるのです。

眼精疲労

眼精疲労とは、目を酷使するときに起こる疲労のことで、疲れ目といわれています。特に現代ではスマホやパソコンなど目に負担がかかるものが多いです。

眼精疲労は、目の周りの神経が突っ張っているようになり、血行が悪くなります。そのため青いクマが起こりやすくなるのです。

冷え性

冷え性は、身体が冷えてしまって血行不良になることがあります。末端神経だけ冷え性になる末端冷え性という現象もあるくらいです。特に目の周囲にある毛細血管においても血行不良が顕著になり、そのため青いクマが発生するのです。

青クマを解消する方法

青クマを解消する方法
青クマの原因は目の周りの血行不良です。そのため、血行を促進することで解決できます。コンシーラーなどで隠すのが比較的難しいので、青クマに悩まされている場合は、生活習慣などを変えて血行不良が起こらないようにするのが良いです。青クマを解消する方法について抑えておきましょう。

睡眠不足の解消

睡眠不足は血行不良を招いてしまいます。まずは良質な睡眠を確保することが必要です。睡眠時間の確保はもちろんのことそれだけでなく睡眠の質を確保することです。

良質な睡眠の質を確保するには、寝る前に脳や目を休ませ、血行促進を考えましょう。特にスマホやパソコンなどブルーライトと呼ばれる光は、目を疲れさせて安眠できなくすることがあるので注意しましょう。

食生活の改善

食生活の改善
血流を改善するには、食生活を見直しましょう。特にンパク質は熱に変わりやすく、冷え性を予防してくれます。そのため、タンパク質を摂取することと同時に、タンパク質の合成に寄与するミネラルやビタミンを効率的に摂取するのがよいでしょう。

冷たい食べ物や飲み物は冷えにつながりやすいです。加えて、糖の多いものは血流を阻害するので、冷たい食べ物や糖分の多いものは控えるようにします。

マッサージ

マッサージは、目の周りの血行を良くして、目の青クマの解消、予防へとつながります。簡単にできるマッサージとしては、両手の薬指を使い、下まぶたの目じりから目頭、宇和まぶたの目じりへとまぶたのふちを一周するようにマッサージします。

目じりから向かって下から上へと指を動かし、こめかみあたりで下へと指を動かします。老廃物をリンパの流れに乗せて排出するようによいでしょう。3か月ほどマッサージをすると目の青クマに変化がみられるといわれています。

冷え性の改善

冷え性は、目のクマだけでなく、身体の疲労感や脂肪や老廃物をため込みやすくなる、新陳代謝が悪くなるなど、身体にとっていいことはあまりありません。そのため、冷え性を改善するとよいでしょう。
夏になるとあまり目のクマが気にならないのに冬になるときになるというのは、冷え性によるものかもしれません。食生活を見直して冷えにつながる食べ物を控えたり、マッサージをして手足を冷やさないようにしましょう

保湿

保湿も、青クマを改善できます。水分が失われて肌のバリア機能が低下すると、肌荒れの原因になり、肌が弱くなって血管が透けて見えて青クマになります。

そのため、毎日の保湿ケアはとても重要になってきます。保湿をしっかりとすることで肌のバリア機能が上がり、クマができにくくなるからです。

黒クマができる原因

黒クマができる原因
目の下の黒いクマは、黒い色素が原因というわけではなく、黒っぽく影になって見えることがあることです。どういった原因があるか、抑えておきましょう。

目のまわりの筋肉の衰え

目の周りには筋肉があり、それが目を支えています。しかし、生まれながらにして目の下の脂肪が少なかったり、加齢によって目の周りの筋肉がゆるむと、たるみが生じてその下にへこみができます。それが、影となって黒クマになります。

目の下の脂肪を眼窩脂肪といいますが、加齢によってその眼窩脂肪を指せている筋肉がゆるんで、いわゆる目袋という状態になってたるみが生じ、その下にへこみができます。

真皮層のコラーゲンやエラスチンの量の減少

目の下の皮膚ももちろん加齢などによりたるんでしまうことがあります。顔と同じように目の下の皮膚細胞はうるおいを保っているとハリがあるように見えます。しかし、加齢により保湿成分であるコラーゲンやエラスチンの量が減少すると、皮膚がたるんで、クマを発生させるのです。

加齢とともに肌は代謝が衰えてくることもあります。新陳代謝、いわゆるターンオーバーのサイクルが正常化していないと、うまくみずみずしい肌が作られません。加齢によりたるみが目立ち、黒クマとなるにはこういった理由もあります。

黒クマを解消する方法

黒クマを解消する方法
黒クマは、上を向いたら治ることもあるように、皮膚の色が変わっているわけではないので、ケアといってもほかのクマとは違いがあります。黒クマを解消するには、メイクではなかなかうまくいきません。黒クマを解消する方法について知っておきましょう。

目元シート

目元は、保湿するといっても美容液が滑り落ちたりするなど、なかなかむつかしい場所です。デリケートな部分であり、強すぎる刺激が良くないこともあります。しかし、美容液をたっぷりとふくんだ目元シートなら、目元を集中的に保湿ケアできます。加齢によるコラーゲンやエラスチンといった保湿成分も、外からしっかりと補うことができます。

また、ビタミンC誘導体などが配合されている目元シートなら、ターンオーバーを促進し、たるみのない新しい皮膚細胞を作ることも期待されているので、そういった成分の入った目元シートも選ぶとよいでしょう。

目元クリーム

目元クリーム
目元シートと同じような働きをするのが、目元クリームです。目元クリームは、目元にハリを与えて目の下の皮膚のたるみを改善してくれます。そのため、黒クマに悩んでいる人に効果的です。

やり方は簡単で、薬指を使って目頭から目じり方向にゆっくりとクリームをなじませます。マッサージをしながらクリームを塗ると効率的です。

美容クリームを使っているから目元にも使えばよい、と言うのは間違いです。実は、目元の皮膚はほほの皮膚と比べて3分の1以下の薄さであり、普通のフェイスクリームでは刺激が強すぎます。専用のクリームを使うようにしましょう。

茶クマができる原因

茶クマができる原因
色素沈着によって起こるクマが、茶色いクマ、いわゆる茶クマです。色素沈着が原因なので、引っ張ったりマッサージしたり血行促進をしたり・・というだけでは、茶色が消えることはありません。まずはほかのクマとは違う、茶クマができる原因を抑えましょう。

メイク汚れ

茶色いクマは、色素沈着やシミが取れずにクマのように見えてしまうことです。メイク汚れが蓄積すると、それが肌への刺激となります。肌はそれを防御するためメラニンを作り出して色素沈着を起こしてしまいます。アイメイクの部分なので、目元はなかなか落としきれていない人が多かったり、メイクしてしまったまま寝てしまうとそれだけ汚れが積み重なってよくありません。

メイクや洗顔による刺激

メイクや洗顔による刺激
一方で、メイクや洗顔による刺激により同じく色素沈着を起こすこともあります。メイクを落とすことはそもそも茶クマを防ぐために大切ですが、あまり強いクレンジング剤を使ったり、何度も洗顔することによって肌が弱くなって余計茶クマにつながることがあります。

保湿ケアをしようと思い、目元にフェイスクリームをつけるのもよくありません。目元はほほの皮膚と比べてデリケートなので、フェイスクリームの強すぎる刺激が帰って茶クマの原因になることがあります。

メイクは控えめにし、自然素材でできた低刺激の化粧品に変える、洗顔の際はぬるま湯でていねいに優しく洗うことを心がけましょう。また、クリームで保湿する際にはかならず目元専用のクリームを使うようにしましょう。

遺伝

遺伝によって色素沈着を起こしやすい人もいます。シミになりやすい人とそうでない人がいるように目の下のクマについても同じことが言えます。また、アレルギーの場合もあります。目の周りのデリケートな皮膚にハウスダストや花粉が付着して炎症を起こすと、色素沈着につながり茶クマになることがあるからです。

茶クマを解消する方法

茶クマを解消する方法
茶クマは色素沈着が原因になるので、基本的に顔のシミやそばかすと対処法は同じです。いったんできてしまうとなかなか取れづらいので、予防もしながらしっかり対策するのが大切です。茶クマの予防方法とともにできてしまった茶クマの解消法について知っておきましょう。

UVカット

肌と同じように紫外線にはメラニン色素を生成させてしまう働きがあります。そのため、紫外線を浴びると顔にシミができるのと同じように、目元周りの皮膚にも色素沈着が起こり、それが茶クマになります。

目元にも日焼け止めクリームを塗る、外出の際はサングラスや日傘、帽子などで紫外線をカットするなどの日頃のケアが重要になります。特に夏場だけでなく紫外線のダメージは1年中受け続けているのが現状です。そのため、外出時は目元のUVケアも併せて行うようにしましょう。

正しいメイク落とし

正しいメイク落とし
メイク落としやクレンジング剤は、自分のメイクにあったものを選びましょう。ナチュラルメイクであるにもかかわらず刺激の強いオイルクレンジングを選ぶと、刺激になって茶クマの一因となるかもしれません。

頬やおでこと同じようにクレンジングしても、目の周りは凹凸があるので落としにくいものです。また、目の周りはアイメイクをしているので、それだけメイクも厚くなってしまいます。あすからが原因で色素沈着を起こすパターンもあります。まずはアイメイク用クレンジングなどを使い、メイクをしっかり落としましょう

美容クリニックでの色素沈着治療

目の下に起こるクマは美容クリニックで治療ができます。レーザー治療や光治療によって、色素沈着を改善していく方法です。顔のシミやそばかすをレーザーで消すような感じになります。

色素沈着治療は、主に茶クマ対策として行われますが、青クマにはピーリングやターンオーバーを促して治療をすることもあります。また、筋肉のたるみによる黒クマは、ヒアルロン酸注入などをして改善することもあります。昨今の美容医療技術はかなり進んでいるため、.いろいろな種類のクマに対応しています。

まとめ

目の下のクマと一口に言っても、血行不良が原因で青く見える青クマ、加齢や筋肉の低下などによるたるみが原因の黒クマ、色素沈着が原因で起こる茶クマの主に3種類があります。

それぞれ、予防法や対策が違うのでまずは自分のクマがどのようなものかを知ってから対策をしましょう。青クマであれば、目元のマッサージや冷え性の改善、食事や生活習慣などの改善で血行を促進しましょう。

一方黒クマは、目の周りの筋肉を鍛えたり、美容成分で保湿することによりたるみをなくすことを考えます。最後に茶クマは、ピーリングなどで色素沈着を改善する、いわば顔のシミ対策と同じようなケアをしましょう。

目の下のクマは、日頃のケアを継続することで軽減できる可能性があります。