クマを消す方法:クマの種類によって違う消し方と見分け方

目の下にできるクマは年齢に関係なく老けてみえるだけでなく、元気がなく暗いイメージにとらえられてしまうものです。

一時的なものであればメイクで隠せば済みますが、慢性的なクマは根本的に正しいケアをしないと改善できないばかりかひどくなることもあります。

一口にクマといっても原因や症状別に3つのタイプがあり、原因をよく理解したうえでケアすることが重要です。そこで、

  • クマの見分け方と症状別の原因
  • クマのタイプ別ケア方法
  • クマを直すメイクのポイント

について解説します。

目の下にクマ?その見分け方と症状別の原因とは


残業や夜遊びをした翌朝、鏡を見ると目の下にクマができていることがないでしょうか。これは一時的な血行不良によるクマと考えられますが、そのほかにもメラニン色素や肌の老化などが原因となって慢性的にクマができることがあります。

目の下にできるクマは全て同じだと思っている方もいるのではないでしょうか。よく見ると目の周りの薄い皮膚の部分が青色や茶色、黒色と周りの肌色とは別な色に見えることがわかるはずです。

この色によって青いクマ、茶色いクマ、黒いクマの3つに分けられ、それぞれ原因に違いがあります。自分のクマのタイプがどれにあたるのかを理解しておかないと、ケアをしているつもりでも全く改善できないことがあるので注意が必要です。

青いクマの見分け方と原因

青いクマができる主な原因は血行不良です。目の周りの皮膚が薄いことから、皮膚の下を通っている毛細血管が青く透けてみえることで青いクマとなります。皮膚を引っ張っても動くことはなく、少し薄くなることで見分けることができます。

眼精疲労や睡眠不足、ストレスや冷え、偏った栄養など、生活習慣が原因で起こることが多いものでもあります。

茶色いクマの見分け方と原因


茶色いクマは皮膚に沈着したシミと同じなので、皮膚を引っ張ってみてクマが一緒に動くことで見分けることができます。

原因は、紫外線の浴びすぎなどにによって過剰に生成されたメラニン色素が排出できずに、表皮層や真皮層に残って沈着することスキンケアの際の過剰な刺激や摩擦などによって濃くなることもあるので、メイク落としのクレンジングでいつもゴシゴシこすっている人にも多くみられるものです。

黒いクマの見分け方と原因

黒いクマは顔が上向きになったときに消えるかどうかで見分けることができます。

黒いクマは肌の老化が密接に関係しており、肌のハリや弾力が低下することでたるみやくぼみができて、その影が黒くみえてしまうものです。加齢とともにバストやヒップが下がってくるように、まぶたや目の下の皮膚も下がってきます。加齢によって眼輪筋や表情筋が衰えることでもできやすくなるものです。

青いクマの手軽なケアの方法:蒸しタオルパック


青クマの主な原因は血行不良なので、改善するためには目の周りや顔、そして体全体の血行を促進する必要があります。

血行促進が期待できる抗酸化作用の高い野菜や果物、魚、大豆食品、海藻類などを積極的に摂取するのも1つの方法です。また、体全体の血行を促進するために適度な運動を継続することも大切でしょう。

さらに、目元をピンポイントでケアする方法としておすすめなのが蒸しタオルを使ったホットアイパックです。

蒸しタオルパックで準備するもの

目元を重点的に血行促進する方法として蒸しタオルパックがあります。準備するものはタオルだけという簡単なものなので、誰でも自宅で好きなときにケアできます。

肌の摩擦でクマが悪化することも考えられるため、柔らかい肌触りのタオルを準備するといいでしょう。コットンやガーゼなどは肌に繊維が残ることがあるため、繊維がほどけないようなものを選ぶことが大切です。

蒸しタオルパックの手順


蒸しタオルは、お湯を使って準備する方法と電子レンジを使って準備する方法の2つがあります。

適温にするために、温度を計りながらお湯を沸かすのもいいでしょうし、レンジで加熱具合を調整するのもいいでしょう。

電子レンジを使った方がやけどしにくいというメリットもあります。タオルに水を含ませ、軽く絞った状態でビニール袋に入れてチンするだけでできます。眼底部分をしっかりと覆うようにのせて10分程度パックするように目元を温めます。

また、温かいタオルと冷たいタオルで交互にパックすることで、さらなる血流改善や肌の引き締め効果を期待することができます。

蒸しタオルパックの注意点

お湯でも電子レンジでも加熱しすぎはやけどのもとです。また、やけどしない温度であってもあまり高すぎると肌にダメージを与えることになります。ほんのりと温かさを感じる程度にとどめるようにしましょう。

また、蒸しタオルパックをする前にメイクをしっかり落としておかないと、お湯で溶けた化粧品の成分が肌にダメージを与えることがあるため注意が必要です。

茶色いクマのケアの方法とは?


紫外線を浴びすぎることによって肌を守ろうとしてメラニンが過剰に生成されるため、茶色いクマをケアするためには日頃からUVケアを怠らないことが大切です。

また、できてしまった色素沈着を排出するために保湿や美白コスメを効果的に活用することも忘れないようにしましょう。茶色いクマの予防や改善の具体的な方法を説明しましょう。

茶色いクマができた時はUVケアを

紫外線は夏だけでなく1年を通して室内でも浴びてしまうので、特に屋外に出る場合は、日傘やサングラス、日焼け止めクリームなどで予防することが大切です。茶色いクマができた場合には、日焼けの後のケアと同様にUVケアがメインとなります。シミと同じなので少しでも薄くなるようにUVケアコスメを活用しましょう。

保湿とメラニンの沈着を防ぐお肌のお手入れ


目の周りの皮膚は薄いため乾燥しがちです。また、乾燥するとちょっとした刺激や摩擦によってダメージを受け、メラニンの沈着が起こりやすくなります。刺激の少ない化粧水などを使って十分に保湿することが大切です。

また、肌の摩擦を避けるためには、洗顔も見直しが必要でしょう。洗浄力のあまり強くない弱酸性の洗顔料を十分に手のひらで泡立て、肌を滑らせるように優しく洗うことが大切です。指で直接目の周りを刺激しないようにしましょう。

紫外線によるダメージをUVケアコスメでオフ

茶色いクマの最大の原因は、紫外線を浴びて大量に発生するメラニン色素が排出しきれずに沈着することです。紫外線によるダメージは、美白効果のあるUVケアコスメでオフするのが適しています。

ビタミンC誘導体やアルブチンなどが配合されたコスメであれば、抗酸化作用でクマを薄くしたり、メラニンの生成を活性化させる酵素であるチロシナーゼの働きを抑制したりすることが期待できます。また、肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出を促すことも大切です。

黒クマはリンパマッサージと体操で対応

黒クマはいわば肌の老化そのものが現れていることになるため、エイジングケアをしなければ改善することはできません。この場合のエイジングケアは、美容成分が配合されたスキンケアのことだけを指すものではなく、顔全体の筋肉の動きや血管、リンパの流れを改善することを意味します。

眼輪筋を意識的に動かす体操やリンパマッサージで血行やリンパの流れを高めることが大切です。

リンパの通りを良くするマッサージ

リンパの流れが滞ると老廃物がスムーズに排出できずに肌細胞が酸化して、皮膚の老化につながります。そのため、リンパの流れを改善するためにマッサージをすることが必要です。

血行を良くすると同時にリンパの流れを促進する承泣のツボ、四白のツボなどを中心として優しくマッサージするといいでしょう。

また、目の周りから耳の後ろへとリンパを流すようにした後は、必ず鎖骨下まで落としこむようにしましょう。

顔の体操で表情筋を活性化させて若々しく


日頃から感情を顔に出さない人は表情筋を使うことがほとんどなく、加齢とともに固くなったり筋肉の動きが衰えたりしまいます。目をギュッとつぶって、パッと開ける動作を繰り返すだけでも眼輪筋などに効果をもたらすことができます。

最近ではアンチエイジングのための顔トレーニングも話題になっているので、顔体操で表情筋を活性化させましょう。

種類別のクマを直すメイクのポイントとは?


クマの改善までには時間が必要となるため、すぐに何とかしたいというのであれば、クマのタイプ別のメイクのポイントを押さえておくといいでしょう。

青いクマをカバーするメイクの仕方

メイクでカバーするためには、静脈に流れる血液の色が透けて見えないようにすることがポイントとなります。ほとんどの場合は肌が白くて浮き出ることになるため、あまり濃く塗り過ぎない程度にオレンジ系のコスメを使えば目立たなくすることができます。

茶色いクマをカバーするメイクの仕方


茶色いクマは、茶色と同じ系統でより明るい黄色や金色を化粧下地やアイシャドウとして使用すれば、目立たなくなります。青色などの寒色系やピンク、赤などは逆に目立ちやすくなるので避けるようにした方がいいでしょう。ただ、色素沈着が主な原因のクマとなるため、毎日の美白ケアで少しでも薄くすることが大切です。

黒いクマをカバーするメイクの仕方

黒いクマは、肌にたるみや凹凸ができていることが原因となるため、メイクでカバーするにはテクニックが必要となります。

オレンジ系のコンシーラーを黒クマの一番濃い部分にのせるようにします。目の際までのせると不自然にみえるので注意が必要です。指を使って優しく肌になじませ、目の際に向かって少しのばすようにすれば上手にぼかすことができます。ベージュ系のコンシーラーを薄く重ね塗りすることで黒い色が目立たなくなるでしょう。

まとめ

目の下のクマは女性から若々しさを奪ってしまうマイナスイメージの強いものです。誰もが何とかしたいと思うでしょうが、そのためには自分のクマの種類と原因について正しく理解する必要があります。

血行不良が原因となる青いクマ、紫外線や肌の摩擦が原因となる茶色いクマ、肌の老化によるたるみが原因となる黒いクマなど、主な原因にも大きな違いがあります。クマのタイプに合わせた正しいケアで若々しさを取り戻しましょう。