老け顔に見えるクマの対策:即効対策とクマに効くツボや食べ物

職場の同僚や友人から「どうしたの?病気?」「疲れてる?」などと声をかけられたことはないでしょうか。鏡をみるとさらにビックリ!目の下にクマができている……。徹夜したなどの理由があれば納得できますが、特に心当たりがないのに慢性的にクマがあると、実年齢よりもずっと老けてみえてしまいます。多くのマイナスイメージを与えるクマには種類があり、原因もケアの方法も異なります。そこで、クマ対策に有効なマッサージや食べ物について徹底解説します。

クマの種類を症状で見分ける方法


目の下にできるクマは1種類だけではなく、原因や症状によって主に青クマ、茶クマ、黒クマの3つのタイプに分けることができます。血行不良や色素沈着、肌の老化などがそれぞれの主な原因となり、対策の方法も異なります。クマをケアする場合には、原因を取り除いたり改善したりするための正しい知識と方法を知っておかないと期待するような効果がでないこともあります。自分のクマがどのタイプなのかを見極めるとともにその原因についてもしっかりと理解しておきましょう。

たるみが原因のクマ:上を向くとわからなくなる

皮膚のたるみが主な原因となるクマは、黒クマと呼ばれるものです。加齢によって肌が老化することで肌のハリや弾力が低下し、たるみやくぼみができて影になった部分が黒く見えることに由来しています。肌に凹凸ができている状況なので、鏡に映して上を向くと皮膚が引っ張られてクマが目立たなくなれば、黒クマであることがわかります。メイクで隠すことも難しい黒クマを根本的にケアするためには、エイジングが有効であり、毎日の地道な努力が必要となります。

血行不良が原因のクマ:軽く引っ張るとなくなる


目の周りにうっすらと青い皮膚の部分として目立つ青クマは、血行不良が主な原因とされています。血行不良や代謝の低下や肥満にも関係が深いものですが、パソコンなどで目を酷使したり、疲労やストレスが蓄積したりすることによって起こります。目の周りの薄い皮膚の下を通る静脈の青い色が透けて見える状態となるため、指で軽く引っ張るとクマが亡くなる状態であれば、青クマと見分けることができます。青クマの改善には、目の周りだけでなく顔、体全体の血行を促進する必要があります。

シミが原因のクマ:どの方法でも消えないもの

周りの皮膚の色に比べて目の周りだけが茶色っぽくみえるのが茶クマです。紫外線を浴びすぎたり、目の周りの皮膚に刺激や摩擦を与えたりすることによって生じるとされています。メラニン色素が肌の表皮層や真皮層に沈着することで生じるものであるため、シミと同様と考えていいでしょう。茶クマはシミが皮膚に沈着したものであるため、指で引っ張るとその方向に皮膚と一緒に動き消えることはありません。茶クマを改善するためには、ターンオーバーを活性化したり、美白作用のあるコスメを活用したりして、メラニン色素の排出を促すことが大切です。

クマをメイクで隠す方法


クマにはタイプ別に原因や症状に違いがあるため、適切なケアの方法を選ばないと期待する効果が得られないことがあります。クマを改善するためには血行促進、美白、エイジングケアなどが必要となるため、なかなか即効性がえられるものは少なく、根気強く地道にケアしていくことが必要となります。一時的にクマを何とかしたいという場合は、根本的な解消にはなりませんがメイクで隠すことは可能です。クマができたまま外出しなくてはならないときなどにおすすめです。

クマの濃い部分にコンシーラーを

クマをカバーするためのメイクで最も注意すべきことは、クマが気になるからといって目の際まで均等にコンシーラーを伸ばさないということです。最もクマの濃い部分にのせて、目の際はぼかすように軽く伸ばすといいでしょう。コンシーラーは、シミやくすみ、ニキビ跡などとともにクマを隠すのにも有効です。目の周りの皮膚はとても薄く肌の乾燥や荒れを引き起こすこともあるため、コンシーラーの成分を十分に確認するとともに十分な保湿をすることも心がけましょう。

クマ隠しやシミ隠しにあると便利なコンシーラー


コンシーラーはシミやクマなど、気になる肌トラブルをカバーして目立たなくできる便利なアイテムです。青クマの場合は、透けてみえる静脈の色をカバーするためにオレンジ系のコンシーラーがおすすめです。茶クマは、シミを隠すのと同様にオレンジ系や黄色系、黒クマもオレンジ系を使えば目立たなくすることができます。コンシーラーにはスティック状やクリーム状のものもありますが、よく動く目の周りの薄い皮膚には、肌にのせた後の柔らかい使用感のあるチップタイプや筆タイプのものがおすすめです。

クマを治す方法①:血行促進マッサージ

蒸しタオルを使った血行促進法

青クマは血行不良が主な原因となるため、クマを改善するためには血行促進をすることが第一となります。自宅でも簡単にできる目元の血行促進法として蒸しタオルを利用したホットアイパックがあります。適当な大きさに折ったタオルなどに水を含ませ電子レンジで温めて眼底を中心として蒸しタオルでパックします。お湯を使ってもできますが、やけどしないこと、お湯の温度が高くなりすぎないようにすることなどに留意する必要があります。10分~20分ほど蒸しタオルパックするだけで、血行を促進することができるでしょう。

マッサージの仕方


温水浴と冷水浴を交互に繰り返すと血行が促進されるのと同じで、さらに目元の血行を促進したいのであれば、蒸しタオルをのせた後に冷たいタオルに変えるという作業を数回繰り返すといいでしょう。幾分血行が促進されたところで、指を使って眼輪筋を中心として目の周りのマッサージを行います。目の周りの皮膚はとても薄いので、刺激や摩擦を与え過ぎないようにベビーオイルやオリーブオイルなどを指に塗って優しくマッサージするようにしましょう。

マッサージをする時の注意点(マッサージの悪い見本)

マッサージは目じりから下まぶたを目頭に向かって優しく滑らせ、そのまま目頭から上まぶたを目じりにむかって滑らせるように1周します。肌への刺激や摩擦はくすみの原因となるため、あえて力が入りにくい薬指を使って肌を滑らせる程度にマッサージすることが大切です。皮膚が引っ張られるほど力をいれると肌にダメージを与えることになるので注意が必要です。洗顔後や入浴後の時間を使ってリラックスしながら行いましょう。

クマを治す方法②:リンパマッサージとは?

リンパマッサージの手順1:両足のストレッチ

クマを改善するためには血行促進とともに老廃物を排出する役割を担っているリンパの流れを改善することも重要です。目の周りのクマの改善ですが、リンパは体全体に流れているため、まず両足のストレッチやマッサージから始めます。ふくらはぎは下半身の血液やリンパをポンプのように循環させる大切な部分であるため足先から心臓に向かって手でリンパを流します。座ったまま膝を立てて両手を交互に使いながらマッサージしましょう。

リンパマッサージの手順2:お腹のマッサージ

次はお腹のマッサージです。内臓の冷えや機能の低下は血液やリンパの循環に大きな影響を与えることになります。お腹の両側に両手の手のひらをあて、そのまま左右交互に足の付け根までリンパを流すイメージでマッサージします。次にビキニラインに合わせて同じように足の付け根に向かってリンパを流します。足の付け根には、脇の下、耳の下、鎖骨の下と同様に大きなリンパ節があり、そこに向かってリンパを落とし込むことが目的となります。

リンパマッサージの手順3:目頭・こめかみのマッサージ

最後に目の周りのマッサージです。人差し指と中指を使って目頭からこめかみに向かってリンパを流すようにマッサージをします。同様に目の下もマッサージしますが、血行促進とは異なり目じりで終わるのではなく、しっかりとこめかみまで押さえるようにしましょう。次に、マッサージした部分を指を使ってツボを押していきます。マッサージ、ツボ押しともに刺激や摩擦を与え過ぎないように優しく行うことがポイントとなります。最後に耳の下、鎖骨下までリンパを流すようにするとより効果を得られるでしょう。

クマを治す方法③:顔ヨガ

普段使わない表情筋を刺激するムンクの顔体操

黒クマに代表される肌や筋肉の老化が原因となる老化は、スキンケアではなく顔のトレーニングをすることによって改善が期待できます。マッサージやツボ押しなどでは指による刺激や摩擦に注意が必要となりますが、顔体操では自力で顔の筋肉だけを使って行うため、肌に与えるダメージがありません。顔には数多くの表情筋がありますが、そのほとんどは普段使うことがないため硬いただけでなく筋力が低下しています。簡単にできるムンクの顔体操でクマを改善しましょう。

ムンク体操の手順

ムンク体操では、まず「お」の口をして顔を上下に伸ばします。口ではなく鼻の下の筋肉を収縮させることをイメージするようにしましょう。顔は動かさず目線だけ上を向いて、目の下にある眼輪筋が伸びていることを感じるようにします。まぶしい時に目を細めるときのように下のまぶたを上に引き上げるようにしましょう。目に力を入れて3~5回目の周りの筋肉を収縮させます。最後に目を閉じて力を抜いてリラックスして終了となります。世界的に有名な絵画、ムンクの叫びの表情を意識しながら毎日続けましょう。

クマを治す方法④:食べ物を意識

眼精疲労や角膜の保護に効果があるビタミンAを含む食べ物

仕事や趣味でパソコンやスマホを長時間みるという人は、疲れ目ではなく慢性的な眼精疲労に陥っていることがあり、これが原因となってクマが生じることも少なくありません。クマを改善するために意識して摂取したい食べ物には、眼精疲労や角膜の保護に効果があるビタミンAを豊富に含むものがあります。ビタミンAは視機能だけでなく皮膚や粘膜の保護にも効果が期待できるため、クマの改善も期待できます。ビタミンAは、レバーやウナギ、モロヘイヤやニンジン、焼きのりなどに豊富に含まれています。

美白効果があるビタミンCを含む食べ物

抗酸化作用が高いことで知られるビタミンCは疲労回復のほか、肌細胞が酸化することを防いで肌のターンオーバーを活性化します。メラニン色素沈着が主な原因となる茶クマの改善には、メラニンの排出を促し美白効果があるビタミンCを含む食べ物がおすすめです。また、ビタミンCは肌のハリや弾力に不可欠となるコラーゲンの生成をサポートする栄養素でもあります。レモンやアセロラなどの果物、ジャガイモやホウレンソウなどの野菜などを意識して摂取するようにしましょう。

クマを治す方法⑤:パックを身近なもので活用

抗酸化物質タンニンを含むティーバックで目元パックも効果的

ワインやブルーベリー、そして茶葉などには、フラボノイドの一種であるポリフェノールが豊富に含まれています。アントシアニンなどと同様に抗酸化作用が高いことで知られており、アンチエイジングにも効果が期待できます。また、タンニンにはタンパク質を変性させて組織や血管を収縮させる作用があり、老化が原因となるクマの改善にはおすすめです。手に入りやすいティーバッグはお茶を出した後に目元パックに使っても効果が期待できます。

キュウリのパックはフラボノイド効果でむくみもすっきり


ドラマや映画でも、女性が顔にペタペタとキュウリを輪切りしたものを貼ってパックする姿がみられます。キュウリには抗酸化作用や抗アレルギー作用のあるケルセチンをはじめとして、ルテオリン、ケンペロールなどのフラボノイドが豊富に含まれています。また、ビタミンCやカリウムなども含まれているため、抗酸化作用や肌のむくみを摂る作用、さらに美白効果も期待することができます。キュウリパックはお財布にも優しいおすすめのケアといえるでしょう。

まとめ

目の下にクマがあるだけで不健康で疲れたように見えるだけでなく、老け顔にみえてしまいます。一口にクマといっても、原因や症状によって3つのタイプがあり、それぞれに違いがあります。クマを改善するためには、スキンケアや生活習慣の見直しなどとともに、リンパマッサージ、表情筋を動かす体操など、さまざまな対策方があり、原因や症状に合っていれば即効性を得られるものもあります。自分のクマの症状に合った対策で若々しい肌を取り戻しましょう。