クマの対策を万全にしてスッキリ目元を目指す!不健康から卒業!

「何だか顔がスッキリしない」「疲れたように見える」「年齢より老けて見られる」そんな悩みを抱えていませんか?その原因は目の下のクマかもしれません。クマがあると、実際はそんなことないのに、不健康そうに見えてしまうものです。

そんな厄介なクマができる原因を知り、それに適した対策をとることで、クマから解放されましょう!目指せ、スッキリ目元!

クマができる主な原因

1度現れるとなかなか消えてくれないクマは、いったい何が原因で作られるのでしょうか?年齢を重ねるとハリがなくなるため目元がたるむ、小じわができる、血行不良…クマができるのには様々な原因がありそうです。

では、今挙げたことが原因でなぜクマとなるのか、詳しく見ていきましょう。原因をしっかり探ることで、どのようにケアをすれば良いのかがわかるはずです。

目のたるみ

人間のありとあらゆる皮膚の中で比べても、特に薄いと言われているのが、目の周りの皮膚です。加齢と共にお肌のハリが失われていくと、重力に負けてお肌は下へ下がってしまいます。薄い皮膚が垂れ下がると、目の下は落ちくぼんでしまい、黒い影ができてしまいます。

これがクマとなって現れるのです。このように、目のたるみによってできるクマを、黒クマと呼びます。黒クマは、くぼみの陰でできていますので、上を向くとクマの色が薄くなったり、消えたように見えるのが特徴です。

小じわ

歳を重ねると気になってくるのが、目元の小じわです。しわができる大きな要因として、乾燥が挙げられます。先程、目の周りの皮膚は薄くできているというお話をしました。皮膚が薄いと、それだけ保有できる水分にも限界があり、ほかの場所よりも早く乾燥してしまいます。

分厚い画用紙と普通のコピー用紙を、同じように手でくしゃくしゃにしてみると、薄いコピー用紙の方が簡単にしわくちゃになってしまいますよね?目の周りの皮膚にも、これと同じことが起こっているのです。

小じわができるということであれば、確実に目元が乾燥しているサインです。お肌は乾燥してしまうと正しいターンオーバーができず、どんどん色素沈着を起こしてしまいます。その結果、クマが現れてしまうのです。

血行不良

女性に多いですよね、冷え性。冷え性の方は、手や足の先が冷えるイメージがありますが、顔だって同じです。特に目の周りは細かい血管が無数にあり、皮膚が薄い分冷えやすいので、すぐに血行不良になってしまいます。

睡眠不足やストレス、パソコンやスマートフォンを長時間使用することによって起こる眼精疲労など、その要因は様々です。血行が悪くなると、お肌の細胞に必要な栄養素や酸素がスムーズに運ばれないため、お肌の栄養不足に繋がり、肌がくすみます。これが目の下のクマになって現れるのです。

クマ対策にぴったりのケア製品

最近では、様々な用途に合ったスキンケア製品がたくさん出ています。続いては、クマ対策にぴったりな「アイマスク」「炭酸コスメ」「アイクリーム」「コンシーラー」について詳しく見ていきましょう。あなたに合った対策をぜひ試してみて下さい。

アイマスク

パソコンやスマートフォンが普及し、ますます眼精疲労に悩まされる人が増えてきました。お仕事でもプライベートでも使うので、なかなか使用頻度の調節が難しいですよね。そんな眼精疲労はクマを引き起こす原因になりやすいのです。

眼精疲労を改善するのに役立つのが、このアイマスク。今日ではホットアイマスクが主流ですよね。ホットアイマスクは目を温めてリラックスさせる効果に加え、安眠をも促してくれる優れものです。特に青クマに悩まされている方にオススメです。

目元をアイマスクで覆うことによって、目の疲れを取り、血行を促進してくれますので、血行不良が原因でできる青クマ対策になります。普段、デスクワークが多い方は、ぜひやってみて下さい。

炭酸コスメ

炭酸コスメは、数年前からブームが続いています。炭酸コスメと一言で言っても、その種類はたくさんあり、炭酸化粧水、炭酸ミスト、炭酸パック、炭酸洗顔など、数種類の炭酸コスメがここ数年で登場しています。

炭酸は血行を促進させる作用があります。炭酸に含まれる二酸化炭素は、本来人間にとって不要なものです。それが肌から入り込むことにより、不要な二酸化炭素を排出しようと血液が流れだすのです。結果、お肌の代謝機能もアップし、むくみを解消してくれる働きがあります。

その他にも、ターンオーバーを正常なサイクルに戻し、肌細胞を活性化、メラニン排出の手助けとなります。よってくすみの改善にも繋がり、くすみが原因で起こる茶クマの方にも、しっかりとした効果を出してくれます。

アイクリーム

目元専用として作られたアイクリームは、目元にフォーカスした成分がたくさん配合されています。目の周りの薄い皮膚を守るため、保湿力が高く、多くの美容成分が含まれています。乾燥や小じわ、たるみ、クマなど、気になる症状に特化したケアができるのが特徴です。

また、日常的に使用することで、デリケートな目元をあらゆるダメージから守り、アンチエイジングの働きをしてくれます。トラブルが起こる前に、普段のスキンケアにアイクリームを取り入れると、クマ対策になるでしょう。

コンシーラー

十分にお手入れをしていても、疲労やストレスが蓄積されてくると、体は不調のサインを出してくるものです。クマができてしまったら、役に立ってくれるのがコンシーラーです。「今日は大事な会議が…」「どうしても人と会わなければならない…」など、今すぐクマを隠したい時に便利です。

クマには、血行不良でできる青クマ、目元のたるみでできる黒クマ、乾燥や紫外線などでできる茶クマなど、その種類は様々です。クマの種類によって、コンシーラーのカラーを使い分けると、きれいに隠せるようになります。

青クマはオレンジ系、黒クマはカラーよりもパールが配合されているもの、茶クマはイエロー系やベージュ系がオススメです。また、青クマや茶クマには、赤リップの上からファンデーションで抑えるのも効果的です。

もし、望ましいカラーのコンシーラーがない場合は、自分のお肌に対して一段階明るいカラーのものを選びましょう。色味が暗すぎると、コンシーラー部分が白く悪目立ちしてしまうので、自分に合ったコンシーラーを探すことが大切です。

クマを予防する対策方法

とはいえ、やはりクマができてしまう前に、何か対策を見つけておきたいですよね。最後に、クマを未然に防ぐため、「体の温め」「ストレス」「マッサージ」「美容外科」の4つのお話をしたいと思います。これをしっかり頭に入れ、クマを予防していきましょう。

体を温める

クマに限らず、体が冷えてしまうことは、人間にとってあまり良いことではありません。特に目元は、たくさんの毛細血管が走っています。少しの冷えでも、その細い血管の血流はストップしてしまいます。血行不良になると、当然細胞に必要な栄養分が届かず、乾燥したり、くすんで見えたりしてしまいます。

夜に時間がある時には、半身浴がオススメです。みぞおち位までのぬるめのお湯にゆっくり浸かってあげると、下半身で徐々に暖められた血液が全身に回っていきます。半身しか浸かっていないので、心臓にストレスもなく、質の良い汗がかけるようになります。

ストレスをためない

ストレスは、普通に生活していれば蓄積されていくものです。大切なのはそれを和らげること。ストレス緩和にオススメしたいのが、ビタミンCの摂取です。ストレスとビタミンC、一体どういう関係なのでしょうか。

人間はストレスを受けると「コルチゾール」というホルモンを分泌します。これが増えすぎると、人はストレスを感じ取りやすくなってしまうのです。ビタミンCはこの「コルチゾール」を減らし、若返らせてくれる栄養素なのです。

ビタミンCを摂取するなら、就寝30分前が良いでしょう。安眠をサポートし、日中に受けたストレスや紫外線を寝ている間に取り去ることで、次の日もスッキリ起きられます。

目のマッサージを行う

軽いマッサージは、目元の血行促進に繋がります。アイクリームや目元専用美容液などを使うと同時に、軽く薬指で目頭から目尻にかけて血流を促してやることで、目元が血行不良になるのを防ぎます。

美容外科で治療を受ける

定期的に専門家の元で治療を受けるのも1つの手です。目の周りは繊細です。自分でやるとどうしても強くやりすぎてしまう、力加減がわからないという方には、美容外科で治療を受けてみると良いでしょう。

美容外科の先生は、多くの症例を見てきていますから、あなたに必要な処置とアドバイスをしてくれます。行ったことがない人は、1度行ってみるのもオススメですよ。

まとめ

目の下にできるクマ、どういったことが原因ででき、どのような対策をしていけば良いか、お分かりいただけましたでしょうか?やみくもに色々とやっても時間が勿体ないだけ。自分に合った対策・予防をすることで、スッキリとした目元を実現できるのです。

クマができるまでに至るプロセスは、1つだけではありません。様々な要因が重なり、結果クマとなって現れるのです。この記事を、クマ予防だけでなく、自身の体の健康維持として取り組んでいただければと思います。皆さんが肌ストレスのない、健やかなお肌を手に入れられるための参考になれば幸いです。