クマの解消に効果がある化粧品とクマ隠しメイクのポイント

目の下のクマは、実年齢よりも老けてみえるだけでなく、元気がなく暗い印象を与えてしまうこともあります。目の下は皮膚がとても薄いのに毛細血管が多く、血行不良や乾燥、紫外線、肌の老化などの影響をうけやすい部位です。クマには原因や症状によって3つのタイプがあり、自分のクマのタイプに合ったケアをすることが必要です。そこで、それぞれのクマに効果が期待できるケアの方法やクマを隠すためのメイクのポイントについて解説します。

今回は

  • 目のクマのタイプ別の原因
  • 青いクマ・茶色いクマにそれぞれ効く化粧品選びのポイント
  • 黒いクマの解消に効くエイジングケア3つの成分
  • すべてのタイプのクマをメイクで解消する時のポイント

についてご紹介します。青いクマ・黒いクマそれぞれでお悩みの方は、どちらの対処法も載せていますのでぜひチェックしてみてください。

目のクマのタイプ別の原因

クマが目の下にできるのは皮膚の構造にある

まぶたや眼の下の皮膚は指で触ってみると、ほっぺやあご、おでこなどのほかの顔の皮膚よりもかなり薄いことがわかります。目の周りにクマができる大きな理由には薄いだけでなく、数多くの毛細血管やリンパ管が存在するという皮膚の構造にあります。

「静脈が透けて見えやすい」「乾燥や紫外線の影響を受けやすい」「刺激や摩擦に弱い」「肌の老化が早くたるみやすい」などの特徴があるため、さまざまなタイプのクマができます。

青いクマができる原因は「血行不良」

色白の人に目立ちやすい青いクマは、皮膚のすぐ下を流れる静脈が皮膚に透けて見えることで肌の色が青くみえるものです。血管の色なので指で引っ張ってもクマが消えることはありません。

眼精疲労や睡眠不足、冷えやストレスなどによって血行が滞ることによってクマができるとされています。青いクマの解消には、目の周りだけでなく顔や体全体の血行を促進する必要があります。

茶色いクマができる原因は「色素沈着」


目の周りが赤茶色にみえる茶色いクマは、皮膚の表皮層や真皮層に色素が沈着して起こるものとされています。目元は想像以上に紫外線を浴びる場所であり、紫外線から肌を守ろうとして過剰に生成されたメラニンが肌のターンオーバーでは排出しきれないために沈着します。

また、クレンジングや洗顔などで肌に刺激を与えることによってくすみやシミが元となって茶色いクマができることもあります。改善のためには、メラニンの排出を促すための美白が必要とされています。

黒いクマができる原因は「加齢」

目の周りがどす黒く見える黒いクマは、加齢によって肌のハリや弾力が失われた結果、肌がたるんで凹凸ができ、その影が黒くみえることによるものです。肌細胞の老化だけでなく、眼輪筋や眼瞼筋、顔に多く存在する表情筋が衰えて黒いクマができることもあります。

黒いクマの改善には、肌細胞を活性化させるためのエイジングケアとともに顔の筋肉を鍛えるマッサージやエクササイズなどが必要となります。

青いクマに効く化粧品選びのポイント

ポイントは「血行促進」

青いクマは、パソコンやスマホ、ゲーム機器などを長時間使用することで生じる慢性的な眼精疲労や仕事の疲れ、睡眠不足やストレス、冷えなどが原因となって血流が滞ることによります。

血行不良になると体の隅々に酸素や栄養分を送り届けることができなくなるだけでなく、老廃物や活性酸素が過剰に生成されます。青いクマの解消には、血行を促進する作用があるコスメがおすすめです。

シートタイプの保温効果グッズがおすすめ

ノンクマ 2シート入り
目の周りを重点的に血行促進するためには、ホットタオルで目元を温めるのがおすすめ。ホットタオルは自宅でも簡単に準備できますが、それでもタオルやお湯が必要となります。シートを目元に貼るだけの保温グッズは、いつでもどこでも簡単に使うことができます

遠赤外線を発生するシートで目元を優しくじんわりと温めてくれます。また、スクワランオイルやホホバオイルなどの保湿成分も配合されているため、使用後目元が乾燥することもないとされています

「眼精疲労」を謳う目薬もおすすめ


青いクマの原因となる血行不良は生活習慣の乱れなどでも生じますが、眼精疲労も大きな影響を与えます。毎日目を酷使することで、充血やかすみ目、視力の低下やドライアイなどの目に特化した症状に加えて、肩や首のコリ、頭痛や吐き気などの症状がでることもあるとされています。

眼精疲労の改善に効果が期待できる目薬には、目のピント調節をスムーズにして目の疲れを和らげる「メチル硫酸ネオスチグミン」、目の細胞に酸素を補給して新陳代謝を促進する「L-アスパラギン酸カリウム」などの成分が配合されており、クマの改善にもつながることが期待されます。

茶色いクマに効く化粧品選びのポイント

茶色いクマの解消はメラニンの除去がポイント

茶色いクマは、紫外線や肌の摩擦などによって生じたメラニンが角質に沈着することによって生じるもとされているため、解消するためにはメラニンを排出、除去する必要があると言われています。紫外線を浴びると肌を守ろうとして、通常の肌のターンオーバーでは排出が追いつかないほどのメラニンが生成されてしまうとされています。

日頃から日焼け止めや帽子などで紫外線をカットすることが大切ですが、沈着したメラニンは美白作用のあるコスメ等で除去するといいとされています。

皮膚のバリア機能を補強するセラミドについて

セラミドは、肌の角質層で細胞と細胞の間で水分や油分をスポンジのように保持している細胞間脂質の1つです。肌のターンオーバーで古い角質が剥がれても次の層が肌を保護するように、角質層は角質細胞が幾重にも重なって構成されています。

セラミドは複数の角質細胞を接着するのに不可欠な存在であり、肌に潤いとハリを与える役割とともにバリア機能を補強する働きも担っています。

直接メラニンを漂白するハイドロキノンについて

ハイドロキノンは、肌の漂白剤ともいわれる強力な美白作用があるとされています。美容皮膚科で処方されるほか、成分濃度があまり高くないものであればドラッグストアなどでも手に入れることができます。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を促す酵素、チロシナーゼの働きを抑制してメラニン色素をつくるメラノサイトの数を減少させる働きがあります。漂白作用が極めて高いため、用量、用法を誤ると白斑が生じることもあり、使用には注意が必要です。

ターンオーバーを促すビタミンCについて


加齢や肌細胞の働きの低下などにより、肌のターンオーバーが乱れたり、機能が低下したりすると古い角質がいつまでも剥がれなかったり、古い角質とともにメラニンが排出できなかったりします。

ビタミンCには、高い抗酸化作用とメラニン生成を抑制する作用があり、ターンオーバーを活性化したり正常化したりする効果が期待できます。特に肌への浸透力が高いビタミンC誘導体が配合された化粧水などは、茶色いクマの解消にもつながる効果が期待されます。

茶色いクマに効くおすすめ化粧品ベスト3

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム 30g (医薬部外品)
茶色いクマは、色素沈着が主な原因とあるためその対策には、メラニンの生成を抑制することが必要となります。このアイクリームは、国産プラセンタを100%配合した商品であり、シミだけでなくシワのケアもできるのが大きな特徴となっています。

一般の化粧品ではなく医薬部外品としての実力を発揮して、目元にでやすいくすみやメラニンの沈着を防ぎ、透明感とハリのある肌へと導いてくれます。

クマウォッシュ洗顔石鹸

クマウォッシュ洗顔石鹸 75g
茶色いクマは、紫外線によって過剰に生成されるメラニンだけでなく、クレンジングや洗顔などのスキンケアによるメイクの洗い残しや摩擦なども原因となります。

この洗顔石鹸には洗浄成分として泥やAHAが配合されており、十分に泡立てて肌を優しく滑らせるだけでこすらなくてもメイクや皮脂汚れなどをしっかりと落とすことができます。また、セラミドやコラーゲンが配合されているため、洗い上がりもしっとりとした潤いを実感できます。

オルビス(ORBIS) アイケアエッセンス

オルビス(ORBIS) アイケアエッセンス 28mL ◎目元用保湿美容液◎
目の周りの皮膚が乾燥することもクマが生じる原因となります。この保湿美容液には、肌にハリと潤いを与えるヒアルロン酸が2種類も配合されており、乾燥しがちな目元をみずみずしくふっくらと保ってくれます。

トロみのある透明のジェルタイプで、プッシュ式の容器なので必要な量だけを簡単に出すことができます。入浴や洗顔の後に化粧水、乳液などで肌を整えてから使用するのが基本となりますが、メイクをしたうえからでも塗って乾燥を防ぐことができるのも魅力です。

黒いクマの解消に効くエイジングケア3つの成分

コラーゲンを増やすレチノール

黒いクマは加齢による肌の老化が主な原因となるため、その解消のためにはエイジングケアが基本となります。コラーゲンを増やすことで知られている成分、レチノールは、ビタミンAの一種で、脂溶性ビタミンの1に分類されます。

鶏や豚のレバーやうなぎなどの動物性食品にのみ含まれているものと言われています。レチノールは皮膚に入るとレチノイン酸に変換されてコラーゲン生成をサポートし、黒いクマにつながるたるみを改善する効果が期待できます。

アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用のナイアシン

ナイアシンはビタミンB3ともよばれる水溶性ビタミンの1つです。アルコールの分解や脂質の代謝などに作用するほか、細胞の生まれ変わりをサポートしてくれる効果が期待できます。

抗酸化作用が高く、ターンオーバーを活性化して皮膚や粘膜を健康に保つ役割も担っていることから、黒いクマの解消の基本となるアンチエイジングには大切となる成分とされています。レバーや魚、肉などに多く含まれており、加熱しても栄養素が壊れないという特徴もあります。

皮膚のたるみを解消するビタミンC誘導体

抗酸化作用だけでなく美白効果にも優れているとされるビタミンCは、肌にハリを与えて黒いクマの原因となる肌のたるみを解消する効果が期待できます。しかし、ビタミンCは不安的な性質のため、水や空気に触れることで効果が大幅に減少するとされています。また、肌に浸透しにくいという性質もあります。一方、ビタミンC誘導体は安定した状態で肌に浸透しやすく、肌のなかに浸透した後にビタミンCに変化するという大きなメリットがあります。

黒いクマに効くおすすめ化粧品ベスト3

maina ローラー スティック アイクリーム

【 くま しわ たるみ 対策】 maina ローラー スティック アイクリーム 「 ヒアルロン酸 配合」 潤い と ハリ に着目した成分厳選配合 クリーム 全方位 目元ケア 日本製 15g
黒いクマは加齢による肌の老化が主な原因となるため、改善のためにはエイジングケアを積極的に行う必要があります。このアイクリームは、アロエベラエキス、ユズ果実エキス、など5種類の天然エキスを配合しており、保湿や抗酸化作用による肌のたるみの緩和、新陳代謝、肌バリア機能などを高める効果が期待できます。3点ローラーがついているので、肌をマッサージしてもみほぐしながら美容成分を浸透させることができるとされているのも魅力です。

ランコム リフトアップ用クリーム

ランコム リフトアップ用クリーム たるみ シワ ほうれい線に レネルジー M クリーム G 75ml (15ml×5個) [並行輸入品]
肌のたるみが原因となる黒いクマは、肌を引き締めるためのエイジングケアを効果的に行わなければ改善することが難しいとされています。このリフトアップ用クリームは、無重力空間で肌のハリの低下が加速するという宇宙生物学にヒントを得て開発されたエイジングケアクリームとして注目されています。ハリと潤いを与えて肌が上向きに引き上げられる実感を得ることができます。

高浸透型フラーレン(リポフラーレン)5.0%+ヒト幹細胞培養液1.0

高浸透型フラーレン(リポフラーレン)+ヒト幹細胞培養液配合エイジングケア[クリーム] REGINA LOCUS MENトータルリバイタライジングクリーム45g【転売禁止等条項適用】
メンズ用として初となる高浸透型フラーレン、ヒト幹細胞培養液、に加えて25種類もの美容成分が配合されたエイジングクリームです。男性の肌について徹底的に研究し、こだわってつくられたクリームはべたつかないさらっとしたテクスチャーが特徴です。リポフラーレンを十分なケアが期待できる濃度を有しており、厳格な基準をクリアしているためLF認定マークを取得しています。肌の老化に悩む彼へのプレゼントとしておすすめです。

すべてのタイプのクマをメイクで解消する時のポイント

隠すことを意識しすぎて厚塗りするのは逆効果

青いクマ、茶色いクマ、黒いクマ、それぞれに原因と症状には違いがあるため、血行促進、美白、エイジングケアなどの適切なケアで改善する必要があります。ただ、改善には時間が必要です。今日、明日のお出かけのために即効性があるものではありません

そんなときは、メイクでクマを一時的にカバーして目立たないようにする方法がおすすめです。しかし、クマが気になるあまり厚塗りすると、逆にクマの部分が目立って逆効果となるので注意が必要です。

肌に合わせたコンシーラーを上手に利用する

コンシーラーは、シミやくすみ、ニキビ跡などを目立たなくする便利なアイテムで、クマを隠すのにも向いています。青いクマの場合は、補色となるオレンジ系のコンシーラーを薄く塗ることでカバーできます。

茶色いクマや黒いクマは、イエロー系やオレンジ系などのコンシーラーを塗ってからアイシャドウなどを重ねると目立たなくなるでしょう。目の周り全体に均一に塗るのではなく、最もクマの色が濃い部分にのせて目の際に向かってぼかすようにすると自然にみえます。

視線を他にそらすメイクでクマを目立たせない

目の下にクマがあると、クマを隠す目の周りのメイクだけに意識がむきがちです。しかし、あまり目の周りに厚塗りするとかえって不自然になることから、クマ以外の顔の部位に視線をそらすようにすることも大切です。クマができる目の周りの皮膚は、薄くてくぼんでいます。したがって、鼻筋や頬など顔の高い位置にハイライトを入れれば視線をそらすことができますリップも注目を集めるような明るいレッド系を選ぶといいでしょう。

まとめ

目の下にクマがあるだけで、不健康そうにみえたり、老け顔にみえたりすることがあります。クマには3つのタイプがあり、それぞれに原因が異なるためクマのタイプに合ったケアをしないと改善することができません。

血行促進、美白、エイジングケアなど、それぞれのクマのタイプに合ったケアやメイクで気になるクマを撃退しましょう。