BMIと体脂肪率の違いを押さえて日々のダイエットに役立てよう!

健康問題において、何かと話題になる事の多いBMIと体脂肪の違いについてお話します。この2つは、わかりにくいもので間違えてしまう場合も多いですし、違いがわからないという人も少なくないはずです。今回はそのような皆様にお役に立てるよう、この2つに関してわかりやすく解説します。

この2つの違いに迷っている方、興味のある方は参考になるはずですから、これを機にBMIと体脂肪をきちんと区別して正しいダイエットについても考えてみるというのもおすすめです。

BMIについて

BMIの基本~計算法や単位、おすすめのBMI計測ツールを紹介!

BMIをご存知ですか?

ベルギーのアドルフ・ケトレーが、1835年に提案したBMI。これは、どれくらい肥満であるかが分か…

BMIとは体型を基準にした指標です

体型を基準にした指標であるBMIとは健康問題等でよく聞く数値ですが、何なのかわかりにくいものと思われる場合もあります。少々詳しくお話しますと、BMIとは体型を基準にした指標で肥満度を表す数値です。BMI(ボディー・マス・インデックス)は体重と身長の関係で、つまり体重と身長の関係から肥満度を出すという考え方になります。これは体格指数と言われる肥満度の一つの基準で、数値においてどのくらい肥満しているか、どのくらい痩せているかという事をだしたものです。

BMIの計算方法

日本では、BMI22という数値が男女とも病気になりにくく最も健康的とされているようです。その計算方法は以下示しますのでご自身の数値をあてはめてみると良い参考になりますから、ぜひともお試しください。日本の基準ですと【身長(m)の2乗】×22という計算式でわかるBMIが25以上が肥満で脂質異常症、糖尿病、高血圧という生活習慣病にかかるリスクが2倍になると言われています。さらに、BMIが30を超えると危険度はますます増して減量治療が必要となり、反対に痩せ過ぎはBMI 18.5未満でそれはそれで様々な病気があります。

BMIの分類:男性

男性におけるBMIの分類をご紹介しますと、WHO(世界保健機構)の基準で様々なことが分かりますので自分のBMIはどの位置にあるのか、さがしてみるというのも興味深いものです。BMI18.50未満は低体重で、その中でもさらに分類され、16未満はやせすぎ、16~17未満はやせ、17~18.5未満はやせぎみとなり18.5~25未満は普通体重です。過体重となるのは25以上で30未満ですと肥満予備軍、30以上は肥満、30~35未満は肥満1度、35~40未満は肥満2度、40以上は肥満3度に分類されます。自分の体重だとどの分類になるか、あてはめて見られると良いです。

BMIの分類:女性

女性の場合のBMIの分類は男性と同じですが、妊婦は別になります。日本肥満学会によりますと妊婦がBMI18.5未満のやせですと切迫早産、早産、および低出生体重児分娩のリスクが上がるようです。そして、肥満(BMI25以上)の妊婦は妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、死産、巨大児、子供の神経管閉鎖障がいのリスクが高まると言われています。このように、妊娠出産は女性特有のものにBMIが関係するというのは興味深いものです。

BMI数値が「17」ってどういう体型?計算式についても解説

”BMI”って一体なんなのか、皆さんはご存知ですか?体脂肪が気になっている方は、よく耳にするかもしれません。BMIというのは、…

体脂肪率について

体脂肪率を落とすのに必要は運動や食事は?女性におすすめの方法もご紹介

体 脂肪 率 落とす事は、体の健康のために必要なことです。そして、肥満体型の人は体 脂肪 率 落とす努力をしないと様々な病気に…

体脂肪率とは筋肉量を基準にした指標です

体脂肪率は筋肉量を基準にした指標で先ほどお話したBMIとは異なり、体における脂肪の割合のことです。つまり、体重の何パーセントが脂肪なのかを表した数字になり、年齢や性別によっても異なるものでその基準も違い数値が高いと肥満ということになりますが、低ければいいというものではありません。脂肪は身体を守るために必要なものでもありますから、そのあたりをよく考えると体脂肪率の良し悪しが見えてきます。ご自身がどのくらいの位置にあるかは理解しておいた方が良いでしょう。

体脂肪率の計測方法

では、体脂肪率の計測方法はどのようにすればよいかですが、さきほど述べましたBMIとは異なり計算方法のみでわかるというものではないのです。体脂肪計で体脂肪率は測定しますが、体脂肪そのものの計測というのではなく体に微量の電流を流し、電気抵抗値を測定しています。そして、あらかじめ入力した体重、身長のデーターの他あらゆる統計と照らし合わせ体脂肪率を推定するのです。このような体脂肪計は体重計と一緒になっている場合も多く比較的お手頃な価格で買えますから、家にないという人はお買い求めになると良いでしょう。

体脂肪率を測定する方法は?測定の仕組みや測れる場所をご紹介

皆さんは、『体脂肪率』を測ったことがありますか?今や、体脂肪率を測れる場所はとても多くなりました。

本日は、体脂肪率そ測…

体脂肪率の区分:男性

では、一般的な体脂肪率の区分男性編を年齢別で見て行きますので、ご自身がどの位置になるかお確かめになるとダイエットの上でも良い参考になるはずです。14歳までは6%までを痩せ、7%~15%は標準のマイナス、16%~24%は標準のプラス、25~29%は軽肥満、30%~は肥満になります。15~17歳ですと、7%までは痩せ、8~15%は標準マイナス、16~23%は標準プラス、24~27%は軽肥満、28%~は肥満です。

18歳~39歳は10%までは痩せ、11~16%は標準マイナス、17~21%は標準プラス、22~26%は軽肥満、27%~は肥満になります。40~59歳ですと11%までは痩せ、12~17%は標準マイナス、18~22%は標準プラス、23~27%は軽肥満、28%~は肥満です。60歳以上ですと13%までが痩せ、14~19%は標準マイナス、20~24%は標準プラス、25~29%は軽肥満、30%~は肥満になります。

体脂肪率の区分:女性

次に女性の場合ですが、男性とは皮下脂肪の関係で異なりますのでご自身の区分はどの位置にあるかお確かめになると良いです。14歳までは14%までが痩せ、15~24%は標準マイナス、25~33%は標準プラス、34~37%は軽肥満、38%~は肥満になります。15~17歳は17%まで痩せ、18~26%は標準マイナス、27~35%は標準プラス、36~39%は軽肥満、40%~は肥満です。

18歳~39歳は20%までは痩せ、21~27%は標準マイナス、28~34%は標準プラス、35~39%は軽肥満、40%~は肥満になります。40歳~59歳は21%までは痩せ、22~28%は標準マイナス、29~35%は標準プラス、36~40%は軽肥満、41%~は肥満です。60歳~22%までは痩せ、23~29%は標準マイナス、30~36%は標準プラス、37~41%は軽肥満、42%~は肥満になります。

BMIと体脂肪率の関係について

BMIと体脂肪率は違います

BMIと体脂肪率の違いについてですが、この辺りはもっとも誤解を生む可能性のある大事なポイントですので、よくご確認されてダイエットの良い参考にしてください。まずBMI ですが、これは統計で前に述べました様に体重と身長のバランスからわかるものですからあくまでも外面的なものになります。こちらは標準の値22から外れるほどに病気のリスクが高まるという数値上からの考え方です。それに比べ体脂肪率は体重の何パーセントが脂肪なのかという考え方で、もし同じ体重であっても体脂肪率が違うという場合は脂肪がどのくらい体内でしめているかということの違いになります。

ダイエットでBMIと体脂肪率は別で考えましょう

ダイエットにおいてはBMIと体脂肪率は別に考えた方が良いです。見た目が痩せているだけでなく体脂肪率も少ない痩せタイプ、BMI 体脂肪率ともにバランスの良い標準タイプ、見た目は太っていて体重もあるけれど体脂肪が標準以下のかた太りタイプ、体重は少ないけれども体脂肪の多い隠れ肥満タイプがあります。このようにダイエットで考えますとBMIと体脂肪率、それぞれの特徴があるということです。それぞれの特徴や考え方を活かしてダイエット出来ると、ちょうどよいダイエットになるのではないでしょうか。

理想はBMIと体脂肪率が一緒に落ちる減らし方

理想は筋肉を落とさずに体重も落とすという事で、つまりBMIと体脂肪率が一緒に落ちるという減らし方です。この減らし方ですと、ほどよく引き締まった健康的で理想的な体になります。このような体を手に入れるためには脂肪よりも重い筋肉を残すということですから、なかなか困難なダイエットに挑戦ということです。たいていダイエットをすると1:3の割合で筋肉と体脂肪が減るので筋肉を落とさないということを考えると至難の業ですが、頑張る価値はあります。

ダイエット前の注意点

食事制限の基本と注意点~ダイエットからのリバウンドには要注意!

効果的な食事制限の基本

ダイエットをするにあたり食事制限が必要になります。ダイエットをしようと思う理由は人それぞれで…

BMIも体脂肪率もあくまでも目安です

ダイエット前に知って置いた方が良い予備知識ですが、BMIも体脂肪率もあくまでも目安ということで全てではないいのです。こういったところは誤解のないようにして、ダイエットに励むべきでしょう。つまり、先ほどもお話しましたようにBMI は体重と身長のバランスという外的要因を数値で示したものになります。それに比べ、体脂肪率は体重の何パーセントが脂肪ということですが、こちらも前にお話しましたように体に微量の電流を通して測定し、他のあらゆるデーターとの兼ね合いで出した値です。

体脂肪計はメーカーにより誤差があります

体脂肪計はメーカーによって誤差があるのは体脂肪計にあるデーターや計算の方法が、そのメーカーにより様々であるからです。たとえ同じメーカーであっても種類によって、誤差が生じるということがあります。

たとえば、ジムやエステに何種類かの体脂肪計があってこちらでは「21%」だけど、あちらの機器では「18%」を示すということもあるはずです。どちらが正しいかと言われると難しいところとなり、価格が高いからより正確というわけではありません。

そうなる理由は水分量や電気抵抗における個人差からで、筋肉や体脂肪中の水分量も人によって違うものですから同じ体脂肪の量でも水分の量によって電気抵抗が小さくなるということもあります。また、塩分や糖質を多くとれば水分が増えて電気抵抗が小さくなり、体脂肪率が減るということもあるのです。このことを念頭に置いておくと、体脂肪計についての理解が深まります。

体脂肪計の測定できる項目、主力のメーカー、購入時のポイントとは

体脂肪計で測定できる項目

今や健康維持の必需品として、欠かすことのできない体脂肪計ですが、現在の体脂肪計はさ…

無理のない目標を設定しましょう

上記のようなこともありますから、数字に左右されて極端に体重や体脂肪率を減らすということにばかり捉われない方が良いです。それよりも、健康的に痩せることを考えた方が体のためになります。そのためには、その人に合った無理のない長期の目標をたてると良いです。無理して病気になってしまうということは何としてでも避けたいものですから、体第一に考えるのが得策になります。

極端な食事制限は控えましょう

必要な栄養素さえ取らないような極端な食事制限は控えないと、体が悲鳴を上げてしまいます。まず、タンパク質は必ず摂るようにしないと筋肉が落ちてしまい、体脂肪を減らす上での問題になるのです。動物性植物性共にバランスよく摂取することをおすすめしますが、動物性を過剰に摂るとカロリーオーバーになりますから大豆等の植物性とうまく組み合わせることがポイントになります。

そしてさらに大事なのは筋トレですが、家で出来るものも沢山ありますから無理せずに続けられるものが良いです。そしてウォーキング、ジョキング、水泳等の有酸素運動もおすすめということになりますが、向き不向きもあるでしょうから無理のない範囲で楽しみながら続けることが何より大切になります。友達と一緒に続けるのも、無理なく楽しめるのでおすすめです。

まとめ

体重と身長のバランスを示したBMIや体における脂肪の割合を示した体脂肪率を意識してダイエットに励むのは健康つくりのためには大変良いことで、筋肉を落とさずに体重を落とせれば理想的な体になります。

ただ、余り無理をすると体を壊してしまう事もありますから、決して無理はせずに楽しみながら励むのがポイントです。筋肉づくりのためにタンパク質を摂ること等、バランスの良い食事も意識して健康的なダイエットをしましょう。