体脂肪を減らす食事はコレ!ポイントや食品の選び方をご紹介

体脂肪を減らす食事についてどんな食事が良いか、おすすめの食品はどんなものがあるか具体的にわかりやすくお届けします。体脂肪を減らすために普段の食事をどうにかしたいという方には最適な内容で食事作りの良いヒントにもなるようなアドバイスも満載です。

特にダイエット料理に関心があるという方、ご自身のみでなく家族の体脂肪も食事によって減らしたいとお考えの方にとっては興味深い内容ではないでしょうか。食事は身体の基本で日々の生活を送る上でも非常に大事なことですから、無理なく体脂肪を減らせるようにこの記事をご参考になさってください。

食事で体脂肪を減らすには

ダイエットの前に適正体脂肪率を知り、目標を立てましょう

ダイエット前に適正体脂肪率を知って、どのくらい減らすかという目標を立てると良いものです。たとえば、女性であれば体脂肪率20%前後が理想とされていますので、この体脂肪率を目指すというのはいかがでしょうか。体脂肪率20%はアスリートの平均的な体脂肪のレベルで、無駄な贅肉のないすっきりとした体型です。

腹筋は割れていてやや縦のラインが見える程度が理想的ですが、腕や足には少々の脂肪はほしいものでそこに女性らしい丸みがあれば、体型としては完璧ですばらしいものになるのです。このような体型は女性にとっては憧れのものですから、是非とも手に入れたいと思う人は体脂肪を減らせる対策の一つとして、食事つくりに励むと良いのではないでしょうか。料理好きの人であれば、料理の腕を上げるチャンスにもなります。

体脂肪率は食事コントロールで減らせます

上記のような理想の体脂肪率20%の体を手に入れるのにはある程度の努力が必要になるのですが、その一つに前述しました食事つくりがあります。正しい食事で体脂肪率をコントロールさせるという考え方ですが、それを実行するには体脂肪率への理解が必要です。

体脂肪率を食事コントロールで減らせるためにはポイントになるところを押さえていないと意味のないものになってしまいます。このポイントを押さえて、きちんとコントロールしないと食事で体脂肪率を減らすというのは不可能になり、かえって体脂肪率を上げてしまう場合がありますから要注意です。

無理な食事制限では体脂肪率は減らせません

無理な食事制限ですと、むしろ空腹が激しいものになってしまい過食に走ってしまうという危険性があります。このようなことになってしまいますと、元も子もない状態になりますから避けなければなりません。

過食に走ってしまうと体脂肪率を減らすというより増やしてしまう可能性大になり、せっかくの決心が無になってしまいます。それにかえって体重が増え太ってしまうこともありますから、それをきっかけにダイエットを諦めてしまうという人もいるのです。

食事のコツは1回のカロリーを控えめにすること

体脂肪率を食事で減らすには食事のカロリーを、1回ごとに控えめにするのがコツです。そうすると、食事によって体脂肪率を増やしてしまうという事は避けられますが、カロリー控えめの食事を作るには様々な料理メニューのカロリーや食材のカロリー等を把握しておく必要があるので、かなりの努力が必要です。

どんなメニューにするとカロリー控えめになるのか、どのような食品がカロリー控えめなのかを勉強しておくと幅広く応用できますから今後の生活でも役に立つ可能性大になります。その上、皆様の他に体脂肪を減らしたいご家族がいれば、その家族にとっても栄養管理の面で良いことですから下調べしながらの食事つくりを心掛けてください。

体脂肪率を減らすのに良い食事

体脂肪率を減らすには炭水化物や糖質の多い物は控えましょう

体脂肪率を減らすには炭水化物や糖質の多い物は控えるべきです。なぜならば、そのような物は恐ろしい脂肪になりやすいものですから、贅肉となって体脂肪率を増やしてしまう傾向にあります。炭水化物も糖質も美味しい物が多いですが、本当に体脂肪率を食事で減らしたいと思うのであればここでグッと堪えるべきです。

どんな食品に炭水化物、糖質が多いかというとご飯やパン、麺類といった主食やお菓子類等でついおやつとしてお茶の時間などに食べてしまいそうなケーキやせんべい等、誘惑には気を付けたいものでしょう。

たんぱく質の多い食品を選びましょう

たんぱく質は筋肉をつくるのに必要な栄養素ですから、ダイエット中でも欠かさない方が良いです。よく高たんぱく低カロリーという言葉を聞きますが、ご存知でしょうか。ダイエットにも良いのがこの高タンパク低カロリーの食品ですから、このことを意識して食事つくりをすると筋肉量の減らないダイエットに良い食事ができます。

インターネットで高タンパク低カロリーの食事を調べてみると様々な食品を使ったメニューが出てきますから、参考にして食事つくりに励むと良いです。

栄養バランスの良い食事を意識しましょう

特に体脂肪率を減らすという大きな目的のある食事作りですから、筋肉量を減らさないためにも栄養のバランスは大事にしないといけないのです。たんぱく質だけでなくビタミン、カルシウム等が豊富、それでいてカロリー抑え目の食事という食事が理想になります。

逆にもし栄養のバランスの悪いものであれば筋肉の量が減ってしまったり、肌が荒れてしまったりということも考えられますし、体脂肪率も減るどころか増やしてしまう可能性大です。なぜならば、栄養バランスの悪い食事の例として挙げられるのはインスタント食品等のように脂質の多い食事になるのでいらない脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

メニューは和食がおすすめです

栄養バランスの良い体脂肪率を減らす食事として、おすすめなのは和食です。和食は油や動物性の食材を多く使うような洋食や中華料理に比べ脂っこいものが少ないのでカロリー控えめですし、野菜や海藻類、肉、魚貝類を使うので栄養のバランスという点でも優れています。

また、和食は日本のみならず世界中のヘルシー志向の人達にも支持されていますので、今や世界中で食べられていまして日本料理店も多く世界に進出しているのです。その理由としてはやはり、カロリーが低くおいしいということが挙げられますように和食は世界にも認められた栄養バランスの良いヘルシーな食事といえます。

体脂肪率を減らすのにおすすめの食品

赤みの多い牛肉、鶏肉、魚

脂身のほとんどない赤みの多い牛肉、鶏肉、魚はタンパク質がありながら低カロリーですから、ヘルシーな和食にもぴったりな食材です。このような食材を使って美味しい和食メニューを考えるのも楽しいもので、最近は食材から検索できる料理アプリも流行っていますから活用するのも良いでしょう。

特に、食材はあるけれど何をつくったらいいかわからないという場合はこのようなアプリを利用すると、1つの食材でも何種類かのメニューが見られますから便利です。定番メニューもありますが、自分では考えられないようなオリジナルメニューも多くありますから良い勉強になります。

食物繊維が豊富な野菜やきのこ

食物繊維が豊富な野菜やきのこ類も体脂肪率を増やさない食事つくりに一役も二役も買ってくれるので、お助かり食材です。

特にキノコ類はノンカロリーですから沢山食べても大丈夫な美味しいメニューが豊富にあり、楽しみながら料理するのにも最適な食材といえます。きのこはあらゆる食材と相性がいいですし、食物繊維を摂ることで便秘にならないで済むというメリットもあるのです。

便秘はやっかいなもので肌も荒れてしまい、下っ腹がぽこっと出ますから健康上にも美容上にもよくない状態なので、何としてでも避けたいものでしょう。

たんぱく質豊富な大豆食品

タンパク質は筋肉をつくるために積極的に摂りたい栄養素の中の一つで、タンパク質豊富な大豆食品は特におすすめです。糖質を抑えるためにご飯の代わりにお豆腐を食べるという人もいるほどで、ご飯を少な目にして納豆を多くかけて食べる等のように食べ方をくふうするとカロリーオフでも満足感が得られ、高タンパク低カロリーの良さを活用できます。

豆腐や納豆といった大豆製品は高タンパク低カロリーの優秀な食品で積極的にメニューに入れたいものですから、インターネットを活用して様々なメニューを検索してみるのも良いことです。

飲み物ならコンビニでも買える烏龍茶がおすすめ

飲み物はコンビニ等で手軽に買える烏龍茶がおすすめです。烏龍茶でしたら、カロリーがゼロで食事の脂を取ってくれますし、すっきりと飲めますから食後には最適の飲み物になります。逆に、控えないといけないのは高カロリーで砂糖が多く使われている炭酸飲料やジュース類ですが、烏龍茶を日頃から愛飲すればその飲み心地の良さに慣れて甘い炭酸飲料等はほしくなくなるはずです。

つまり、このようなちょっとした努力が功を奏するということですから、飲み物にも工夫しながら体脂肪率を食事で減らし理想の体型を手にいれてください。

まとめ

体脂肪率を減らす食事は和食で、赤みの多い牛肉、鶏肉、魚、食物繊維の豊富な野菜やキノコ類、高タンパク低カロリーの大豆食品を組み合わせ、カロリーの低い体脂肪率を増やさない食事つくりをおすすめします。インターネットを活用しますと食材別でも様々なメニューが探せますし、カロリー控えめでありながらタンパク質等がきちんと取れるオリジナルメニューが沢山ありますから、そのようなところを見て自分なりに工夫してみるのも良いことです。食後は、甘い炭酸飲料やジュース類でなく、食事の脂をとってくれる烏龍茶を飲むと良いでしょう。