体脂肪が減らないのはなぜ?その原因と見直しポイントをご紹介

体脂肪が減らない原因をお話しますので、頑張っているのに体脂肪が減らないことでお困りの方には必見の内容になります。

また、体脂肪を減らすのに大切な食事はどんなものが良いのか、運動はどんな運動が最適なのかについてわかりやすく記述しました。

そして、今行っていることの見直しも必要な場合がありますので、体脂肪が減らない時の見直し策についても言及します。このように皆様のお役に立てる内容満載ですから、体脂肪についてお困りの方はぜひともご覧になり今後の対策を考える上で参考にして頂ければ幸いです。

体脂肪が減らない原因はコレだ!

ただ食事制限をするだけでは体脂肪は減りません

最近は体重だけではなく、体脂肪率も気にする人が増えて来ました。確かに体脂肪が増えるのは良くないことで、減らそうとして無理な食事制限をするという人もいます。でも、無理な食事制限は身体に良くないことですから得策ではなく、そのために病気になってしまったら元も子もないです。

実はただ食事制限をするだけでは体脂肪は減らないということを、ご存知でしょうか。なぜならば、体脂肪を減らすということは筋肉を減らさずに脂肪のみを減らすということですから、むやみやたらな食事制限ではいけません。筋肉を落とさないような食事制限が必要なので、その辺りを考えてダイエットしないと減るのは筋肉ばかりで体脂肪が減らないのです。

有酸素運動だけでは体脂肪は減りにくいです

実は運動においても、有酸素運動のみでは体脂肪は減りにくいものでその辺りはよく考えてみると、体脂肪燃焼に効果ありの運動は何であるかよくわかります。ここで大事なのはやはり筋肉ですから、有酸素運動のみでなく筋肉をつくる筋肉トレーニングもしないと体脂肪は思ったように減りません。

筋肉トレーニングをすると筋肉が増えますからその分体に蓄積された脂肪を減らせますが、有酸素運動のみですとなかなかそうはいかないものなのです。

体重は減るのに体脂肪が減らないのは筋肉が育っていないから

体重は減るのに体脂肪が減らないというのは筋肉が育っていないからで、体重が減っているのは筋肉が落ちているからで脂肪は落ちていないという悪循環に陥っています。ただ筋肉を落とすのみではそれだけ脂肪はそのままということになりますから、体脂肪が減らないということです。

つまり、体重が減ったということのみでは筋肉が落ちただけなので理想的なやせ方でも健康的なやせ方でもありません。

体重は減るのに体脂肪が増えるのは筋肉が減ってしまっているから

体重は減るのに体脂肪が増えているということがありますが、それは筋肉がかなり減っているからで筋肉が減ればその分、脂肪が増えるので体脂肪率が上がってしまうのです。この場合いくら体重が減っても筋肉が減っているだけで脂肪は増えていますから、理想的な減り方にはなりません。

大事なのは筋肉を落とさないで脂肪を減らすということですから、バランスのとれた食事と適度な運動が必要になります。

体脂肪を減らすには食事と運動が大切です

体脂肪率を減らすポイントは「脂肪は減らして筋肉は増やす」

先ほどから言及していますポイントは「脂肪を減らして筋肉は増やす」ということで、体脂肪を減らすダイエットにおいて重要課題ですから常に念頭に置いておかなければいけません。

では、脂肪を減らして筋肉を増やすにはどうしたらいいかということになりますが、それは筋肉をつくるカロリー抑え目の食事と筋肉トレーニングの運動が必要です。インターネットを見ますと、筋肉をつくるカロリー控えめの食事のメニューは多く掲載されていますから参考にできるでしょうし、運動についても多くの情報がありますので参考にできるでしょう。

食事は栄養バランスとカロリーコントロール

まず食事についてですが、筋肉をつくるカロリー控えめの食事は栄養バランスとカロリーコントロールが必要ということになります。

どんな食事が良いか考えてみますと、まず思い浮かぶのは和食です。和食は栄養バランスのよいカロリー控えめの食事で野菜も豊富にとれますし、赤みの肉や魚のタンパク質もメニューの工夫によって沢山とれます。それに、手作りでしたらカロリーコントロールが可能ですから、頑張って創意工夫できるものです。

筋肉は筋トレと栄養で増やせます

筋肉をつくるにはもちろんトレーニングが欠かせませんし、栄養の面でも筋肉作りのためにタンパク質が欠かせないです。つまり、筋肉は筋トレと栄養で増やせるという事になりますから、毎日行う筋トレと高タンパク低カロリーの食事が体脂肪の少ない理想の体型を作ってくれるのです。

例えていうのであれば「ローマは一日にしてならず」というように日々の積み重ねが大事ということになります。どんなことでも努力と積み重ねが必要なように筋肉作りにおいても毎日のトレーニング、日々の工夫した料理作りという地味な努力が理想の体型を作ってくれますから、諦めないで頑張ることが大事です。

睡眠も欠かせません

睡眠負債という言葉があるように睡眠も大事で、睡眠不足は軽く見ない方が良いのはご存知でしょうか。睡眠不足になると体力が低下しますし、集中力にも影響します。やる気がなくなり筋トレがうまくいかないということになり、さらに恐ろしいことに食欲が増すということもあるのです。

その理由は食欲を刺激する「グレリン」というホルモンの分泌がさかんになってしまうからですが、こういったことを避けるためには十分な睡眠をとった方が良いということになります。

体脂肪が減らない時の見直し対策

体重が減るのに体脂肪率が変わらないときは「筋トレ」を見直す

体重は減るのに体脂肪率が変わらないとなると、「筋トレ」に問題があるのかもしれません。「筋トレ」が効いていないために筋肉のみが落ちているので、体重が減っているのです。もう一度「筋トレ」のやり方を見直してみると、「筋トレ」が正しくできているかどうかがわかります。

たとえば、規定の回数より少ないとかやり方が間違っているということが考えられますから、もう一度よく見直して正しいやり方を確認すると良い方向に行く可能性大です。

「筋トレ」をしても体脂肪が落ちないときは「栄養」を見直す」

きちんとした「筋トレ」をしていても、体脂肪がうまく落ちない場合は「栄養」を見直すと良いです。日々の食事がきちんとした栄養バランスになっていないということが考えられますので、食事内容を見直してみるべきかもしれません。

筋肉をつくるための「タンパク質」は摂れているかどうか等、日々のメニューを見直してみると何か見落としを発見できる可能性大です。そのためには忙しい日々にちょっと面倒かもしれませんが、食事日記を付けると食事内容を簡単に振り返る事が出来ますから、見直ししやすくなります。

ジムで運動と栄養の指導をうけてみるのもよいでしょう

ジムに入って、運動と栄養の指導を受けてみるというのも良い方法です。専門家に見てもらうとうっかりとしたところにも目が行き届くでしょうから、間違っているところ等がわかりやすいでしょう。

ただ、ジムに入るとなると多少お金が掛かりますから、躊躇する人もいらっしゃるかもしれません。ただし、物は考え様でお金を掛けているからこそ頑張れるという事もあるので、ここは人それぞれですが皆様なりのやり方の一つとしてジム入会を考えるのも一つの手段になります。

まとめ

体脂肪が思うように減らないという人のために様々な原因と対策を考えてみましたが、いかがでしょうか。思い当たる事があるという人はその部分を見直し、体脂肪率減らしのために必要な事を考えて実行してみると何かしら良い反応が体にあるはずです。筋トレ、筋肉をつくる高たんぱく低カロリーの食事は体脂肪率を減らした上で体重を減らすのには欠かせないものですが、自分なりの管理が難しければ少々お金を掛けてジムに入りインストラクターの指導を仰ぐというのも良い方法になります。自分なりの良い方法をよく考えてみてください。