ランニングマシンダイエットのメリット!続けるためのコツ

ランニングマシンを使ったダイエットは有酸素運動で30分以上走ることで徐々に脂肪を燃焼してくれます。単に走るだけの簡単な方法で誰でも実行できます。このダイエット法についてですが、どんなメリットが期待できるのでしょうか。

今回は、

  • ランニングマシンダイエットのメリット
  • ランニングマシンダイエットの心得
  • ランニングマシンダイエットを続けるコツ

楽しく実行するためのコツについてご紹介したいと思います。

ランニングマシンダイエットのメリット


マシンを使用したランニングを行うことで脂肪を燃焼させ、スリムで美しいラインをキープできるのがランニングマシンダイエットです。このダイエット法にはいくつものメリットがあります。ここでそのメリットをご紹介したいと思います。これを知ればきっとチャレンジしてみたいと思うことでしょう。

外でのランニングよりも体への負担が少ない

ランニングマシンで走るダイエットでは、外で走るよりも体に負担がかかることを避けられる点が魅力といえます。まず屋外では地面が凸凹していることも多く、膝に衝撃が加わったりしてしまうこともあります。しかしランニングマシンなら凸凹がないため、膝への負担をかけずに走り続けることができます。

また屋外では紫外線を浴びることが多く、肌にダメージを与えてしまいます。日焼けをしてしまったり、体力も徐々に奪われてしまいます。女性の方は特に紫外線には敏感にならなければなりませんから、室内でできるランニングの方が好ましいと言えるでしょう。

天候に左右されず毎日続けられる

ランニングマシンダイエットでは継続的に走ることが痩せるための近道ですが、屋内で走るために天候を気にする必要がありません。屋外でのランニングは雨や雪、また台風といった天候では実行できません。天候に左右されてしまいます。

ランニングマシンでのランニングはどんな天気でも走ることができます。また寒い時期には、外でのランニングはモチベーションが下がってしまいがちです。

しかし、室内でのランニングならモチベーションを維持しながら暖かい環境の中で走ることができます。風邪を引く心配がない点も魅力といえます。

信号待ちがなくペースが崩されない


ランニングでは一定のスピードで走ることでリズムをキープし、ランニングを継続することができます。しかし屋外で走る場合には、信号があるため、途中で足を止める必要が生じることがあります。それによって走ることへの意欲を低下させてしまうことがあります。

信号待ちがあるだけで時間のロスになりますし、カロリー消費もスムーズに行われにくくなります。室内でのランニングなら、信号待ちがないため、常にペースを維持することができますし、モチベーションも高くキープすることができます。やる気を乱さないダイエットならランニングマシンダイエットの方が優れているといえます。

ランニングマシンダイエットの心得


ランニングマシンダイエットを始めるに当たっては、いくつか知識として覚えておくべき点があります。この点を正しく理解した上でランニングダイエットを実行すれば、安全で効果的にランニングを行うことができます。ここでその心得を説明したいと思います。

手すりにつかまって走らない

ランニングマシンには手すりがありますが、これは万が一の時の危険防止時に掴む目的で使用するものです。ランニングをしている最中には掴むことは避けてください掴って走ると姿勢が崩れた状態になるため、膝に負担をかけてしまいます。また足首をひねってしまう恐れがあります。

手すりを持った状態で走ると上半身を動かさないため、楽に走ることになります。カロリー消費がダウンしてしまい、ダイエット効果が薄れてしまいます。ランニング中には手を振りながら走るようにしてください。

室内でもウォーミングアップは必ずする

室内でランニングをする前には必ずウォーミングアップを行ってください。いきなりランニングを開始すると体が付いていかず、体調を崩してしまう恐れがあります。

また足首や膝に急に負担がかかり、ひねって怪我をしてしまう恐れがあります。十分なウォーミングアップを行った後にランニングを開始して、徐々に走る速度を高めていくようにしてください。

傾斜角を上げてランニングする


ランニングを行う際には、最初は傾斜角を上げずにゆっくりと走り始めますが、徐々に傾斜角を上げて負荷をかけるようにしてください。負荷がかかることで足や腕をしっかりと動かしながらランニングを行うことができます。

カロリーの消費量がアップしますし、筋力アップ効果も期待できます。筋力がアップすることで基礎代謝量を上げることができます。

足の真ん中で着地を心がける

ランニングマシンを使用している際にはマシンの中心で走るようにしてください。また着地をする際にも中心部分で行うようにしてください。

マシンの前で走ったりすると怪我をしてしまう恐れがあります。怪我防止のためにも、毎回マシンの中心で走ることを習慣にしてください。

マシンから降りた後はストレッチをしてクールダウン

ランニングを終了し、マシンから降りた後にはストレッチを必ず行うようにしてください。運動後の筋肉は疲労を起こしています。ストレッチでしっかりと筋肉を曲げ伸ばしし、疲労回復を促すようにしてください。

また硬くなった筋肉をほぐす効果もあります。ストレッチでは筋肉をしっかりと曲げ伸ばしするのと同時に、関節部分も大きく広げて行うようにしてください。

なるべく代謝効率が高い朝の時間帯にする


1日の間で代謝効率が高いとされている時間帯は朝です。そのため朝にランニングを行うことで、よりスムーズに代謝をアップさせ、カロリー消費を促すようにしましょう

朝にランニングを行えば体がすっきりとして、その後の活動もスムーズにできるようになります。活動的な気分になり、より体を動かす意欲が高まります。

ランニングマシンダイエットを続けるコツ


ランニングダイエットによってダイエット効果を得るためには、まずは継続して取り組むことが大切です。無理をしないで実行していく必要がありますが、そのためにはいくつかのコツがあります。

ここでそのコツについて説明したいと思います。実行時に是非取り入れてみてください。

音楽でモチベーションを上げる

ランニングマシンダイエットは継続して実行する必要があります。1日に30分以上走ることで脂肪の燃焼効果を得られると言われています。しかし30分のランニングをするためには、モチベーションの維持が必要です。そのために役立つのが音楽です。

音楽を聴きながら走れば、単調になりませんし、単に走るだけよりも楽しくランニングを行うことができます。また気分を高めてくれる音楽を聴けば、モチベーションを高く維持していくことができます。ランニングマシンの中には音楽を聴けるタイプがありますし、室内で音楽をかけながら走ることも可能です。ランニングを楽しくやっていきたいという方は音楽を聴きながら走るようにしてみることをお勧めします。

テレビを見ながら走る

ランニングを続けて行っていくと辛くなってしまいますが、テレビを見ながらやってみると辛いことも軽減されます。ランニングダイエットは自宅でできるため、テレビを見ながら走ることも簡単にできます。

室内でランニングマシンを使って走る際でも、テレビを見たままでも安全に走ることができます。

時間にこだわらずゆっくり走る


ランニングダイエットなら時間に関係なくいつでも気軽に走ることができます。屋外でのランニングは夜中などは暗くて危険ですし、女性の場合は特に防犯面で不安があります。

また早朝のランニングも人気がないため走ることをためらう方もいることでしょう。しかし屋内でのランニングなら、部屋が明るいため、時間を気にする必要がありません

ランニングダイエットは自分なりのペースで実行できます。ゆっくり走ることも気軽にできます。そのため、ランニングを初めて行う方、また普段運動をしないので体力に自信がないといった方を含め、どんな方でも気楽な気持ちで始めることができます。

まずは週に2、3回を目安にする

ランニングダイエットは継続的に行うことが必要です。最初からスパートをかけて実行しても辛くて途中で断念してしまうことでしょう。そのため、まずは無理をせず週に2、3回程度を目安にして走ってみるといいでしょう。このペースなら体を休ませながらじっくりとランニングに取り組むことができます。

週に2、3回程度のランニングも徐々に慣れてくることでしょう。そうなったら次は週に4回など、徐々に行う日数を増やしてみるといいでしょう。または走る時間を延長するといったやり方でもいいでしょう。

まとめ

ランニングダイエットはランニングマシンを使用し、自宅で快適に実行できるダイエット法です。屋外で走るよりも安全ですし、より快適な環境を作りながら楽しく実行できます。

今までダイエットを実行していても辛くて継続できなかった方はランニングダイエットに取り組んでみるといいでしょう。美容と健康の観点からもメリットがあります。