セックスの消費カロリーはどのくらい?ダイエットにつながるか検証します!

大好きな異性とのコミュニケーションでもあるセックス。そんなセックスが、アメリカでの研究でダイエットに効果的だという結果が発表され、とても話題になりました。

ダイエット目的でセックスをする人はあまりいないと思います。ですが、ダイエットのためと言って嫌いな運動をし続けるより、セックスで大好きな人からの愛情を感じつつ痩せられるのであれば、こんな理想的なダイエット方法はありませんよね!

今回は、セックスがどのようにダイエットに効果を発揮するのか詳しく探っていきたいと思います。イチャイチャに秘められたダイエット効果の真相を解き明かしていきましょう。ぜひ、恋人と一緒に読んでみてください。

セックス1回のカロリー消費量

ダイエットができるということは、セックスの消費カロリーどれくらいなのか気になりますね。あまり考えたことはありませんが、セックス1回あたりでどのくらいのカロリーが消費されるのでしょうか。男女で消費カロリーが異なるので、別々に見ていきましょう。

男性:1回30分=約110kcal

1回30分ほどのセックスで、男性が消費するカロリーは約110kcalと言われています。これは、同じ人物が30分ジョギングを行った時の消費カロリーの約半分ほどのカロリーです。ですから、1時間セックスをするなら、ジョギング30分と同等の消費カロリーとなるわけです。さらに、1時間のセックスは階段を30分駆け上がることとも同等だと言われています。ただし、消費カロリーはセックスの激しさや体位などでも変わってきます。

女性:1回30分=約70kcal

一方、女性が1回30分のセックスを行う時に消費するカロリーは、約70kcalと言われています。こちらも1時間のセックスで、30分のジョギングと同じだけの消費カロリーとなります。どうせ運動するのであれば、辛いジョギングをするより、セックスで愛し合ってイチャイチャしている内にダイエットできた方が、何だかお得な気分になりませんか?

カロリーをもっと消費するセックスの方法

では、セックスでさらに効果的にダイエットできる方法はないのでしょうか。実は、ちょっとした工夫や体位を変えるだけで、よりカロリーを消費することができるのです。その方法について紹介します。

マッサージ

セックスの前にマッサージを取り入れることによって、カロリー消費を増やすことができます。マッサージって気持ち良くて、あまりカロリーを使ってる感じがしませんよね?しかし、マッサージを行うことで心拍数が上がり、その後にするセックスでの消費カロリーをアップさせる効果が期待できるのです。

後背位

後背位、通称バックは、女性が四つん這いになって男性が膝をついて挿入する体位です。四つん這いになっているので、二の腕に効果があります。また、男性が突くのに合わせ、骨盤底筋も同時に鍛えることができるので、歪んだ骨盤矯正にも役立ちます。

骨盤矯正は血流アップや基礎代謝の向上など、ダイエットに欠かせない要素がたくさんあります。ですから、この体位はダイエットをしたい人には嬉しい効果がたくさんあるのです。

騎乗位

騎乗位は、仰向けになった男性の上に女性が跨る体位です。正常位に比べると女性が疲れる体位で、その分消費されるカロリーも多くなります。特に、腹筋や背筋、太ももに負荷がかかるので、ありとあらゆる部位に効果を発揮してくれます。騎乗位を30分すると、約200kcalも消費できちゃうんですよ!

自分が動かなくてはならないので、慣れない人からすると恥ずかしい気持ちもあるかもしれません。ですが、せっかく機会があるのであれば、よりカロリー消費のできる騎乗位にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。いつもとは違う女性の姿に、男性も喜んでくれるはずです。

騎乗位以外にも、「正常位」では内もも・背中、「対面座位」では二の腕や腹筋、お尻にも効きます。2人で工夫し、いろんな体位を試してみてください。さらに愛情も深まることでしょう。運動が苦手な人でも、簡単にエクササイズできちゃいますよ!

セックスでダイエットできる理由

では、なぜセックスでダイエットができてしまうんでしょうか?それにはさまざまな理由があります。運動をしてカロリーを消費するだけでなく、恋愛ホルモンの影響もあるなど、奥が深いセックスでのダイエット。その理由を詳しく紹介します。

セックスでダイエットできる理由!シェイプアップできる体位とは?

筋肉を使う

セックスは、皆さんが思っている以上に体力を使うものです。ダイエットに有効とされる運動の中に「有酸素運動」というものがありますが、セックスはこの有酸素運動に分類されます。全身を使ってさまざまな箇所の筋肉を動かすので、ジョギングなどの全身運動をしているのと同じ量のカロリーを消費します。

どちらかというと女性より男性の方が動くことが多いかもしれませんが、女性も意識的に身体を動かせば、消費カロリーを上げることができます。いろいろな体位を試し、全身をくまなく動かしてあげると効果的でしょう。

長時間、激しく動き続けることがダイエットには効果的ですが、セックスは相手がいるものなので、恋人と協力して良いムードを作り、長い時間セックスを楽しめるようにしてみましょう。

パートナーに見られる

受付嬢、キャビンアテンダント、レースクイーン、芸能人…人に見られるお仕事をしている人は、キレイな人が多いですよね。それは見られることを自覚し、日頃から意識をしているからでしょう。

でも、それは基本的に服を着た状態のこと。裸を見られるなんてことはありません。”裸を誰かに見られる”ということは、それ以上に恥ずかしいものです。それが自分の大好きな人ならばなおさら。

見られるということが分かっていれば、いつもキレイなスタイルを維持したいと意識的に努力し、ダイエットへのモチベーションにも確実に繋がります。自分の恋人にキレイだと思ってもらいたい、その一心でダイエットをし続ける理由になるのです。

女性ホルモンの分泌が促される

異性に見られたり、セックスをすることで女性ホルモンの分泌が活発になり、綺麗な身体により近づくことができます。「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンは、女性らしい身体を作ったり、髪の毛のパサつきを抑え、肌をキレイにしてくれたりする働きがあります。女性の欲しいものをすべて補ってくれるホルモンです。

また、もともとダイエットをしている女性だと、ダイエットによって栄養がどうしても偏りがちになり、髪の毛がパサパサ、爪が割れやすい、肌荒れなどで悩むこともあります。セックスをしていればエストロゲンが分泌され、女性らしいキレイさを保つことができるので、美しくダイエットを行うことができます。

食欲が抑えられる

セックスをするとドーパミンと呼ばれるホルモンが分泌されます。ドーパミンは快感物質の1種で、脳が興奮状態になることで食欲を抑える働きがあります。

例えば、仕事や趣味に没頭していると、お腹が空いたことに気付かない時がありますよね?恋愛も同じで、特にパートナーと愛を深めるセックスの最中には、ドーパミンの働きにより仕事や趣味に没頭している時と同じような現象が起こります。恋をすると、意識をしなくても食欲が減り、自然とダイエットができてしまうのです。

ストレスが少なくなる

大好きな人とキスをしたり抱き合ったりすると癒しや安心感を覚えますよね。それは、オキシトシンというホルモンの効果なのです。オキシトシンは自律神経も整えてくれるので、冷え性の改善、むくみの解消、良質な睡眠ができるようになり、ダイエットに適した体にすることができます。

また、オキシトシンにはリラックス効果があるので、すでにダイエットしている人にとってはダイエットで生じるストレスを緩和してくれる嬉しい存在でもあります。

さらに睡眠中に、痩せるためにも必要な成長ホルモンの分泌を促してくれるので、眠っている間に、多くのカロリーを消費しやすくしてくれるそうです。

まとめ

セックスとダイエットの関係、いかがでしたでしょうか?愛する人とのセックスに、女性にとってこんなにも嬉しい効果がたくさんあったなんて正直驚きを隠せません。性的欲求を満たしつつ痩せることができるなんて、一石二鳥ですよね!

運動やトレーニングを行ってダイエットをするのももちろん良いですが、その中にセックスも組み合わせると、さらに良いのではないでしょうか。恋愛ホルモンの分泌も促してくれるので、女子力アップにも力を貸してくれますし、美しく健康的にダイエットすることができるのも魅力的です。

セックスは、想い合う男女が気持ちを通わせるとても大事な行為です。大好きな人とセックスすることで、満足感や幸福感を得ることができます。セックスを心から楽しみながら同時に痩せることができれば、きっと自分だけじゃなくパートナーも一緒に喜んでくれるはずです。