お風呂の効果5選!お風呂の効果を得られる正しい入浴法

お風呂の効果5選!お風呂の効果を得られる正しい入浴法

一日の疲れをとって癒してくれるお風呂。体を清潔に保つためにも入浴は必要ですが、実は健康や美容にも効果的だということをご存じでしたでしょうか。

ここでは

  • お風呂に期待できる効果
  • 定期的な入浴で改善されること
  • お風呂の効果を最大限に発揮するポイント

についてまとめてみました。

お風呂に期待できる効果

お風呂に期待できる効果
お風呂に入ることで、疲れがとれます。また、血行が良くなりますし、リラックスできる効果も期待できますね。美肌効果や免疫力の向上といった効果も見込めるので、これからはシャワーではなく入浴する習慣をつけましょう。

疲れが取れる

お風呂に漬かっていると、疲れがとれると感じませんか?実際、お風呂に漬かることで疲れはとれるのですが、これは温熱作用と呼ばれる効果です。温熱作用によって毛細血管や大きな血管が拡張し、血流が良くなるのです。

血管が広がると、血液が通りやすくなりますよね。そうなると、体内に溜まっていた不要な老廃物、疲労物質などもスムーズに排出できるようになります。その結果、体のコリがほぐれて疲労が抜けるのです。

血行が良くなる

お風呂の温熱作用によって血管が拡張されるため、血流を促す効果が期待できます。また、湯舟に漬かると全身に水圧がかかるので、これが血行の促進に繋がるのです。

水圧によって足に溜まった血液が、心臓に押し戻されるようになります。その結果、心臓の働きがより活発化し、血液を全身にスムーズに送り届けられるようになるのです。温熱作用と水圧、この2つのダブル効果で血流が促進されます。

リラックスできる

リラックスできる
湯舟に漬かっていると、気持ちが落ち着きリラックスできますよね。一日の疲れがとれるのはもちろん、その日にあった嫌なことなども忘れそうになります。これは、お風呂に入ることで得られる浮力効果と呼ばれるもののおかげです。

湯舟に漬かっているときの体重は、約1/10ほどになります。体が軽くなったような感覚になりますし、筋肉も緩みます。これがお風呂に入るとリラックスできる理由です。

美肌効果

熱のショックによって増えるたんぱく質を、ヒートショックプロテインと呼びます。お風呂に漬かって体温が上昇すると、このヒートショックプロテインが増えるのです。増えることで肌細胞を修復したり、皮膚のターンオーバーを活性化するといった効果が見込めます。美肌効果が狙えるというのはこうした理由のようですね。

免疫力の向上

お風呂に漬かって体を温めることで、ヒートショックプロテインが増えます。ヒートショックプロテインには、免疫力を高める働きがあることも分かっているのです。免疫力が高まれば、病気になりにくい強い体が手に入りますね。

定期的にお風呂に入ることで改善されること

定期的にお風呂に入ることで改善されること
毎日シャワーで済ませている方もいるでしょうが、健康や美容のためにも湯舟に漬かる習慣をつけましょう。ここでは、定期的にお風呂に漬かることで、改善されることをまとめてみました。むくみや冷え症改善など、女性には嬉しい効果が期待できますよ。

むくみの改善

むくみの原因としては、体内に余分な水分が溜まっていることが挙げられます。お風呂に入るとたくさん汗をかきますし、余分な水分を体外に排出してくれるのです。また、体内の塩分濃度が高いと、余分な水分を溜め込みやすくなりますが、汗と一緒に塩分も排出してくれます。結果的にむくみが改善される、ということです。

むくみを改善したいのなら、入浴前に少しお水を飲んでおくのもおすすめです。そうすることで、より発汗を促すことができます。体内に溜まった余分な水分、塩分をしっかり排出できるようになるので、コップ1杯のお水を飲んでから入浴しましょう。

肩こりや腰椎の改善

肩こりや腰痛は、周辺の筋肉が緊張し続けることによって、血流が滞ることが一つの原因です。血流が滞ることで、疲労物質や発痛物質の代謝が悪くなると、腰痛や肩こりの原因になってしまうのです。お風呂に入ると温熱作用によって血管が拡張しますし、疲労物質などをスムーズに体外に排出しやすくなります。

冷え性の改善

冷え性の改善
女性に多い冷え症ですが、特に手足など末端部分が冷たくなる、痛くなるというケースが多いですよね。これは、血液の循環が悪く、手先までしっかりと行きわたっていないことが原因です。お風呂に入ると血流が良くなるので、手足の先まで血液を送れるようになります。水圧で足の血液も心臓に戻すので、さらに血の巡りが良くなります。

冷え症は集中力やモチベーションの低下を招いてしまいますし、仕事のパフォーマンスを低下させることもあります。お風呂で改善されるのなら、これほど嬉しいことはありませんよね。

筋肉痛の改善

筋肉は活動によって疲労物質を生み出します。その疲労物質が血液に残ってしまうと、血流が滞りやすくなります。血行が滞ってしまうと筋肉は酸欠のような状態になりますし、硬く凝り固まってしまうということです。お風呂に入ると血行が促進するため、疲労物質の除去に役立ちます。筋肉痛のときこそ、しっかり入浴したいですね。

不眠症の改善

入浴すると体温が高くなりますが、お風呂から上がると体温が下がりますよね。実は、この状態がもっとも眠りにつきやすい状態だと言われています。入浴による睡眠効果を得るには、しっかりと体を内部から温めることが大切ですが、熱すぎるお湯はNGです。過度に熱いお湯は体を興奮状態にさせるので逆効果ですよ。

お風呂の効果を最大限に発揮するポイント

お風呂の効果を最大限に発揮するポイント
お風呂はもっとも身近な健康法であり美容法でもあります。ただ、お風呂の入り方次第で効果が変わってくるので、そこは注意しなくてはなりません。ここでは、お風呂の効果を最大限発揮するポイントについてまとめてみました。

半身浴よりも全身浴

モデルや女優さんが、よく半身浴をしているとブログなどにも書いていますよね。それを見て、「半身浴が美容にいいんだ!」と思ってマネする方は少なくないでしょう。しかし、健康・美容効果を得たいのなら、半身浴よりも全身浴のほうが効果的です。

半身浴はもともと、心臓が弱い人のための入浴方法だと言われています。全身浴だと体に水圧がかかりますし、それによって心臓にも負担がかかるという考えですね。ただ、全身浴のほうが汗もしっかりかきますし、体もきちんと温められるため、美容や健康のことを考えると半身浴よりも全身浴なのです。

入浴時間は10分間で長湯は厳禁

入浴時間は10分間で長湯は厳禁
お風呂に健康や美容の効果があるとはいえ、長時間入るのはNGです。お風呂に長い時間漬かって、のぼせてしまったという経験はありませんか?長時間入って体に負担をかけるようでは、意味がないので、目安としては10分くらいになります。

また、5分入浴して少し休憩を挟み、8分入浴して休憩、3分入浴してから出るという方法もあります。この方法だと、心拍数を急に上げることもありませんし、血流はしっかりスムーズにできます。体への負担を最小限にした入浴の方法となるので、こちらもぜひ覚えておいてくださいね。

お湯の温度は38℃~40℃

熱いお湯に漬かるのが好き、という方も少なくありませんが、美容や健康を考えると熱すぎるお湯はNGとなります。夏場だと38℃、冬場だと40℃くらいが目安なので覚えておきましょう。入浴していて気持ちいいと感じるのは41~42℃だと言われていますが、リラックスできる神経を刺激できるのは40℃以下となります。

熱いお湯での入浴は確かに気持ちがいいかもしれませんが、疲労回復やリラックスを考えるのならやめたほうがいいでしょう。のぼせてしまう恐れもありますし、無理に熱いお湯に漬かろうとするとやけどのリスクもあります。原則40℃以下、ということを覚えておいてくださいね。

まとめ

忙しい方だと、毎日シャワーで済ませているかもしれませんが、湯舟に漬かるのにはたくさんのメリットがあります。むくみや冷え症などに悩まされる女性は多いと思うので、そうした症状の改善効果が期待できるならメリットですよね。ここでは、お風呂の効果を最大限高める方法についてもお伝えしたので、ぜひ今後のお風呂ライフに役立ててくださいね。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。