ニキビがかさぶたに・・・正しいニキビのケア法、間違った対処法とは?

ニキビがかさぶたになった時、あなたはどのように対応していますか?間違った対応をしてしまうと、ニキビを悪化させてしまったりニキビ跡になったりするので注意が必要です。

触らないように注意することも大切。自分の手が綺麗だと思っていても、汚れているかもしれません。そんな手でニキビを触ってしまうと、症状が悪化してしまうこともあります。できてしまったニキビは、気になっても触らないようにしましょう。

かさぶたニキビの正しいケア方法

かさぶたになってしまったニキビは、無理やりはがさないようにすることが大切です。では、どうしてニキビがかさぶたになってしまうのかというと、ニキビを傷つけてしまったから。気になって、できたニキビを潰してしまうことがありませんか?また、無意識の内に、ニキビをひっかいてしまっていることもあります。

無理にはがすとニキビ跡に

転んで怪我をした時など、傷口がかさぶたになってしまった時、むりやりそれをはがしてしまったがゆえに、跡が残ってしまったような経験があるのではないでしょうか?それと同じで、ニキビがかさぶたになっているというのは、何かしらの理由でニキビに傷ができてしまった状態です。ですから、むりやりはがすとニキビ跡が残ってしまうのです。

かさぶたをはがすと、いずれまたそこにかさぶたが作られます。これを繰り返しているうちに、跡がくっきり残るようになるのです。また、かさぶたをはがしたところがシミになり長く残ってしまうこともあります。ニキビも嫌なものですが、跡が残るのはもっと嫌なものかもしれません。場合によってはメイクでは隠し切れないほど跡が目立ってしまうこともあるからです。ですから、絶対にかさぶたをはがしてはいけません。

冷やしすぎはダメ

ニキビのかさぶたは、過度に冷やしてしまうと肌のターンオーバーがスムーズにいきにくくなります。その結果、ニキビが治りにくくなります。ニキビ跡が作られやすくなりますので、冷やし過ぎには注意するようにしましょう。ただし、かさぶたができていない状態で炎症が起こっている時は、冷やして肌を落ち着かせるのは問題ありません。

あわせて読みたい

ニキビを治すためには冷やす方が良いの?効果的な冷やし方とは

続きを読む

ニキビから出血した場合の正しいケア方法

ニキビかた出血が見られた時は、触らないように注意してください。手は色々なものに触れていますから、自分が思っているよりも汚れていることも考えられます。雑菌が入ると、悪化させてしまいますので要注意です。

傷ができている場合は消毒はしない

また、傷ができている状態で消毒するような行為もNGです。消毒すると、スムーズに治りにくくなります。

メイクはどうしたらいいの?

女性は、出勤する時はどうしてもメイクが必要だとおっしゃる方も多いと思います。にきびにかさぶたができている時は、その部位はファンデーションを軽めに塗るようにしてください。また、いつもリキットタイプのファンデーションをお使いの方は、刺激の少ないパウダータイプを使うようにするのも良いでしょう。ニキビのかさぶた上は、あまり刺激を与えないように優しく塗るようにしてください。

ヘアスタイルはどうしたらいいの?

ニキビは、刺激することが悪化させてしまう原因となります。指で触れるなどの行為も避けたいところですが、自分の髪の毛も刺激になることがあります。ニキビに髪の毛がかからないようにすることも注意してください。何とかしてニキビを隠したいところですが、可能であれば髪の毛がニキビに触れないようなヘアスタイルにしましょう。

かさぶたニキビにならないために

かさぶたニキビは、跡が残りやすのがデメリットです。かさぶたを作らない為には、ニキビを無理やり潰したりひっかいたりしないことです。更に言えば、ニキビができないような生活を心掛けることです。春は体調も肌のコンディションも崩れやすい季節です。いつも以上に体調管理と肌トラブル予防を行いたいものです。

食生活を見直そう

偏った栄養バランスの食事は、肌にも影響してきます。ビタミンやミネラルを、不足しないように摂ることも大切。また、脂っこいものや刺激が強いような食べ物も、ほどほどにするようにしましょう。カフェインの取りすぎも要注意です。

また、タンパク質も大切です。タンパク質が足りなくなると、肌のターンオーバーがスムーズにいきにくくなり、ニキビができやすくなったり治りにくくなったりします。他にも、食物繊維が不足しないようにすることも大切。便秘解消のためにも、繊維の多い食べ物も積極的に食べましょう。

水分をたっぷりと摂ろう

水分が不足もまたニキビを作りやすくなる原因となります。コーヒーなどは水分補給ではありません。水を飲みましょう。更に、水よりも白湯の方がより効果が期待できます。白湯は、体を温めてくれたりデトックス効果がより高いですからオススメです。湯冷ましも良いでしょう。水分が不足すると便秘しやすくなり肌荒れが起きやすくなりますので、たっぷりと摂るようにしましょう。水分を摂る時は、一度に大量飲むのではなく、こまめに摂るのがオススメです。可能であれば、一日に2リットルくらいは飲みたいところです。

シャンプーを見直そう

ニキビは、使っているスキンケア化粧品やメイク用品が原因でできることもあるのですが、シャンプーが肌に合わずにできることもあります。また、シャンプーのすすぎ不足が原因で、おでこなどにできることもあります。場合によっては、スキンケア化粧品だけでなく、シャンプーを見直してみるのも良いかもしれません。また、今以上しっかりとすすぐようにしてみることもオススメです。

睡眠をしっかり取ろう

忙しいと、どうしても睡眠不足になりがちです。また、心配事がある時もなかなか眠れなかったりします。こういった日々が続くと、ニキビができやすくなります。ですから、質の良い睡眠をしっかりと摂って、体も心も肌も綺麗に保ちたいものです。特に22時から2時にかけての時間帯は、できるだけ眠ることをオススメします。この時間帯は、肌の為のゴールデンタイムとされています。

正しい洗顔法を身につけよう

洗顔していても、その方法が誤っていれば効果はあまり期待できません。洗顔する時は、ぬるま湯を使い、たっぷりの泡で洗うようにしてみてください。この時、力を入れて洗うのはNG!優しく丁寧に洗うことが大切です。

洗顔料選びも吟味したいところです。刺激が少ない肌に優しいものを選んでください。そして、洗顔後はすぐに化粧水などで肌を整えてください。肌を乾燥させることが、色々な影響をもたらします。洗い立ての顔は、水分が抜けやすくなっていますから、すぐに化粧水を使うことがポイントです。軽く手で肌に押し込むようにするのがオススメです。

あわせて読みたい

正しい洗顔方法の手順!間違った洗顔方法にならないように注意

続きを読む

まとめ

ニキビにかさぶたができても、無理やりはがしてはいけません。はがしてしまうと、跡が残ったりシミができたりするからです。ニキビができたら触らないこと。水分をしっかり摂って、栄養バランスのとれた食事をするように心がけましょう。また、睡眠は美肌のためにとても大切です。忙しい方も多いと思いますが、しっかりと眠るようにしましょう。