ニキビ跡を消す化粧品は?ケアのポイントとおすすめの化粧水

ニキビ跡も気になるものです。特に色白の方は、目立ちやすいかもしれません。ですから、ニキビができた時は正しい対応でニキビ跡ができないようにすることが大切です。また、ニキビ跡の症状によっては自分ではケアできないこともあります。

その場合は、医療機関で治療することになるのですが、場合によってはニキビ跡を完全に取り除くことができないこともあります。

ニキビ跡を消すケアについて

茶色のシミのように見えるニキビ跡や、赤く痛々しく見えるニキビ跡。触るとボコボコと感じるニキビ跡など色々なニキビ跡があります。タイプによってケアの方法が異なりますので、自分の症状に合った方法でケアすることが大切です。

ニキビ跡が消えない原因はターンオーバーの乱れ

ニキビ跡がいつまでも残っているのは、肌のターンオーバーがスムーズにいっていないことも考えられます。その為、古く既に不要になっている角質がはがれ落ちず角質が厚くかたくなっているのです。その為、ニキビ跡がなかなか消えてくれます。

また、肌のターンオーバーがスムーズにいかないことが、ニキビを作りやすくする原因にもなっています。厚くなった角質が毛穴を覆ってしまう為、そこで炎症を起こしやすくなるのです。ですから、ニキビにもニキビ跡対策にも、肌のターンオーバーをスムーズにすることが大切なのです。

あわせて読みたい

肌のターンオーバーの乱れの原因は何?すぐにできる改善方法とは

続きを読む

ニキビ跡を消すには適切なスキンケア

ニキビ跡を消すには、それぞれの症状に合ったスキンケアが必要です。赤いニキビ跡は炎症を起こしている状態なので、炎症を抑える働きがあるスキンケア化粧品を選ぶと良いでしょう。そして、保湿をしっかりと行うようにしてください。保湿をしっかりとすることができれば、肌のターンオーバーがスムーズにいくようになり、ニキビ跡も綺麗になります。

また、シミのようにニキビ跡が残っている場合も保湿して肌の乾燥を避けることが必要です。そして、美白効果のあるスキンケア化粧品がオススメです。この症状はメラニンが原因になっているので、美白が大切です。

ニキビ跡ケアの効果がでるまでには1~3ヶ月かかる

ニキビ跡を改善するには、早くても1か月はかかりますし、場合によっては3か月かかることもあります。この間、保湿をしっかりと行うことと紫外線対策が必要です。保湿をしっかりと行えば、不要な角質もスムーズにはがれやすくなり、肌が生まれ変わります。

また、夜10時から朝の2時にかけての時間帯は、成長ホルモンが多く分泌されます。肌のターンオーバーにもつながりますので、是非眠るようにしましょう。

ニキビ跡ケアにおすすめの化粧水

ニキビ跡をケアできる化粧水が多数販売されています。症状に合ったものを選んで、試してみてください。

市販のおすすめ「ファンケル アクネケア化粧液」

ファンケル(FANCL) アクネケア 化粧液<医薬部外品> 1本 30mL

ファンケル アクネケア化粧液は、肌に丁度良い油分と水分バランスをもたらしてくれます。潤いを残しつつも使い心地はさっぱり。大切な肌を、乾燥から守ってくれます。

口コミランキングで人気「ネイチャーコンク 薬用クリアローション」

ネイチャーコンク 薬用クリアローション 200mL (医薬部外品)

ネイチャーコンク 薬用クリアローションは、優しく肌をふき取るタイプの化粧水です。保湿効果はもちろん、肌の引き締め効果や美白効果などもあります。アルコールは含んでいませんので安心です。

プチプラなら「メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水」

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水 170mL 【医薬部外品】

お手頃価格が嬉しいメラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水。シミやそばかすも防いでくれます。潤い成分や抗炎症成分が含まれており、ニキビ跡を優しくケアします。

成分で選ぶニキビ跡ケアにおすすめの化粧水

ニキビケアを目的に化粧水を選ぶときは、どのような成分が含まれているのかチェックしてみてください。製品によって、含まれている成分に違いがあります。

セラミド

セラミドは、保湿効果に優れた成分です。私たち人間の体に既にある成分ですから、安心して使うことができます。

プラセンタエキス

プラセンタは、美容効果が高い成分です、保湿効果や美白効果が期待できます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、肌への浸透力が高いことも特徴です。美白効果や、抗酸化作用などもあります。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用がある成分です。ニキビ予防にも効果が期待できる他、ニキビの改善にも効果が期待できます。

ニキビ跡ケアのポイント

ニキビ跡は、正しいケアができれば目立たなくすることができます。しかしながら、肌がクレーターになってしまった場合は、自分でケアすることができません。クリニックで相談することをオススメします。

生活習慣や食べ物も工夫してみましょう

スキンケアを並行して、生活習慣の見直しもオススメします。なぜなら、生活習慣の中に、ニキビを作りやすくしてしまう原因があることも少なくないからです。睡眠不足は、男性ホルモンを多く分泌させることとなります。この結果、皮脂が多く出てしまう為ニキビができやすくなります。

また、アルコールを飲むことが多い生活も、ニキビを作りやすくします。お酒によって肝機能の働きが下がると、ニキビができやすくなります。また、喫煙習慣も、肌のターンオーバーをスムーズにできなくする原因となります。ですから、可能であればお酒はほどほどに。たばこは是非止めてください。

適度な運動を

運動習慣が体に良いことはご存知だと思いますが、実はニキビ跡の改善にも効果が期待できます。運動することで、肌のターンオーバーがスムーズにいきやすくなるからです。また、ストレス解消にもなりニキビ対策にもつながります。他にも、顔だけ汗をたくさんかくと言った方がいますが、汗をかく機会が少ないためにこのような症状になっていることもあります。運動すれば、肌に良いことがいっぱいあります。

あわせて読みたい

無理のないウォーキングを長くつづけるおすすめスタイル!効果的な服装や時間帯は?

続きを読む

クリニックで相談してみるのも良いでしょう

皮膚科で相談するのが一番です。一度専門家に診てもらい、治療を始めましょう。特に、デコボコしているニキビ跡は、自分で改善することは難しいですから病院で診てもらうことが大切です。

まとめ

ニキビ跡は、症状に合わせて但しいスキンケアで改善を目指すことができます。赤いニキビは、保湿と炎症を抑えるスキンケアを。シミのように見えるニキビ跡は、美白ケアが大切です。また、セルフケアができないものもありますので、その場合は病院で診てもらってください。

食べ物や生活習慣の見直しで、体の内側と外側からニキビ跡をケアしましょう。また、アルコールや喫煙は、できるだけ避けた方がニキビ予防やニキビ跡の改善に繋がります。運動習慣も是非取り入れてみてください。こちらも、肌のターンオーバーをスムーズにしてくれる効果が期待できます。