オリーブオイルでカンタン角栓ケア!効果的なやり方は?

肌の天敵と言えば、そう角栓です。角栓とは皮脂や角質が固まってしまったもので、肌を黒く見せてしまったり、ニキビなどの原因になったりする厄介なものです。

そこでここでは、

  • オリーブオイルを使って角栓をケアする方法
  • 注意点

について解説します。

角栓ケアにオリーブオイルを使用している人が多数!

角栓ケアというのは人によって色々とやり方が違うのですが、その中でもオリーブオイルを利用している方は多数います。

オリーブオイルには肌に良い成分も多く含まれていて、その効果も大きいです。ここからは角栓ケアにオリーブオイルが使われている理由を紹介します。

オリーブオイルはオレイン酸の含有量が多く皮脂に近い

オリーブオイルにはオレイン酸という成分が含まれていて、皮脂にも近いのが特徴となっています。皮脂に近いということは、その分肌に影響を与えることも少なく、肌に優しいと言われています。

オレイン酸はその他にも身体に良いことがわかっており、そのままオリーブオイルを飲むという人もいるくらいです。角栓ケアでは肌に塗って使うのですが、その他のオリーブオイルの使い道も知っておくと便利かもしれませんね。

オリーブオイルには高い美容効果が期待できる

オリーブオイルは、高い美容効果が期待できます。オリーブオイルにはビタミンEやビタミンAが多く含まれており、肌を保護してハリや弾力を保つ効果があると言われてます。肌をもちもちとした綺麗な状態にしてくれるので、男性にも女性にも効果は大きいとされています。

また、オリーブオイルに含まれるポリフェノールは肌の調子を整えてくれるのはもちろん、スクワレンなどは保湿効果もあるとされています。その他、リノール酸などは水分保持にも役立つなど、オリーブオイルだけでも高い美容効果が得られることが期待できます。

オリーブオイルを使って角栓をケアする方法

オリーブオイルを使って角栓ケアをする方法を知っておけば、肌の状態が劇的に変わります。ここからは実際にオリーブオイルを使った角栓ケアの方法を紹介します。角栓による肌トラブルを抱えている方は、ぜひ実行してみてください。

レンジでつくった蒸しタオルで前準備をしよう

前準備として、まずはレンジで蒸しタオルを作りましょう。オイルを使う前に蒸しタオルで肌を覆っておくことによって、毛穴を開かせる効果が得られます。蒸しタオルはレンジで簡単に作れるので、水分を含ませた状態で温めてください。

ただ、レンジで温めた場合はとても熱くなっていることもあるので、火傷には十分注意しておく必要があります。蒸しタオルで火傷すると水ぶくれなどになってしまって、角栓ケアどころではなくなってしまいますからね。

基本は手で

基本的に角栓ケアをする場合は、手で行うことをおすすめします。オリーブオイルを全体に馴染ませるように1~2分ほど保ち、オイルを足して優しくマッサージしていきましょう。それによって角栓が浮いてくるので、綺麗に除去してください。

肌と肌であれば、余計な肌トラブルを引き起こすこともありません。逆にタオルなどにオリーブオイルを染み込ませて擦ると、角栓ケアよりもタオルの繊維が毛穴などに入ってしまうことがあります。そうなるとニキビなどもできやすくなってしまうので注意しましょう。極力は手を使って揉み込むようにマッサージするのが重要です。

コットンを使って

手で温めたオリーブオイルでマッサージをしたら、余分なオリーブオイルはコットンで拭き取るのが良いです。オリーブオイルには美容成分も含まれていますが、肌にしっかり浸透するのかと言えば、なかなか浸透しないこともあります。

余計なオリーブオイルを肌に触れさせ過ぎていると、肌質にも影響を与えることがあります。拭き取る際にはタオルではなくコットンを使いましょう。タオルは質が良いものでも、肌にとっては刺激が強いことも多いです。コットンのように柔らかい素材のものを使うことが角栓ケアでは前提と言えます。

綿棒を使って

角栓で気になる部分がある場合は、綿棒にオリーブオイルを染み込ませてマッサージするのも良いです。部分的に綿棒でコロコロするようにマッサージすれば、他の部分を傷つけることなくケアできます。綿棒なら素材も優しいので、角栓にも効果的と言われています。

ただ、綿棒を強く肌に押し付け過ぎると、逆に肌が荒れることもあります。綿棒を使う際にはオリーブオイルをしっかり染み込ませて、柔らかい状態にしてからケアしていくことが重要です。2本指で持つくらいの力で十分です。

オリーブオイルで角栓ケアしたあとはしっかり洗顔して油分と汚れを落とす

オリーブオイルで角栓ケアをしたら、洗顔もしっかり行いましょう。洗顔しないと余分な油分が残ってしまうので、それが汚れやゴミの原因になってしまいます。それらが残っているとニキビなども発生しやすくなるので注意してください。

洗顔する際には、ぬるま湯で優しく落とすようにして、ゴシゴシと洗わないようにすることが重要です。あまりゴシゴシと擦ってしまうと、今度はその部分が肌荒れの原因となってしまいます。とてもデリケートなものなので、正しい洗顔が必要です。

角栓をケアした後は冷水で毛穴を引き締める

角栓をケアした後の肌はとてもデリケートになっているので、冷水で毛穴を引き締めることが必要です。蒸しタオルで毛穴が開いた状態のまま放置すると、当然のように汚れやゴミも溜まりやすくなってしまいます。

冷水で引き締めればそういう心配もありません。また、余分なオリーブオイルが肌に入ってしまうことも防げます。冷水は水道から出てくるものくらいの温度で良いのですが、しっかりと肌をカバーできるように準備しておきましょう。

オリーブオイルで角栓ケアするときの注意点

オリーブオイルで角栓ケアをする場合は、注意点もあります。意外とケアしっぱなしということもあるので、そこは注意点も把握しておきましょう。

ここからは知っておきたい注意点を解説するので、角栓ケアの際の参考にしてくださいね。

摩擦は肌の天敵!強くこすらないこと

肌にとっての天敵は摩擦でもあります。摩擦し過ぎると肌に必要な皮脂や角質も落としてしまって、そこが肌荒れの原因になってしまうのです。肌は少しの衝撃や圧迫でも悪化することがあるので、強く擦らないようにすることが重要となります。

また、手で擦る分にはある程度大丈夫なのですが、危険なのはタオルで擦るということです。タオルはオリーブオイルを洗い流した後などに使うと思いますが、押し付けて水分を吸収するようにしてください。決して擦ってはダメですよ。

一度に角栓を取ろうとせず少しずつケアを続ける

一度に角栓をすべて除去しようとはしないようにしてください。肌は定期的に生まれ変わっているので、一度に取ろうとしなくても少しずつケアを続ければ効果が出てくると言われています。最初は肌の変化も気づかないかもしれませんが、「続ける」ということが重要です。

角栓も定期的に発生してしまうのですが、ケアを続けていれば肌が自然と綺麗になっていきます。こればかりは人によって肌周期も違ってくるため、自分の周期に合わせながら、焦らずにケアしていくことが必要ですね。

オリーブオイルは必ずしっかり落とそう

オリーブオイル自体が肌に悪さをするということはありません。ただ、オリーブオイルが残ったままだと、それがニキビの原因になってしまうこともあります。肌は敏感でちょっとした異物がある場合でも荒れてしまうので、角栓ケアの後はしっかり洗い流しましょう。

ただ、オリーブオイルをしっかり落とそうと思って洗い過ぎると、逆に肌の水分量が失われて過乾燥になってしまいます。肌が乾燥すると敏感になってしまって荒れやすくなるので、気をつけて洗い流すことが必要です。

角質を落としすぎもよくないので間隔を空けてから行う

角質を落とし過ぎるのも良くありません。そのため、角栓ケアは焦らずに間隔を空けて続けていくことが必要です。肌が回復するまでに数日かかることもあるので、角質が程よく残るように角栓ケアを行っていきましょう。

なお、皮脂に関しても同じで、皮脂を落とし過ぎると肌を守るバリアが失われてしまいます。角質はもちろん、皮脂も肌を守る役割が少なからずあるということを理解しておくことが必要となるでしょうね。

まとめ

角栓ケアにはオリーブオイルでのケアがとても簡単です。やり方を知っておけば、肌で悪さをする角栓を上手に除去していくことができるでしょう。

ただ、やり過ぎると逆に肌トラブルを引き起こすこともあるので、注意点を守りながらケアするようにしてくださいね。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。