【やっぱり】肉体関係後の心境はどう変わる?男性・女性別にご紹介

昔は結婚してから肉体関係を持つのが良いとされていましたが、現代において、結婚するまで肉体関係を持たない人は稀です。恋人関係=肉体関係のイメージも定着しています。

しかし、男性に比べて、女性は肉体関係に踏み切るのに慎重さも必要です。女性は妊娠のリスクもありますが、相手のことをよく知らないまま肉体関係を持ち、男性に逃げられるような場合もあります。

今回は、肉体関係を持つ前と待った後で変わる二人の関係性や心境を男女別で紹介していきます。

肉体関係とは性行為のこと

男女の肉体関係とは、一般的にセックスのことを指します。ただし、ピュアな関係性だと身体が触れ合うだけでも肉体関係と言えるかもしれません。心と心では触れ合うことができないので、好きという気持ちを伝える手段として体の触れ合いがあります。キスをすることや手をつなぐことも触れあいです。

通常は関係が深まっていくにつれて、少しずつ肉体関係も深まっていくのが一般的です。体が触れあっていくごとに親密さを増し、心と心の繋がりにもなります。体の触れ合いの延長線上にはもちろんセックスがあります。

性行為は、一般的には恋愛関係にあるカップルや夫婦が行うものです。しかし、専門のお店に行って性サービスを受けたり、体だけの関係と割り切ったりする肉体関係もあります。

性行為は性欲を満たすことと、体の触れ合いでコミュニケーションをとることの二つの意味があります。基本的には、子供を作りたいという本能的な気持ちが性欲に繋がっているのですが、子供が欲しいと思いながら肉体関係を持つばかりではなく、好きな人と結ばれて幸せを感じたいからという理由で性的な行為に及ぶことも少なくありません。

肉体関係の法律上の定義は?

肉体関係=セックス。よりピュアな関係ならキスや手をつなぐことも含む、というのはあくまで一般的な定義です。

では、より厳密な法律での定義はどうでしょうか。

「肉体関係」は法律用語ではない

肉体関係という言葉は、法律用語ではありません。従って、肉体関係に法的な厳密な定義があるわけではありません。

法律上、肉体関係の有無などがもっとも問われる機会が多いのは不倫関係。不倫は法律では「不貞行為」と呼ばれ、「配偶者ある者が配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係を持つこと」とされます。

不倫の場合は、配偶者以外との肉体関係は「不貞行為」となる

婚姻関係を結んでいる男女には、互いに他の異性と性交渉を行わないための貞操義務が発生します。貞操義務に反する行為と明確に認定されるのが、配偶者以外との性行為です。

よって過去の判例では、不貞行為の基準を「性交渉の有無」とするケースが非常に多いです。一方で配偶者以外の女性とのデートやメール、LINE(ライン)のやり取りなどは不倫とは認められないことがほとんどです。

「どこまでが肉体関係と言えるか」の基準は、実質的にはケースバイケース。

性器の触れ合いは明確に肉体関係と言えますが、それ以外にも手や口を使った性的な行為も「性交類似行為」として不貞行為と認定されるケースが少なくありません。

では、以下のケースを考えてみましょう。

ある男性が配偶者以外の女性とラブホテルに入ったとします。その男性と女性は、ラブホテルでは休憩をしていただけだと主張します。この場合は、法律ではどう判断するでしょうか。

多くの判例では、このケースでは「肉体関係があった」と判断します。本人たちが肉体関係がなかったと主張しても、肉体関係があったと判断し得る状況が揃っているならば、不貞行為は認定されるのです。

自由意志に基づかない肉体関係は、不貞行為にならない

法律上、不貞行為には性交渉の有無だけでなく、自由意志の有無がとても大事です。

例えば配偶者のいる女性が、見知らぬ男性に襲われ、同意していない性行為を無理やりされてしまったとします。この場合、女性は配偶者以外の男性と性行為をしたことにはなりますが、自分の意思で貞操義務を破ったわけではありません。

このケースでは男性には強制性交等罪が問われますし、女性が不貞行為を認定されることもありません。

肉体関係を持った後の女性の心境

ここからは、肉体関係を持った後の女性の心境を見ていきましょう。

もっと一緒にいたい

女性は肉体関係を持つと、もっと一緒にいたいという気持ちが出てきます。もともと好きだと思っていた男性と性行為に及んだ場合はもちろんのこと、意識していなかった男性でも、肉体関係を持つともっと一緒にいたいと思ってしまうことがあります。

もっと一緒にいたいと思うのは、体を許したことで、心も許したことが理由です。さらに、愛されたという実感がわいてくるので、気持ちも満たされます。気持ちを満たしてくれた男性ともっと一緒にいたいと思う気持ちが生まれるのは自然なことですよね。

愛情がわく

好きかどうか微妙なラインだった男性でも、肉体関係を持ったことで一気に好きになることがあります。これは、肉体関係を持ったことで心が満たされて、男性に対しての愛情がわくからです。特に大事にされたセックスだと、愛情も大きくなります。

甘えたくなる

体を許したことで、心を許したと感じるため、肉体関係を持った途端に甘えたいという気持ちが生まれることがあります。肉体関係を持って自分をさらけ出すことで、抵抗感が無くなることも理由の一つです。自分の素を出したのだから、遠慮なく甘えようという気持ちになることができます。

もともと女性は、男性に甘えたいという気持ちを無意識に持っているものです。そのため、肉体関係というきっかけによって、素直に甘えやすくなります。

彼氏に甘えたいと思う心理を解説!おすすめの甘え方テクニックとは

男が甘えたいと思うなんてありえない!そんな風に思う方もいるのでしょうか。しかし、心細くなったりさびしいと思うことがあるのは男も…

特別な存在だと思う

肉体関係を持つことによって、女性は男性のことを特別な人だと感じるようになります。セックスで自分をさらけ出すことは、想像以上に勇気がいることです。そこまでして体を許したという事実があるので、他の男性とは違う特別な男性と意識します。

ただし、肉体関係を持って特別感を覚えるのは最初のうちだけです。付き合う人数が増えて、何人と肉体関係を持ったか分からないくらいになると、そこに特別感は生まれません。

後悔する

女性は、好きではない男性と肉体関係を持っても、相手を気になったり、好きになったりすることがありますが、逆にマイナスな気持ちが生まれることもあります。例えば、酔った勢いでどうでもいい相手と肉体関係を持ってしまうと、冷静になった時に激しく後悔するといった感じです。

また、好きな男性と肉体関係を持った場合でも、セックスが乱暴だったり、相性が悪かったりした場合は気持ちが冷めてしまうことがあります。女性の愛情は、優しくしてくれたという気持ちから生じるものです。すべての男性との性的な行為で愛情が湧くわけではありません。

肉体関係を持った後に冷たくなる男性の心理

肉体関係を持った後の心理は、男性と女性で大きく違います。肉体関係を持つと、男性対して心を開いて特別な感情を抱きがちな女性に比べて、男性はどのような心理になるのでしょうか。

性欲が満たされて満足

肉体関係を持つと、男性は冷たい態度を取ることがあります。セックスした後も、彼氏とイチャイチャしたい女性からすると、男性の冷たくなる態度は信じられないものです。男性のセックスは射精によって終わるので、男性はそこに向けて頑張ります。そして、射精すると気が抜けるのが普通なのです。

性欲が満たされて満足すると性欲はゼロになり、表しようのない虚しさが残る場合もあります。虚しさから一時的に冷たくなってしまうこともありますが、時間が経過すると、少しずつ元の状態に戻ってきます。

達成感を感じる

男性は女性と出会って好きになると、肉体関係を一つの目標に設定します。この気持ちがどれくらい強いかによって肉体関係を持った後の関係が変わるのも特徴です。肉体関係を持つことで達成感を味わうことができると、一種の燃え尽き症候群のようになります。もちろん付き合っているなら、性格なども含めて好きなので、嫌いになるのとは違いますが、それまでとは気持ちが変わってしまうことがあります。

また、釣った魚にエサをやらなくなる男性も多く、達成感を味わったことで今までよりも大切にする態度を見せなくなることもあります。女性は、こうした男性の態度に戸惑ってしまうものです。

めんどくさくなる

付き合っていないのに肉体関係を持った場合、めんどくさくなって連絡を取らなくなる男性も多いです。一度だけ肉体関係を結んでみたいと思っていたり、酔った勢いで思いがけず肉体関係を持ってしまった場合、その関係をずるずると続けたがらない男性もいます。

特に、一度肉体関係を持ったからといって彼女ヅラしたり、めんどくさくなる女性に対しては露骨に嫌悪感を示すこともあります。

独占したくなる

男性は独占欲の強い生き物です。好きになった彼女には、自分だけ見ていて欲しいと思っています。肉体関係を持った後は、さらに独占したい気持ちが高まります。これは自分にだけ素をさらけ出してくれたという気持ちや、他の誰にもそんな姿を見られたくないという気持ちからです。

独占欲と大切にする気持ちは似ているようで、根本は違います。独占欲は自分本位であり、大切にする気持ちは相手本位です。肉体関係を持った後は独占する気持ちから態度が冷たくなることもあります。

肉体関係を続けたいと思う

恋人と肉体関係を持つと、そこで大きな問題がなければ、今後も肉体関係を続けていきたいと思うものです。恋人ではない関係だと、続けたいという気持ちがあってもリスクとの兼ね合いから悩みます。

男女には心が合う、合わないだけでなく、体の合う、合わないもあります。体の相性が良いと感じると、今後も肉体関係を続けたい気持ちが大きくなります。一方で、体の相性が合わないと今後の肉体関係に対してはあまり固執しなくなります。

肉体関係を持った男性の気持ちを知る方法

「エッチしてしまって彼のことが好きになってしまったんだけど、彼は私のことどう思ってるのだろう」
「彼の本当の気持ちがわかんない…何とかして彼の本当の気持ちを知りたい…」

肉体関係後の男性の気持ちは今ご紹介したように、ポジティブにもなればネガティブにもなります。そのため、肉体関係後の男性の気持ちは知りたくても知ることは非常に難しいこと。

でも、男性の気持ちを知りたくてモヤモヤしてしまいますよね。

実は、肉体関係後の男性の本当の気持ちを知る方法があるんです。その方法が「占い」で、占い師に彼の気持ちを占いで見てもらうことです。

「でも、占いって高そうだし一人だと行きにくい…」

「占いって胡散臭いし法外な料金を取られそう…運営しているところも怪しいし…」

そんなあなたにおすすめなのが『電話占い』です。

電話占いとはなにか、以下の記事ではメリットなど詳しく解説していますので、電話占いとはなにか詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

肉体関係から相手を好きになる?

肉体関係から好きになったり付き合ったりするかどうかは半々のようです。(参考:ホンネスト)肉体関係から相手を好きになるのか、付き合うのかは、いくつかのチェックポイントやハードルがあるようです。

体の相性次第

一般的な恋愛は、告白→デート→肉体関係です。しかし、肉体関係→告白→デートになるパターンも少なくありません。肉体関係から相手を好きになるかどうかは、体の相性も重要です。顔や性格、雰囲気は自分のタイプではなくても、体の相性がいいだけで虜になることもあります。

体の相性が良いかどうかは、相手の反応で気付けます。たとえば、一回目のセックスが終わった後に二回目があるなら、男性がわが体の相性が良いと感じている証拠です。そのときは無くても、間隔をあまりあけず誘ってくる場合も同様になります。

セックスフレンドにはならない

肉体関係から始まる恋があっても不思議ではありません。気を付けたいのは、セックスフレンドにされてしまう可能性があることです。セックスフレンドにならないためには、必ず肉体関係を持ったときに相手の気持ちを問いましょう。態度をはっきりしないなら、体を許さない姿勢も大切です。

セックスフレンドになっている女性は、自分からセックスフレンドになったわけではありません。男性に良いように言われて、自然とセックスフレンドにさせられています。体の安売りはしないように気をつけましょう。

性格の相性を確かめあう

体の相性が抜群でも、性格の相性が最悪だと恋愛に発展しても長続きはしません。それだけ相性のいい体でも、何度もセックスをしていると、慣れて新鮮さを失うのが普通です。そんなときに、性格の相性が悪ければ、付き合っている意味が分からなくなります。

肉体関係が先になった場合は、性格の相性を確かめ合いましょう。簡単に調べる方法として、セックス以外で一緒にいる時に居心地がいいかどうかがあります。性格の相性がいい場合は、一緒にいても苦痛に感じません。むしろリラックスできるくらいです。

自分の存在をアピールする

肉体関係をきっかけに相手を好きになったら。自分の存在をとにかくアピールしましょう。何よりも相手の気持ちを確かめることが優先です。自分の存在をアピールすることは、自分のことを考えてくれる時間を増やすことにもつながります。

アピールの方法としては、電話やメール、ラインなどで連絡するのがおすすめです。しつこくならない範囲で行うようにしましょう。相手が好反応で返してくれるなら、食事デートに誘ってみるのもおすすめです。

相手を褒める

肉体関係をきっかけに好きになった男性には、褒めて様子を見ることをおすすめします。男性はプライドが高いので、褒められることに弱いです。褒めてくれる人と一緒にいたいと思うので、褒めていると向こうから連絡が来ることもあります。

付き合うためには、好きになってもらうことが前提です。容姿やスタイルなどこだわりポイントはいくつもありますが、一緒にいて居心地がいい人が最終的に好きな人になりやすい特徴があります。そうした環境を作るために、褒めることは有効なのです。

はっきり告白する

肉体関係を持った以上、関係をはっきりさせたいのは女性の自然な気持ちです。相手がどっちつかずの態度を取っているなら、自分から告白するのも方法としてありです。はっきり告白してフラれるとショックは大きいですが、次に進むきっかけにもなります。

できれば男性から告白して欲しいという乙女心も分かります。しかし、付き合わずに肉体関係を持ったことに後ろめたい気持ちがあり、その気持ちが邪魔をして告白できない男性もいるものです。悩むくらいなら、自分からアプローチして気持ちを聞きましょう。

まとめ

いかがでしたか?肉体関係後の心理は男女で異なります。恋人の関係なら、二人の仲はより深まるでしょう。肉体関係から始まる恋もあります。セックスはコミュニケーションの一つなので、お互いの気持ちを大切に、関係を育んでいきたいものです。