肉体関係後の心境の変化は男女で正反対?その理由や肉体関係から恋愛を成就させる方法とは

大人の男女の関係につきものである「肉体関係」。

肉体関係を持ったら2人の関係が親密になった。逆に気まずくなってしまった。トラブルになってしまった。いろいろあると思いますが、肉体関係は2人の関係をどのように変えてしまうものなのでしょうか。

今回は、主に、付き合っていないのに肉体関係を持ってしまった時の関係性や心境の変化を男女別で紹介していきます。

  • 肉体関係を持った後の心境の変化
  • 肉体関係を持った後の2人の関係の変化
  • 肉体関係を持った後の男女の心理の違いの理由
  • 肉体関係を持ってから恋愛に発展したことはある?アンケート結果
  • 肉体関係を持ってから恋愛に発展する理由
  • 肉体関係を持った後の男性の気持ちを知る方法
  • 肉体関係を持った男性との恋愛を成就させるコツ

を紹介するので、特に、好きだけど付き合っていない男性と肉体関係を持ってしまった女性は参考にしてみてください。

そもそも肉体関係とは?
男女の肉体関係とは、一般的に男女の性的な関係のことを指します(参考:大辞林 第三版)。キスや手を繋ぐだけでは肉体関係とまでは言わないことが多いです。
ただし、最後までセックスしていなくても、前戯だけしかしていなくても肉体関係が成立したと考えることもあります。
また、普段の会話ではあまり「肉体関係」という言葉を使うことは少ないと思いますが、不倫のトラブルなどにおいては「肉体関係」の有無が重要であったり、しばしば用語として登場したりします。

肉体関係を持った後の女性の5つの心理・心境

まずは、肉体関係を持った後の女性の心境を見ていきましょう。

もっと一緒にいたい

さつきさん
「肉体関係を持つと自分はこの人と出会うために生まれてきたんだって気持ちになります♡この幸せのためなら他の全てを犠牲にしても良いし、永遠に一緒にいたいと思います」

女性は肉体関係を持つと、もっと一緒にいたいという気持ちが出てきます。もともと好きだと思っていた男性と肉体関係を持った場合はもちろんのこと、意識していなかった男性でも、肉体関係を持つともっと一緒にいたいと思ってしまうことがあります。

もっと一緒にいたいと思うのは、体を許したことで、心も許したことが理由です。さらに、愛されたという実感がわいてくるので、気持ちも満たされます。気持ちを満たしてくれた男性ともっと一緒にいたいと思う気持ちが生まれるのは自然なことですよね。

甘えたい

めいさん
「やっぱりセックスをするか、しないかって全然違います。セックスをした後の方が相手に素直になれますし、本音で話ができる気がしますし甘えやすいです。特に体の相性が良い相手だと、恋人以上家族未満のような感じがするというか……。心を許せるかけがえのない相手だと思えます」

体を許したことで心を許したと感じるため、肉体関係を持った途端に甘えたいという気持ちが生まれることがあります。肉体関係を持って自分をさらけ出すことで、抵抗感が無くなることも理由の一つです。自分の素を出したのだから、遠慮なく甘えようという気持ちになることができます。

もともと女性は、男性に甘えたいという気持ちを無意識に持っているものです。そのため、肉体関係というきっかけによって、素直に甘えやすくなります。

彼氏に甘えたいと思う心理を解説!おすすめの甘え方テクニックとは

愛情がわく

ゆかさん
「セックスする前はただの男友達だったのに、寝たら大好きになった経験が正直何回もあります(笑)なので、私は付き合う前に”テスト”でセックスするのはありだと思ってます」

好きかどうか微妙なラインだった男性でも、肉体関係を持ったことで一気に好きになることがあります。これは、肉体関係を持ったことで心が満たされて、男性に対しての愛情がわくからです。特に大事にされたセックスだと、愛情も大きくなります。

特別な存在だと思う

ゆみさん
「私は一回セックスしたら”もう私しか見て欲しくない”って気持ちになります。だからホテルを出た後はひっきりなしにLINEをしますし、返事がないと催促しちゃいます。男の人には嫌がられますけど、気持ちを止められないんです(笑)」

肉体関係を持つことによって、女性は男性のことを特別な人だと感じるようになります。セックスで自分をさらけ出すことは、想像以上に勇気がいることです。そこまでして体を許したという事実があるので、他の男性とは違う特別な男性と意識します。

ただし、肉体関係を持って特別感を覚えるのは最初のうちだけです。付き合う人数が増えて、何人と肉体関係を持ったか分からないくらいになると、そこに特別感は生まれません。

後悔する

あゆみさん
男運がないだけかもしれないですが、肉体関係を持つとそのあとトラブルになることが多いです。正社員だと言っていたのにフリーターで、金銭的に依存されがちになったり、回数を重ねるたびにセックスが乱暴になったり……。肉体関係を持つなら、相手の選び方は慎重にしないといけないなと心から思います」

女性は、好きではない男性と肉体関係を持っても、相手を気になったり、好きになったりすることがありますが、逆にマイナスな気持ちが生まれることもあります。例えば、酔った勢いでどうでもいい相手と肉体関係を持ってしまうと、冷静になった時に激しく後悔するといった感じです。

また、好きな男性と肉体関係を持った場合でも、実は男性に彼女や奥さんがいたり、セックスが乱暴だったり、相性が悪かったりした場合は気持ちが冷めてしまうことがあります。

肉体関係後に湧いてくる女性の愛情は、優しくしてもらった、満たされたという気持ちから生じるものです。すべての男性との性的な行為で愛情が湧くわけではありません。

肉体関係を持った後の男性の5つの心理・心境

全体的に肉体関係を持った男性に対してプラスな感情を抱きやすい女性に比べて、男性はあっさりしていたり、ネガティブな感情を持ったりしがちなようです。詳しく見ていきましょう。

達成感を感じる

ゆうきさん
「言い方は悪いですが、正直最初にアプローチするときは体目当てということも多いです。セックスをしても相手への気持ちが萎えなければ真剣に付き合うし、そうでなければ”それはそれ”というか。一回寝るとそれなりに満足するのは事実です」

男性は女性に対して、無意識に肉体関係を一つのゴールと考えていることがあります。そのため、肉体関係を持つことで達成感を味わうことができると、一種の燃え尽き症候群のようになります。

女性が、肉体関係を持つことによって2人の関係はここから、と感じるのとは反対に、男性は肉体関係を持ったことで終わりと感じてしまうことがあるのです。

付き合っているなら性格なども含めて好きなので、嫌いになるのとは違いますが、それまでとは気持ちが変わってしまうこともあります。

また、釣った魚にエサをやらなくなる男性も多く、達成感を味わったことで今までよりも大切にする態度を見せなくなることもあります。

付き合っていない場合はなおさらで、そのままフェードアウト、なんてことも珍しくはありません。

性欲が満たされて満足

「ピロートークが苦手ですし、セックスした翌朝に女性の寝顔を見るのもあまり好きじゃないです。肉体関係の真っ只中では興奮しているんですけど、行為が終わったら面倒くさくなっちゃうんですよね」

肉体関係を持つと性欲が満たされて急に冷たい態度を取ることがあります。セックスした後も相手とはイチャイチャしたい女性からすると、男性の冷たくなる態度は信じられないものです。

男性のセックスは射精によって終わるので、男性はそこに向けて頑張ります。そして、射精すると気が抜けるのが普通なのです。

ただし、性欲が満たされて冷たい態度になってしまうのにも2つの種類があります。

  • 相手のことは好きだけど、性欲が満たされて一時的に冷たくなる場合
  • 性欲が満たされたことで相手に興味がなくなり、ずっとそのままの場合

前者であれば時間が経てばまた元通りになりますが、付き合っていない場合は後者になりがち。つまり「達成感を感じる」の項で説明したのと同じような状態になってしまうことも多いです。

めんどくさくなる

「一度セックスしたら彼女のように振る舞いだす女の子は、すごく苦手です。肉体関係は肉体関係で、恋愛は恋愛だと思うので。ですが正直、寝たあとに付き合うつもりはないというとトラブルになることもあって。肉体関係って難しいなと改めて思います」

一度だけ肉体関係を結んでみたいと思っていたり、酔った勢いで思いがけず肉体関係を持ってしまったり、付き合っていない、大して興味のない女性と肉体関係を持ってしまった場合、めんどくさくなってしまう男性もかなり多いです。

特に、一度肉体関係を持ったからといって彼女ヅラしたり、頻繁に連絡したり、めんどくさくなる女性に対しては露骨に嫌悪感を示すことがあります。

すぐに体を許す子だと思う

「正直、短時間のアプローチであっさりキスやハグまで持ち込めたらちょろいなって思いますね。その日のうちにセックスまで、ほぼ間違いなくいけます。その子のことを思うと、それでいいのかなとは正直思っちゃいますけどね」

付き合ってもいないのに肉体関係を持つ女性に対して、誰にでもすぐに体を許す軽い子と思う男性もいます。そうなると、その女性のことは恋愛対象として見られなくなったり、いつでも簡単にやれる女性だと認識されてセフレにされたりしてしまうことも。

そのため、本当に好きな男性とは、付き合う前に肉体関係を持つことはおすすめしません。

プラスの感情がわくことも

「いまの彼女は街中のナンパで声をかけた相手です(笑)。最初は遊ん出る女の子だろうし、体目当てが9割でしたが話していくうちにどんどん仲良くなって。今では結婚も視野に入れてます。こういう出会いや関係もこれはこれでアリだなって今では思います。だから体目当ての出会いも悪くないなって思います」

とはいえ、先に肉体関係を持ってから恋愛に発展する人もゼロではありません。中には女性のように、ある程度好意のある女性としか肉体関係は持てない、肉体関係を持ったことで情が湧いてしまったという男性もいます。

男女で肉体関係後の心理が正反対な理由は?

肉体関係を持った後の女性と男性の心理は正反対と言ってもいいようなものでした。では、なぜそのようなことが起こってしまうのでしょうか。

それは、肉体関係を持つ時点で発生している、男女の心理の大きな違いに理由がありそうです。

女性は肉体関係を持てる相手の範囲が狭い

今まで肉体関係を持った相手や、肉体関係を持ってもいいと思える人の顔を思い浮かべてみてください。

顔が好み、性格が合う、もともと憧れていた、恋愛感情を持っていた…など、最初から相手に好意を持っていたからこそ肉体関係を持った経験の方が多いのではないでしょうか。

また、人によっては付き合っていない男性と肉体関係なんてありえない!と考える女性もいるでしょう。

このように、多くの女性は肉体関係を結ぶ相手をある程度厳しい基準で評価しているので、どうでもいい人、好きでもない人と肉体関係を持つことが少ないのです。

そのため、必然的に肉体関係を持った後、相手への気持ちが大きくなる可能性が高いのです。

男性はやれれば誰でもいいという人も

一方で男性の中には肉体関係を一つのゴールにしている人も多く、セックスできるなら誰でもいい、好きでなくても肉体関係を持てる、と考えている人もいます。

つまり、男性にとって付き合っていない女性との肉体関係は、一時的に遊んでいるだけのことがほとんど。終わって欲求が満たされたことに満足するだけで、女性のような感情の変化は起こりづらいのです。

また、遊びのつもりで肉体関係を持ったのに、女性に好意を持たれてしまったり、彼女のような振る舞いをされたりすると、相手の女性に対してめんどくさい、煩わしいと感じたり、ネガティブな感情を持つことすらあります。

肉体関係から恋愛に発展することはある?

ここまでのことを総合すると、好きな男性と付き合う前に肉体関係を持ってしまったら、恋愛成就は絶望的なの?と思ってしまいますが、意外とそうでもなさそうなんです。

20〜20代男性に聞いてみると、肉体関係を持ってから好きになったり付き合ったりしたことがある人は半数以上。好きな男性と付き合う前に肉体関係を持ってしまった女性にもまだまだ望みはありそうです。

しかし、肉体関係から相手を好きになるのか、付き合うのかは、いくつかのチェックポイントやハードルがあるようです。

もともと好きであれば付き合う

最も可能性があるのは、男性のほうが女性のことをもともと好きであった場合。

好きだから肉体関係を持った

肉体関係を持つことでより好きになる、親密になる

付き合う

という流れは自然ですよね。

そのため、相手が自分を好きなことがはっきりわかっているのに告白してこない、関係が発展しない時には、あえて肉体関係を持つ選択をするのもありかもしれません。

ただし、男性によっては、肉体関係を持ちたいから好きなふりをしている人もいるので、注意が必要です。

また、肉体関係から恋愛が始まってしまうと、「好き」「付き合おう」という決定的な言葉がないままズルズルと関係が続いてしまうこともあるので、相手の気持ちを確認したり、自分から告白したりするなど、早めに関係をはっきりさせることをおすすめします。

独占したくなると感じる男性もいる

男性は独占欲の強い生き物です。肉体関係を持った後、女性と同じように相手を独占したいという感情が芽生えることもあります。

これは、自分にだけ素をさらけ出してくれたという喜びや、他の誰にもそんな姿を見られたくないという嫉妬の気持ちから来ることが多いです。

男性にそのように感じてもらえれば、肉体関係から恋愛が始まる可能性も高いでしょう。

体の相性次第

肉体関係から相手を好きになるかどうかは、体の相性も重要です。顔や性格、雰囲気は自分のタイプではなくても、体の相性がいいだけで虜になることもあります

体の相性が良い場合は、自分も相手とのセックスが気持ちよかった、幸せだったと感じることが多いでしょう。また、二回目、三回目とお誘いがある場合も、男性が相性が良いと感じてくれた可能性は高いでしょう。

ただし、場合によってはセフレになってしまう可能性もあるので、ただ都合のいい女として扱われているように感じるのであれば、距離を置くことも必要です。

肉体関係を持った後の男性の気持ちを知る方法

肉体関係を持った後の男性の気持ちは、ここまでで紹介したように、ポジティブにもなればネガティブにもなります。そのため、肉体関係を持った後の男性の気持ちを知りたくても、知ることは非常に難しいです。

でも、

「エッチしたら彼のことが好きになってしまったんだけど、彼は私のことどう思ってるの?」
「彼の本当の気持ちがわからない…」
「なんとかして彼の本当の気持ちを知りたい…」

こんな風に、男性の気持ちを知りたくてモヤモヤしてしまいますよね。

実は、肉体関係を持った後の男性の本当の気持ちを知る方法があるんです。その方法は、彼の気持ちを占いで見てもらうことです。

「でも、占いって高そうだし一人だと行きにくい…」
「占いって胡散臭いし法外な料金を取られそう…」
「運営しているところも怪しいし…」

そんなあなたにおすすめなのが『電話占い』です。

電話占いとはなにか、以下の記事ではメリットなどを詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。

【最終手段!?】悩みや不安に決着を!電話占いが人気な理由

肉体関係から恋愛を始めるためのコツ・注意点

肉体関係を持った後でも恋愛に発展させることは不可能ではありませんが、やり方を間違えると、相手に嫌われてしまったり、都合のいい女にされてしまったりすることも!

そんなことにならずにきちんとお付き合いできるようにするためのコツと注意点を見ていきましょう。

セックスフレンドにはならない

一度目に肉体関係を持った時に、体の相性がいいと感じたり、いつでも遊べる都合のいい女だと思われたりした場合、彼女ではなくセフレになってしまう可能性があります。

一度セフレになってしまうと、その楽チンさから、男性はなかなか彼女には昇格させてくれません

「体だけでもつながっていたい」、「他の女にいかないように捕まえていないと」なんて気持ちで、言われるがままにセフレでいるのは絶対にNG!

最悪、あなたはセフレのままで、ある日突然、彼の本命彼女が現れることも少なくありません。

 

セフレにならないために

・お互いの気持ちをはっきりさせる
・相手が曖昧な態度なら絶対に体を許さない
・場合によっては連絡を断つ覚悟も持つ

 

今までの関係を崩さない

一度肉体関係を持ったからと行って、変によそよそしくしたり、逆に馴れ馴れしくしたり、これまでと違う接し方をしてしまうと、これまで築いてきた関係が崩れかねません。

特に、もともと友達だった場合には、意識しすぎず、普段通りの対応を心がけましょう。

友達に言いふらさない

好きな男性と肉体関係になったことが嬉しくて、ついつい友達に言いふらしてしまう女性もいますが、男性には嫌われるので絶対にやめましょう。

相手の男性のことを全く知らない友達にならまだしも、共通の知り合いの場合は、彼が嫌な思いをする可能性が高く、最悪嫌われてしまうこともあります。

しつこくしない・彼女ヅラしない

一度肉体関係を持ったからと言って、「私たちってそういう関係でしょ?」というニュアンスでしつこくLINEをしたり、電話をしたり、相手に干渉するのはNG

気まぐれや遊びのつもりだった男性は、そんなそぶりを見せられると一気に冷めてしまいます。

たまには連絡する

とはいえ、全く連絡がこないのも彼からしたら寂しいもの。「遊び慣れてるのかも」と思われてしまうこともあります。

そのため、数日に1度くらいは軽い連絡をしてみましょう。話が盛り上がればそのまま続ければいいですし、相手が嫌がっているようなら、じっくり仲を深められるようにしましょう。

この時に、気軽にお出かけや食事に誘ったりするのもいいでしょう。

相手を褒める

肉体関係を持ったものの、そのあと何を話しかけていいかわからない、仲を深める機会がないという女性は、一言でいいので、何かの折に相手の男性を褒めてみてください

男性はプライドが高いので、褒められることに弱いです。基本的に褒めてくれる人と一緒にいたいと思うものなので、そのうち向こうから連絡が来たり、意識してもらえたりする可能性もあります。

付き合うためには、容姿やスタイルなどのポイントもありますが、一緒にいて居心地がいいことが一番大事だったりします。そうした関係を作るために、まずは褒めることから始めてみましょう。

押してダメなら引いてみる

連絡したり、褒めてみたり、色々アプローチしてみてもどうにもならない時は、一旦引いてみましょう。一度肉体関係を持って、自分のことを好きになってくれたようだったのに、急に連絡がこなくなったり素っ気なくなったりすれば、男性も不安になるでしょう。

そんな風に、相手に気にしてもらえればこっちのもの!時には押して、時には引いて、相手を翻弄してみましょう。

性格の相性を確かめあう

一度肉体関係を持ったことで相手のことが好きだと思っても、ちょっとしたドキドキ体験に舞い上がっているだけかもしれません。冷静に考えてみて、あなたは本当に彼のことが好きなのでしょうか

体の相性は抜群でも、何度もセックスをしていれば慣れて新鮮さを失うのが普通です。そんなときに、性格の相性が悪ければ、付き合いは長くは続かないでしょう。また、そもそも付き合えた瞬間に「なんか違うかも?」「なんで好きだったんだっけ?」となる可能性もあります。

肉体関係が先になった場合は、セックス以外で一緒にいる時に居心地がいいのか、話は合うのかなどを冷静に考えて、相手との関係を発展させるべきなのかも考えてみる必要があります。

はっきり告白する

肉体関係を持った以上、関係をはっきりさせたいのは女性の自然な気持ちです。相手がどっちつかずの態度を取っているなら、自分から告白するのも方法としてありです。はっきり告白してフラれるとショックは大きいですが、次に進むきっかけにもなります。

できれば男性から告白して欲しいという乙女心も分かります。しかし、付き合わずに肉体関係を持ったことに後ろめたい気持ちがあり、その気持ちが邪魔をして告白できない男性もいるものです。悩むくらいなら、自分からアプローチして気持ちを聞きましょう

まとめ

男女でまるで正反対の、肉体関係後の心理がよく理解できたと思います。一歩間違えればそのままセフレになったり嫌われてしまったりすることもありますが、適切な行動をとれば、肉体関係から恋愛に発展させることもできます。

セックスはコミュニケーションの一つなので、お互いの気持ちを大切に、関係を育んでいきたいものです。

【参考】肉体関係の法律上の定義は?

最後に、不倫や浮気に関してお悩みの方のために、法律上の「肉体関係」について解説します。

肉体関係=セックスというのはあくまで一般的な定義です。より厳密な法律での定義はどうなっているのでしょうか。

「肉体関係」は法律用語ではない

肉体関係という言葉は、法律用語ではありません。従って、肉体関係に法的な厳密な定義があるわけではありません。

法律上、肉体関係の有無などがもっとも問われる機会が多いのは不倫関係。「配偶者ある者が配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係を持つこと」を「不貞行為」と言います。

不倫の場合は、配偶者以外との肉体関係は「不貞行為」となる

婚姻関係を結んでいる男女には、互いに他の異性と性交渉を行わないための貞操義務が発生します。貞操義務に反する行為と明確に認定されるのが、配偶者以外との性行為です。

不倫が原因で裁判などに発展すると、「不貞行為」の有無が重要なポイントになります。過去の判例では、不貞行為の基準を「性交渉の有無」つまり、肉体関係の有無とするケースが非常に多いです。

一方で配偶者以外の女性とのデートやメール、LINE(ライン)のやり取りなどは肉体関係=不貞行為とは認められないことがほとんどであるため、不倫ではないとみなされることがあります。

どこからが肉体関係=不貞行為?

「どこからが肉体関係と言えるか」の基準は、実質的にはケースバイケース。

性器の触れ合いは明確に肉体関係と言えますが、それ以外にも手や口を使った性的な行為も「性交類似行為」として不貞行為と認定されるケースが少なくありません。

では、以下のケースを考えてみましょう。

ある男性が配偶者以外の女性とラブホテルに入ったとします。その男性と女性は、ラブホテルでは休憩をしていただけだと主張します。この場合、多くの判例では、「肉体関係があった」と判断しています。本人たちが肉体関係がなかったと主張しても、肉体関係があったと判断し得る状況が揃っているならば、不貞行為は認定されるのです。

自由意志に基づかない肉体関係は、不貞行為にならない

法律上、不貞行為には性交渉の有無だけでなく、自由意志の有無がとても大事となっています。

例えば配偶者のいる女性が見知らぬ男性に襲われ、同意していない性行為を無理やりされてしまった場合、女性は配偶者以外の男性と性行為をしたことにはなりますが、自分の意思で貞操義務を破ったわけではありません。

このケースでは男性には強制性交等罪が問われますし、女性が不貞行為を認定されることもありません。

 

トラブルの可能性がなく、本当に好きな相手、付き合っている人と肉体関係を持つことが、一番幸せで安全なことだと言えますね。