「習字でつけた墨は落ちない?」墨でついた汚れの落とし方

小学校などの習字の授業につきもの(?)の墨の汚れ、古典文学の先生からの「墨の汚れは何百年も落ちない」…というお言葉が余りに絶望的で話題です。

子育て世代共通、墨の汚れ


小学校位から学校の授業で習字をする機会が増えますが、墨の汚れは一度ついたらなかなか落ちないものです。

うっかり習字の授業の日におニューの服を着せてしまった事もあるのではないでしょうか?確かに昔からの美術品って何百年たっても消えていないですよね…。永遠の落ちないと断言されているようでこれは大ショック。

習字の墨でついた汚れの落とし方

など、墨の落とし方をレクチャーしてくれる親切な発言が多く見られました。
墨の落とし方って、いろいろあるんですね。

落ちやすい墨も売っているようですが…
最近ではお洗濯をする人のお悩みに応えて、洗濯機で落ちる墨汁という新商品も発売されているようですが…使った人の声が寄せられていました。

洗濯機で落ちる墨汁」的なやつがあったんだけど、服に付いた墨どころか、書が消えるという副作用があった。しまっておいた作品が、文字通り蒸発…。展覧会でも、使用禁止のお触れが出た記憶。

汚れてもいい服を着せるのも一つの手

子供が部活をやっているママさんはもう、諦めの境地どころか、楽しんでますね。
小学校の習字の授業程度であれば、いっそのこと、汚れてもいい服を着せて行く…というのも一つの手ですね。

関連記事

関連記事

関連記事