気になる眉間ニキビの原因・対処方法のコツとは?

ニキビは顔中のいたるところにできてしまいますが、実はできる部位によって理由や原因が異なることもあり、対策も異なることがあるのです。

そこで、今回は眉間にできてしまうニキビに注目して、原因は何なのか、体の不調と関係があるのかも探っていきます。

眉間ニキビの原因

なぜ、眉間にニキビができてしまうのか、その原因についてまずは探っていきましょう。眉間のような目立つ部位にできてしまうのははなはだ不本意です。

洗顔料のすすぎ残し

ニキビができてしまう原因としてかなり多いのが、洗顔料のすすぎ残しでしょう。もちろん洗顔料以外にシャンプーやリンスの成分がついてしまって洗い流されていない場合はニキビの原因となってしまいます。

毛穴に詰まってしまった洗顔料ははっきり言って雑菌を増やしてニキビの原因となってしまう要因となりますので、逆効果となってしまうのです。なので、まずは洗顔料などのすすぎ残しが発生しないように注意してください。特に、朝に顔を洗うときは頭がボーっとしながら適当にやっている方も多いので、数回で終わらせるのではなく何回もゆすぐようにしましょう。

肌の水分不足

肌が水分不足になっている、つまり乾燥している状況というのはダメージを受けやすい状態ともいえます。この状態から逃れるために、人体はより多くの皮脂を分泌させるようになるので、乾燥肌の人は必然的に皮脂分泌量が増加するのです。皮脂分泌量が増加してしまった人は、それだけ毛穴詰まりが発生する確率が高まってしまいますので、ニキビができる確率が上がります。

基本的に眉毛から眉間、そして鼻筋といたる「Tゾーン」と呼ばれている部位は皮脂腺が発達しているので、皮脂分泌量が多くなりがちでニキビができる確率が高いのです。水分不足になってしまうと、特にニキビが多発してしまうでしょう。

あわせて読みたい

乾燥肌の原因とは?肌をいたわってすべすべ素肌になろう!

続きを読む

前髪が触れることによる刺激

意外に多いニキビの原因が前髪です。前髪が眉間によく当たる状況にある人というのは前髪に付着している雑菌が付きやすく、さらに皮膚への長期的な刺激となってしまいますので、角質が厚くなってしまってニキビができてしまうこともあります。前髪が眉の下にまでかかるような長さの人は特に注意しましょう。

眉間周辺にニキビができる理由

それではもう少し具体的に眉間周辺にニキビができてしまう理由を解説いたしましょう。眉間はどうしてもニキビが出やすいということがここで判明いたします。

皮脂腺が集まっている

先ほど説明したように、眉毛から眉間、そして鼻筋にかけては「Tゾーン」と呼ばれる部分で、皮脂腺がとっても発達しています。そのため、皮脂分泌量が多くなりやすくニキビが発生しやすい場所となっております。

それ以外には背中も皮脂腺が多く汗をかきやすい部位なのでニキビができてしまっていることが多いのです。自分では背中を見ることは出来ないので観察しない人も多いでしょうが、顔よりもニキビだらけのことがあります。

デコボコが多い場所だから

眉間は皺が寄りやすい部位です。そのため、意外と凸凹が多くなりがちなので、洗顔をしっかりしたとしても汚れが落としきれないことがあります。もともと皮脂腺が多いのに洗うのが難しい場所となっておりますので、意外とニキビが発生しやすい場所となっております。

眉間にニキビから考えられる身体の不調

このように眉間にはニキビができやすい条件が整っているように見えます。しかし、ある程度条件が整っていたとしても、人体はかなり頑丈なのでそう簡単にニキビが多発するようには通常ならばならないのです。いったい何が原因なのでしょう。

ストレス

ニキビができるまでのプロセスは毛穴が角質の厚みや大量の皮脂によって詰まってしまい、この毛穴詰まりによって詰まった毛穴の中でニキビの原因菌となっているアクネ菌が大量繁殖して、炎症が発生するというものです。しかし、ある程度免疫力がある人は多少の原因菌ぐらいはねのけることができます。ところが、ストレスがたまりすぎている人は免疫力がひどく低下しているので、ニキビができる確率が高いのです。

また、ストレスがたまりすぎている人は自律神経のバランスも崩れがちで、交感神経と副交感神経のバランスも崩れます。副交感神経の働きが弱まりすぎると男性ホルモンや副腎皮質ホルモンが一気に増加するので皮脂分泌量も過剰となります。つまり、ストレスが強すぎるという人はどうしても油っぽい肌になってしまうのです。

そして、ストレスがあまりにもひどい人は睡眠不足にもなります。肌をケアするために必要なのは、成長ホルモンによってターンオーバーをしっかりとこなしてもらうことなのですが、いろいろとストレスが多いと寝る時間でも考えることが増えてしまって寝つきが悪くなり、睡眠の質も低下するので肌が再生できなくなってしまいます。

肺が弱っている

ニキビというのは心肺機能が低下したことで発生したという説もあります。たとえば、タバコをよく吸う人というのは心臓に負担をかけますし、血管が細くなりがちですので栄養素が届きにくくなってしまうのです。

ニキビをケアするコツ

それでは具体的にニキビをケアするコツを紹介します。この部分を理解していればニキビの発生確率も多さえることができるでしょう。

髪をゴムやピンでとめる

ニキビは前髪による影響がかなり大きいので、おでこや眉間といった部位に前髪が頻繁に当たるような人は前髪をゴムやピンでとめてしまいましょう。肌に当たらなければそれだけ悪影響が出なくなるのでニキビ被害も減ります。

しかし、「外出するときに前髪をあげるのはいやだ」という意見も非常に多いので、そのような人たちは家の中にいるときだけでもピンやゴムで止めるようにしてください。

眉毛のメイクをなるべく控える

洗顔料を落とせていないことが原因となることが多いのですが、眉毛のメイクの影響で眉毛や周辺のおでこや眉間にまで悪影響を及ぼすことがあるのです。アイメイクや口元のメイクは注目度が高いので入念に落とす人は多いのですが、眉のメイクは適当に落としてしまっている人が稀にいますので注意してください。

眉毛は怪我密集しているのでメイクが落としにくい場所でもあります。なので、あまりにも眉毛周辺の部位にニキビができているという方はメイクを控えるようにしましょう。

食生活を見直す

ニキビは皮脂分泌量が多くなるような食生活をしていると一気に増えます。油っぽいものや糖分が多いものばかり食べている人は要注意です。また、ビタミンCやビタミンB群といった糖質や脂質の吸収を抑えて活性酸素を除外する作用がある成分が不足していると肌トラブルが多発するのでニキビも大量発生いたします。ニキビがあまりにもひどいという方は食生活にも気を配ってください。

まとめ

ニキビは意外といろいろな部位にできますが、できてしまうのには理由があるのです。その理由を理解して原因をしっかりと排除できるようになれば、発生確率も自ずと低下していきます。

できるかどうかではなく、できることから対策を始めるようにして、肌荒れが起きにくい状況を作っていくようにしましょう。