肌のターンオーバーの乱れの原因は何?すぐにできる改善方法とは

毎日スキンケアに気を遣っている女性なら、肌のターンオーバーという言葉は聞いたことがあるでしょう。ニキビや肌荒れ、シミやシワ、などのさまざまな肌トラブルは、肌のターンオーバーが乱れることが大きな原因とされています。しかし、肌のターンオーバーのメカニズムや何が原因でターンオーバーが乱れるのか、そのために何をしなくてはならないのか、ということについて詳しく理解している方はほとんどいません。そこで、いつまでも若々しく美しい肌でいるために、肌のターンオーバーの乱れの原因やすぐにできる改善方法などについて解説します。

肌のターンオーバーの仕組み

肌のターンオーバーの仕組み
肌のターンオーバーの仕組みについて考える前に、肌がどのように構成されているかを理解することが大切です。肌は、空気や光に直接あたる皮膚の外側から、表皮、真皮、皮下組織の三層から成り立っています。表皮はさらに外側から、角層、顆粒層、有棘層、基底層の4層に分かれており、それぞれわずか0.2mmの厚さしかありません。肌のターンオーバーは表皮層で新陳代謝が行われることを指すものです。

ターンオーバーとは表皮の新陳代謝のこと

肌のターンオーバーは皮膚の一番外側の表皮層で行われる新陳代謝のことを指すものです。新陳代謝の過程は角化と呼ばれていますが、新しく生まれた肌細胞が角化しながら役割を果たし、最後に垢となって剥がれ落ちて次の新しい肌細胞が再生されることをターンオーバーと呼んでいるのです。顔やかかと、膝などの部位によって異なりますが、新しい肌が生まれてから剥がれ落ちるまでの正常な肌のターンオーバーの周期は約28日間とされています。

ターンオーバーの周期が年齢と共に長くなることで肌が乱れる

肌トラブルが多い人のほとんどはターンオーバーの周期が早いとされていますが、逆に加齢とともにターンオーバーの周期が遅くなることもあり、このことが原因となって肌の状態が悪くなることがあります。肌のターンオーバーが遅いということは、いつまでも古くなった表皮の角質が剥がれず肌に残ったままとなります。新しい肌細胞がなかなか再生されないため、紫外線などの外部からの刺激で損傷した肌を回復することが遅くなる

肌のターンオーバーが乱れる10の要因

老化

人間の体内には60兆個、37兆2000億個と諸説ありますが、膨大な数の細胞があり、日々細胞分裂することで新陳代謝や消化、吸収、呼吸など生命を維持するために必要な機能を果たしています。しかし、加齢とともに細胞が活性酸素などによって酸化しやすくなり、機能や新陳代謝に低下がみられるようになります。肌のターンオーバーも表皮における新陳代謝であるため、老化により乱れることになります。

洗いすぎ

スキンケアの基本の1つに洗顔があげられます。洋服で覆われているほかの体の部位と違ってさらされっぱなしの顔の肌は埃や汚れ、化粧品や皮脂、古い角質などが蓄積しやすいため清潔に保つため毎日の洗顔はかかせません。しかし、洗浄力や肌に与える刺激が強すぎる洗顔料を使用すると、古い角質や汚れだけでなく外部の細菌や刺激などから肌を守るバリアの役割を果たす皮脂や若い角質まで奪いとってしまうことになります。このことによって正常な肌のターンオーバーが乱れ皮脂の過剰分泌などが起こることになるのです。

乾燥肌

乾燥肌
間違った洗顔などで角質を取り過ぎるとターンオーバーが速くなり、未熟なままの肌細胞が角質層で角質となります。未熟な角質は水分の保持や肌のバリア機能などの働きが十分でないため、角質を厚くして肌を守ろうとします。肌が乾燥すればするほど角質層を厚くなり、水分が蒸発しやすくなります。また、古い角質がいつまでも剥がれなくなることから正常なターンオーバーが乱れる原因となります。洗顔後の化粧水や美容液などを使用した保湿が重要です。

脂性肌

脂性肌は常に肌の水分量や皮脂量が多い状態であるため、テカりやべたつきが気になります。肌に水分を保持する機能が低下していることから、皮脂でカバーしようと過剰分泌されることも多く、脂性肌にも十分な保湿が必要となります。脂っぽくなるからと保湿を怠ることで、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが多くなります。また、毛穴を詰まらせることで肌細胞の生まれ変わりがスムーズにできなくなり、ターンオーバーが乱れる原因となります。

成分の強いスキンケア商品

洗顔や保湿のためにさまざまなスキンケア商品を使っているという人も多いでしょう。間違った洗顔は肌のターンオーバーを乱す原因となりますが、洗顔の前に行うクレンジングにも注意が必要です。化粧品には肌に密着させるために配合されている油性成分を落とすためには、合成界面活性剤やアルコールを含むクレンジングを使用することがあります。また、角質を除去する成分などが含まれた洗顔料なども必要以上に皮脂や若い角質を剥ぎ取ってしまうことがあり、ターンオーバーの乱れの原因となります。

ピーリングで逆効果

ピーリングは硬くなった角質層を薬剤の化学反応を活用して溶かして剥ぎ取るケアの方法で、美容皮膚科の施術だけでなく自宅でも手軽にできるピーリング剤も販売されています。ピーリングを行うと古い角質だけでなく正常な角質も一緒に剥ぎ取ってしまうことになります。そのため、肌を守るためにターンオーバーが早められ、未熟な細胞のままターンオーバーを繰り返すことになります。肌のターンオーバーが早い人は月1回のピーリングでも逆効果となることがあります。

紫外線

紫外線
肌の大敵といわれる紫外線は、地球温暖化によるオゾン層の破壊によって皮膚がんを発症させるリスクが高くなっているほど危険なものです。肌は、紫外線を浴びるとダメージを回復するために正常なターンオーバーを早めようとします。無理に早めるために角質が厚くなりメラニン色素が沈着しやすくなります。角質が厚くなるため皮脂腺を塞いでニキビの原因にもなります。日頃からのUVケアが大切です。

睡眠不足

成長ホルモンが最も活発に分泌されるのは、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10~午前2時までの間です。成長ホルモンが分泌されることによって肌のターンオーバーも促進されるため、ゴールデンタイムを挟んで十分な睡眠時間を確保しなければ肌のターンオーバーが乱れる原因となります。スキンケアだけでなく日頃の生活習慣を整えることも美肌には大切な条件となることを理解しておきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性には月経があるため、排卵前になると肌の調子が悪くなることがあります。これは女性ホルモンの1つである卵巣ホルモン、エストロゲンの分泌によるものです、エストロゲンは別名美肌ホルモンとも呼ばれており、ターンオーバーを促進するホルモンとなります。ホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌が減少すると肌のターンオーバーが乱れることになります。睡眠不足やストレス、偏った食習慣などによってもホルモンバランスが乱れるので注意が必要です。

ストレス

過度なストレス、または、慢性的なストレスを受けると自律神経が大きく乱れます。自律神経は血行や新陳代謝とも密接な関係があるため、ストレスによって肌のターンオーバーが乱れます。また、ストレスを感じるとストレスに対抗するために、抗ストレスホルモン「コレチゾール」が分泌されます。このホルモンが男性ホルモンの分泌を促進することから皮脂の過剰分泌や角質層の肥大化を招き、ターンオーバーが乱れる原因となります。

肌のターンオーバーを正常化するスキンケアの方法

肌のターンオーバーを正常化するスキンケアの方法
肌のターンオーバーが乱れると肌のツヤやハリがなくなるばかりでなくシミやくすみ、たるみなどが目立ちやすくなります。ターンオーバーを促進して正常化するためには、正しい洗顔、保湿などのスキンケアが重要になります。汗や酸化した皮脂汚れなどを取り除く洗顔はとても大切なことですが、刺激が強すぎたり洗い過ぎたりすると逆効果になることがあります。また、天然保湿成分、細胞間脂質、皮脂膜の3つが正常に働くことで健康でみずみずしい素肌をキープすることができるため、十分な保湿も欠かせません。肌のターンオーバーを正常化するスキンケアの方法を紹介します。

ニキビを改善

肌トラブルのなかでも厄介な大人ニキビは、古い角質や皮脂汚れが毛穴を詰まらせることで起こるといわれていますが、その背景に肌が乾燥することから皮脂が過剰に分泌されることがあります。ニキビを改善することができれば、肌の状態が整いターンオーバーも正常化されます。ニキビやニキビ跡ができやすい人は、肌のターンオーバーが遅い傾向があるため、水分を十分に補給しながら古い角質が剥がれやすくするスキンケアが必要となります。

保湿をする

肌は潤いやツヤ、ハリなどを保つために肌の水分量を十分に保持する必要があります。肌の細胞と細胞の間も水分で満たされることで肌に凹凸がなくハリがでますが、水分が足りないとたるみやシワの原因にもなります。十分な保湿をして水分を保持する力を高めることができれば、角質は少ない水分を守ろうと厚くなる必要がなくなるため、古い角質が正常に剥がれるターンオーバーに戻すことができます。

シワを改善する

肌トラブルのなかでも老け顔の原因となるシワは、女性にとって気になるものです。一口にシワといっても、紫外線や乾燥、表情筋の老化、間違ったスキンケア、無理なダイエットなどさまざまな原因が考えられます。なかでも、よかれと思ってやっているスキンケアシワをつくらないようにすることが大切です。そのためには、ゴシゴシと摩擦を与えない、タオルで皮膚を拭き過ぎない、化粧水のパッティングは叩き過ぎない、冷たい肌や冷たい手のままでスキンケアをしない、などが大切です。

肌のターンオーバーを正常化する生活習慣

肌のターンオーバーを正常化する生活習慣
肌トラブルの原因となる肌のターンオーバーを正常化させるために、自分の肌に合った正しいスキンケアをすることは重要です。しかし、肌のターンオーバーはスキンケアだけでは正常に保つことはできず、食習慣や生活習慣を見直す必要があります。どんなに外側からケアをしても体が健康な状態でなければ、肌にもいい影響を与えることはできません。そこで、十分な栄養や睡眠、適度な運動など毎日の生活習慣を見直すことで肌のターンオーバーを正常化する方法について紹介します。

バランスのよい食事を取る

人間の体は食べたものでつくられるため、肌に十分な栄養が供給されないと肌のターンオーバーが乱れます。栄養不足になると肌を正常に保つセラミドやコラーゲンなどが産生されにくくなり、肌のバリア機能も衰えて肌トラブルが起きやすくなります。肌を構成する元となるたんぱく質のほか、肌細胞の栄養となる脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取することが大切です。また、新鮮な野菜や果物から酵素や食物繊維をしっかりと摂取することにも心がけましょう。

適度に運動をして代謝を促す

肌のターンオーバーと運動にどんな関係があるのかと疑問に思う方もいるでしょう。運動不足になると血行不良や筋肉によるエネルギー代謝、基礎代謝などが低下します。体内の細胞に酸素や栄養分も届きにくくなり、肌細胞にも同じことが起こります。また、適度な運動をするとストレス解消や自律神経の乱れを整えることにもなり、結果として肌のターンオーバーを正常化することができるのです。

夜更かしをしない

夜更かしをしない
洗顔や保湿など正しいスキンケアをやり過ぎない程度に行うことは、肌のターンオーバーを正常化するために大切なことです。しかし、いくら外から肌に働きかけても、体の内側で血行や新陳代謝、ホルモンバランスが乱れていては意味がありません。特に成長ホルモンの分泌によって肌のターンオーバーが最も活性化されるゴールデンタイムを含めて十分な睡眠時間を確保することはとても重要です。夜更かしをしないなどの規則正しい生活に改めるだけでも肌の調子は変わってくることでしょう。

まとめ

加齢とともに細胞の働きは低下していくため、肌のバリア機能や再生が少しずつ衰えていくことは仕方がないことです。しかし、年齢に関係なくシミやシワ、ニキビや黒ずみなど、肌トラブルが起きる場合もあり、その主な原因が肌のターンオーバーであるといわれています。ターンオーバーが乱れる原因にはさまざまなことが考えられるため、その原因に即したケアが大切になります。スキンケアだけでなく食習慣や生活習慣の見直し、肌のターンオーバーを正常化していつまでも健康で若々しい素肌をキープしましょう。