ヘアアレンジで小顔見せしちゃおう!ポイントとアレンジ方法をご紹介

顔は、少しの肉がついただけでも印象が異なり太って見えるようになってしまいます。そのため、毎朝いつもと違うコンディションだとむくんでいる状態や太っている状態に見えてしまうものです。そして誰もが小顔に見せたいと毎朝悩むことが増えてきてしまいます。小顔にするためにどのような小顔へアアレンジをすれば良いか紹介していきましょう。

小顔見せの基本はふんわりシルエット

小顔の状態に見せるためには、いろんな工夫が必要ですがその中でもヘアスタイルは、工夫次第でいろんな変化ができるものです。小顔のためのヘアスタイルにとても役立つシルエットを考えてみましょう。このシルエットで今までとは違うイメージを持ってもらう小顔にできるでしょう。

ペタンとしたストレートは顔の大きさが目立ちやすい

ストレートヘアは、男性にとって好きなタイプのヘアスタイルになりますが女性が小顔にするためにはマイナスイメージになってしまいます。それはストレートヘアだと、ボリュームがなくふんわりしたシルエットにできないからです。そのため顔の大きさが強調されることになり小顔に向いているふんわりしたシルエットに該当しないでしょう。ストレートヘアをする場合には、顔の大きさが分かってしまうため小顔を目的としたヘアスタイルでは採用することが難しくなります。

ヘアアレンジ前にコテでふんわりヘアを作ろう

ふんわりしたヘアスタイルで小顔をイメージさせるためには、 コテのアイテムを使用してみましょう。髪の毛をふんわりすることができ全体的にボリュームのある、ふんわりなシルエットにすることができます。

ふんわりしたボリュームのあるヘアスタイルにすることで小顔のイメージを持つことができるでしょう。アイテムのコテを使うことで、ゆるめのカールを作ることが可能です。このふんわりしたヘアスタイルにすることで小顔にできるでしょう。

ボリュームのあるヘアスタイルにしているため顔だけが目立つわけではなくしかもコテによるアップをすることで小顔にできるように工夫が可能です。このヘアスタイルでは、顔が大きく見えてしまうと考える人もいますがコテにより周りの髪の毛をしっかり残すことで意外に大きく見えないです。

このヘアスタイルではおだんごのヘアスタイルが小顔効果抜群になります。しかもふんわりとしたヘアスタイルになるので、 コテを使う事は小顔に見せることが可能になります。いろんなヘアスタイルで小顔を試してみましょう。

不器用でも自分でできる!コテで作る波巻き・ウェーブ巻きヘアのやり方

みなさんは「波巻き」「ウェーブ巻き」を知っていますか?波巻き・ウェーブ巻きヘアは、モデルやファッションアイコンの間で人気になり…

大きめのコテで毛先を軽くまくだけでもOK

大きめのコテでは、全体的にふんわりとしたヘアスタイルにすることができるでしょう。髪の毛の毛先だけを軽くまくだけでもふんわりとしたカーブを作ることが可能です。このふんわりとしたカーブによって小顔を作ることができます。コテは種類が豊富でいろんな髪の毛のヘアスタイルを作るために利用できますね。 1つのコテにこだわるよりも数種類のコテを使い分けるようにしてみましょう。

大きめのコテでふんわりとしたカーブを作るのが理想の小顔になるでしょう。長髪のヘアスタイルの人は、髪の毛をアレンジすることが可能です。いろんなアイテムを利用して小顔のヘアスタイルを試してみましょう。そのヘアスタイルの中から自分にとって理想となる小顔のヘアスタイルを見つけることができます。まずはやらないよりも色々試してみましょう。

ヘアアレンジはあえて「おくれ毛」残しのルーズ感を出す

おくれ毛は、小顔のために必要なヘアスタイルになります。このおくれ毛があることでコテを使った時の小顔のヘアスタイルでもおかしくなくおしゃれなヘアスタイルに仕上がります。ヘアスタイルが単調にならず変化をつけることができるので、 おくれ毛を作るようなヘアスタイルにして小顔を完成させましょう。

おくれ毛は、後ろ髪だけでなく前髪や襟足の部分でも作ることが可能です。おくれ毛を作る事は、美しいヘアスタイルにするだけでなく小顔効果も十分なヘアスタイルに仕上がります。

まとめ髪はきっちり感よりもボリューム感を出すと小顔見え

おだんご状のまとめ髪や編み込みのおさげのヘアスタイルでも、ボリューム感を出すことで立体的なヘアスタイルにできるでしょう。立体的なヘアスタイルにすることで小顔に見せることができます。ストレートヘアよりも立体的なヘアスタイルにすることが小顔のために必要な方法になるでしょう。

そして自分にとって美しいあるいはかわいいヘアスタイルにするためにはいろいろチャレンジしてみましょう。変化をつけることで違った一面の小顔にすることができるでしょう。

ボブ&ショートの小顔ヘアアレンジ

長髪のヘアスタイルであれば小顔にするための工夫が色々アレンジできますが、ショートヘアやボブヘアでも工夫次第で小顔のイメージとなるヘアスタイルができるでしょう。そのためにはよりいろんなヘアスタイルを勉強しなければいけません。

ショートはひし形シルエットで小顔見せ

ショートの小顔では、顔の輪郭の中間点で1番ふくらみを見せることが小顔のイメージを作り出すことができるでしょう。髪の毛の先端はできるだけ細くなるようなイメージにヘアスタイルを仕上げなければいけません。

このヘアスタイルを行うと顔の輪郭がシャープに見えるので、より小顔効果が前面に出るでしょう。ショートのヘアスタイルでは、確実に小顔にできる方法なので、勉強しておいて損のないヘアスタイルです。

ひし形のようなイメージで髪の毛のボリューム感を出すことができれば、小顔にすることが容易になるでしょう。そのためにはひし形シルエットの黄金比を理解しておきましょう。

小顔見せならショート!小顔見えする前髪や、アレンジをご紹介

顔にコンプレックスを持っている人がショートヘアにして小顔に出来るのかと思うかもしれません。でもショートヘアでも十分に小顔に見せ…

ボブはゆるめのハーフアップでスッキリ小顔に

ショートボブの小顔は、少女感を出すことができるヘアスタイルになります。大人の女性でも可愛いヘアスタイルにすることができるので、人気のある小顔のためのヘアスタイルです。ショートボブでも、エアウェーブにすることができるので、かわいいひし形のショートボブになるでしょう。ショートボブの小顔にするためには、こめかみよりも下は極端に髪の毛のボリュームを少なくさせることです。

こめかみの上の部分まで髪の毛のボリュームがありそこからすっきりしたヘアスタイルになるので、小顔のイメージを作り出すことができます。幼いヘアスタイルにすることでより美少女感を出すことができる小顔になるでしょう。

ロングの小顔ヘアアレンジ

ロングヘアでは、ボリュームなる髪の毛の工夫により小顔にするヘアスタイルが色々アレンジすることができます。工夫次第で今までとは異なるヘアスタイルにすることで、新しい小顔のイメージを周囲の人に与えることができるでしょう。

モデルのような小さい顔へ…♬小顔に見える髪型を長さ別にご紹介♡

小顔は女子の永遠の憧れ♡小顔だとスタイルも良く見えてどんなファッションも着こなせちゃいますよね。でも私って小顔じゃないし…輪郭…

ロングのポニーテールはサイドの毛を残して小顔見せ

男性が好きなヘアスタイルの1つポニーテールは、波巻のウェーブを作ることでアレンジしやすい状態にできます。後ろ毛はアイロンを使用して波巻にすることが可能です。異なるヘアスタイルのセットを作ることで小顔。イメージを与えることができます。

おだんごヘアはあえてルーズにボリュームをだす

おだんごのヘアスタイルは、トップの印象を強く出しましょう。ボリュームをトップに与えることで顔を小さく見せることが可能となります。そしてこめかみの周りの後ろ毛は残しておきましょう。一緒にだんご状にするよりは残しておいて、毛先を留めないのが工夫です。ルーズ感を出すことで顔を小さく見せることができます。

小顔に見える前髪アレンジ

顔を小さく見せるためには前髪は工夫をするためにとても大切な場所です。髪の毛のボリュームを出すことや顔を小さく見せるために必要な工夫ができるので、上手にアレンジをしなければいけません。

ボブで小顔に!小顔見えボブの前髪やアレンジポイントをご紹介

誰もが憧れてしまう小顔ですが、ちょっとした工夫で小顔に見せることができる方法があります。そのためにはヘアスタイルのバランスを行…

丸顔さんはおでこ出し&サイド残しで小顔に

顔周辺の髪の毛のボリュームをアップにする必要があるため、おでこをあえて出して反対にサイドは残してヘアスタイルを完成させます。この工夫をすることでおでこが出ていますが顔周りを小さく見せることが可能となります。ポニーテールの時に利用してみたい前髪の工夫です。

ボブで小顔に!小顔見えボブの前髪やアレンジポイントをご紹介

誰もが憧れてしまう小顔ですが、ちょっとした工夫で小顔に見せることができる方法があります。そのためにはヘアスタイルのバランスを行…

面長さんは前髪をななめに流して小顔みせ

面長の女性では前髪をストレートに見せるよりは斜めに流す工夫をしてみましょう。おでこを隠すようなヘアスタイルになります。前髪とサイドで印象を異なるようにすることで顔を小さく見せることができます。

小顔見せならショート!小顔見えする前髪や、アレンジをご紹介

顔にコンプレックスを持っている人がショートヘアにして小顔に出来るのかと思うかもしれません。でもショートヘアでも十分に小顔に見せ…

まとめ

顔を小さく時に化粧品を利用せずヘアスタイルを工夫することで小顔をイメージさせることが可能です。女性のヘアスタイルによってやり方は異なりますが、後ろ毛や前髪を中心に工夫をすることが顔を小さく見せることになるでしょう。

同じヘアスタイルにこだわるよりもいろんなヘアスタイルをすることで違った印象の小顔を周囲の人たちにアピールすることができるでしょう。そのためにはヘアスタイルの特徴を勉強して実践してみましょう。