小顔に効くツボを総まとめ!あなたが悩んでいたのはココで解決!

小顔のためにツボ押しは、毎日短時間でその効果を発揮してくれます。しかも難しくないため誰にでもできるのがツボ押しで小顔を手に入れる方法です。小顔に効果のあるツボを紹介しましょう。参考にして是非小顔を手に入れてください。

小顔に効くツボとは

顔を小さくさせることが、美容整形やマッサージを行う以外にもツボ押しで小顔になることが可能です。人の体には数多くのツボがありそのツボの中には、小顔のために効果のあるツボも多く存在しています。この小顔のためのツボを刺激して小顔効果を実感してみましょう。ツボ押しと聞くと痛いイメージを持っている人が多いのですが、無理な力も必要なく刺激することでツボ押しの効果が発揮されるでしょう。

気の通り道「ツボ」には血行促進効果がある

ツボを押すと効果のあるのは体の血行を促進させる効果や老廃物を除去する効果のために必要なツボが多いからです。このツボを利用して小顔対策を行いましょう。体のツボを刺激することは、このツボの効果により体内の血流の改善や筋肉のコリを改善する効果があります。

この効果を利用して小顔のために必要な刺激を与えましょう。小顔のために必要な筋肉を活性化させるとともに無駄な老廃物を排出することで顔のむくみを取ることができます。そしてたるみを除去することで小顔に近づけることが可能になるでしょう。

むくみやコリを解消することで小顔効果

体のむくみやコリは体に良い影響を与えませんが顔にもむくみやコリが存在しています。これらの影響により顔が大きくなる原因となります。顔がむくむことやコリが増えることで顔にとって悪い影響としては、二重あごになってしまう、顔全体がパンパンに膨らんでしまうそして頬の場所が下がってしまうことで面長の顔になり大きな顔の印象を与えてしまいます。大きな顔の印象を与えるだけでなく人によっては老け顔に見られてしまうので、顔のむくみやコリは解消しなければいけません。

呼吸を意識するとリラックス効果も

顔の筋肉は適度に動かさないと凝り固まってしまいます。この凝り固まった筋肉を解消させるために呼吸をする時にも意識を持って行いましょう。意識を持った呼吸をすることでこれまで使っていない筋肉を動かすことができる事は、小顔にするための訓練にもなります。普段使わない筋肉を動かすことでコリを解消することができるでしょう。そのためには、呼吸1つでも意識を持って行わなければいけません。

フェイスラインに効くツボ

フェイスラインに効果のあるツボは複数存在しています。その中でも効果のあるつぼを押さなければ意味がありません。小顔のために必要なツボを押して顔のむくみやたるみを解消させましょう。そのために必要となるツボについて紹介していきます。

頬車(きょうしゃ)

フェイスラインのたるみや贅肉の解消に効果があるといわれている頬車は、 顔のエラの角の部分から1センチほど下にあります。このツボを押すことでフェイスラインのたるみの改善につながります。このツボは人差し指と中指のお腹を使って強く押してからゆっくりとゆるめることが上手なツボの押し方です。こちらのツボは歯の痛みを和らげることや胃の働きを良くする効果もあります。

四白(しはく)

四白のツボは、小顔効果のあるつぼといわれて降ります。顔のむくみの解消や頬の血行を良くする効果が期待できます。顔全体の筋肉をやられる効果もあるので、コリのある筋肉の改善にはぴったりのツボになるでしょう。目の中心の真下からくぼんでいる場所から指1本分下を目安にしてツボを押しましょう。両方の目のツボを同時に押すことになります。人差し指でグリグリと回すように刺激するのが正しい押し方になるでしょう。

上廉泉(かみれんせん)

この上廉泉のツボは、顔の部分でも二重あごの解消や首の贅肉をとる効果のあるつぼと言われています。顔の下半分に効果のあるツボで、 あごの部分の裏側の真ん中で少しへこんだところにあるツボです。両手の親指で刺激することになり、こちらのツボを押すときには顎を上げて首筋を伸ばすように刺激を行いましょう。こちらの都合は声がかれている状態や喉が痛いよだれが止まらない時に効果のあるツボになります。

目元や頬のたるみに効くツボ

小顔のためのツボ押しは、いろんな場所にあります。目元や頬のたるみにも効果のあるツボがあるので、気になる部分のツボ押しや顔全体のツボ押しのときには必ず実践してみましょう。適度な刺激を与えることが、ツボ防止に効果のあるやり方です。痛みの伴うときには注意しましょう。

顴りょう(けんりょう)

顴りょうのツボは、顔のむくみ済みの解消と顔の血行を良くする効果があるツボになります。しかもほうれい線が気になる人にとっては魅力あるツボになります。あちらのツボを押すとほうれい線によりできてしまったシワ薄くできる効果があります。

小顔効果のためには必ず行いたいツボの1つになるでしょう。 このツボの場所は、目尻から真下で、ほぼ骨の1番高い所を見つけましょう。この高い場所からやや下の部分で凹んだところがこちらのツボになります。両手の人差し指の腹を使ったツボ押しになります。下からツボを上に押し上げるようにするのがコツとなり、くるくる回すようにしましょう。

巨りょう(こりょう)

女性が気になる頬のたるみやシワそしてほうれい線を発足させる効果のあるこちらの巨りょうのツボは、小顔のために是非行いたいツボになります。しかも、 眼や口の歪みについても改善する効果のあるツボと言われているので、気になる歪みのある眼や口ならば必ず押しておきたいツボになるでしょう。こちらのツボは左右両方あるので両手の人差し指を利用して刺激することになります。

このツボの場所は、眼の中心から真下と小鼻横の位置の延長線上を交差させた場所にあるツボです。こちらのツボは、単純に押すだけでなく下から上に押し上げるように刺激することが効果のあるツボ押しになるでしょう。小顔効果では非常に重要なツボの1つになります。

魚腰(ぎょよう)

まぶたがむくんでいる人が解消するために押したいツボです。しかも目元のシワや涙袋のたるみの改善にも役に立つツボです。目元周りのむくみやたるみが気になる人はぜひこちらのツボを押してみましょう。こちらのツボは、黒目の上で眉毛の真ん中あたりにあるツボです。

親指で両方のツボを刺激することになります。押し続けるようにするのではなくこちらのツボを刺激するためにツボを押してから離す動作を繰り返します。押し続けるわけではないので注意しましょう。

こちらの魚腰のツボを押すと間違って眉の近くにある骨の縁を押してしまうことがあります。このように間違った場所を押してしまう人は、骨の縁を斜め下から押してみましょう。こちらのツボは、眼の付近にあるツボで白内障や老眼そして乱視の改善にも効果があるツボです。

球後(きゅうご)

目元のシワやたるみを解消したいならばこちらのツボを押してみましょう。このツボは、眼の疲れなどに効果のあるツボと言われております。こちらのツボの場所は、眼の中央と目尻の間にある骨を見つけましょう。この骨のくぼみの位置がこちらのツボになります。こちらのツボを押すときには目尻の方向に向かって人差し指を左右に小さく動かしましょう。

ツボ押しの注意点

小顔のために効果のあるツボは、闇雲に押しても効果を確実に得ることができないでしょう。小顔のためのツボ押しでは、効果のあるやり方を実践しなければいけません。

痛いところは無理に押さない

ツボを押すときに注意したいのが、 ツボを押したときに痛い場所があるときには注意しましょう。痛みが悪いことだと考えて押し続ける事は体にとって良くありません。そのため痛みがある場所は刺激しないようにしましょう。押し続けることで別の病気になってしまう可能性があります。気になる場合にはプロのマッサージサロンで相談してみましょう。

自分でツボに「お灸」をするのはやめましょう

お灸を行うのも、プロの人が行うときには的確にツボを刺激しできるように行ってくれます。しかし、素人の人が自分で行うときには正しいツボにお灸を行うことができないときには、間違ったやり方になります。

妊娠中のツボ押しは控えましょう

妊娠中では、外部からのいろんな刺激が敏感になっている状態です。小顔のためのツボ押しが胎児にどのような影響を与えるかわかりません。妊娠中は無理な小顔のツボ押しは控えておきましょう。

まとめ

ツボ押しは、場所を見つければだれでも行える小顔のための方法です。しかし、痛みを伴うことやお灸などをするときにはプロの人に相談しなければいけません。また、妊娠中は産婦人科で相談をして小顔のツボ押しマッサージを行いましょう。