そばかすを消す方法!治療法からメイク法、セルフケアまで

そばかすを消す方法!治療法からメイク法、セルフケアまで

顔にそばかすができていると透明感が失われてしまいますし、またとても気になってしまうものです。何とかしたいと思う方も多いことでしょう。できてしまったそばかすに対してはどのように対処したらいいのでしょう。そこでそばかすの特徴について、またそばかすの隠し方や消し方について説明したいと思います。

そばかすには4つの種類がある

そばかすには4つの種類がある
小さい斑点が特徴的なそばかすですが、実は1種類だけではなく、4種類に分類されるのです。徐々にできてしまうものばかりではなく、あることが原因で起こってしまうものもあるのです。ここで4種類のそばかすの特徴について説明したいと思います。

先天的なそばかす

そばかすは遺伝的にその性質を継承することがあります。日本人ではあまり多くないと言われていますが、両親のどちらかがそばかすができる方の場合、その性質を子供が継承し、小さい頃からそばかすができる場合があります。

後天的なそばかす

そばかすもしみの1つの種類と分類されることがありますが、しみと同様に後天的な理由によってそばかすができることがあります。多くは紫外線を浴びることで、できてしまったメラニンが体内で代謝されずそのまま残ってしまうことがあります。これが後天的なそばかすです。

産後にできるそばかす

出産を経験した女性の中には、産後に急にそばかすができてしまうことがあります。すべての女性で生じるものではありませんが、中にはそばかすができてしまうことがあるのです。

シミとそばかすの違い

顔にしみができてしまうと気になってしまうものですが、そばかすもできると目立ってしまうものなので、気になってしまいます。しみよりもそばかすの方が小さいものですが、そばかすの場合、小さい斑点がたくさんできてしまうことが多いものです。

そばかすはしみの1種と分類されることが多いものです。そばかすもしみもメラニンが代謝されずにそのまま残ってしまったことが原因でできてしまうことから、同じものとみなされることがあります。ただしみの多くは後天的な理由でできますが、そばかすの場合は先天的なものと後天的なものの2種類があります。

そばかすの原因

そばかすの原因
小さい斑点が特徴的なのがそばかすですが、できないようにしたいと思う方もいることでしょう。ここでそばかすができる原因について説明したいと思います。実際にはいろんな原因があるものなのです。

主な原因は遺伝

良心のうちのどちらかがそばかすができていると、その性質が子供に継承されてしまうことがあります。遺伝が原因でそばかすができることがあります。この場合、小さい頃からそばかすができてしまうことが多いといえます。

ストレスがそばかすを増やす

そばかすはメラニンが代謝されず、そのまま残ったためにできてしまうものです。ストレスが代謝に影響を与え、メラニンがそのまま残ってしまい、そばかすが増えてしまうことがあります。そのため、ストレスを定期的に排出するような活動を行う必要があります。

睡眠不足がそばかすを増やす

睡眠不足

睡眠中は体作りが行われます。できてしまったメラニンは健康体であればきちんと代謝され、なくなってしまいます。しかし睡眠不足になると、メラニンが残ってしまい、そばかすが増えてしまうことがあります。そのためそばかすを増やさないように、睡眠時間は毎日しっかりと確保しなければなりません。

妊娠でそばかすが出来ることがある

妊娠でそばかすができてしまうことがあります。ホルモンバランスが崩れることで、そばかすができてしまいます。この場合、できるだけそばかすを増やさないように、スキンケアをしっかりと行ったり、バランスのとれた食事をするなどが必要です。

紫外線でそばかすが増える

紫外線を浴びることで、メラニンが多くできてしまうことがあります。このメラニンは代謝されて消えてしまいますが、場合によってはそのまま残ってしまうことがあります。そのため、メラニンができないように紫外線を浴びないようにしなければなりません。

肌質が色白だとそばかすができやすい

肌質が色白だとそばかすができやすい
肌質が白い方はそばかすができやすいと言われています。色白の方はそのため、紫外線を浴びないように、日焼け止めを年間を通して塗ったり、スキンケアをしっかりと行うことが大切です。

食生活の乱れでそばかすが増える

肌のターンオーバーが乱れない、透明感があってしっとりしている肌を実現するためには、体にとって必要な栄養をバランスよく摂取できるように、健康的な食生活を送る必要があります。それによってそばかすができるのを予防することができます。

そばかすを消すメイク法

メイク

できてしまったそばかすはメイクで上手に消すことが大切です。メイクで消すことができれば、目立たなくなりますし、美しい肌を演出できます。ここでそばかすを消すメイク法について、説明したいと思います。

そばかすにはクリームタイプのファンデーションが効果的

クリームタイプのファンデーションはパウダータイプに比べて、カバー力が強いため、そばかすを消すためにはクリームタイプの方が適しています。ただナチュラルな感じに仕上げたい場合は、クリームタイプを使用した後はパウダーでなじませていくといいでしょう。

脂性肌のそばかす対策にはパウダータイプのファンデーション

脂性肌の方の場合、ある程度皮脂が分泌されるため、パウダータイプのファンデーションでもうまく馴染んでそばかすを上手に消すことができます。またメイク後はティッシュオフをして、自然な仕上がりになるようにしてください。

乾燥肌のそばかす対策にはリキッドタイプのファンデーション

乾燥肌のそばかす対策にはリキッドタイプのファンデーション
乾燥肌の方は肌とのなじみがいいリキッドタイプがお勧めです。リキッドタイプは水分や油分が多いため、肌の乾燥を防ぎますし、そばかすをきれいに隠すことができます。そばかす部分は指先で直接つけるとうまく消すことができます。

コンシーラーの色はファンデーションよりやや暗めにする

コンシーラーでそばかすを消す時には、ファンデーションの色よりも若干暗めのカラーを選択するようにしてください。暗めのタイプの方がそばかすをきれいに消すことができます。

コンシーラーとファンデーションをつける順番

ファンデーションでメイクをした後にそばかすが目立っている場合、目立っている部分だけにコンシーラーでそばかすを消すようにしてください。コンシーラーは使いすぎると目立ってしまい、メイクが不自然な感じになってしまいます。

ファンデーションはむらなく伸ばすのがコツ

ファンデーションをきれいにつけるコツは、均一な感じに伸ばしていくことです。これによって光の反射もきれいにできるため、そばかすも目立ちにくくなります。また厚めに塗らないようにしてください。

そばかすを医療機関で薬で消す方法

そばかすを医療機関で薬で消す方法
メイクでそばかすを消そうと思っても、きれいに消えないという場合は医療機関でそばかすを消してしまう方法もあります。ここで医療機関でできる、そばかすを消す方法について説明したいと思います。

レーザー

レーザーによる治療はしみやそばかすには非常に有効です。レーザーを照射した部分は、治療後しばらくするとかさぶたになり、剥がれおちてしまいます。それによってそばかすは消えてしまいます。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは色素が沈着している部分を浮き上がらせ、その後にそばかすがきれいに剥がれ落ちるというものです。また広範囲に照射できるため、広い範囲でそばかすができている方には特に有効です。

医薬品でもそばかすの対策ができる

医薬品の中にはそばかすに効果のあるものがあります。肌のターンオーバーを促進したり、美白効果のある成分を配合するなど、そばかすを薄くしやすくする効果が期待できます。完全にそばかすを消すためには、レーザーなどの方が効果があるようですが、医薬品でもある程度の対策ができます。

医薬品の気になる副作用

そばかすに効果のある医薬品は、体に対して強い作用のある成分は配合されていないため、安心して使用することができます。副作用もあまりないと言えるでしょう。ただ強い効果がないことは理解しておく必要があります。

そばかすを消すためのセルフケア

そばかすを消すためのセルフケア
そばかすを消すために、自宅できる方法があります。ある程度の効果は期待できるため、そばかすで悩んでいる方は是非実行してください。ここでその方法を説明したいと思います。

シミけしクリームを使う

スキンケアコスメの中には、しみに対して有効な成分が配合されたクリームが販売されています。ビタミンCやアルブチンなど、美白効果やメラニンの生成を抑える成分が配合されています。これを毎日使用することでシミを薄くすることが期待できます。

美白美容液を使う

美白用の美容液にはビタミンCなどが配合されており、通常の化粧水やクリームよりもより高い効果が期待できます。毎日のスキンケアにプラスして使用してみるのもいいでしょう。

紫外線を浴びないようにする

日焼け ダメージ

紫外線を浴びると、メラニンができてしまいます。メラニンができなければしみやそばかすができないようにすることができます。そのため、日ごろから紫外線を浴びないようにしなければなりません。

ビタミンの多く食事をとる

ビタミンは肌のターンオーバーを促進するなど、肌の健康維持のために欠かせない栄養素です。そのため毎日の食事から十分に摂取していくことが大切です。野菜などをたっぷり食べて、ビタミンを毎日摂取するように努力することが大切です。

過剰に気にしないようにする

そばかすができているとつい触ってしまいたくなります。過剰に触ることは肌のためによくありません。そのため、日ごろから過剰に気にすることがないようにしなければなりません。食生活やスキンケアをきちんと取り組むようにしてください。

十分な睡眠を取る

睡眠中に体が作られていきます。美肌のためには十分な睡眠を確保することが大切です。そのため、できるだけ十分な睡眠を取るように努力をしてください。早めに寝てしまうことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。そばかすは先天性のものもありますが、後天性でできてしまうものもあります。できてしまったそばかすはスキンケアを行ったり、メイクで隠すことが必要です。またきれいに消してしまいたい場合、医療機関で治療を受ける方法が有効です。