しみ・そばかすは治る!原因を知って正しい対策を!

女性の肌の悩みには、いつの間にかできてしまったしみ、幼い頃からあるそばかす、などさまざまなものがあります。一般的にしみは、紫外線を浴びた際に肌を守ろうとしてメラニンが過剰に生成され、それが排出されずに沈着して生じるものとされています。しかし、実際にはしみやそばかすにはいくつかの種類があり、その症状に合わせた対策が必要となります。そこで、しみやそばかすの種類や症状に合ったケアの方法について詳しく説明します。

しみ・そばかすの5つの種類

しみ・そばかすと言ってもそれぞれ種類があることを知っていましたか?出来てしまう原因や具体的な症状なども異なるため、違いを知って自分にあてはまる症状を見つけましょう。

老人性色素斑


「日光黒子」という別名をもつ、しみの代表格ともいえるものです。紫外線の影響が原因とされていますが、日焼けとは違って、紫外線を浴びてからしばらく経ってから生じる症状で、メラニンだけでなく加齢も大きく関係していると考えられています。過剰に生成されたメラニンは加齢によるターンオーバーの低下によって排出できず、肌表面に茶褐色の色素沈着として残ります。

肝斑(かんぱん)


30~40代の女性に多くみられるしみで、主に頬骨にそって左右対称にできることが多いものです。紫外線を浴びた後のしみによく似ていて誤解されがちですが「美白ケアをしても改善できない」「しみがどんどん増える」という場合は、肝斑を疑ってみる必要があります。肝斑は女性ホルモンの影響によって生じる肌トラブルであるとされており、閉経とともにしみが薄くなることもあります。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)


別名「老人性疣贅」や「老人性いぼ」とも呼ばれるもので、老人性という言葉とは裏腹に20代で発祥する人もいます。手のひらや足の裏を除いて体のあらゆる場所にできるもので、特に紫外線をよく浴びる顔から首周りに多く生じるとされています。はじめは数ミリ程度で目立たないこともありますが、気づかずに放置することで加齢とともに増大するのも特徴の1つです。

雀卵斑(じゃくらんはん)


この名前を聞いてすぐにピンとくるという人はほとんどいないのではないでしょうか。読んで字のごとく、スズメの卵かと思わせる小さな斑点が顔に表れるもので、そばかすの名でよく知られているものです。遺伝によるものと紫外線の影響によるものがあり、紫外線を浴びてメラニンを生成するメラノサイトの働きが活性化されることによるものとされています。新陳代謝が活発な子供にも起きやすいものであり、幼児期から思春期に多く見られることもあります。

炎症後色素沈着


強い刺激を受けた肌の一部の色調が濃くなり、周囲の皮膚よりも茶褐色が強くなって表れるものです。皮膚炎やニキビ、湿疹、火傷、外傷、虫刺されなど、肌が炎症を起こした後に起こりやすいため、炎症後色素沈着という名前がついています。刺激によって過剰に生成されたメラニンが沈着することで起こるもので、医療レーザーやケミカルピーリングの施術後に生じることもあります。

しみ・そばかすの原因

しみ・そばかすが出来てしまう原因としてよく知られているのが紫外線ですが、それ以外にも原因があることは知っていましたか?ここでは、しみ・そばかすが出来てしまう原因ついてご紹介します。

しみやそばかすは遺伝しやすい

しみやそばかすは遺伝しやすいといわれており、特に子供の頃に出る場合はその可能性が高いと考えられます。この原因遺伝子があると紫外線で損傷したDNAを修復する物質が分解されてしまうといいます。このように、しみやそばかすは遺伝子情報によって親から子へと伝えられる可能性が考えられます。

加齢でしみやそばかすが増える


加齢とともに肌細胞をはじめとして体の細胞は老化して機能が低下してきます。血行不良や代謝の低下も起きやすく、それによって肌のターンオーバーの機能も低下します。紫外線を浴びたり、肌に刺激を受けたりして過剰に生成されたメラニンは、通常はターンオーバーの際に古い角質と一緒に排出されるものですが、機能が低下すると思うようにメラニンを排出することができず、色素が角質層に沈着することによってしみやそばかすが増える原因となります。

UVAでしみやそばかすが増える


一般的に紫外線を細かく分類することはありませんが、実はさまざまな周波のものが含まれています。UVAは紫外線A波と呼ばれるもので、地上に届く全ての紫外線のうちの90%以上を占めるといわれています。エネルギー自体はそれほど強くないものの、照射量が多く肌に浸透しやすいためダメージが大きくなります。UVAの20~30%は真皮層まで達すると考えられており、コラーゲンやヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞を損傷して、ハリや弾力と低下させます。また、メラニン色素の生成を活性化させるため、しみやそばかすが増えます。

UVBでしみやそばかすが増える

UVBは紫外線B波に分類されるもので地表に届く紫外線の5%程度で、肌に浴びてもほとんど表面で吸収されます。照射量は少ないもののUVAよりもエネルギーが強いため、表皮の細胞にダメージを与えて火傷のように赤くしたり、メラニン色素を沈着させて褐色にさせたりします。海水浴などの屋外での日焼けのほとんどはUVBによるもので、焼けた後にしみやそばかすを増やす原因となることがあります。

女性ホルモンの乱れでしみやそばかすが増える

女性には月経があり、生理が始まる前からエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンが生理のプロセスによってそれぞれ分泌量が増えます。特に排卵後から生理が始まるまでは、プロゲステロンの分泌が増加することによってしみやそばかすが増えます。そのため、妊娠、出産などで女性ホルモンの影響を大きく受ける時期は、しみやそばかすが多くなることがあります。

ストレスでしみやそばかすが増える


過度なストレスや慢性的なストレスを受けると自律神経やホルモンバランスが乱れ、血行不良や代謝の低下が起こりやすくなります。ストレスのために不眠状態になれば、成長ホルモンが肌のターンオーバーを促進する機会も失ってしまいます。肌のターンオーバーが乱れれば、本来古い角質と一緒に排出されるべきメラニンが肌に残ったままとなり表皮に沈着することでしみやそばかすが増える原因となるのです。

しみ・そばかすが気になる人の正しいスキンケア

しみやそばかすは、遺伝や女性ホルモンなど、体の内側のことが原因となってできることもあります。しかし、毎日のスキンケアによってしみやそばかすがきやすい環境をつくってしまっていることも少なくありません。しみやそばかすが気になる人に知っておいて欲しい正しいスキンケアのやり方について紹介します。

洗顔を使い過ぎない

ピーリングV10クレイマスクの使い方

洗顔はスキンケアの基本であり、皮脂汚れや毛穴の黒ずみなどが気になる方は洗顔を重視する傾向があります。しかし、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、指やてのひらでゴシゴシと摩擦を与えながら洗顔したりすることによって、肌に刺激を与えて色素沈着が起こりやすくなります。また、1日に何回も洗顔すると肌バリアに必要となる皮脂まではがしてしまい、色素沈着しやすくなるので注意が必要です。

化粧水を使って保湿する


スキンケアの基本は洗顔と保湿です。肌は潤いやハリ、柔軟性を保つために肌細胞のなかに水分が必要となります。出来てしまったしみ・そばかすを消すことは難しいと言われていますが、美白成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。その中で「エナジーシグナルAMP」と呼ばれる美白成分がしみを薄くすると言われています。また、肌の奥に潜んだメラニンを肌の表面に出てこないようにするためにも美白成分が含まれている化粧水を使用することをおすすめします。

乳液を使って保湿を維持する

乳液は水分ではなく肌に不足する油分を補給し肌バリアの機能を正常に保つ役割があります。また、化粧水で補給した水分に満たされた肌に蓋をして保湿を維持する効果も期待できます。

パックで肌を清潔にする

一般的な洗顔では、指で刺激を与えることを避けるためゴシゴシ洗うことはできません。そのため、定期的にパックをして毛穴の詰まりを解消すれば、色素沈着を抑制することができるでしょう。

クリームを使って保湿する


クリームには乳液よりも油分が含まれる量が多いため、長時間にわたって肌の保湿や保護の効果が持続します。ただ、乾燥肌、脂性肌、敏感肌などの肌質によっては、合わない場合もあるので自分の肌質に合わせて選ぶようにしましょう。

ビタミンを意識して摂取する

しみやそばかすの改善に効果があるビタミンとしては、抗酸化作用に優れ美白効果があるだけでなく、肌のハリや弾力に不可欠となるコラーゲンの生成もサポートするビタミンCが有名です。そのほかにも、抗酸化作用が高く皮膚や粘膜の保護に必要となるビタミンE代謝をサポートするビタミンB群、ビタミンA、ナイアシンなど、肌の状態を整える働きのあるビタミンは数多くあります。日頃から意識して積極的に摂取することが大切です。

ストレスをしっかりコントロール

しみやそばかすは日頃のスキンケアや紫外線対策などが大切であることは言うまでもありません。しかし、生活習慣や食習慣が肌に与える影響も大きいため、生活全般を見直すことが大切です。特にストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となり、肌のターンオーバーを乱してしみやそばかすが増えること繋がるかもしれません。日頃からストレスコントロールをしっかりとすることが大切です。

しみ・そばかすの消し方


しみやそばかすは、気づかないうちにできてしまう一方で、簡単には消すことが難しいものです。一時的に消すためには、メイクを工夫する方法もありますが、根本的に治療する必要がある場合も考えられます。しみやそばかすを消す方法についてまとめてみました。

ファンデーションを肌色にする

しみやそばかすは、スキンケアや生活習慣、UVケアなどを見直して改善を図ることが重要となりますが、即効性はないため地道な努力の積み重ねが必要となります。しかし、仕事やプライベートですぐにしみやそばかすを何とかしたいというときもあるでしょう。そんなときは、ファンデーションでカバーする方法もあります。しみやそばかすの濃淡やサイズにもよりますが、少し濃い肌色を塗って隠せば不自然に見えることもないでしょう。

コンシーラーを肌色にする

コンシーラーは、しみやくすみだけでなく凹凸のあるニキビ跡も隠すことができる便利なコスメアイテムです。肌色のコンシーラーをしみやくすみが気になる部分に厚塗りにならないように伸ばすようにすれば、目立たないだけでなくメイクでカバーしているということにも気づかれにくいでしょう。ピンク系やブラウン系にすると返って目立つので注意が必要です。

皮膚科で外用薬を処方してもらう


しみやそばかすができている範囲が広かったり、色が濃すぎて気になったりする場合は皮膚科を受診するのも1つの方法です。メラニンを排出するとともにメラニンの生成を抑制する作用のある外用薬を処方してもらいましょう。肌の漂白剤として知られているハイドロキノン配合の外用薬は、用量や用法を守らないと白斑ができることもあるので注意が必要です。

皮膚科で内服薬を処方してもらう

皮膚科を受診するとしみやそばかすの状態によっては、内服薬を処方されることもあります。内服薬では、メラニンの排出やメラニンの生成を抑制する美白成分が含まれているものが一般的です。美白成分としては、ビタミンCやビタミンE、L-システイン、トラネキサム酸などがよく処方されます。処方薬が厚生労働省に認可されているか否かによって自己負担の割合が変化します。

生活習慣を改善する

睡眠不足、ストレス、偏った栄養、運動不足、喫煙、過度の飲酒などは、肌だけでなく体調に大きく影響するものです。血流やリンパの流れ、代謝などが低下すれば肌の新陳代謝やターンオーバーの機能が低下してしみやそばかすなどの肌トラブルが生じやすくなります。スキンケアも大切ですが、生活習慣を根本的に見直して体のなかからキレイにすることも不可欠であることを理解しておきましょう。

しみ・そばかすをレーザーで改善する流れ


しみやそばかすを一時的に隠したり、薄くしたりするにはメイクを工夫する必要があります。しかし、根本的に問題を解消することにはなりません。素肌から美しくしたいと願う人には、美容皮膚科などでレーザー治療する方法もおすすめです。しみやそばかすをレーザーで改善する流れについて紹介します。

しみ・そばかすのレーザー治療を受けるために必要なこと

しみやそばかすの数が多かったり、広範囲にわたっていたりする場合のみでなく、肌の表皮ではなく真皮層の深くまで色素が沈着している場合は、セルフケアではなかなか改善することが困難です。どうしても気になる場合は、美容皮膚科などでレーザー治療を受けることも1つの選択といえるでしょう。レーザー治療を受ける際には、事前のカウンセリングなど必要となることがいくつかあります。

カウンセリングを受ける

美容皮膚科や美容外科などでは、必ず事前に医師や看護師などによるカウンセリングを受けるのが一般的です。しみやそばかすが気になりだしたのはいつ頃からなのか、どんなことが原因として考えられるか、現在の進行状況はどうなのかという患者からの情報だけでなく、施術内容や施術後の注意点、副作用などについても確認しておくことが大切です。

費用の見積もり

通常のしみやそばかすは皮膚がんなどのような疾病ではないため、保険適用外となることが一般的です。そのため、レーザーによる医療施術にかかる費用などは全額自己負担となることが当然となります。しみやそばかすの範囲によっては、施術費用が高額になる場合もあります。また、1回の照射では除去しきれないこともあるため、総額でいくらになるかという見積もりをしておくことが大切です。

テスト照射でレーザーが受けられるかの確認

レーザーによるしみやそばかすの除去では、真皮層の奥深くにあるメラニン色素だけに働きかけて取り除くものです。正常な皮膚にはほとんどレーザーが吸収されないものですが、治療後にはかさぶたの状態になって、1週間ほどで新しい皮膚が再生することでしみやそばかすが薄くなります。人によってレーザーによる治療によって副作用のような症状が現れることもあるため、事前にテスト照射が受けられるクリニックかどうかを確認しておきましょう。

治療にかかる期間

レーザーによる治療は、しみやそばかすができている範囲や色素沈着の深さによっても変わるものなので、治療にかかる期間は一概には言えません。しかし、1回の治療だけで完全に除去できる場合と何回も照射を繰り返さなければならない場合は、治療にかかる期間にも大きな差が出ます。したがって、自分のしみやそばかすで新しい皮膚が再生されるまでの期間を確認しておくことも大切です。

まとめ

ベースとなる肌はきれいなのにしみやそばかすがあるだけで、人目を気にする悩みとなることがあります。しみやそばかすには遺伝性のものと生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなどでできてしまうものの2種類があります。洗顔や保湿などのスキンケアとともに自律神経やホルモンバランスを乱す原因となる生活習慣の見直しも必要となります。深刻なしみやそばかすは皮膚科や美容外科を受診して解決しましょう。