しみ・そばかすを消すためのおすすめ商品!正しいケアで美肌を

子供の頃は可愛いといわれるそばかすも大人になると気になるものです。また、加齢とともに増えていくしみは、徐々に濃く、広くなり一般的なスキンケアだけでは改善できないことも多くなります。しみやそばかすは、紫外線や肌の摩擦などによって色素が沈着して起きるものであり、メラニンの排出を促したり、メラニン生成を抑制したりすることでしみやそばかすを改善することができます。そこで、しみやそばかすができる原因や消すためにおすすめの商品などについて解説します。

しみ・そばかすが増える原因

老化・加齢

肌に大きな変化をもたらす原因に老化や加齢があります。自然の摂理であるため体の細胞の働きが低下するのはある意味仕方がないことですが、肌の老化は正しいケアによって抑制することも可能です。加齢によって肌の細胞を錆びさせることになる活性酸素が過剰に発生します。また、肌のターンオーバーが低下し、メラニンの排出がスムーズにできなくなることでしみやそばかすが増えます。

紫外線の影響を受ける

レジャーで海や山に出かけなくても、普段の生活をおくるなかで浴びる生活紫外線の量は軽視できるものではありません。服に覆われていない顔は紫外線の影響を受けやすく、肌は紫外線から守ろうと大量のメラニンを生成します。通常はメラニンは肌のターンオーバーによって古い角質とともに排出されますが、過剰に生成されたメラニンは排出が追い付かず皮膚の表皮層や真皮層に沈着することでしみやそばかすの原因となります。

間違ったスキンケア


メラニンの沈着は紫外線のみが原因で起こるものではありません。肌に刺激や摩擦を与えることによってもしみやそばかすが増えます。洗顔の際に洗浄力の強い洗顔料を使ってゴシゴシと洗ったり、メイク落としの際に力をいれて肌をこすったりすることでもメラニンが沈着しやすくなります。また、肌の保湿が不十分であったり、皮脂コントロールがうまくできなかったりすることによってもしみなどが増えます。日頃のスキンケアを見直す必要があるといえるでしょう。

食生活の乱れ

忙しい毎日を送っているとついついジャンクフードやコンビニ弁当などで済ませてしまうことがあり、栄養バランスが乱れがちです。肌細胞を活性化できないだけでなく、血行不良や代謝の低下、肥満などが起きることによって、肌トラブルが起きやすくなります。人の肌は食べたものでできているため、スキンケアだけでなく肌にいい食べ物を選んで積極的に摂取することが大切です。

女性ホルモンの乱れ

月経の前後、女性ホルモンのバランスは大きく乱れます。女性ホルモンのなかに肌に大きな影響を与えるものもあり、角質層を厚くしたり、メラニンの生成を促進したりすることもあります。特に排卵後から生理前まではホルモンの分泌が乱れがちになります。また、ストレスや睡眠不足、疲労などによって自律神経とともに女性ホルモンのバランスが乱れてしみやそばかすができやすくなることもあります。

ニキビ


ニキビは毛穴に、古い角質や皮脂汚れなどが詰まって出口を塞ぐことによってできます。そのまま放置するとニキビ跡がしみに変化して黒ずむこともあります。ニキビができやすい人は、皮脂が過剰に分泌されているとして洗顔をやりすぎる傾向があり、それがさらに肌トラブルを起こす原因となることもあります。正しい洗顔と十分な保湿はしみやそばかすの予防にも大切です。

しみ・そばかすを消す4つの基本的な方法

サプリでしみ・そばかす予防

しみやそばかすは色素が沈着して生じるものであるため、予防のためにはメラニンを排出する美白効果の高い成分が配合されたサプリを摂取する必要があります。抗酸化作用に優れ、肌にハリや弾力を与えるビタミンCは美肌のためには欠かせない成分です。そのほかにもアルブチンやビタミンA、ビタミンE、アントシアニンなどしみやそばかすに効果が期待できる成分が配合されたサプリを選ぶようにしましょう。

メイクでカバー


しみやそばかすの原因となるメラニンの排出には、時間をかけた地道なケアが必要です。即効性は期待できないため、気になるしみやそばかすをすぐに何とかしたいという場合は、メイクでカバーして一時的にしみやそばかすを隠すこともできます。肌色に近いコンシーラーを使えば、肌全体が自然にみえます。また、しみやそばかすから視線を外すためにハイライトなどを入れる方法もあります。

しみ・そばかすを消すスキンケア用品を買う

スキンケアでしみやそばかすを消すためには、美白作用に優れた成分が配合された化粧水やクリームなどがおすすめです。美白効果に優れているビタミンCは、そのままでは不安定で肌に浸透しにくいため、浸透力の高いビタミンC誘導体が配合されたコスメがおすすめです。アルブチンやビタミンEなど抗酸化作用が高い成分も一緒に配合されているとより効果を期待することができるでしょう。

美容外科に相談する


肌の表皮層ではなく真皮層の深い部分にまで色素が沈着している場合は、セルフケアでしみやそばかすを消すことは困難です。美容外科に相談すれば、ケミカルピーリングや医療レーザーなど、しみやそばかすの状態にあった施術を提案してくれるでしょう。また、外科的な施術ではなく、外用薬、内服薬を処方されることもあります。

おすすめのしみ・そばかす予防サプリ3選

DearEat ヒアルロン酸 セラミド配合 無添加


→アドレスにアクセスできず、商品名で検索してもヒットなし

JEWEL WHITE (ジュエルホワイト) 日焼け止め サプリ ~ システインペプチド 配合


紫外線は肌に大きなダメージを与えるものであり、しみやそばかすを増やす原因となります。普段からUVケアを怠らないようにすることが大切ですが、この商品はクリームではなく飲む日焼け止めサプリです。植物由来成分を豊富に含んでいるとともに、皮膚や粘膜の健康をサポートするパントテン酸や皮膚や粘膜の健康をサポートするビタミンB2などが豊富に含まれています。

ASTALIVE(アスタライブ) アスタキサンチン トコトリエノール


高酸化力が非常に高く、過剰な活性酸素を除去して、美白や美肌に効果が期待できるアスタキサンチンが配合されたサプリです。アスタキサンチンはコエンザイムQ10の約800倍にもおよぶパワーで加齢や紫外線、ストレスなどによる肌のダメージと戦ってくれます。また。ビタミンEの一種であるトコトリエノールは、強い抗酸化作用により、メラニン色素の生成を抑制して高い美白効果を期待することもできます。

おすすめのしみ・そばかすカバー化粧品3選

ダーマカラー キューブコンシーラー アンド パウダー ミディアムベージュ

プロのメイクアップアーティストからも支持されているワンランク上のカバー力が話題のファンデーションです。もともと特殊メイクアップのために開発されているものであるため、火傷あとやアザ、ニキビ跡や色素異常なども完璧に隠すことができます。圧倒的なカバー力を誇るコンシーラーとウォータープルーフのパウダーがセットになっているため、広範囲に広がったしみやそばかすでも自然に隠すだけでなく、表面がサラサラして崩れにくいのも魅力です。

かづきれいこ カバーリングファンデーション イエロー


しみやそばかすだけでなく、傷跡やあざもしっかりとカバーしてくれるイエロー系のファンデーションです。明度の高いイエローは、しみやそばかすの茶色みや赤みを一瞬で消すことができます。また、肌が明るく見えるだけでなく透明感が引き出されるのも魅力です。キメの細かいパウダーは抜群の密着力で、濃いしみでも長時間しっかりとカバーしてくれます。カラーを何色か混ぜれば自分の肌色にピッタリのカラーをつくることも可能です。

DHC薬用PWコンシーラー (オレンジベージュ)


一般的な化粧品とは一線を画す美白効果が人気の薬用コンシーラーです。独自のテクノロジーを採用しており、部分的な色ムラ、毛穴などの凹凸などを全てカバーし、いつもよりワントーン明るい肌を長時間キープすることができます。時間の経過とともに肌に分泌される汗や皮脂と混ざることによって、さらに明るさが増すラスティングホワイト・ピグメントが配合されているところにも注目が集まっています。

おすすめのしみ・そばかすを消すスキンケア商品4選

リアルビューティーケア セシュレル


肌への刺激やダメージが気になる方のために、32種類もの植物由来成分が贅沢に配合されています。また、N-アセチルグルコサミンをはじめとして、肌のハリや弾力、美白に特化した7種類の美容成分が配合されており、肌に潤いを与えながら美白することが可能です。敏感肌用パッチテストや刺激、アレルギーに関するテスト済で、敏感肌や乾燥肌などの方でも安心して使用することができます。

フレキュレル


紫外線や間違ったスキンケアによって色素沈着が進行して生じるそばかすの対策のために特化してつくられた美白クリームです。紫外線や肌の刺激によって過剰に生成されるメラニンを抑制、排出するために効果が期待できる5種類の成分が配合されており、肌に保湿力や浸透力、持続力を与えることで1日中モチモチの肌をキープすることができます。また、美白成分をナノ化して配合しているため、肌に効率的に浸透できるのも魅力です。

メラノCC


安定した状態で肌の奥までスーッと浸透する高浸透ビタミンC誘導体が配合されており、肌の中で抗酸化作用の高いビタミンCに変化することで、紫外線や刺激によるメラニンの沈着を予防することができます。さわやかな柑橘系の香りに癒やされながら、気になるニキビ跡にも潤いを与え続けてくれます。いつもスキンケアにプラスするだけで、気になるしみやにきびを集中的にケアすることができます。

プラセホワイター


厳選された国産100%のプラ遷都を配合しており、メラニンの生成を抑制してしみやそばかすを防ぐとともに透明感のある健康な素肌に導いてくれます。また、コラーゲンやハトムギなどの保湿成分もたっぷりと配合されており、しみやそばかすとともに小じわも目立たなくすることができます。しっとりと潤うのにべたつかないクリームは肌によくのびて浸透し、長時間ハリのある肌を維持するのに効果的です。

どうしてもしっかり消したい!美容外科での施術と相場

ピーリング

しみやそばかすが肌の表皮層ではなく真皮層にまで達したメラニンが原因である場合は、一般的なスキンケアだけでは解消することが難しいこともあります。そんなときは美容医学の専門家である美容外科に相談してみるのもいいでしょう。薬剤を使って古い角質を溶かして肌のターンオーバーを促すケミカルピーリングは、レーザーに比べると肌への負担も少なく、費用も1万円~2万円ほどで済みます。

レーザー治療


メラニンを生成するメラノサイトにレーザーを照射することで、しみやそばかすを除去するレーザー治療は、美容外科の施術ではごく一般的なものとなっています。レーザー治療はしみやそばかすの範囲、使用するマシンによっても費用がかなり異なるため、5,000円~200,000円程度と幅があります。また、1回の照射で済む場合と5回以上の照射が必要な場合もあります。事前に費用や施術内容を確認しておくことが大切です。

外用薬や内服薬の処方

皮膚科や美容皮膚科では、ピーリングやレーザーなどの外科的な施術だけでなく、外用薬や内用薬の処方でしみやそばかすを除去する治療もあります。内服薬としては美白効果のあるビタミンCやアルブチン、ビタミンEなどが配合されたものが多く、一方、外用薬ではそれ以外に肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンが配合された塗布薬が処方されることもあります。

まとめ

年齢を重ねれば重ねるほど気になる顔のしみやそばかす。遺伝によるそばかすは別として、紫外線や肌への刺激、生活習慣によってできるしみは、放置すると濃く広範囲に及ぶようになります。肌の角質層に色素が沈着することによって起こるため、メラニンの生成を抑制したり、排出を促したりするためのケアが必要となります。美白コスメやピーリング、レーザーなど、症状により自分に合うケアの方法を見つけてしみやそばかすを消しましょう。