しみやそばかすを消したい!まず気をつけることは・・

どんなにお肌のお手入れをしていても出来てしまうのがしみやそばかすです。何でしみやそばかすができるのかを理解していないと誤ったスキンケアをしていたり、しみやそばかす対策をしてしまいがちです。こちらではしみやそばかすの原因と消す方法などの情報をご紹介します。

しみそばかすの違い

同じように思われがちなしみやそばかすですが、実はこの二つは似てはいますが全く違った症状にカテゴライズされます。しみとそばかすはどのように違うのでしょうか。まずはしみとそばかすの定義の違いについてご紹介します。

そばかすは先天性

そばかすの多くが遺伝によって作られる先天性の物になります。斑点の大きさはしみと比べると小ぶりで鼻の周りや頬にできやすいといった所がしみと異なっております。また、しみとは違い年齢を重ねるにつれて徐々に薄くなっていく所もしみとの大きな違いになっております。

しみは後天性

そばかすが先天性なのに対してしみは後天性になります。紫外線のダメージであったり加齢などが主な原因となっております。老化現象のひとつにカテゴライズされる老人性色素斑などもしみになります。皮膚の炎症が原因であったり、ホルモンバランスの乱れなどによってもしみが生じます。

しみそばかすを自力で消す方法

しみやそばかすのケアをしっかりと行っていても、やはりすべてゼロになるわけではありません。やはり少なからずしみやそばかすが出来てしまう事もあります。そんな時にはどのようにして対処すればよいのかわからない方も多いと思いますので、しみそばかすを自力で消す方法についてご紹介します。

紫外線対策を徹底的に

しみやそばかすの原因として最も影響力が大きいのが紫外線です。紫外線によってメラニン色素が多く作られ、それらが表面化されしみやそばかすとして現れます。そのため紫外線をしっかりとガードしていけば、しみやそばかすが出来にくくなるのです。また、紫外線をガードする事によって現在しみやそばかすがあるという方もそれ以上症状を悪化させる事はありません。まずは紫外線をガードするのがとても重要なポイントになるのです。

肌に負担の少ない洗顔方法

しみやそばかすができる原因の一つとして肌への負担が挙げられます。肌はダメージを受けるとメラニン色素を大量に排出します。つまり洗顔の時に力を入れてゴシゴシと洗ってしまうとしみやそばかすが出来やすくなってしまうという事なのです。洗顔は皮膚にダメージを与えないように優しく行うようにしてください。

美白成分の入った化粧品を使う

しみやそばかすを無くすために力になってくれるのが美白成分の入った化粧品です。しみやそばかすを薄くする栄養素がたっぷりと入っている美白化粧品を日常的に使う事で、徐々にしみやそばかすを薄くする事ができます。美白効果によってしみやそばかす以外の部分も透明感のある肌を手に入れる事ができますのでおすすめです。

肌のターンオーバーを促す

しみやそばかすはターンオーバーによって徐々に薄くなっていきます。その為、規則正しいターンオーバーができていることが一刻も早くしみやそばかすを無くすために必要になります。ターンオーバーが乱れている方は、どうしても長くしみやそばかすが出来たままになってしまいますのでターンオーバーがしっかりと行われるようにライフスタイルの改善などを行うようにしてください。

そばかすに効果的な栄養素を摂取する

しみやそばかすは体内から改善する事も可能です。しみやそばかすに効果のあるビタミンCやセラミド、リコピン、L-システイン、ビタミンE、β-カロチン、エラグ酸などを摂取する事でしみやそばかすを改善する事ができます。食事からだと難しいかと思いますので、サプリメントなどを上手に使って対応してください。

ストレスをため込まない

人間はストレスがたまるとビタミンCを消費してしまいます。ビタミンCはしみやそばかすを治すのに必要な栄養素ですので、ストレスによって消費されてしまいますので当然ながらしみやそばかすは治りにくくなってしまいます。しみやそばかすを治したいのであればストレスをためこまないようにしましょう。

良質の睡眠をしっかりとる

睡眠不足の場合にもしみやそばかすが現れてしまいます。良質な睡眠を規則正しく取る事によって、しみやそばかすが出来にくくなりますし、しみやそばかすを薄くする事ができます。

しみ消しクリームを使用する

しみ消しクリームは、そばかすにも効果があります。用法用量を守って正しく使えば、徐々にしみやそばかすは薄くなっていきます。

皮膚科でしみそばかすを消す

自分でしみやそばかすを消す事ができない場合には、やはりプロの手を借りて対応する必要があります。こちらでは皮膚科でしみやそばかすを消す方法についてご紹介します。

ピーリング治療

皮膚科で行われるピーリングは、化学成分で作られた薬剤を皮膚に塗布し、古い角質を除去するタイプの治療法です。ターンオーバーが促されますので表皮部分に現れていたメラニン色素を除去する事ができます。

イオン導入

イオン導入器はビタミンCを皮膚の内側に効果的に注入するような働きをもつ機械です。いきなり全てのしみやそばかすを除去する事はできませんが、何度か行っていくにつれて徐々に薄くする事ができます。

IPL光治療

IPL光治療は、とても弱い強さの光を当てる事で、しみやそばかすを形成しているメラニン色素にダメージを与えしみやそばかすをキレイに除去する事が出来る治療法です。パワーが弱いので何度か通う必要がありますが、お値段もリーズナブルで、肌が赤くなるといった事も有りませんので人気があります。

レーザー治療

レーザー治療は、IPL光治療よりも強い光を照射する事によってメラニン色素を破壊し、しみやそばかすを除去してくれます。かなり強いパワーですので照射後は赤みを帯びた肌になりますが、IPL光治療よりも効果的にしみやそばかすを除去する事ができます。

内服薬を服用

しみやそばかすに効果のあるビタミンCやL-システイン、ビタミンEなどの成分が配合された内服薬を服用してしみやそばかすを除去する方法です。即効性はありませんが市販されているサプリメントよりも強い効果がありますので症状の改善に期待が持てます。

外用薬を塗布

しみやそばかすに効果のあるビタミンCなどの成分を皮膚から吸収されるように作り変えた外用薬を塗布してしみやそばかすを徐々に薄くする事ができます。内服薬との併用によってより効果を高めるのが一般的な皮膚科での治療方針になっております。

しみそばかすを隠すメイクの方法

しみやそばかすが出来てしまった場合、しみやそばかすが消えるまで出歩かないわけにはいきません。女性の場合には。しみやそばかすを除去するようにメイクをするのが一般出来です。一般的なメイクと違い、しみやそばかすを隠すメイクはどのような所に注意して行えばいいのでしょうか。

下地

カバー力のある化粧下地を使うのがポイントになります。できれば紫外線を防止してくれるような日焼け止め成分が入っている物の方がこれ以上しみやそばかすを増やす事がありませんのでおすすめです。

ファンデーション

ファンデーションはカバー力のあるものを選ぶのは当然なのですが、なるべく伸びのよりファンデーションを選ぶと厚塗りし過ぎず、自然な仕上がりのメイクになりますのでおすすめです。カバー力が弱く伸びの悪いファンデーションですとどうしてもメイクが重くなりがちですので注意してください。

コンシーラー

しみやそばかす対策にコンシーラーはとても重要になります。最近では少量でもかなりしっかりとしみやそばかすを隠す事ができるコンシーラーが登場していますのでそういった物を選ぶように心がけてください。カバー力の強いコンシーラーが一本あると目の下のクマやニキビなどにも効果的ですので揃えておいて損はありません。

フェイスパウダー

フェイスパウダーはコンシーラーとファンデーションを馴染ませるような物を選ぶようにしてください。特に色目は重要になってきますので、しっかりと時間をかけて選ぶ事をお勧めします。馴染ませるからといって大量にファンデーションをはたいてしまうと厚塗りに見えがちですので注意してください。

お勧めのケア用品

しみやそばかすはしっかりとした対策グッズを使うかどうかでその後の状態が左右されます。こちらでは、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れたしみやそばかすを薄くしてくれるおすすめアイテムをご紹介します。

メラノCC 薬用しみ対策 美白ミスト化粧水 100g【医薬部外品】

メラノCC 薬用しみ対策 美白ミスト化粧水 100g【医薬部外品】

メラノCCから発売されている薬用しみ対策 美白ミスト化粧水は、手に取って塗布するタイプではなくプッシュしてミスト上の化粧水を塗布するタイプです。肌に余計な負担をかけずにしみやそばかすに効果的な美白ミストを塗布する事ができますので、しみやそばかすに悩んでいる方にぜひ使って頂きたいアイテムとなっております。

総健美舎 薬用アクレケア < デコボコ肌用美容液 > 30ml (約1ヵ月分)×「3本セット」

総健美舎 薬用アクレケア < デコボコ肌用美容液 > 30ml (約1ヵ月分)×「3本セット」

総健美舎から発売されている薬用アクレケアのデコボコ肌用美容液は、お値段こそ少し高目ではありますが、美容液の中でもトップクラスの美肌効果を手に入れる事ができるおすすめアイテムです。当然ながらしみやそばかすにも非常に効果的ですので押さえておくべきアイテムだと言えます。

ケシミン密封乳液 シミを防ぐ 130ml [医薬部外品]

ケシミン密封乳液 シミを防ぐ 130ml [医薬部外品]

ケシミンから発売されているケシミン密封乳液 シミを防ぐは、その名の通り、シミを防いでくれるおすすめ乳液です。化粧水の後に優しく塗布する事によって、効果的にしみを対策することができます。肌の状態を整える事ができますので、しみやそばかす以外のお肌のトラブルにも最適です。

まとめ

しみやそばかすは別々の症状ではありますが、両方とも原因が似通っておりますので、同じ対策をすれば両方ともに薄くし消す事ができます。セルフケアでも十分に効果がありますが、少しでも早く対処したい場合には、皮膚科に相談するのがべストです。