そばかすを消したいかた必見!そばかすの原因と消す方法

そばかすを消したいかた必見!そばかすの原因と消す方法

若いころは気にならなくても30代を過ぎるとそばがすが気になる人は多くないでしょうか。そばかすができていると何となくメイクをしてもそこが目立ってしまいます。しかし、生活習慣の改善や肌ケアの改善でそばかすを予防することもできるかもしれません。

ここでは、

  • そばかすの原因
  • そばかすを消す方法
  • そばかすを予防する方法

についてまとめてみました。

そばかすの原因

そばかすの原因
そばかすはできて仕方ないもの、ではありません。そばかすにはいくつかの原因があります。まずはそばかすができる原因、メカニズムについて知っておきましょう。

体の不調

そばかすは、遺伝もありますが、後天的に発生するものもあります。シミとは違って広がることもなく、顔の中心よりも外側にできます。そばかすの原因は多岐にわたりますが、その一つが体の不調です。

女性の体は複雑で、ホルモンバランスが乱れることにより、そばかすが増えることがあります。身体の不調は、そのホルモンバランスの乱れの原因だからです

ストレス

ストレスも、ホルモンバランスの乱れにつながります。ストレスは、肌の再生、すなわちターンオーバーのサイクルを乱しますので、本来は肌の再生により駆逐されるダメージが蓄積するのでそばかすを発生させてしまうことがあります。

紫外線

大人になってからそばかすができる一番の原因は紫外線です。紫外線を浴びると、皮膚のメラノサイトという部分が刺激され、メラニンが過剰に生成されてしまいます。この過剰に生成されたメラニンがしみやそばかすにつながるのです。

そばかすを消す方法

そばかすを消す方法
既にできてしまったそばかすを消すためにはどのような方法があるのでしょうか。しみやそばかすを改善するには、過剰にできたメラニンを排出することがまず第一になります。

美白クリームや美白美容液でのスキンケア

美白クリームや美容液には、肌の新陳代謝を促す成分が入っています。そのため、美白クリームや薬用美容液を使用すると、身体の代謝、肌の新陳代謝がさかんになり、皮膚に沈着したメラニンを無色化、排出することになります。毎日のケアに「美白」と書かれた化粧品を使用しましょう。

シミ取りクリーム

シミ取りクリームを使うのも一つの方法です。シミ取りクリームには、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などがあります。これらは、メラニン色素にはたらきかけて今あるシミを薄くすることが期待されています。

レーザー治療

レーザーを用いてシミやそばかすを消すレーザー治療は、比較的即効性があるとして着目されています。そばかすの部分にレーザーを照射することで軽いやけどのような状態を引き起こし、その後かさぶたをはがして治療するものです。

美容皮膚科で行っており、顔全体で1回に月3万円程度、合計3~6回の通院が必要と言われており、費用が掛かるのが難点です。

ピーリング

ピーリング
ピーリングもそばかすを薄くすると期待されています。ピーリングとは肌表演の角質を除去して肌の代謝をあげることで、古いメラニン色素を排出してしみやそばかすを薄くします。

ピーリングは、3か月から6か月程度、継続的にやる必要があります。角質層をはがすので、頻度が多いとそれだけ肌が弱くなるリスクがあります。一週間に一回程度にするとよいでしょう。

コンシーラーで隠す

そばかすを消すには、コンシーラーで隠す方法があります。そばかすは一朝一夕に消えるものでもないし、レーザー治療になるとお金がかかります。一方でコンシーラーは安くできますし、優秀なコンシーラーを使えばメイクをしたときにそばかすが目立ちません。化粧下地の前か後に、そばかすの部分に広げるようにします。

そばかすを予防する方法


そばかすを治すことは、自宅ケアでは手間がかかりますし、医療機関によるレーザー治療は費用が掛かります。いずれにせよ長期的に肌ケアをしなければなりません。そばかすについては、できてから何とかするよりも、予防をしたほうがよいでしょう。そばかすを予防する方法を知っておきましょう。

日焼け止めをしっかりと塗る

まずは、紫外線から肌を守るための日焼け止めを塗ることです。紫外線を浴びると肌にあるメラノサイトが活性化され、黒いメラニン色素が作られます。それがシミやそばかすとなってしまうのです。

紫外線には、肌の内部までダメージを浸透させるUV-Aと、肌の表皮にダメージを与えるUV-Bという種類があり、UV-Bがメラニンを増加させシミやそばかすを発生させます。

そばかすを予防するには、UV-BをブロックするSPFの高いものを選びます。一番予防できる数値としてSPF50+があります。

アルブチンやトラネキサム酸が入っている基礎化粧品を使う

美白成分の入っている美容液などを使うとそばかすの予防になります。特にアルブチンはメラノサイトからメラニンが作らないようにブロックしてくれる働きトラネキサム酸は、炎症を誘発してメラノサイトにメラニンを作らせる物質を抑制するはたらきがあります。メラニンがそばかすの原因となるので、こういった美容成分が配合されているものを選びましょう。

添加物が少ない洗顔石鹸で洗顔する

そばかすを解消するためには、やはり肌自体が生き生きすることが大切です。そのため添加物の少ない洗顔せっけんを使用すると、肌に刺激が少なく肌全体が育ちます。そうすると、新陳代謝が活発化して、そばかすも薄くなると期待されているからです。

保湿力の高いしっとりタイプの化粧水で保湿する

保湿力の高いしっとりタイプの化粧水で保湿する
そばかすを予防するには、毎日の保湿が大事です。保湿をすることで保湿成分がバリアとなり、紫外線などの外部刺激から肌を守ってくれるからです。

保湿力の高いしっとりタイプの化粧水を使って毎日保湿を続けることで、肌がみずみずしくなり、しみやそばかすを防いでくれます。

L-システイン配合のサプリメントを摂る

L-システインとは、アミノ酸の一種で、皮膚や髪の毛、爪などに含まれるたんぱく質ケラチンの構成成分です。黒色メラニンの発生を抑制するため、そばかすを予防できると期待されているのです。

L-システインはブロッコリーやニンニクにも含まれていますが、食品にはごくわずかしか含まれていないのでサプリメントで摂取するのがおすすめです。L-システイン配合のサプリメントを選びましょう。

肌への摩擦の少ないスキンケアをする

スキンケアをするときに肌をガサガサこすったりすると、肌への刺激となり肌が弱くなってしまいます。肌が弱くなると紫外線などの有害な刺激物の刺激に負けてしまい、メラニンの発生によるそばかすを招いてしまいます。美肌には、毎日のスキンケアが大切です。

毎日のクレンジングや洗顔などの際に気を付けるだけでシミやそばかすは予防できます。洗顔料は手や洗顔ネットで泡立ててからのせるようにする、水ではなくぬるま湯で注ぐように何度かすすぐなど、少しの気遣いだけで肌への刺激を抑えられます。洗顔後は、皮膚が乾ききってしまう前に時間をかけずに保湿するようにしましょう。

まとめ

そばかすは生まれつきのものもありますが、知らないうちに増えていることもあります。そばかすの原因が、紫外線による刺激やストレスなどによるホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れなど多岐にわたります。

そばかすを薄くするには、美白クリームや美容液での根気強いケア、レーザー治療やピーリングなどがあります。しかし、いったんできたそばかすを薄くするのは時間がかかるので、予防が一番です。

そばかすを予防するには、なんといっても紫外線対策が一番で、ほかにも基礎化粧品を工夫したり、肌を傷めないようにすることが大切です。そばかすは仕方がない、とあきらめるのではなくしっかりと予防することが大切です。今日からでも努力してみましょう。