ストレッチゴムを使うメリットやおすすめ商品をご紹介!

最近ではアパートやマンションなど近隣住人と非常に近い距離で生活している方が増えてきました。そのため、ご自宅でエクササイズをする時などは音や振動に気を使う方が大半だと思います。

そんな中で、短時間で非常に効果的に色々なトレーニングやストレッチをする事ができるストレッチゴムが注目を集めております。こちらでは、これまでストレッチゴムを使用した事がない方の為に、ストレッチゴムを使うメリットやおすすめのストレッチゴムの情報をご紹介します。

ストレッチゴムを使うメリット

なぜストレッチゴミがこんなにも人気になっているのかは、ストレッチゴムの特性をしっかりと理解する事によって確認する事ができます。色々なストレッチゴムの中からおすすめを紹介する前に、なぜこんなにもストレッチゴムの人気が高まっているのか、まずはストレッチゴムを使うメリットについての情報をご紹介します。

自力で動かしづらい場所のストレッチができる

ストレッチゴムを使うメリットのひとつとして挙げられるのが、自分だけでは動かす事が難しい部位をストレッチゴムによって効果的にストレッチができるという事です。

ストレッチゴムは独特の伸縮性がありますのでより効果的に前進をくまなくストレッチをする事ができるのです。体が硬い方でも効果的にストレッチする事ができるといったメリットがあります。

ダンベルより使いやすい

ストレッチゴムには、ストレッチに使う以外にもダンベルのような筋トレグッズとしての使い方があります。ゴムの強さを変える事によって、自分の筋肉の強さに最適な筋トレをする事ができますので人気のあるトレーニンググッズとなっております。正しいストレッチゴムの使い方をすればダンベルよりも効果的に筋トレができます。

持ち運びしやすい

ストレッチゴムは、ダンベルと違って場所も取りませんし、重くありませんので旅行先などでもしっかりとトレーニングする事が出来るといったメリットもあります。

スーツケースに入れても邪魔になりませんし、ダンベルのように他の荷物を傷つけるといった事もありません。どこにいっても効果的なトレーニングをする事ができますので、長期的なトレーニングをしている方におすすめです。

コスパが良い

ストレッチゴムを使っているメリットとして最も大きいものは、他のトレーニンググッズと比べて非常に値段がリーズナブルですのでコストパフォーマンスが高いという事です。最近では100均などにも登場していますので、お金をそれほどかけずにトレーニングをする事ができます。

もちろんストレッチゴムを使ったトレーニングなどは、他に必要となるグッズなどはありませんので、お金をかけずにトレーニングをしたいという方におすすめになっております。

ストレッチゴムの種類

ストレッチゴムを使ったストレッチであったり、筋トレなどを紹介している書籍であったり、DVDなどが色々と発売されているのですが、ストレッチゴムを使ったトレーニングは、トレーニングやストレッチの種類ではなく、ストレッチゴムそのものの種類の違いなどがとても重要なポイントになってきます。

こちらでは、これからストレッチゴムを使ったトレーニングやストレッチを始めようと思っている方のために、ストレッチゴムの種類についてご紹介します。

チューブ・ひもタイプ

色々と人気のあるストレッチゴムですが、種類として多いのがチューブタイプとひもタイプの二種類があります。チューブタイプは、きしめんのような形状のストレッチゴムで、足の裏や手のひらに負荷をかけながらストレッチや筋トレをする際に、皮膚に食い込まずに行う事ができます。

また、色々と負荷を変えて選ぶ事ができるストレッチチューブの中でも高負荷のストレッチチューブは、チューブタイプが多い傾向があります。

ひもタイプのストレッチゴムは、その名の通り縄跳びのひものような形状のストレッチゴムになります。リーズナブルで使い回しが良いので多くの方が愛用しています。ひもの太さによって負荷を変える事ができますので、トレーニングによってこまめに変えるために複数のひもタイプのストレッチゴムを所有している方もふえております。

幅が広いバンドタイプ

ストレッチゴムの中で最も太さが太いのが幅が広いバンドタイプになります。着物の帯のような形状のストレッチゴムで、折りたたんで太さを調整する事によって負荷を変える事が出来たり、固定しやすさを変更する事などできます。折りたためば場所を取りませんので旅行先に持っていったりリビングなどにしまっておいても邪魔になりません。

ハンドルありのチューブタイプ

ストレッチゴムの中でも使いやすく色々なトレーニングやストレッチに効果的なのがハンドルありのチューブタイプです。ハンドルがありますので足先に引っかけたり手のひらで掴むことができます。一般的なストレッチゴムよりも使い道は限定されてしまう部分がありますが、決まったトレーニングをしている方は、非常に使いやすいのでおすすめです。

自分に合ったストレッチゴムの選び方

これからストレッチゴムを購入するという方は、沢山のストレッチゴムの中から値段であったり、使い勝手などトータル的に判断した上で購入する必要があります。

お値段はもちろん、大きさや形状などがありますのでしっかりと選ばなければ使い道がなく捨ててしまうようなストレッチゴムを購入してしまう可能性もありますので十分に注意が必要になります。こちらでは自分に合ったストレッチゴムの選び方についての情報をご紹介します。

持ちやすさ

ストレッチゴムを選ぶ際に最初に確認して欲しいのが持ちやすさです。手の大きさによっては持ちにくいストレッチゴムなどもありますので、慎重に判断する必要があります。

また、ストレッチゴムはノーマルタイプの物を選ぶのか、それともハンドルが付いた物を選ぶのかなど持ちやすさによって行えるトレーニングの種類も異なりますので、自分がどのようなストレッチゴムが欲しいのかをしっかりと確認してから購入するようにしてください。

強度

ストレッチゴムには、大きさや形状、色以外にも強度という違いがあります。女性向けの非常に柔らかいストレッチゴムから、男性でも筋肉質の人しか使えないような強度の高いストレッチゴムなどもあります。使い道によって色々と必要になる強度は異なりますので、自分が求めている強度を選ぶように心がけてください。

ストレッチゴムのおすすめアイテム

色々なストレッチゴムがあるなかで、初めてストレッチゴムを購入するという方にもおすすめの大人気アイテムをごしょうかいします。これからストレッチゴムを購入しようと考えている方は、最初にこちらをチェックし、購入を検討するのをおすすめします。

FREETOO フィットネスチューブ

FREETOO フィットネスチューブ エクササイズバンド トレーニングチューブ レギュラータイプ 機器 男性 筋力トレーニング リフティング筋肉 レッド 15ポンドから35ポンドまで

FREETOOから発売されているフィットネスチューブ エクササイズバンド トレーニングチューブは複数の種類がありますが、こちらはその中でもスタンダードな強度のタイプです。女性には少し強度が強すぎる可能性がありますので、少し弱いレッドなども検討してください。

Winhi エクササイズバンド

Winhi エクササイズバンド ループバンド トレーニング チューブ 強度別5本セット

Winhiから発売されているエクササイズバンド ループバンド トレーニング チューブ 強度別5本セットは、強度の異なるトレーニングゴムが5本セットになっているグッズです。トレーニングによって使い分ける事ができますので、このセットひとつで、ストレッチから下半身、上半身トレーニングと使い分ける事が可能です。

トレーニングチューブ LiveupSports

トレーニングチューブ LiveupSports フィットネス エクササイズ ストレッチ ピラティス ダイエット 筋トレ グッズ (ブラック)

LiveupSportsから発売されているこちらのトレーニングチューブは、ハンドルが付いたタイプのストレッチゴムになります。手にもつだけでなく、足先に引っかけてトレーニングする事ができますので筋トレメインの方におすすめです。

まとめ

これからストレッチゴムを購入しようと思っている方は、自分がどのような用途で購入するかをしっかりと確認しておくように心がけてください。特に教則本や教則DVDなどを見ながらチャレンジしようと思っている場合には、使用されているタイプのストレッチゴムを用意しないと上手にトレーニングなりストレッチができませんので注意してください。